鶏ムネ肉を「塩麹&ポリ袋調理」で鶏ハムに、焼きダコ、タラソテー

ムネ肉パック

お安い「鶏ムネ肉」…。
それが今夜すばらしいお料理になりました。

室蘭の女友達(カラスハモとは違う方)から頂いた「自家製塩麹」(+ハチミツ(我が家ではエリスリトール))に一晩鶏ムネ肉を漬け込み、一度塩麹を洗い落とします。
ジップロックに入れ、水槽の水に入れて空気を抜いて密閉。

温浴完了

温浴完了

その状態で沸き立つ熱湯で5分、さらに保温鍋に移して20分。
今流行の「ポリ袋調理」ですね。

うまく火が通りました

うまく火が通りました

時間は適当だったので、火が通っているか心配だったのですが、丁度いい具合に中まで通っていましたキョロキョロ

テーブルに並べて

テーブルに並べて

薄くスライスし、サラダなどと一緒にテーブルに並べます。

しっとりとして美味しい!

しっとりとして美味しい!

塩麹パワーでほどよい塩加減になり、しっとりなめらかで食感も抜群。
美味しい鶏ハムになりましたエルモ泣き

「『塩麹』と言えばリトル・プリセス!」
「そりゃ『小公子』」

焼きダコも最高

焼きダコも最高

「生ダコ」は三日目。

串に刺して塩を降ってしばらく置き、電気ロースターで焼きました。
クニュクニュとした食感が心地よく、すごく美味しかったです。

室蘭水族館でタコの炭火焼きをやっていないときはこれですね。
また長崎屋に生ダコを買いに行きましょう。

頂き物の真鱈はソテーに

頂き物の真鱈はソテーに

カラスハモと一緒に友達に頂いた「真鱈」はソテーにいたしました。

しっとり美味しい!

ほろりとほぐれる白身が旨い!

今日は頂き物尽くしでした。
ほんとにありがとうございました。

   

この記事へのコメント


    

よろしければコメントをお書き下さい。ログインしない場合はメールアドレスは必須です。実在しないメールアドレスの場合掲載出来ません。

Translate »