Tag Archives: 動画

「ロシアンルーレット」怖いけど緊迫する超名シーン2選

ディア・ハンター

先日「ロシアン万願寺」を食べて、今まで観た2つの映画の「ロシアンルーレット」のシーンを思い出しました。
どちらも怖いですが、強烈に印象に残った名シーンです。

一つはベトナム戦争に行った若者の心の傷を描いた名作「ディア・ハンター」。

アメリカの片田舎で鹿狩り(ディアハンティング)などをしながら平和に暮らしていた若者のマイケル(ロバート・デニーロ)やニック(クリストファー・ウォーケン)たち。
彼らはベトナム戦争に送られ、壮絶な戦いを体験します。
途中、ベトナム人に捕らえられ、小屋の中で銃を突きつけられてロシアンルーレットを強要され、命からがら脱出するシーンもあります。

やがてマイケルはアメリカに戻り、ニックはベトナムにとどまります。

ディア・ハンターロシアンルーレットシーン

その後マイケルはニックをアメリカに連れ戻すべく、ベトナムに再び向かいます。
そこでマイケルが見たのは、精神をやられ、ロシアンルーレットをし続けるニック(赤はちまき)の姿なのでした。

マイケルは自らロシアンルーレットに参加してニックと向き合い、命がけでニックを説得します。
それがこのシーンなのです。

ニック、こめかみに当て引き金を引く…しかし弾は出ず

マイケル(拳銃を右手に持ちながら)
「Is this what you want ? Is this what you want ?」(これがお前の望みか?これがお前の望みか?)
拳銃をこめかみにあて
「I love you, Nick.」(愛してるよニック)

マイケル引き金を引く…しかし弾は出ず
ニック、少し口を開けて何か言おうとする

マイケル
「Come on, Nicky. Come home. Just come home. Home.」(さあニッキー、家に帰ろう)
「Talk to me.」(何か言ってくれ)

ニック、拳銃を持つが、マイケルに止められる。

「Nicky, Wait a minute, Nick. What did you do to your arms ?」
(ニッキー、ちょっと待て、どうしたこの腕の傷は?)
「Do you remember the trees? Do you remember all the different ways of the trees? Do you remember that? Do you remember? Huh? The mountains? Do you remember all that?」
(ニッキー、あの木を覚えてるかい?木でいろいろなことをしたことを覚えてるかい?あの山は?覚えてるかい?)

ニック(初めて口を開く)
「One shot.」(一撃だ)

マイケル
「One shot. One shot.」(一撃だ一撃だ)

ニック、マイケルの手をふりほどき、笑いながら拳銃をこめかみに当て、引き金を引く

壮絶なシーンです。
この映画を最後に観たのは多分30年くらい前だと思います。
もう一度観たいと思い、注文しました。

野獣死すべし

野獣死すべし

もう一つは大好きで今まで少なくとも20回は観た「野獣死すべし」のワンシーン。
銀行強盗犯の「伊達邦彦」(松田優作)を追う刑事「柏木秀行」(室田日出男)は、逃避行中の伊達を夜行列車でついに追い詰めます。
しかし柏木は拳銃を伊達の相方に奪われ、そこからロシアンルーレットが始まるのです。

伊達は「リップ・ヴァン・ウィンクル」の話しをしながら拳銃を柏木に向けます。

4分10秒地点から。
柏木「・・・あんたには、はじめっから妻なんかいなかったじゃないか」
伊達「ぼーくの話をしているわけではないでしょう。リップ・ヴァン・ウィンクルの話をしているんですよ」
柏木「リップ・ヴァン・ウィンクル・・・ 小人に、何ていう酒をもらったんだ。できれば、俺も飲んでみたいなあ」
伊達「覚えてます・・・。ラム、コァントロ、それに・・・レモンジュースを少々、シェイクするんです・・・。わかりますか?」
柏木「X・・・Y・・・Z・・・」
伊達「そう・・・・・・・・・、これで終わりって酒だ」

緊迫するシーン。
松田優作はこの作品を演じるために奥歯を4本抜いたそうです。
魂が抜けたような青白い無表情の中に狂気を感じるすごい演技です。

このシーンが私は大好きで、まだビデオデッキがなかった頃、カセットテーブに録音して何度も聞いていました(かなり変?)。

皆さんにも心に残る名シーンはありますか?
ちなみに、室蘭の名所「地球岬」のお土産屋には「毒まんじゅう」という、箱の中に一つだけ激辛のまんじゅうが入っているという、まさにロシアンルーレットのようなまんじゅうを売っています。

宣(室蘭)で念願の初がつお、しかも大葉と生ニンニクで

宣!

やって参りました金曜日!
TGIFですエルモ泣き
しかも、なんと愛する居酒屋「宣」の大将から「今日カツオ入りました!」という特報が入りました。

カツオ入りました

くーーー!うれしいです。
バン!
今夜は宣に決定!

さらにCさんはなんと17時20分に帰ってきました。
というわけで、今夜は酒を求め、カツオを求め、室蘭市中央町の宣に直行です。

お通しのハタハタ煮付け

ハタハタの煮付け

カウンターには室蘭の老舗の大旦那が楽しそうにお酒を飲んでいました。
同じカウンターのよしみで乾杯。

焼酎のお湯割りを飲みながら出てきたのは、はたはたの煮付けです。
私はこの魚は秋田の郷土料理くらいにしか思っていなかったのですが、室蘭ではスーパーでも日常的に置いてあります。
地味だし、身は柔いし、骨も多くて食べにくいのですが、煮ても焼いても実に旨いのです。
あっぱれハタハタ。

出ましたカツオ刺し身

カツオ、めぬけ、ボタン海老

そしてみなさん、今日のその時がやってまいりました。
カツオ、メヌケ、ボタン海老の刺し盛。
キャーー、これを待っていました急げ

ボタン海老は近海物で心地よい歯ごたえともっちりねっとりとした食感、そして旨みが抜群でした。
ネムケ…じゃなくてメヌケは深海魚だそうです。
マヌケは私ですか。
もちっとした食感で、白身魚としては旨みが強くて美味しかったです。
うれしい〜!

完璧カツオ

カツオに大葉に生ニンニクスライス

そして今夜のメインキャスト、初がつお。
大将にリクエストしたところ、大葉と生ニンニクスライスを出してくれました。

大葉の上にちょっと醤油をつけたカツオの刺し身、生ニンニクスライスを乗せて口の中に運びます。
くーー、これですこれですばんばん

あっさりとした中にもしっかりカツオの香りと旨みがあり、とてもいいカツオでした。
室蘭でこんなにいいカツオを食べられるなんて。
大将ありがとうございますぺこぺこ

生ラムもいいねー

生ラム

こちらは生ラム焼き。
カツオで興奮した後に、ゆっくりと焼酎に合わせました。
赤ワインも絶対に合うね。

何をハラス?

ハラス

そして定番の「鮭ハラス」。
脂が乗っているのですが、全然しつこくないのです。
焼酎が進みます。

大旦那ともいろいろと話しをすることが出来て楽しかったです。
さらにのれんをくぐって入ってきたのは、いつものスナックの仲閒達。

美味しい料理とお酒、そして仲間がいて楽しい夜でした。
お店を出たのは20時頃でしょうか。
二人とも満足してしまい、スナックにも北京亭にも寄らず、コンビニでおにぎりも買わず、そのまま家に帰りました。

明日は土曜日。
天気がよかったらドライブに行きたいです。

ここまでお読み頂きありがとうございました。

おまけ

サッカーの試合中に突然ちん入してきたワンコ。
ボール遊びに参加したかったのでしょうね。
そのワンコを優しく連れ出すキーパーがとても素敵です。
きっとワンコのことがが大好きなんでしょうね。

居酒屋が貸し切りで急きょ自宅夕食(肉野菜炒め、カツオたたきなど)

夕食

近所の「そば屋居酒屋」のボトル期限が明日なので、今夜行こうと思って楽しみにしていました。
在宅仕事が終わり、買い物に行って最低限の食材を買い、明日の朝食や弁当を作り

「さあ居酒屋だ!」

と思って19時にお店に行くと、なんと入り口に「今夜は貸し切り」の張り紙が。

ガーーン!エルモブルー

焼き鳥屋は明日行くし、地域居酒屋は先日ボトルが無くなったばかりだし…。
仕方なくその足でまた買い物に行き、夕食の材料を買ってきました。
とほほ。

予算は少なく

頂いたのは

・カツオたたき

410円(税込み)の半額でした。
生ニンニクスライス、大葉と一緒に。
焼酎のお湯割りが合いますね嬉しい~

・豚肉野菜炒め(豚肉、茄子、人参、ピーマン、タマネギ、味噌、ラカントS、オイスターソース)

昨日の残りの人参を入れたところ、歯ごたえも良くぐっと美味しくなりました。
人参は炭水化物が多いけど、これくらいだったら大丈夫かな。
と思って調べたら、タマネギやブロッコリーの方が多かったですわぉ

・モカモカ和え物(モヤシ、キャベツ、オクラ、キュウリ、トマト、にんにく油、ポン酢醤油)

ほんとはワカメを入れたかったのですが、次の室蘭行きまでに使い切れないので購入を断念。

・キャペリン(トースター1200Wで5分)

ニセ者、安すぎて怖いと言われそうですが、やっぱり安美味しくて好き。

その後スカイプを室蘭につなぎ、どうやら1時半頃までCさんと話していたようです。
しかし何を話したのかさっぱり覚えていません。
メモしながら話さないといけませんね。

面白動画

会社で昼休みに観ていて笑いをこらえるのが大変でした。

ここから先の数本も面白いです。

夜中はマン島TTレースで大興奮

マン島TTレース

Cさんが23時半に座椅子で寝込んだ後は、パソコンでマン島TTレースの動画を観ました。
以前からこのレースは知っていたのですが、いやはやすごすぎます。

危険極まりないレース

マン島はイギリスのグレートブリテン島とアイルランドの間にあります。

コースは一周60kmで、そこを17分(平均速度213km/h)で走りきります。
狭い公道で最高時速320キロ以上を出すため危険極まりないレースなのです。

サーキットと違ってエスケープゾーンもクッションもありません。
転倒すれば民家の壁に激突したり崖から落ちたりするので、今までの死者は240人にのぼるそうです。
昨年は日本人の松下ヨシナリ選手も亡くなっています。
(参照元:【レポート】マン島TTレースの予選で松下ヨシナリ選手が事故死)(別ウインドー)

私はサーキットのレースは関心がないのですが、これやWRCのような公道レースが大好きです。
動画を観ていて、この速度はすでに人間の能力を超えているのではないかと思いました。

昨夜の瞑想リラックスタイムから一転。
今夜は大興奮しながら夜中を過ごしました。

下の動画を観ました。すごいです。

夜中に起きるとそこは真っ暗闇…私はどこにいるの!

ここはどこだ?

昨夜は0時半には寝ました。
そして夜中にふと目が覚めると、私は漆黒の闇の中にいました。
全く光のない真っ暗闇です。

手探りで周りをさぐると全部壁でした。

これと同じ悪夢を時々見ます。
今回も一瞬悪夢かと思ったのですが、紛いもない現実だと気がつきました。

一体ここはどこ!

ここはあそこでした

パニックになりそうでした。
壁を叩いて助けを呼ぼうかと思いました。

その時、手元にパコパコと開く蓋があることに気がついたのです…。
この蓋はどこかで同じものをさわったことがある…。

そうだトイレだ!

壁に手を伸ばすとそこにはドアノブがありました。
そして無事外に脱出することが出来ました。

どうやらトイレで寝込んでいたようですね。

今までいろいろなところで寝込みました。

  • 台所で洗い物をしながら床で
  • 洗面所で歯を磨きながら床で
  • 飲み会から帰ってiPhoneの充電をセットしてそのまま
  • パソコンの調子が悪くて机の下にもぐりこんでパソコンを開けた状態で

などなど。

目覚めたら「外」というのがないのが幸いです。
しかし今回は怖かった。

チューチューと鳴く「ナマカフクラガエル」が可愛い!愛すべき変な生き物たち

ナマカフクラガエル

先日、テレビでものすごく可愛いカエルを観ました。
名前は「ナマカフクラガエル」(Namaqua Rain Frog)。
体調は4.5センチ程度で、南アフリカ、ジンバブエ、ナミビアあたりの砂漠に住んでいるそうです。
ちなみに「ナマカ」というのは南アフリカの地名です。
(写真参照元:SAReptiles • View topic – Amphibian Picture Quiz)(別ウインドー)

鳴き声がたまらん

その姿も可愛いのですが、その鳴き声がたまりません。
ヨタヨタしながらチューチュー鳴く姿があまりにも可愛い(T_T)
是非動画をご覧になって下さい。

カエルアンコウ

カエルアンコウも大好きな生き物です。
泳ぎが苦手で、海底を歩いて移動します。
水流に流されたりします。

しかし食事の時はすごいのです。
頭の上の旗のようなひらひらを疑似餌にして獲物を呼び寄せ、目にも止まらぬ速度であっと言う間に捕食してしまいます。

フウセンウオ

こちらは以前旭山動物園で見たフウセンウオ。
パタパタしながら上下する姿が可愛いでしょ。

こういったちょっと不格好な生き物が可愛く思えるのはナゼなのでしょうね(^_^)

お読み頂きありがとうございました。

Translate »