Tag Archives: ニクニクナイト

ステーキに自家製塩麹鶏ハム、頂き物のニシン切り込み

ステーキ

外来種講義から帰宅し、すぐに夕食の準備にとりかかりました。

今日のメインは「ステーキ」エルモ泣き

100グラム213円の国産牛を舞茸に漬け込んだ後に焼きました。
しかし分厚かったせいかあまり舞茸パワーは及ばず汗4
一生懸命ナイフで切って頂きました。

自家製塩麹で鶏ハム

自家製塩麹で鶏ハム

お安い「鶏ムネ肉」は自家製塩麹につけこみ、熱湯に入れた後すぐに保温鍋に移し、外出している間そのままにしておきました。

しかし保温時間が長すぎてプルプルのゼラチン質が流れ出してしまい、パサパサになってしまいましたぐったり
加熱は20〜30分程度にした方が良いようです。
前回はボイル5分、保温鍋20分でプリプリに)

塩麹作り

塩麹作り
塩麹作り

塩麹完成

塩麹は、説明通り1袋に100グラムの塩を加えてよく混ぜ、300ml少々の水を加えました。
瓶に移して室温に置き、毎日一回スプーンでかき混ぜ、10日ほどで出来上がりました。

肉豆腐

肉豆腐

こちらは「肉豆腐」。

ニシン切り込み

ニシン切り込み

先日小舟で地元の方に「ニシンの切り込み」を頂きました。
ありがとうございます。

切り込みとは

生魚を包丁で切り刻み、塩と米麹で漬け込み発酵させた北海道・東北地方に伝わる郷土料理

かなり塩辛いですが、かなり酒が進みます。
ひとつまみで、日本酒一合飲めそう飲むよー
あぶないあぶない。

ジャズ大名

今夜は久しぶりに映画「ジャズ大名」を観ました。

アメリカから幕末の日本にたどり着いた黒人奴隷3人と、物好き大名(古谷一行)たちが繰り広げるドタバタ喜劇。
最後は城の中がジャズ天国と化し、山下洋輔やタモリまで出てきます。
音楽があれば人種も大名も家来も関係ない〜、なんてちょっと思わせる楽しい映画でした。

by カエレバ

お安いステーキ肉は舞茸でパワーアップ、カスベイタリアーノ

ステーキ

「自宅立て籠もり」も1週間。
お外が懐かしいです。
今日は「室蘭港立市民大学」で楽しみにしていた写真の講義があったのですが、これも断念。

我が家のお風呂はものすごく寒いので、風邪がぶり返しそうで怖くて入れていません。
だいぶ「熟女」になってきました汗4

夕食は「お安い国産牛ステーキ」からスタート。
100グラム213円のお肉は、みじん切りにした舞茸、玉ねぎなどにつけ込み、パワーアップ。

山わさびをつけて

山わさびをつけて

ステーキナイフでさっと切り、すり下ろした山わさびをつけて頂きます。
そこに赤ワインをキューッと🍷

うんうん、けっこういけますペロペロ
100グラム600円くらいになったかな?

カスベイタリアーノ

カスベイタリアーノ

北海道名物「かすべ」はトマト煮に。
ポリポリとした軟骨の食感が好きです。

すごい最低気温

すごい最低気温

テレビの天気予報が好きです。
この時期、マイナス2桁の気温がずらりと並ぶ様子を見て、北海道のすごさに感激するのでしたひぇ

玄関が冷蔵庫代わり

玄関が冷蔵庫代わり

室蘭は「北海道内陸部チーム」からみたら温かいですが、やはり寒いです寒い!
玄関は7℃くらいにしか上がらないので、冷蔵庫代わりにしています。
これはとても便利ですね。

半額黒毛和牛でプチニクニクナイト

和牛ステーキ

年始の三連休中日。
天気がいいのでニセコ方面にでもドライブに行きたかったのですが、少し風邪気味のため断念。
でも午後には回復し、近所の野山を3kmほど駆け回ってきました。

スーパーで800円ほどする「黒毛和牛ステーキモモ肉」が半額だったので、Cさんと目を合わせてカゴに入れました。
今夜は久しぶりのニクニクナイトです!エルモ泣き

お肉を焼き、そこから出た肉汁は、すり下ろし生山わさび、舞茸、玉ねぎなどに吸着させてケチャップやウスターソースでステーキソースにします。

柔らか〜い

柔らか〜い

お肉はレアに焼き上げ、しっとりジューシーハート
口に含むと、和牛の香りが広がりました。

テレビのグルメ番組でお肉が出ると、レポーターは「柔らかい!」を連発します。
でも「柔らかい」ではなく、ほんとはもっといろいろ表現してもらいたい。
ほどよい歯ごたえ、口の中に広がる香り、ほのかな温感、香ばしさ、お酒との相性などなど。
でも今日のワギューは柔らかくて美味しかったペロペロ

いつものように、ステーキがなくなるのが悲しいので、ちびっこく刻みながら赤ワインと合わせました。

生ハムチーズ

生ハムチーズ

冷蔵庫に残っていた正月用の「生ハム」と「クリームチーズ」を使って、白ワイン用の「あて」をCさんが作ってくれました。
クリームチーズにキウイを混ぜ込んだのがミソ。
カナッペはクラッカーではなく、糖質オフのために「お揚げ」を使いました。

かまぼこ、みよしの餃子

かまぼこ、みよしの餃子

ここで、急に和食/総菜系にチェンジ。
紅白歌合戦の後の行く年来る年のようです。

ステーキでも使った「すりおろし生山わさび」は醤油を混ぜ込んでかまぼこと一緒に頂きました。
ピリッとした辛さと、香りがたまりません。
白いご飯に混ぜても美味しいんですよね〜。

日本の左下の方から低気圧が近づいて来ています。
明日以降ちょっと荒れそうです。

久々のプチニクニクナイト。牡蠣も美味しい季節になりました

ステーキだ!

スーパーで「国産牛モモ肉半額セール」をやっていたので、久しぶりにステーキ肉を買ってきました。
100グラム400円ちょっとのお肉が半額。
十分分厚いお肉二枚で579円です元気""

フライパンに牛脂を熱してお肉を両面焼き、一度濡れ布巾に乗せてフライパンの温度を下げます。
再び弱火にかけて、ジワジワとなかまで火を通すという美味しんぼで習った方法(3巻第8話/肉の旨味)。

お肉から出た旨みは「もやし炒め」に最後の一滴まで染みこませました。

ステーキには生野菜(白いご飯も合いますが)。
昨今野菜が高いのですが、少し安くなったレタス(210円)と見切り品キャベツ1/4(70円)でサラダを作りました。
よし「ニクニクナイト」準備完了march

やっぱりレアが好き

やっぱりレアが好き

二枚のうち一枚はレアで。
私はレアが好きなのですハート

ナイフで切ってお口に運び、赤ワインをキューッと´🍷
減るのが悲しいので、ちっちゃくちっちゃく切って、ちょびちょびお口に入れては赤ワインを9〜!
あそうだ!山わさびを合わせるのを忘れましたエルモブルー

牡蠣ベーコン

牡蠣ベーコン

「サロマ湖産生ガキ」が300円くらいだったので
「安くなってきたわねー。後で買いましょう」
と思って再び行くと400円台に上がっていましたわぉ

一体何が起きたの??
タイムセールでもないのに。
急に円相場が変わったの??(それは関係ない)

でも、見切り品(200円台)があったので、それをベーコンでくるみ、バルサミコソテーにCさんがしてくれました。
こりゃ白ワインか!と思ったのですが、実は赤ワインがピッタリ。

玉ねぎが美味しいー

玉ねぎが美味しいー

「玉ねぎ」はオリーブオイルで焼き、そこにベーコンを乗せました。

夕食後はいつものように片付けをして、二階の自室へ。
やがて階下で物音がしたので階段を降りると、いつものようにソファーで寝ていたCさんがよろよろとトイレに入ろうとしていました。
転ばないように後ろから支えて寝床まで誘導します。
夜はCさんが「よろよろ」で、朝は私が「よろよろ」です。

その後私もパソコンを消し、リビングのソファーで図書館から借りてきた漫画「まんが道(3)」を読みました。
今は「漫画、本、落語、散歩、ポケモン」が楽しみな毎日です。

ここまでお読み頂きありがとうございました。

和牛安売りで久々に「ニクニクナイト」、星撮影に初チャレンジも月が明るすぎ

和牛ステーキ

ほんわかと暖かい土曜日でした嬉しい~
日中は車で15分ほどのところにある「弥生ショッピングセンター」へmarch
ここの「ホームセンタ」ーや「100均(ダイソー)」に行くのが今は楽しみです。

スーパーは土曜日は「ポイント10倍」なので、いつもお酒などをまとめ買いします。
今日はお肉売り場で「薩摩黒毛和牛モモステーキ」(売り切り値引きで1,296円)を発見。
Cさんと目を見つめ合い、思い切ってカゴの中へ。

先日の「白老牛の牛脂」を使ってレアに焼き、すり下ろした山わさびを乗せて頂きます。

野菜もたっぷり

野菜もたっぷり

そこに生野菜と赤ワイン(サンタ、カベルネソービニヨン&見ずシラーズ)を投入。
くー、美味しいばんばん
久しぶりのニクニクナイトに大興奮でした。

ホタテ稚貝、安い!旨い!

ホタテ稚貝、安い!旨い!

地元産の「ホタテ稚貝」はこの倍ほどで194円。
これをワイン蒸しにしました。

ちっちゃいねー

ちっちゃいねー

身はちっちゃいですが、実にいいダシが出て美味しいのですよだれ
こちらは白ワインで。

ナメタガレイもやはり旨いです

ナメタガレイもやはり旨いです

自家干しナメタガレイは、香りも旨みも抜群。
写真はないのですが、少し大きめの卵(こっこ)も入っており、250円を食べ尽くしました。

カメラ担いで星撮影に挑戦

カメラ担いで星撮影に挑戦

Cさんが21時過ぎにソファーで寝た後は、一人でカメラと三脚を担いで近所に写真を撮りに行ってきました。
いつもこの付近を夜歩く度に、オリオン座や北斗七星などがとてもきれいに見えるので、撮りたいと思っていました。
星撮影初挑戦です。

しかしすでに時遅く、煌々と月が輝き、そらは明るくなっていましたわぉ

撮れることは確認

撮れることは確認

それでも、これくらい撮れました。
天気が良く、風が弱い日にまたチャレンジしてみたいと思っています。

ここまでお読み頂きありがとうございました。

久々の本格ステーキ降臨、ニクニクナイトだー!

360グラムステーキ

三連休初日は、Cさんの両親と妹夫妻に会いに行き、昼食を共にしてきました。
Cさんの家族と一緒に過ごす時間はほんとに楽しいです。

帰りがけに、肉の殿堂「白老牛のいわさき」で100グラム800円の「和牛モモ肉ステーキ用」を買ってきました。
久しぶりの純トロ…じゃなくて和牛です
こいつを牛脂(これも和牛の本物)を熱したフライパンで焼きます。

o(≧▽≦)o

久しぶりの分厚いステーキ

久しぶりの分厚いステーキ

ごん分厚いので、中は完全にレア。
ちゅうか生です。
でも私はこれくらいが大好き。
生が一番!(でもないけど)

でもたまのいい肉なのでこれくらいで食べたい。

すり下ろし山わさびで

すり下ろし山わさびで

スーパーで売っていた「やまわさび」をすりおろし、それをちょっとつけて口の中へ。
クレソンはないので、サニーレタスやキュウリなどの生野菜を投入し、さらに「カベルネソーヴィニオン&シラー」の450円ワインで流し込みます。

くーー、やはり旨い!ばんばん
「柔らかい〜」なんて私は言いませんよ。
「甘い!」なんて、さらに言わない。

和牛は「和牛香」と呼ばれる香りが大切(らしい)。
噛みしめたときにジュワリと出て来る、雑味のない肉の旨味と、香りを楽しむのです、はい。

たまの贅沢、うれしかったです。

干すなら宗八

干すなら宗八

こちらは「自家干し宗八ガレイ」、「かまぼこ数の子わさび乗せ」。

74円を食べ尽くします

74円を食べ尽くします

カレイは干すなら「宗八」か「ナメタ」。
ちょっと臭くなったくらいが最高。

ここまでお読み頂きありがとうございました。

500グラムジャンボステーキに毛ガニ、ニシン刺し身は残念でした

500グラムステーキ

水族館の帰りにCさんと近所のスーパーに行くと、500グラムで1,686円の「国産牛ステーキ用モモ肉」が売られていました。
無言で目を合わせる二人。
そしてお肉はカゴの中へ。

お肉は牛脂を熱したフライパンで全体を焼き、さらにノンフライヤーで90℃25分、210℃5分(だったかな)加熱することによって中まで熱を通しました。

ステーキ用としては安いのでどうかと思ったのですが、しっかり旨みがあり美味しかったです。
たっぷりの生野菜(水栽培のクレソンも)と一緒に。

毛ガニ440円様

ミソも旨いし

「毛ガニ」の価格もじわじわと下がり、今日は1杯440円でした。
ミソの旨みは言うまでもありませんペロペロ
悩殺的な旨みの後、麦焼酎(兼八)をキューーッと。

ミソも旨いし脚も旨い

ミソも旨いし脚も旨い

脚も味が濃くて美味しかったです。
これから毛ガニのシーズンになるのが楽しみです。

稚貝の分かるあなたへ

稚貝の分かるあなたへ

ホタテの稚貝は202円。
稚貝と言え、身はけっこう大きく、それなりに食べ応えがありました。

しかし美味しいのは、ダシがたっぷり出たお汁です。
最高の味噌汁ですね。

ニシンの刺し身は残念

ニシンの刺し身は残念納豆豆腐

ニシンの刺し身(319円)はCさんの反対を押し切って私の希望で買いました。
しかし実際に食べてみると…味がほとんどない!エルモブルー

もっと美味しいニシンの刺し身もあるのかもしれませんが、ニシンは刺し身には向いていないのかもしれません。
ほとんど残し、明日他のお料理になってもらうことにしました。

納豆豆腐には水菜や新玉葱を入れて歯ごたえを出しました。

夕食を始めた時間が早かったので、Cさんは21時にはソファーで寝てしまいましたひぇ
私もお風呂に入って23時前には寝床へ。

札幌ドーム、水族館と中身の濃い土日を過ごし、気分もリフレッシュ出来ました。

ここまでお読み頂きありがとうございました。

久々ニクニクナイト、野菜もたっぷり摂りました

ニクニクナイト

室蘭の中島地区の大きなスーパーに行ったところ、100グラム700円程度の和牛モモ肉がありました。
いい感じでサシが入り、しかも半額!!
今夜はニクニクナイトに決定です。

クレソン参上

サラダ

そしてなんと、野菜売り場には一把のみですが、クレソン(栃木産)がありました。
いやー、うれしい!
クレソンは室蘭ではほとんどないのです。
店員さんに聞いたところ、時々入荷するとのことです。

ステーキにはたくさんの生野菜と赤ワインを合わせるのが私は大好き。

ステーキにちょっとホースラディッシュをつけて → クレソン → 生野菜 → 赤ワイン

このサイクルが最高なのです。

糖尿炒め

こちらはCさんが作った、豆苗と卵の炒め物。
白ワインプリーズ。

鶏レモン挟み焼き

いつもの鶏レモン挟み焼きはお安いモモ肉にハーブミックスを揉み込み、いつもの電気ロースターで焼きました。
うんうん、お安いお肉でも美味しいです。

ちなみにCさんは21時半には椅子の上で眠ってしまいました。
そして2時間後にすくっと起きてトイレに行き、そのまま自分の寝床に入ってゆきました。
うんうん、上出来です。

さあ、明日は念願の札幌雪祭りに行く予定です。
楽しみ!

白老牛直販所「いわさき」で絶品牛肉をゲット

白老牛「いわさき」

苫小牧を出て室蘭に帰る途中、ガソリンが底をつきそうになりました。
しかし走れど走れどスタンドがない!
やばい!
やっと見つけたスタンドに入ると、なんとその横がずっと前に食べて、その美味しさに感激した白老牛の直販所「いわさき」でした。

ガス欠危機が巡り合わせてくれた奇跡!(言い過ぎか)

店内は和牛パラダイス

にくにくお勧めはハンバーグ

お店に入ると、冷蔵ケースの中には絶品の白老牛のお肉が並んでいました。
グラム800円から高いのは2千8百円まで。

店内はこんな不便な場所にあるにもかかわらず、多くの人で賑わっていました。
1万円以上買ってゆく人もいます。

お肉もいいのですが、ハンバーグが私は一番のお勧めだと思っています。
お店奥の厨房を見ていると、お肉を成形した「端切れ」をポンポン容器に投げ入れています。
そう!この端切れがこのハンバーグになるのです(と思います)。
美味しいはずです。

今回我々は、ステーキ用もも肉のうち安い方(グラム800円)を200グラム、ハンバーグ6個、フランクフルトを購入しました。

いわさきメニュー

そしてニクニクナイト

ハンバーグステーキ

そして家に帰り、ニクニクナイトスタート!

まずはハンバーグ。
つなぎなどが入っていない、挽肉のかたまりです。
これがほんとに旨い!

噛みしめると、純粋100%の肉の旨味が口の中にほとばしります。
赤ワイン進みます。
危険です。

モモステーキ

そしてもも肉のステーキ。
これはあのお店では一番安い肉です。
しかし、その美味しさは想像を絶していました。

きれいに入っていた「さし」は、とろけるような旨みと舌触りを作り出していました。
そして芳しい「和牛香」が鼻を抜けます。

わわわ、今夜はクレソンがない!
でも、たっぷりの生野菜と一緒に頂きました。

北海道旨いです。
おいでよ北海道!

いわさきのネット通販](別ウインドー)

ラムチョップ、メジマグロ刺し身、ホタテソテー

ジューシーラムチョップ

映画館で「春を背負って」を観た後は、買い物をして帰宅。

今日は昼前からランチで白ワインを楽しみ、映画館でハイボールを飲んでおいおい泣き、すっかり出来上がって帰宅後は寝床でしばらく気を失っていました。
あー、Cさんの引越準備をしないといけないのに。
まあ、明日でいいか。

夕食はいつものようにCさんが作り、私は後片付け担当。

まずはノンオイルフライヤーで作るラムチョップ。
以前はニクニクナイトは和牛だったのですが、こちらの方がコスパが高いので、最近もっぱらラムちゃんです。

作り方は超簡単。
添付のハーブソルトをまぶして、ノンオイルフライヤーで200℃30分焼くだけ。
詳しくはこちらの記事をご覧ください。
これくらいなら一人でも出来るね。

メジマグロは食べるな?

マグロ

次はいきなりメジマグロです。

メジマグロは20kg未満の子供(未成魚)のクロマグロのことで、値段は成魚のクロマグロのおおよそ5分の1程度だそうです。
日本のクロマグロの漁獲はなんと

0歳魚が67.1%、1歳魚25.5%、2歳魚5%、3歳魚1.2%、4歳魚以上の成魚はわずか1.2%。

そこで昨年、水産庁が「安いからと言ってメジマグロを食べるのは、やめましょう」と異例の呼びかけをしたとか。
(参照元:クロマグロも崖っぷち 水産庁「メジマグロ食べないで」のワケ  WEDGE Infinity(ウェッジ))(別ウインドー)

でも実際は漁師さんはメジマグロを狙っているわけではなく、メジマグロが巻き網で捕れてしまったら、リリースしても助からない可能性が高いようです。
(参照元:不可解な報道「メジマグロを食べないで」の本当の意味 – Excite Bit コネタ(1/2))(別ウインドー)

なかなか難しいものなのですね。
私はやっぱりカツオがいいです。

ホタテソテー

そしてこちらはホタテのソテー。

赤ワイン、日本酒、白ワインをちゃんぽんで飲んでいたらやがて意識がなくなり、気がついたら夜中の二時にCさんのベッドに足だけ乗せて、フローリングの上で寝ていました。
うう、体が痛い。

Translate »