Daily Archives: 2017年2月25日(土)

登別のフィールド歩き、アフンルパルにアフンルパロ。夜はカルルス温泉へ

アフンルパル

一泊二日で登別の「フィールド歩き&カルルス温泉ツアー」に参加してきました。

これを知ったのはFacebookの室蘭のコミュニティー。
フィールド歩きのことは全然分からなかったのですが、かねてから行きたかった「カルルス温泉」に泊まれるのと、宴会が出来そうなので一も二もなく参加してみました汗4

集合場所はなんと墓地わぉ
どうやらそこが今日のフィールド歩きの近場だったようです。

墓地が集合場所くらいなので、その先向かったのも、実にマニアックな場所でした。
最初はアイヌの遺跡「アフンルパル」。
「あの世へ行く道の入り口」という意味で、神聖な場所なのだそうです。
しかし私から見たらただの雑草が生えている場所。

私を含めて参加者は7人。
みんな熱くここについて語っています。
マニアックです。

でも早く温泉と酒になってもらいたいーー。

うひょー高台

うひょー高台

さらにそこから歩いて高台に登ります。

切り立った断崖の上からの眺めはすごかったです驚いた
しかしこのころから雪が降ってきました。
早く温泉に〜。

山歩き、ついて行けず

山歩き、ついて行けず

参加者は皆健脚で、道なき道をどんどん歩いてゆきます。
私はこんなワイルドなツアーだとは露も思っていなかったので、スーパーに買い物に行く格好で参加していました。
足下も悪く、私はこの先一緒に行くのを断念。
しばらく一人で待っていました。とほほエルモ大泣き

登別の断崖に興奮

登別の断崖に興奮

しかし次に行った、登別漁港近くの断崖が実に良かった。
ここで私は一気に大興奮しましたエルモ泣き

現場に到着し、まずは断崖に向かいます。

アフンルパルの次はアフンルパロ

登別の断崖に興奮
アフン

断崖の下に空いた穴は「アフンルパロ」と言う名で、アイヌ語で「あの世への入り口」という意味だそうです。
あの世が多いですね。

すごーい

登別の断崖に興奮

岩が作る断崖は実に絶景でした。

登別の断崖に興奮

太平洋の波がそこに打ち寄せ、海鳥(やカラス)が飛び、実によかったです。

夜はカルルス温泉

夜はカルルス温泉

そして今夜の宿泊地の「カルルス温泉」へ。
泊まったのは「ホテル岩井」。

お料理はどれも美味しく、温泉も気持良くて実に快適でした。
ここで参加者が酒をくみ交わし、登別や室蘭について熱く語り、私は1時頃には寝ましたが、Cさんたちは明け方まで飲んでいたそうです。

ディープで楽しい時間をありがとうございました。

Translate »