マイナス50℃の街「ヤクーツク」そして「オイミャコン」

ヤクーツク気温

毎日寒い日が続いています寒い!
朝の室温がマイナスになったのにおののき、暖かい布団から出られません。
しかし1/25の「ザ!世界仰天ニュース」のロシアのヤクーツクの映像を観て驚きました。

上の週間天気予報はヤクーツクのものです(天気予報はtenki.jpより)。

ヤクーツクは最低気温マイナス64℃の記録を持つ30万人都市。
番組でも、マイナス40℃台の中で元気に暮らす人々が紹介されていました元気""
(参照元:仰天極寒探検隊|ザ!世界仰天ニュース|日本テレビ)(別ウインドー)

これを観たら、室蘭の寒さなんかでグチグチ文句言えないですすまん

さらに上手のオイミャコン

さらに上手のオイミャコン

しかし調べたら、ヤクーツクよりもっとスゴイ街「オイミャコン」がありました。

ここはかつてマイナス71.2℃になったことがあるそうです。
週間天気予報を見ても、すごい数字が並んでいました。
(天気予報はtenki.jpより)

凍り付く街

凍り付く街
凍り付く街

凍てつく街。
温度計はマイナス56℃を示しています。
(写真はYouTube「イッテQでも紹介された世界一寒い村オイミャコン その1」より)

冬は軒並み-50.0℃以下になるため、細菌やウイルスによる感染症にかかることはほとんどない。
夏の日中は気温が摂氏30度を越えることもあり、夏と冬、昼夜の気温差が非常に大きい地でもある。

(参照元:オイミャコン – Wikipedia)(別ウインドー)

いやーー、このようなところにも人が住んでいることに驚きました。
明日の朝はちゃんと布団から出ないといけません。

   

この記事へのコメント


    

よろしければコメントをお書き下さい。ログインしない場合はメールアドレスは必須です。実在しないメールアドレスの場合掲載出来ません。

Translate »