Category Archives: レジャー

生まれて初めて生ソーセージ作り、ビールに最高に合います

ソーセージ作り

今日もいい天気。
朝から友達が主催する「ソーセージ作り講習」に行ってきましたmarch

ソーセージはずっと前から作ってみたいと思いながら、なかなか踏み切ることが出来ませんでした。
それが今日叶うと思うと期待に胸が高鳴りましたエルモ泣き

まずは、豚挽肉に香辛料、砂糖などを加えたものを、氷と一緒にフードプロセッサーにかけます。
氷を入れるのは、行程中はずっと低温に維持したいため。

腸詰め用の腸

腸詰め用の腸

ソーセージと言えば「ザ・ピーナッツ」。
違う!
それは双生児。

ソーセージと言えば「腸詰め」です。
今回はお肉を詰める腸に細い「羊の腸」を使いました。
通販で買った羊の腸を水につけて塩抜きします。

見た目、かなり「サナ○ムシ」入っています。

口金にはめるのが大変

口金にはめるのが大変

絞り器の口金にサナダ…、羊の腸をはめるのがちょっと大変汗4
でも慣れれば大丈夫!(だと思います)

挽肉ミックスを絞り袋へ

挽肉ミックスを絞り袋へ

絞り袋に挽肉ミックスを詰めます。
さあ絞りますよーーーん踊り

しぼり出します

しぼり出します

絞り袋をギューーっと押すと、挽肉ミックスが出てきます。
しかし、ここが思いがけず大変でしたひぇ
力とコツが必要です。
ソーセージ作りは男手が必要かなと思いました。
(お金を出せばマシンもあります!)

ねじります

ねじります

しぼり出されたソーセージは適当な間隔で「キュッ」とねじ曲げ、ソーセージっぽくしてゆきます。
さあさあ、あとは茹でるだけ!

茹でて完成

茹でて完成

70〜75℃で30分茹でて出来上がりエルモ泣き

帰宅して早速ビールと

帰宅して早速ビールと

1kg分頂き、自宅に戻ったのが昼過ぎ。
途中で買ってきたちょっとブルジョアなビール(エビスとかプレミアモルツとか)と一緒にビアパーティーです。

たまりません
華みやび

生ソーセージ最高!!ばんばん
是非、絞り袋などを買って自宅でも作りたいと思いました。
ビールは「華みやび」というホワイトビールが美味しかったです。

これからの夏が楽しみです!

▼今回はこれを使いました。

【祝】今年は森蘭航路を使った旅行ツアー大増便

森蘭航路

急に冷え込んだ雲の多い土曜日。
しばらく暖かかったので寒さが身に浸みます。

午前中は「森蘭航路」(室蘭と森をつなぐ航路)に関する講義を聞きに行ってきました。

北海道開拓の歴史で最初に北海道の中心だったのが「函館」。
その「函館」と新たに作る中核都市の「札幌」を陸路で結んだ道が「札幌本道」。
その途中、森から室蘭をつないだ海路が「森蘭航路」なのです。
開拓の歴史は実に興味深かったです。

昨年は8便中1便しか運行出来ず

昨年は8便中1便しか運行出来ず

昭和初期に「森蘭航路」はなくなったのですが、昨年からこの森蘭航路を使った旅行ツアーが始まりました。
しかし予定されていた8便のうち、波が高いなどの理由で実際に運行出来たのは8月25日の1便のみわぉ

「これはもうダメか」

と私は思ったのですが、人気が高いとのことで、なんと今年は計40回と大増便になりました。

同社は昨年7、8の両月、関東発の3日間ツアーを計8回実施したが、天候不順により森蘭航路を使った移動は1回にとどまった。しかし、定員30人のツアーに計205人が参加、毎回定員近い人気を集めた。

(参照元:室蘭民報ニュース)(別ウインドー)

盛りだくさんのツアー

森蘭航路を使ったツアー大幅増

ツアーは「クラブツーリズム」が行い、出発地も

・東京発(羽田空港、東京駅)
・東海発(中部国際空港)
・大阪発(伊丹空港)
・北海道発(札幌駅)

とぐっと増えました。
ツアーによって異なりますが、

・函館観光
・積丹観光(ウニいくら丼)
・温泉宿泊(ニセコ、洞爺、登別、湯の川など)
・クルージング(イルカや鯨を見られる可能性大)
・イカめし、ホタテバーベキュー
・室蘭観光
・小樽、札幌観光

などとお楽しみもてんこ盛り。
はっきり言って私も参加したいです。

(参照元:北海道イルカウォッチングツアー・旅行|クラブツーリズム)(別ウインドー)

クルーズは13往復

スケジュール

クルージングの日を調べたところ「室蘭→森」「森→室蘭」の往復で予定が組まれ、全部で13往復でした。

しかし昨年のように8便のうち1便しか運行出来ないと困りますエルモ大泣き
今年はもっと大きな船が使えるといいのですが。

全便が運行され、たくさんの人が森蘭航路の気持良いクルーズを楽しみ、よい思い出になることを期待してやみません。

ツアー以外でも乗れるかも

しかし私も乗りたいーー!

先ほどの記事によると、スターマリンの社長さんは

昨年、今年と旅行会社のチャーター運航になりますが、評判が広がり、個人客からの問い合わせもあります。独自運航の道も探りたい

と語っているとのこと。
乗れるかも乗れるかも!

北海道新幹線が札幌まで伸びたら、函館から札幌への南回りルートはすたれてしまう可能性が高いです。
そんな時にこの森蘭航路が新たな人の流れを作ってくれるとうれしいです。

朝から「室蘭市公設地方卸売市場」に行ってみました…しかし

室蘭公設市場

昨夜はお酒も早々に終わらせて早く寝たので、今朝は6時半に目が覚めました。
そこで、

「思い立ったが吉日!」

ということで、室蘭に来て2年8ヶ月にしてはじめて「室蘭市公設地方卸売市場」に行ってみました。
前から行ってみたかったのです。

家を7時過ぎに出て、車で30分ほどの市場に向かいますmarch
営業は7時から昼頃まで。
休みは日祝のはず。

がらーん

がらーん
がらーん

しかし…

場外のお店はことごとくシャッターが閉まっていましたエルモブルー
こんなにさびれているのでしょうか…

一軒開いてた!

一軒開いてた!

一軒だけお魚屋さんが開いていたので、そこに向かってみることに。

今日はなんと!

一軒開いてた!

お店に入って聞いてみると、なんと

今日は「臨時休市」

なのだそうですぐったり

よりによってこんな日に来るとは。

「思い立ったが凶日」

でした。

羅臼産ホッケ&あんこう

羅臼産ホッケ
アンコー

それでも「羅臼産の自家干しホッケ」(1,580円/3枚)と「あんこう」(880円)を購入。
今夜が楽しみです。

図書館で監禁読書、感動ライブ

輪西駅

JR室蘭駅から汽車に乗り、輪西駅へ。
久しぶりの汽車だったのでワクワクしましたキョロキョロ
グリーン車に乗って崎陽軒の特製シウマイとお酒を楽しみながら君津に行った頃が懐かしいです。

ライブまでは3時間以上あるので、近くのカラオケで時間をつぶそうと思っていました。
しかし受付に行くと「満室」で入れずエルモブルー

図書館でしばし読書タイム

図書館

さあどうする…どうするどうする。
仕方なく、近くの図書館に向かいました。

図書館ではスマホやパソコンは禁止なので、やることは読書しかありません。
しかしこれが良かった。
家にいるとパソコンや家事の雑念が入ってきて読書が進みませんが、ここでは一種の「監禁状態」になって、久しぶりに読書に集中することが出来ました。

こういう時間を意識的/強制的に作らなくてはと思いましたアホヤ

感動のライブ

そしていよいよ待ちに待ったライブへ。

今夜のライブはすごいメンバーでしたエルモ泣き
アコーディオン、ギター、ヴァイオリン、パーカッション、そしてスーパーヴォーカリスト。
テルミンを久しぶりに聴けたのもうれしかったです。

登別のフィールド歩き、アフンルパルにアフンルパロ。夜はカルルス温泉へ

アフンルパル

一泊二日で登別の「フィールド歩き&カルルス温泉ツアー」に参加してきました。

これを知ったのはFacebookの室蘭のコミュニティー。
フィールド歩きのことは全然分からなかったのですが、かねてから行きたかった「カルルス温泉」に泊まれるのと、宴会が出来そうなので一も二もなく参加してみました汗4

集合場所はなんと墓地わぉ
どうやらそこが今日のフィールド歩きの近場だったようです。

墓地が集合場所くらいなので、その先向かったのも、実にマニアックな場所でした。
最初はアイヌの遺跡「アフンルパル」。
「あの世へ行く道の入り口」という意味で、神聖な場所なのだそうです。
しかし私から見たらただの雑草が生えている場所。

私を含めて参加者は7人。
みんな熱くここについて語っています。
マニアックです。

でも早く温泉と酒になってもらいたいーー。

うひょー高台

うひょー高台

さらにそこから歩いて高台に登ります。

切り立った断崖の上からの眺めはすごかったです驚いた
しかしこのころから雪が降ってきました。
早く温泉に〜。

山歩き、ついて行けず

山歩き、ついて行けず

参加者は皆健脚で、道なき道をどんどん歩いてゆきます。
私はこんなワイルドなツアーだとは露も思っていなかったので、スーパーに買い物に行く格好で参加していました。
足下も悪く、私はこの先一緒に行くのを断念。
しばらく一人で待っていました。とほほエルモ大泣き

登別の断崖に興奮

登別の断崖に興奮

しかし次に行った、登別漁港近くの断崖が実に良かった。
ここで私は一気に大興奮しましたエルモ泣き

現場に到着し、まずは断崖に向かいます。

アフンルパルの次はアフンルパロ

登別の断崖に興奮
アフン

断崖の下に空いた穴は「アフンルパロ」と言う名で、アイヌ語で「あの世への入り口」という意味だそうです。
あの世が多いですね。

すごーい

登別の断崖に興奮

岩が作る断崖は実に絶景でした。

登別の断崖に興奮

太平洋の波がそこに打ち寄せ、海鳥(やカラス)が飛び、実によかったです。

夜はカルルス温泉

夜はカルルス温泉

そして今夜の宿泊地の「カルルス温泉」へ。
泊まったのは「ホテル岩井」。

お料理はどれも美味しく、温泉も気持良くて実に快適でした。
ここで参加者が酒をくみ交わし、登別や室蘭について熱く語り、私は1時頃には寝ましたが、Cさんたちは明け方まで飲んでいたそうです。

ディープで楽しい時間をありがとうございました。

よく晴れた土曜日、羊蹄山を見に行きました(2)羊蹄山の雄大な姿に感動

羊蹄山、尻別岳

きのこ料理を堪能し、さらにニセコ方面へ車を走らせますmarch

やがて目の前に現れたのが「尻別岳」。
羊蹄山は遠くからも(自宅からも)見えるのですが、この山は知りませんでした。

実際は尻別岳は1,107mと羊蹄山(1,898m)よりずっと低いのですが、距離の関係で双子のように見えます。

羊蹄山の雄大な姿

羊蹄山の雄大な姿

そして直線道路の向こうに羊蹄山が見えたときには、そのあまりの美しさに心が震えました。

撮影したのは「喜茂別町相川ビューポイントパーキング」。
ここからの四季の羊蹄山を見られたらと思いました。

さらに羊蹄山を一周

さらに羊蹄山を一周

さらに車を走らせ、羊蹄山を一周近くしました。
羊蹄山美しいですエルモ大泣き

私が羊蹄山を知ったのは1972年のNHKの少年ドラマシリーズの「タイムトラベラー」。
古い!
そこでケン・ソゴルが未来に戻るために
「どうしても羊蹄山のラベンダーが必用なんだ」
と言っていた言葉がものすごく印象的で、いまだに羊蹄山と言うとこのドラマを思い出します。
その羊蹄山に、44年後の今来ることが出来ました。

陽が傾き、車の陰が雪に映ります

陽が傾き、車の陰が雪に映ります

やがて日も傾き、愛車オレンジガエル号の陰が雪にうつるのがきれいでした嬉しい~
さあ、帰路につきましょう。

こういう景色が好き

こういう景色が好き
こういう景色が好き2

途中のこんな直線道路が心を躍らせました。
北海道道だーー。

もっともっと北海道を歩いてみたいと思いました。
ここまでお読み頂きありがとうございました。

よく晴れた土曜日、羊蹄山を見に行きました(1)まずは「きのこ王国」へ

通行止め

昨日の猛烈な風が通り過ぎ、今日はうららかな土曜日になりました。
そこで、以前から行きたかった「羊蹄山」に車で行ってみることにしましたmarch

羊蹄山は1,898mの火山で、その美しい円錐形ゆえ「蝦夷富士」と呼ばれています。

家を出たのは10時半頃。
お昼に大好きな「きのこ王国」に行くのがまずは第一目標です。

途中は高速道路も使えるのですが、お金もかかるので一般道を使います。
Cさんは洞爺湖や羊蹄山、洞爺湖方面は昔から鳴らしたエリア。
俺にまかせろ!ということでやたら「裏道」を使うので、いつもどこを走っているのかさっぱりわかりません。

でも今日はいつもの道が「急勾配につき冬期間車両通行止」だったので仕方なく通ったことのない道へ汗4

ガタゴトガタゴト

ガタゴトガタゴト

そこは舗装されていないガタゴト道でした。
車の底に石はぶつかったりしてちょっと大変でした。
舗装道路のありがたさを痛感します。

でもまあ、これも楽しみの一つ。

有珠山美しい!

有珠山美しい!

伊達を過ぎ、やがて大好きな山「有珠山」が見えてきました。
この景色が好きです。

きのこ王国北湯沢休業中

きのこ王国北湯沢

家から走り始めて一時間半ほどで、目的の「きのこ王国」へ!
しかし、いつも行く「北湯沢店」は冬期休業中でしたぐったり
そうか、今はオフシーズンなのですね。

総本山へ

総本山へ

そこで、その先にある「きのこ王国本店」へ。
キノコの総本山へ入ります!

店内の様子

店内の様子

店内に入ると、いつも一瞬スキー場のロッジのようなにおいを感じます。
中国語や韓国語らしい言葉があちこちから聞こえてきます。
ここも国際的な観光地なのですね。

いつものセット

いつものセット

注文したのは、いつもの

・きのこ汁
・きのこ天ぷら
・きのこ炊き込みご飯おにぎり

これで906円。

どれも美味しいです、これがペロペロ
きのこの魅力を堪能出来ます。

きのこ炊き込みおにぎり美味しい

きのこ炊き込みおにぎり美味しい

前回来たときに売り切れだったおにぎり。
キノコの香りと旨みがご飯に染みこみ、悩殺的に美味しかったです。
あー、炭水化物万歳ばんばん

お店の前にはポケモンがたくさん

お店の前にはポケモンがたくさん

ちなみに、お店の前にはたくさんポケモンがいて、それを少しとってからお店に入りました。

さあ、いよいよ羊蹄山に向かいます!

Pokémon GO楽しんでいます。今日はポケモンポイント二倍で「進化大会」

進化大会
今月一杯「Pokémon GO」のポイントが二倍になるそうです。

スーパーの買い物でも、ポイントにはかなりこだわっています。
「ポイント10倍デー」にお酒や買い置きできるものを買い込みます。
ポケモンでもこの機会を活かさない手はありません。

そこで、今日はさらにポイントを二倍に出来る「しあわせのタマゴ」を使って、Cさんと一緒にポケモンの「進化大会」をしました。
ポケモンを進化させると大きなポイントがもらえるのです。
別に一緒にやる必要はないのですが、一緒にやると楽しいです。

進化させたのは

クサイハナ 1
キャタピー 2
ビードル 4
ポッポ 10
コラッタ 2
鬼スズメ 1
ニドラン♀ 3
ニドラン♂ 2
ピッピ 1
ズバット 2
コンパン 1
ニャース 2
コダック 1
ケーシー 1
ワンリキー 2
ウツドン 1
ボニータ 1
スリーブ 2
トキサント 1

これで、

・レベル21 24,411ポイント
・レベル22 40,311ポイント

に一気に上がりましたエルモバンザイ

ポイント二倍

ズバットを獲っただけで

ズバットを獲っただけで

私はゲーム全般が苦手で、パソコンゲームも今までほとんどやってきませんでした。
楽しかったのは「ロードランナー」「シムシティ」くらいでしょうか。

「Pokémon GO」を続けていられるのは、自分のペースで出来るということが大きいと思います。
そして、Cさんと一緒に出来る楽しさでしょうか。

今朝はポイント倍増月間もあり、ズバットという平凡なポケモンを獲っただけで、5,320ポイントももらえました。
実社会ではずっとボーナスなんてもらっていないので、うれしかったです。

たくさんもらえました

「ポケスポット」を回しただけでも、たくさんのアイテムをもらえました。
景気いいです。

ポケモンたち可愛いです

ポケモンたちの可愛い姿に癒されたりもします。

股の下にポッポ

股の下にポッポ

ポッポがマダツボミをおんぶ

ポッポがマダツボミをおんぶ

無料の範囲でポケモンを二人で楽しんでいます。
ここまでお読み頂きありがとうございました。

紅葉を求めて大滝方面へ、すごい!美しい!、さらに大滝ナイアガラの滝へ

伊達ウインドファーム

天気が良かったので、今日は会社に半休を頂き、大滝方面(室蘭から北に直線距離で40kmほど)に車で行ってきましたmarch
目的は、今が真っ盛りの紅葉です。

以前は1週間や10日などの長期休暇を取って海外旅行などにも行っていました。
今はこんな風に折りを見て短い休みをとり、道内をまわるのが楽しみです。

昼前にCさんと愛車「オレンジガエル号」に防寒着やカメラ機材などを積み込み、いざ出発!
(実際は暖かくて半袖でもいいくらいでした)

途中「茜ゴルフ場」方面に向かい「伊達ウインドファーム」(風車)を眺めました。
この景色が好きですハート

山がーー山がーー

山がーー

伊達市を通過し、今日の目的地の壮瞥、大滝方面へ。
すでに室蘭にいるうちから沿道の木々は黄色や赤色に染まっていたのですが、内陸部に入るとさらにすごくなってゆきました。

山が、山が黄色や赤色に染まっています。
すごいですキョロキョロ

美しい!

美しい!

車を停めて付近を歩いてみると、見事に木々の葉が赤や黄色に色づいていました。
美しいです。
すごいです。

美しいもみじ2

感動して、カメラを持って走り回りました元気""

美しいもみじ3

しかしなぜこの木々たちはこんなに赤くなったり黄色くなったりするのでしょう?
葉緑素が減って、カロチンとかがこんな色を出す…そんなことは聞いたことがあります。
でも、きっとここには何か生物学的な意味があるはず。

調べると、

紅葉色が鮮やかであるほどアブラムシの寄生が少ないことが発見された

のだそうです。
(参照元:紅葉 – Wikipedia)(別ウインドー)

木々達が色づくのにはやはり何らかの意味があるのですね。
しかしこれをアブラムシ以外の人間がなぜ「美しい」と思うのか。
不思議です。

大滝ナイアガラの滝へ

大滝ナイアガラの滝へ

紅葉の美しさに感激し、さらに「大滝ナイアガラの滝」に向かいます。
ここはずっと行きたかった場所です。
映像(後述)は見たことがあるのですが、情報が少なく、場所もよくわかりませんでした。

探しまわってなんとか入り口を発見し、車を停めて歩き始めますガチャピンムック
土の道の踏み心地がとても気持良かったです。
周りには人はおらず、静寂が私たちを包みます。

しかし、この先にほんとに滝なんてあるのでしょうか?
不安でした。

滝かな?

滝かな?

10分ほど歩くと、紅葉の向こうに滝の気配がしてきました。
ここかな?

滝に到着、すごい!

滝に到着、すごい!

そして、ついに「大滝ナイアガラの滝」が目の前に広がりました。
すごいです!エルモ泣き

大滝ナイアガラの滝2
大滝ナイアガラの滝3

平日ということもあるのか、こんなすごい場所なのに、私たち以外には誰もいませんでした。
大自然、マイナスイオンを満喫しました。
下腹部から感動がこみ上げます。
すごいですエルモ大泣き
自宅からちょろっと車を走らせるだけで、こんな大自然があるなんて!!

大滝ナイアガラの滝

滝を少し遠くから見たらこんな感じ。

日胆のプロモーションビデオで知りました

この「大滝ナイアガラの滝」は、この動画で知りました。
日胆(にったん)(日高〜胆振地域)のプロモーションビデオなのですが、公開から1年半以上経っているのにアクセス数は1300回程度。
いろいろなところが紹介されているので、もしよかったらご覧ください。

足下の落ち葉もきれい

足下の落ち葉もきれい

樹木の紅葉もきれいですが、足下の落ち葉もきれいでした。

足下の落ち葉もきれい2

何枚か手に取ってみました。
この美しさを家に持ち帰りたい。
でも、家に帰る頃にはこの葉っぱはしおれてしまうのですよね。

晩秋の美しさ

晩秋の美しさ

車に戻る道で、光に輝く「すすきの穂」がとてもきれいでした。

半日のドライブでしたが、すばらしい自然と出会うことが出来ました。
もっともっと北海道のことを知りたいと思いました。

ここまでお読み頂きありがとうございました。

日本製鋼所室蘭工場見学(火力発電所跡、瑞泉閣、鍛刀所)、そして打ち上げ!

日本製鋼所火力発電所跡

炭鉄港 in 室蘭第二部は「日本製鋼所・室蘭工場」(通称「日鋼さん」)の見学です。
「いざ日鋼さんへ!」ののぼりを立て(うそ)、バス二台に分乗して向かいますbusbus

見学ツアーでは前回の見学(同一ウインドー)の時と同じ日鋼職員の方が案内をしてくださいました。
私たちを見て

「前回もいらっしゃいましたね」

と言ってくれたのが嬉しかったです。
Cさんは印象的な外見なので、覚えられやすいのかもしれません汗4

工場見学の後は「火力発電所跡」へ。
ここは特に楽しみにしていました。

歴史的建造物です

歴史的建造物です

煉瓦造りの貫禄のある建物は、今から107年前の明治42年にイギリスの技術を用いて作られ、その当時としては最先端の建物だったそうです。

室蘭にはこの様な歴史的建造物がたくさんあるのですが、保存維持が大変なため、取り壊されてしまうことが少なくありません。
ここは是非残ってもらいたいと思いました。

瑞泉閣へ

ツタのからまる

続いて、やはり明治時代(明治44年)に作られた迎賓館「瑞泉閣」へ。
写真は瑞泉閣ではなく、その手間の建物です。
ツタが少し紅葉してきてきれいでしたキョロキョロ

鍛刀所へ

鍛刀所へ

続いて、現在も日本刀を作っている「鍛刀所」へ。
このような炎で鉄の塊を熱し、叩きながら刀の形にしてゆきます。
気の遠くなる作業です。

刀を研ぎます

ある程度出来たものは、丹念にやすりで研いでゆきます。

日本刀通販

日本刀は今では戦いに使う事はないので、買った人は飾ったり、わら束のようなのを切ったりするのでしょうか。
値段はどれくらいするかと思ってネットで調べたら50万円くらいから高いのは2千万円以上もしました。

「カートへ入れる」

というボタンが怖いです。
(参照元:名刀はお任せ!日本刀激安通販の刀剣販売専門店|日本刀・草薙の舎)(別ウインドー)

Google予測変換

ちなみにGoogleで「にほんと」まで入力すると、予測変換で

・日本刀
・日本糖尿病学会

が出て来ました(だからどうした)。

室蘭駅と大きな月

室蘭駅と大きな月

日鋼さん見学の後「空知、小樽、室蘭の代表による鼎談(ていだん)」が行われました。

そして最後は打ち上げです。
会場の居酒屋に向かう途中、ライトアップされた室蘭駅の横に大きな丸い月が並んできれいでしたハート
(満月は明日です)

打ち上げ(萬べぇ)

打ち上げ(萬べぇ)

打ち上げは中央町の居酒屋「萬べぇ」で。
3,500円で2時間飲み放題!エルモ泣き
やばいやばい。

私の周りは男性ばかり。
「キャオーン、紅一点だわ」
などと思いましたが、周りの人達は誰もその様なことは思わなかったでしょう。

今日は白老付近でJRの踏切事故がありました。
打ち上げにやっと間に合った空知方面の人は、この事故でJRが不通になり、なんとヒッチハイクと路線バスを乗り継いでここまでやってきたとのことでしたうさぎ

さらに河岸を変えて三次会へ

さらに河岸を変えて三次会へ

20時頃に宴会が終わっても、まだまだ皆飲み&話し足りません。
コンビニで酒やつまみを買い込み、メンバーのオフィスへ。

そこでさらに0時まで延々と宴は続くのでした。

14時間の長丁場、皆様ありがとうございました。

Translate »