Daily Archives: 2017年2月3日(金)

室蘭産アンコウ特盛りを鍋に、ビヨンビヨンが美味しいです

アンコウ

今朝も冷え込み、室温はマイナス0.5℃まで下がりました。
日中は、17年前にかかった病気のフォローアップのために病院に行ってきましたmarch
検査の結果は異常なし(あると大変なのですが)。

帰りがけにスーパー(CO-OP)に寄ると、室蘭産のアンコウセットが売っていました(5パックほど)キョロキョロ
アンコウはなかなか売っていないので、悩みました。
実は昨夜の「鶏水炊きセット」がたくさん余っているので、今夜は鶏水炊きVer.2にしようと思っていたのです。

私が悶絶打って悩んでいる間に、おじさんがアンコウパックを手にとって、しばらくしげしげと眺め、カゴに入れてゆきました。
アンコウ好き仲間がいてうれしかったです。
出来れば握手したかった。

悩んだ末、私もカゴへ。
転がるように家に帰りました。

準備完了

準備完了

野菜(白菜、椎茸、ネギ、エノキダケ、水菜)と焼き豆腐、しらたきは昨夜の残りをそっくりそのまま流用。
ほんとは「芹」を入れたかったのですが売っていなかったので(売っていてもかなり高い)、珍しく売っていた「クレソン」を使いました。

アンコウはさっと下ゆでして冷水にとりました。
相変わらずどこがどこやら状態です汗4

出来上がり!

出来上がり!

昆布ダシに醤油、酒、エリスリトールを入れ、具材を投入。
一煮立ちさせたら出来上がりですエルモ泣き

煮ている間、Cさんがスマホをいじっていたのでやめるようお願いすると、その後少し不機嫌になってしましました。
もともとCさんはアンコウはあまり好きではないので、それもあったのでしょう。

Cさんはいつも何か二つか三つくらいのことをやっていないと落ち着かないようです。
料理中も、小型テレビをつけ、数分でも手が空くと本を読んでいます。
シングルタスクな私と正反対。
彼にとってはそれが必要なことなのだと思いますが、やはり食卓ではスマホに熱中していると寂しくなります。

お皿にとります

肝も大きいです

出来上がったアンコウ鍋をお皿に盛ります。
アンコウも美味しいけど、その旨みを吸った野菜や豆腐、しらたきがまた旨い。

ビヨンビヨン

ビヨンビヨン

そしていつもの不思議なパーツたち。
このビヨンビヨンの食感が好きです。

はけではありません

はけではありません

はけのようなパーツはヒレでしょうか。

これはどこ?

これはどこ?

これはどこでしょう?

水袋

水袋

これは「胃袋」。
しっかりとした歯ごたえがたまりません。

これらのパーツは「アンコウの七つ道具」と呼ばれているようです。

【キモ】 肝臓ですな。アンキモです
【カワ】 コラーゲン豊富な皮。とも酢で
【水袋】 胃袋です
【ヌノ】 卵巣。別名「ふんどし」
【エラ】 鰓
【ヒレ】 鰭
【身】 身肉。だい身、柳身とも呼ぶ場合あり

(参照元:アンコウ七つ道具《鰓の料理》)(別ウインドー)

鶏モモ肉は唐揚げに

鶏モモ肉は唐揚げに

今夜水炊きになるはずだった鶏モモ肉はCさんが唐揚げにしてくれました。
私は野菜でわきを固めます。

明日は土曜日。
天気が良かったらちょっとドライブに行ければと思っています。
早く寝ないと。

ここまでお読み頂きありがとうございました。

Translate »