Tag Archives: 引っ越し

築30数年の一軒家に引っ越して今日で半年…なんとかやっています

ベランダからの眺め

この古い一戸建てに越してきてから、今日で丁度半年が経ちました。

生まれてほとんど初めて住む一戸建て。
交通も不便で、車がないとお店には行けませんわぉ
さらに多くの人からは

「風が半端なく強くて寒いぞ!」

と脅かされ、引っ越し前から不安でしたぐったり
さらに住み始めてからは床の傾きに悩まされました。

寒さ・風

引っ越してきたのは無謀にも1月半ばという「極寒の時期」。
いきなり台所の流しは上水道も下水道も凍り付いていましたひぇ引っ越し当日のブログ)(同一ウインドー)。
朝晩の室温は3℃くらいまで下がり、震え上がりました。

でも、一階のリビングの大型石油ストーブをタイマーをかけていれば、朝はなんとか大丈夫でした。
一度温まれば、北海道の家は保温がいいので快適です嬉しい~
二階の石油ファンヒーターは中古で壊れていてタイマーが使えなかったので、次の冬に新しいのを買えば大丈夫だと思います。
寒いのは辛いですが、それはそれで風情もあり、悪くありません。

風も確かに強い日もありましたが、家の中にいれば音がうるさいくらいで特に問題はなし。

不便さ

お店は徒歩圏には数軒しかありません。
でも食料品や日用品は車でスーパーやドラッグストアに行けば買えます。
その他の品々も、もともと東京にいた頃からネットで買っていたので、ほとんど利便性は変わらず。

「ネット通販は僻地ほど活用すべき」

という信条をまさに実践していると思います。

外食も徒歩圏には3件しかありません(小舟、若鶴、みるく亭)。
スーパーに行っても、珍しい食材はあまり見かけません。
大好きなホタルイカも瞬間風速のようにいなくなったし、手に入らない食材はたくさんありますエルモ大泣き

でもその3件はとてもいいお店ですし、スーパーでは品数は少ないですが、旬の安くて美味しい食材を買うことが出来ます。
収入も大幅に減ったので、今の私たちにとって過ごしやすい環境だと思います。

家の傾き

これが一番の悩みでした。
家の中で傾いていないところは無いくらい、どこも傾いています千鳥足

人に相談すると

「そんな家は住まない方がいい」
「やばい」
「長く住むと体や神経を蝕まれる」

などと言われましたぐったり
でも、結果から言うと半年で「だいぶ馴れました」。

左右の高さが違う椅子でずっとパソコン作業をしているうちに、深刻な腰痛になりました。
でも座る向きを変えたら大丈夫になりました(ブログ記事(同一ウインドー))元気""

リビングの傾きはひどく、歩くと

おっとっと

という感じで傾きを感じました。
それも、不思議と慣れました。
もちろん、今でも傾きは感じるし、不快です。
でもまあ、なんとかなる気がしてきました。

虫はどうか?

残された最大の不安が「」です。
家は木々に囲まれ、窓枠がゆがんでいるので、網戸もすき間だらけひぇ

現時点(7月半ば)では、なんとか大丈夫なようです。
「蚊」は今のところ全くいません。
「ワラジムシ」「ハサミムシ」「アリ」「クモ」は家の中にちょっといますが、まあ気にならない程度です。
「カマディー(別名ベンジー)」(本名「カマドウマ」)も、今のところ紳士協定が出来たように、遭遇することはありません汗4

でも夏はこれからが本番。
一気に彼らが押し寄せてくるのかもしれません。

でもそれを乗り切り、なんとか一年を過ごすことが出来れば、ここに長く住みたいと思っています。
不便ですが、ネットがあれば大丈夫。
窓からは素晴らしい景色を毎日望めます。
近所を歩けば、自然の息吹と静けさを全身で感じることが出来ます。

今まで20カ所くらいに住みましたが、ここが一番いいと思っています。
さあ、盛夏を乗りきれるか!

初めてだらけの室蘭での生活ですが、なんとか楽しみながらやってゆきたいと思っています。
みなさまよろしくお願いいたします。

床の傾いた一軒家、模様替えで腰痛はなくなったけど、これから先どうなるか

0.4°

床の傾いた一軒家に越してきて一ヶ月半。

傾斜のきついところでふらつくなどもありますが、一番の悩みは右側の腰に起きた腰痛でしたエルモ大泣き
これは、自室で左右に傾いた床の上の椅子に長時間座っていたことが原因だとはわかっていました。

しかしたった0.4°でここまでダメージがあるとは…
こんな傾きなんてどこにもあると思っていたのですが…甘かったです。

健康に悪いからと言われても

ピサの斜塔

この床の傾きについてはいろいろな人に相談しましたが、一様に

「そういう家には住まない方がいい」
「健康に重大な影響を与える」
「やばい」

という意見でした。
そう言われる度に悩みましたぐったり

私だって傾いた家には住みたくないです。
わかっています。
でも、多大の労力をかけて引っ越しを済ませ、やっと落ち着いたばかり溶ける
引っ越しではトータル23万円くらいの出費がありました。
そうそう簡単にまた引っ越すことは出来ません。
それに、床の傾き以外はこの家はとても気に入っているのです。

室蘭の法律や住宅の専門家の友人に相談したところ、貴重なアドバイスを頂けました。
その結果、不動産業者にこの欠陥を訴えながら、工夫してまずはしばらく住んでみることにしました。

ビー玉で傾きチェック

腰痛に関しては、2/8に椅子の片側の脚に板を挟んで高さの調節をしたところ、だいぶ楽になりました。
でもまだ完全に水平にはならず、椅子の脚を板の上に乗せるのも面倒でした。

そこでビー玉を使って床の傾きをいろいろ調べてみたところ、丁度私が座っている左付近が一番高くなっており、そこが「分水嶺」になって左右両方向に床が下がっていることが判明。
よりによって私は一番左右の傾斜が強いところに座っていたわけですアホヤ

机の配置換えで腰痛は軽快

模様替え

そこで頑張って10日ほど前に模様替えをして机の配置を90°変えたころ、無事に腰痛は治りました!
まずはとても嬉しかったですエルモバンザイ

健康への悪影響とは?

しかし果たしてこの「健康への悪影響」とはどのようなものなのでしょう。
私たちに指摘してくれた人達も、実際に体験したわけではありません。

調べてみると、

・0.34°:構造的な瑕疵が存する可能性が高い(住宅の品質確保の促進等に関する法律)
0.43°:我が家の私のデスク付近
・0.60°:めまいや頭痛が生じて水平復元工事を行わざるを得ない
・0.95°:災害による住家被害認定における「大規模半壊」の適用
・〜1°:頭重感、浮動感を訴える人がある
1.20°:我が家のリビングの最大斜度
・1.30°:牽引感、ふらふら感、浮動感などの自覚症状が見られる

(参照元:建物の傾きによる健康障害|復旧・復興支援WG「液状化被害の基礎知識」)(別ウインドー)

やはりこの家は押しも押されもせぬ「欠陥住宅」のようですぐったり

しかし、具体的な健康への影響は簡単には判断出来ないようなのです。
そこには多分

  • 傾いているのは家全体か、部分的か
  • 家に滞在する時間
  • 滞在している位置
  • 平衡感覚などの個人差

などの差があると思います。

ネットを調べてみると、同じように傾いた家に関する相談がたくさんあり、

「最初は気になったけど、やがて慣れてその後は大丈夫だった」

という体験談も載ってていました。

私は家に滞在している時間は長いし、自律神経も弱いし、車にも酔いやすいです。
でも、デスクの椅子の位置を工夫して腰痛は軽快し、他の傾いた場所にも少し慣れてきた気がします。

不動産業者に対する不信感

実はこの物件を借りるとき、我々はとても気に入って買う気満々だったのですが、担当者は何故か「売却」を渋り、「賃貸」を勧めてきました。
この古さの一軒家だと「売却」が普通だと思っていたので不思議でした。

今から思うと、業者はこの物件の重大な欠陥を知っていて、売却したら揉めると思ったのかもしれません。
賃貸契約の際も、床の傾きについての説明は一切ありませんでした。

私たちが床の傾きについて先日担当者に相談すると

「もっと傾いた家でもお客さんから文句は出なかった」

と言っていました。
この言葉が本当ならば、この業者は

「床の傾斜を測定し、欠陥が分かっていながらもその家を売るか貸している」

と言うことになります。

今のこの家の家賃は、周りの相場と比較してそれほど安いわけではありません。
しかしこれだけの欠陥が分かった今、不動産業者と家賃に対する不信感が出てこざるを得ません。

不動産業者には10日前にメールを送ったのですが、返事すら来ません。
私としてはこの家は「傾き以外」は満足しているので、出来れば住み続けたいと思っています。
でも今の不動産業者の対応をみると、釈然としないものがあります。

この先どうなるか。
返事が来なくてうやむやになるのか。

難しいですね。

ここまでお読み頂きありがとうございました。

台所の蛍光灯が壊れました、床の傾きが心配です

台所の蛍光灯が壊れた

築30数年の一軒家に越してきてからもうすぐ4週間。
昨日、ダイニングキッチンの蛍光灯が点かなくなりましたエルモブルー
「蛍光灯」と「グローランプ」を交換しても直らないので、電気系統の故障だと思います。

不動産会社に連絡したら、少し時間はかかるけど対応してくれるとのこと。
これからもあちこち壊れるのかもしれません。
こういう時は買い取らずに賃貸にしておいてよかったと思います。

床の傾きで腰が痛い

床の傾きで腰が痛い

この一軒家への引っ越しは不安だらけでした。

①寒さ
②風の強さ
③夏の虫

実際に暮らしてみて、確かに寒いし、風も時々強いです。
でも今が一番寒くて風が強い時期。
そう思うと①と②はここまで過ごしてきて、何とかなると思いました。
夏の虫はまだわかりません。

今直面している問題が床の傾きです。
これは少し甘く見ていました。

一番傾いているのはリビングの窓際で、ここを歩くと少し「おっとっと」という感じになります。
でもここにいる時間はごくわずか。

問題なのが、パソコンに向かっている時間が長い自室です。
右に0.6〜0.8°程度傾いているのですが、これは実は

めまいや頭痛が生じて水平復元工事を行わざるを得ない。

(参照元:建物の傾きによる健康障害|復旧・復興支援WG「液状化被害の基礎知識」)(別ウインドー)
というレベルなのだそうですわぉ
たった0.6°なのに…
知り合いにも
「家の傾きは次第に健康を壊してゆく」
と言われましたわぉ

ずっと続いている右側の腰痛はこれが原因だと思います。
かと言って、引っ越しが終わってやっと片付いたところでまた引っ越すわけにはいきません。

試しに椅子の右脚をベニヤ板2枚に乗せてみたところ、大体水平になり、腰への負担はだいぶ減りました。

座りっぱなしもよくない

あさイチ

また、テレビでも「座りっぱなし」は命を縮める、と言っていました。
30分に数分立ち上がって軽く動くのがよいそうです。
(参照元:病を生む!?“座りすぎ”にご用心 【ミニ企画】どうなの?ヤナギー「マイナス金利」|NHK あさイチ)(別ウインドー)

しばらく「ベニヤ板&30分立ち上がり」をやってみたいと思っています。

ちなみにCさんは特に何も感じていないようです。

ついに引っ越し当日、思い出に後ろ髪をひかれながら、築30数年の一軒家へ

引っ越し当日
ついに引っ越しの日がやってきました。

ほぼ一年前の1月22日に(同一ウインドー)東京から室蘭のこのマンションに引っ越してきました。
街中の便利な場所に建つ真新しいマンションエルモバンザイ
家賃は2LDKで8万円(駐車スペース1台分含む)。
東京と比較して、私は格安だと思いました。
でも、現地の人に聞くと家賃8万円は破格に高く、住んでいるのは医者や弁護士などの高所得者だとのこと。

その言葉の通りか、我々も次第に収入が減り、8万円がきつくなってきましたエルモ大泣き
そこでもっと家賃の安い家を求めて今回の引っ越しに至ったわけです。

一年前の東京から室蘭への引っ越しがあまりにも大変だったので、私は
「もう引っ越しは絶対したくない!」
と心に決めました。
それなのに、あーそれなのに、その舌の根も乾かぬうちの引っ越しですぐったり

Cさんに至っては
「東京 → 君津 → 君津 → 東京 → 室蘭 → 室蘭 → 室蘭」
と、この4年半で6回も引っ越しをしていますアホヤ

どんどん荷物が運び出されます

どんどん荷物が運び出されます

引っ越しというのは、住み慣れた家への思いと、そこでの思い出が胸にこみ上げ、いつも寂しいものです。
次の一軒家こそ長く住みたい!

今朝は9時に引っ越し業者の男性三人が来訪。
私の淡い思い出をよそに、テキパキと家の中の荷物を運び出してゆきます。

しかし、その腕っ節の強さにはいつもうっとりしますハート
私もお姫様だっこして〜(追加オプションありません)。
段ボールに入らない非定型の荷物も、段ボールを解体してあっと言う間にぴったりの梱包材を作ってしまうのがかっこいいですわぉ
私も梱包して〜!(オプションありません)

エルモ達もまた引っ越し

エルモ達もまた引っ越し

エルモ達も、Cさんがトートバッグにひとまとめにして、引越準備完了。

築三十数年の一軒家へ

築三十数年の一軒家へ

そして、車で10〜15分ほどのところにある、築30数年の一軒家へ。
強風が吹くエリアですが、今日は幸いにもほとんど無風の穏やかな日和でした。

ひー、排水まで凍結

ひー、排水まで凍結

底冷えする家の中に入り、台所に行くと、なんと排水が凍っていました。
水道はもちろん凍り、蛇口まで凍結して動きませんでしたひぇ

排水管はヒーターで排水管を温めたところ、なんとか2時間ほどで開通。
水道も同様に数時間でなんとか開通しました。
ほんとにうれしかったですエルモ大泣き

今回の引っ越しで一番心配していたインターネット光ファイバーの工事です。
隣家の敷地の上空を光ファイバーが通るので、隣家の反対が今回の引っ越しの一番の心配でした。

でも工事担当の方が、うまく隣家の敷地を避けて配線をしてくれて、無事インターネット開通!
これはうれしかったですエルモ泣き

窓からは北海道の大自然。
さあ、また新しい生活が始まります。

乞うご期待!

引っ越し先のワックスがけ、水道が凍って出ない!夜はイエロー総菜ナイト

ワックスがけ

引っ越しを間近に控え、引っ越し先の家のリビングのワックスがけに行ってきました踊り

家に着いて郵便受けを見ると、何やら白い封筒が…。
胸騒ぎを覚えながら中の手紙を読むと、隣家からの
「すみませんが、NTTに連絡を取ってください」
というメッセージでしたうさぎ

一度は「光ファイバーが自宅の敷地内を通ってもいい」と言ったけど、それが変わったのかもしません。
NTTに電話したところ連休明けまで担当者とは繋がらないと言われ、とりあえずその返事を待つことにしました。

光ファイバーをひけないと、とてもまずいです。

一気に不安になりましたエルモ大泣き

さらに、台所の水道蛇口から水もお湯も出ないことがわかりましたエルモブルー
凍結防止のために「水抜き」をしたのですが、それでも凍ってしまったようです。
水は時間が経ったらなんとか出たのですが、お湯は結局出ませんでした
あーん、このままお湯が出なかったらどうしましょうエルモ大泣き
トイレも便器の中の水も凍っていました。

しかしワックスがけは順調に完了。
家に戻って荷造りの続きをしました。

輝くイエローラベル

輝くイエローラベル

夕方に二人でスーパーに買い物に行き、値引き札が貼られたお総菜を物色してきました。
周りには、同じようにイエローラベルを求めて集まって来た人がたくさん。
仲間意識を感じてうれしかったです。

揚げ物率高し

揚げ物率高し

カキフライ、エビフライ、タコから揚げ、茄子天ぷら、鶏から揚げ、チーズ鶏揚げ、メンチカツ
おでん、カツオたたき、小松菜と揚げの煮浸し
そして自家製のキャベツサラダ。

楽ちんだけど、揚げ物率がちょっと高すぎですね汗4
食事が終わりかけの20時20分にCさんのまぶたが重くなり始め、笛を吹きながらソファーに誘導したらすぐに寝てしまいましたおやすみ
引越準備で疲れたのかな。

さあ、明日もまた引越準備です。
ここまでお読み頂きありがとうございました。

ジンギスカンなどで冷凍庫の整理、引っ越し先にインターネットはひけるか?

ジンギスカン

朝から風邪気味で不調でした。
正月三が日にソファーで寝落ちした影響かもアホヤ

引越準備はCさんがたくさんやってくれました。
東京から室蘭に来たときは、捨てる物がすごく多かったし、一人だったのでほんとに大変でしたひぇ
病気や怪我するのも怖かったです。

引っ越しまでに冷蔵庫、冷凍庫を空けなくてはなりません。
まずは冷凍庫の「丸ラム肉」を使って大好きジンギスカンから。
「丸ラム肉」は今や「生ラム肉」より高いけど、独特の噛み応えと香りが大好きです。

イカ様など

イカ様など

冷凍庫の「干しイカ」は電気ロースターで焼いて一味マヨネーズをつけて。
同じく冷凍庫の「ブルーベリー」は「クリームチーズ、生ハム」をあえたところ大正解でした。
「しらすおろし」はおろすのが面倒なので、大根を細かく切って代用すまん

風邪気味なので、食後はまだテレビを観ているCさんをリビングに残して、22時過ぎに寝床へ。
しかし全然眠れず、結局眠れたのは1時近くでしたエルモ大泣き
どこでも「バタンキュー」で眠れる人がほんとに羨ましいです。

引っ越し先にインターネットはひけるか?

日中は、一人で転居先の一軒家に行き、「フレッツ光」がひけるかどうかの事前調査に立ち会ってきました。
(Cさんは競馬の金杯で忙しくて同行せず)
光ケーブルが引けないと、仕事に多大な影響が出ますクルクル

強風が吹く中、NTTの担当者が家の周りを見て回ります
モ「なんとか大丈夫なように!」
その結果、
担「光ファイバーを引くときに、隣家の敷地を少し横切るため、隣家の許可が必用」
とのこと。

隣家の玄関からは70台くらいの奥さんが出てきて、了解を頂くことが出来ました。
ありがとうございます!
モ「いつもこんなに風が強いのですか?」
と聞くと
奥「今日は弱いほう。強いと家が揺れます」
モ「…(絶句)」

義父が「あそこは住む所じゃない」と言っていた言葉を思い出しました。

光ファイバーの引き込み工事は引っ越し当日の予定。
しかしその日に屋根に雪が積もっていると工事が出来ないそうです。
これはもう祈るしかありません。

ここまでお読み頂きありがとうございました。

引っ越し先一軒家のレイアウト案

一階

来月13日の引っ越しを控え、新居(と言っても築34年ですが汗4)のレイアウトを詰めています。
今回は二階建てなので、大きな家具の配置を間違えるわけにはいきません。

さらに気をつけたのは「酔っぱらった後は階段を使わないこと」。
実は二人とも階段がある家に住むのはほとんど初めて。
酔っぱらって階段で転げ落ちたら命にかかわりますわぉ

基本的に一階は

・リビング(食事、食後のおくつろぎ)
・寝室
・台所
・風呂
・トイレ

二階

二階

二階は

・Cさんの日中のくつろぎ部屋(テレビ、読書)
・モカの書斎(仕事、パソコンおたく)

にしました。

この計画に必要な物を取りそろえ、工事などの手配をし、引っ越しを敢行したいと思っています。
さあどうなるか。
ドキドキです汗

ここまでお読み頂きありがとうございました。

引越3週間前準備開始!BSアンテナの配線が一番の困難か

ダンボール

引っ越しの日取りが決まり、カウントダウンが始まりました。
今回の予算は食洗機のための分岐水栓の取り外しと取り付け、保険を含めて76,600円。
決行の日1月13日まであと約3週間

前回の東京から室蘭への引っ越しは2週間で準備をしたのですが、結果的にめちゃくちゃきつかったです。
一人だったし、日中は出勤や病院もあったし、夜は飲み会もあったし、賃貸の手続きやリフォームがありました。
さらに荷物を積み残したら東京から室蘭に運ぶのは難しいという大きなプレッシャーがありましたひぇ

それに比べたら今回はCさんもいるし、少々積み残しても月末まで今のマンションを契約しているので車で運ぶことが出来ます。
そう思うと気楽なのですが、やはり3週間という時間の制約は心しなくてはいけません。

恐怖の平衡状態

引っ越し

引っ越しの準備は、いくらやっても物が減らない、恐怖の平衡状態(ルシャトリエの法則)の期間があります。
これから毎日、一日一日が勝負です。

ちなみに、東京で一人で引っ越しを準備した15夜(1/8〜1/22)のうち、なんと13夜は外食でしたすまん
今回は出来るだけ外食はしたくないと思っています。

さあ今回はどこから手を付けるべきか…。

さしあたり今日は
①インターネットの引っ越し:NTT東日本(0120-116-116)に電話。転居先が一軒家なので光ファイバーが入るか心配。
②台所混合栓の食洗機用の分岐部品の調査:メーカー(カクダイ)に問い合わせ、転居先では違う部品が必要なことが判明。ネットで購入準備。
③光テレビの検討:転居先にはBSデジタルが入っていません。パラボラを自分たちで立てるか、光テレビを入れるか検討。
などをしました。

テレビの配線が難しいです

軒下配線

今回の引っ越しで一番わからないのが、BSデジタルの配線です。
現在は軒先の写真のように「地デジ用ブースター」と「分配器」が据え付けられています。

ここにどうやったらBSデジタルを混ぜてあげられるの??
ブースター、混合器、分配器…。
あーー、わからんエルモ大泣き

室蘭の友達に相談しながら、なんとか自分たちで出来ればと思っています。
でも不安だよー。

ここまでお読み頂きありがとうございました。

引っ越し先最終(?)点検、ブタ汁が美味しい!

家チェック

夜半から降り出した冷たい雨も昼前には止み、午後からは時々晴れ間が見えるようになりました。

夕方からは、車で7〜8分ほどのところにある引っ越し先の一軒家の状況を見てきました。
契約まであと10日、果たしてお願いしていたところは直っているでしょうか?

鍵をあけて中に入ってみると、室内はハウスクリーニングできれいになり、動かなくなっていた扉も調整され、網戸も全部の窓に取り付けられていました。
2カ所ほど不具合がありましたが、ちゃんと出来ていました。

家の外を吹く風は予想通り強く、目の前の海には白い波がうねっていましたうさぎ
でも窓をしっかり閉めると気密性は思ったよりも良く、少し安心しました。

しかしここに来て新しい問題が生じました。
今まで「車庫2台分込みで家賃51,000円」と言っていたのが、急に「2台目は5,000円」と伝えてきたのです。
家賃経費を抑えるのが一番の目的なのでこれは困ります。

コケコッコ鶏手羽元

鶏手羽元

夕食はまずは鶏肉チームから。
100グラム51円の「鶏手羽元は」一昨夜から作った「クリームシチュー」で泣き別れになった8本。
Cさんが昨夜から漬けこんでおいたものを、ノンフライヤーで焼きました(180℃12分)。

モカ式タンドリチキンとは少し味付けが違うのですが、これも抜群に美味しかったです。
残っていたシチューにも鶏モモ肉が。
二人の会話も、次第にニワトリ語になってゆくのでした。

ブタ汁が美味しい〜

ブタ汁が美味しい〜

こちらはCさんが作ってくれた「ブタ汁」。
昆布ダシで「タマネギ、人参、豚肉、豆腐」を煮て、味噌を加えただけなのに、こんなに美味しいなんて。
(もっとコツがあるって?)

今夜も節酒デーなので、お酒は計量カップで計りながら頂きます。

鶏肉には「白ワイン」 60ml → 0.3単位
ブタ汁には「焼酎」 20ml → 0.2単位

さあ、0.5単位はハイボールだ!!
と思って後片付けをしていると、なんとCさんは20時45分には、ドラマ「北の国から」を観ながらソファで寝てしまいましたわぉ

一人で超薄いハイボールを飲む気にもならず、残りの時間は寝床の上で静かに本を読んで、23時半には寝床に入りました。
こんな夜も久しぶりで、なかなかいいものでした。

ここまでお読み頂きありがとうございました。

※本ブログの価格は税込表示です

転居先の一軒家の「ホームインスペクション」をしてもらいました

home_inspection

何度か書きましたが、現在住んでいる賃貸マンションの家賃が高いので、引っ越しを検討しています。
見つけたのは、築33年の一軒家。
家賃は車2台を駐められて51,000円(込み込み)。
しかも窓からは素晴らしい景色を観ることが出来ますエルモ泣き

しかしいかんせん古い汗4

賃貸で入居しますが、気に入ったら購入も視野に入れています。
そこで、家具が入っていない状態で、プロによる検査(ホームインスペクション)をお願いすることにしました。

札幌には大手業者もいるのですが、地元室蘭の個人経営の方にお願いすることにしました。
その方が土地勘もあると思うし、出張費用もかかりません。

検査は朝の9時から開始。
良い天気に恵まれました。

ホームインスペクターの方は何度かメールでやりとりして、とても丁寧で感じが良かったのですが、実際その通りの方でした。

室内は、レーザーを使った測定機器で傾きを調べます。

レーザーで傾きを測ります

レーザーで傾きを測ります

水平に保った機器から壁にレーザー光線をあて、床との距離を測るわけですね。

その結果、8畳ほどのリビングで最大5センチの傾きがあることがわかりましたエルモブルー
試しに丸い物を床に置いてみると、コロコロ転がってゆきました。

傾斜地に盛り土をし、さらにそこに車庫を作ったため、盛り土部分が下がったようです。
しかし、すでに土は固まっているので、これ以上は傾かないだろうとのことでした。
「ピサの斜塔」も何とかもっているので、ここもそれを期待します。

しかしインスペ氏によると、これくらいの傾きでも「自律神経」がおかしくなる人がいるとのことわぉ
これはちょっと心配です。

傾斜はリビングが最大で、その他の部屋は1センチ程度でした。

外から中から綿密にチェック

外壁のクラックくさびで調整

外側からの検査では、少しだけ基礎部分にクラックがありました。
やはりちゃんと調べるといろいろ出てきます。
自分の体もいろいろ調べたらいろいろ出るでしょう。
「モカインスペクション」(MI)ですね。

建物が歪むことによって「サッシ」や「ふすま」の枠が歪み、くさびを入れて傾きを調整したり、ちり紙を詰めてすきま風を防いだ跡がありました。
うーん、大丈夫なのかしら汗

畳をはがしたときは「へそくり」が出てこないかと期待しましたが、出てきませんでした。

土台こんなもの?

土台こんなもの?

床下も見たら土台のコンクリートと柱が少しずれていました。
これくらいは大丈夫なのでしょうか…。

検査は外から中から4時間近くにわたり、その間ずっと詳しい説明を聞くことが出来ました。
検査費用は、詳細なレポートを作らないことにしたので4万円。
十分価値があると思いました。

結果的に、傾き以外は大きな問題は無かったため、予定通り入居しようと思います。
2割楽しみ、8割不安…という感じです。

ここまでお読み頂きありがとうございました。

Translate »