知人のお通夜に行ってきました、別れは辛いです

夕方からお通夜に行ってきました。
亡くなったのは同世代の室蘭の知人。香典袋

別れは突然でした。
訃報を知ったときはほんとに衝撃を受けました。

いつも笑顔をうかべ、一緒にいるとほっとする優しい男性でした。

信じられない気持のまま、とにかく最後のお別れをしたいと、Cさんと二人でお通夜の会場に車で向かいました。
お通夜開始の20〜30分前に会場に着いたのですが、すでに会場は満席。
現役で多方面で活躍され、その人柄から多くの人に愛されていたのだと思います。
ロビーでお焼香だけを済ませて帰途につきました。

突然切れてしまう未来

彼とはこれからも会えると当たり前のように思っていました。
しかし、それは突然途切れ、永遠に会えなくなってしまいました。

Cさんが寝た後、香典返しの中に入っていた奥さんのメッセージを読んで、涙が止まりませんでした。
優しい夫であり、子どもを愛する父であり、室蘭のことを愛していた彼。

ほんのたまにしか彼と会わなかった私でさえこれだけ辛いのです。
奥さん、お子さん、ご家族は一体どれだけ辛いことでしょう。
まだまだ一緒にいたかっと思います。
言い残したこともたくさんあると思います。

別れは辛いです。

これから年をとるにつれて別れは多くなると思います。
そのたびに辛い思いをするのかな。

   

この記事へのコメント


    
Translate »