Tag Archives: 音楽

映画「セッション」を観て昔のことを思い出しました

映画セッション

後片付けを終え、しばらく二階でパソコンをやって一階のリビングに降りると、Cさんがソファーで斜めになって寝ていました。
頭を持ち上げて横に座ると、Cさんは私の肩に頭を乗せてきました汗4
その状態で観た映画が「セッション」。

ドラマー志望の音大生が、鬼教師のしごきを受ける映画です。
すごいです。

予告映像

ほんのかすかなリズムや音程の違いの瞬間に、鬼教師から罵倒を浴びせられます。
その恐ろしさに萎縮する生徒達。
しかしそれは完璧を追求し、生徒達の将来を思ってのことなのでした。

何がいけないのか分からず泣いたこと

これを観て、15年ほど前に「ブラジル音楽チーム」に入った時、リーダーのブラジル人からこてんぱんに言われたことを思い出しました。
皆の前で

おまえは全然だめだ!

と言われ、楽器を取り上げられ、その場でずっと足踏みをさせられました。
サンバイザーを深くかぶり、止まらない涙を隠しましたエルモ大泣き
帰りの電車の中で悔しくて泣いたこともあります。

辛かったのは、自分の何がいけないのかが全然わからなかったこと。
そのリーダーに聞いても

「気持が入っていない!」
「キモチーキモチー!」

と言われるだけでした。
まあ、ブラジル本国で子供の頃から感覚で音楽を覚え、さらに日本語もおぼつかなかったので仕方がないのでしょうが。

その後彼にパソコンを教えたとき、パソコンを前に手も足も出ない彼に、私は

「気持ょ、キモチーー!」

と言ってやりました。
うひゃひゃ、やったね笑い

しかしそのブラジル人リーダーの耳はすごく、私がたくさんのメンバーの中で演奏中にちょっと他の事を考えた次の瞬間に
「モカ!!気持が入ってない!」
と叱責が飛んできました。

自分がいかに楽器が出来ないのかがわかったのは、それからずっと後のことでした。
わかるほどに、自分がいかに出来ないことがわかるのですね。

ここまでお読み頂きありがとうございました。

ライブパブで美味しい料理とビートルズを

炭酸とウイスキーで乾杯

炭水化物仲間が同じ区に引っ越してきたため、いつものライブパブで会うことにしました。
今夜は大好きなビートルズナイトなのですエルモ泣き

まずは再会を祝して乾杯。
彼女は全くお酒を飲まないので炭酸水です。
私はその炭酸水をわけてもらってハイボールにしました。

音楽も料理も

サラダ唐揚げ

このお店は自身もミュージシャンであるマスターが作る料理が旨いのです。

まずはたっぷり生野菜サラダ。
単なるサラダなんだけど何故か美味しい。
野菜なのかな、ドレッシングなのかな。

毎回必ず注文するのが鶏の唐揚げです。
彼女が口にして第一声が

「柔らかい!」

そう、実に柔らかいのです。
そしてしっとりジューシーペロペロ
野菜サラダのタルタルソースをつけてもGoodですね。
ポークソテー

こちらはポークソテー(ポークチャップ?)。
ブランデーか赤ワインかわかりませんが、ソースがとにかく旨い!
これはもう本格洋食店並です。

うーん美味しかった!
お会計ヨロシク。
ってライブはこれからです。

ライブ開始

ライブ!

そして20時過ぎにお楽しみのライブ開始。
セカンドステージでは私がリクエストした曲をたくさんやってくれました。

Because
Sgt. Pepper’s Lonely Hearts Club Band
Nowhere man
Golden slambers
などなど

ビートルズはいろいろ好きだけど、Golden slambersが一番かもしれません。
みなさまありがとうございました。

予定通りウイスキー完食

ウイスキー完食

そして22時頃にウイスキーのボトルが全部なくなりました。

友達は少し遠くまで帰らないといけないので、今夜はここで帰ることにしました。
お会計は二人で4,500円。

来月も来られるかな。

ライブパブで鶏の唐揚げと生ビール。ウイスキー計画達成なるか

から揚げ

霧雨や小雨の降り続く土曜日でした。
午後から一人で映画館に行って「まほろ駅前狂想曲」を観てきました。
瑛太&松田龍平のコンビがよかったです。
何度か涙がこぼれましたが、バスジャックの場面はなくても良かったかな。

そしてその足で自転車に乗っていつものライブパブに向かいました。
足首は自転車だと痛くないです。

ここはアマチュアミュージシャンの技量もすごいのですが、マスターの料理も旨いのです。
今日はまず鶏のから揚げとビールを頂きました。

から揚げごくり

鶏から揚げアップ

ケチャップをちょっとつけて、口の中に運びます。
噛みしめて肉汁がじわっと出た所に生ビールをクイーーーっと!
たまりませんばんばん

冷やしトマトウイスキー目標

野菜も欲しかったので冷やしトマトを頂きました。
このタルタルソースを鶏から揚げにつけても美味しいのです。
ダブルで楽しめますね。

前回9/12に大奮発して6千円で入れたウイスキー(ワイルドターキー)は丁度2/3残っていました。
今夜は残りの半分を飲んで次回12月に来るときに飲みきればボトルの有効期限に飲みきるはずです。

キャー、何と言う完璧な計画

カール・マルクスもびっくり!(しないか)。

ライブ

ライブは洋楽系(ビートルズなど)と邦楽系(浜田省吾など)の2つのバンドの共演でした。
ほんと、ここに来る度にアマチュアミュージシャンのすごさを痛感します。
あんなに楽器を弾けたり歌えたら楽しいでしょうね。

ここでおしまいおにぎり

途中、顔なじみも次々にやってきて、話しにも花が咲きます。
不思議とここは北海道出身の人が多いのです。

18時過ぎにお店に入り、3つのステージが終わる20時半にはウイスキーのボトルが目標ラインに近づいたので、お店をあとにしました。

途中のコンビニで、ちょっと迷って明太子のおにぎりを買ってしまいました。
家に帰って血糖値を測ると98mg/dl。
うん、お酒でいいところまで下がっていますね。

おにぎりの1/4ほどをゆっくりと楽しみ、30分後の血糖値は105mg/dl。

「もうちょっと食べても大丈夫だったかな」

などと思いながら、酔いも回ったので23時40分には寝床に入りました。

ここまでお読み頂きありがとうございました。

3日間節約して、ビートルズナイトで6千円のボトルを入れました

節約夕食

金曜日は会社の人員が比較的ゆとりがあるので、私は在宅勤務にさせてもらいました。
通勤がないのと、自分の好きなように室温を調節出来るのはしみじみうれしいです。
ますますひきこもりになりそう。

火曜日に居酒屋で出費がかさんだため、現在鋭意節約中。
夕食も家にあるものだけで済ませました。
左上から時計回りに、ひよこまめのサラダ、一昨日作った鶏トマト煮、もやしを中心にしたサラダ、豚肉とタマネギの炒め物です。

豚肉とタマネギはニンニクのみじん切りとともにごま油で炒め、塩こしょうとカレー粉で味付けし、とろけるチーズを振りかけてフタをして放っておきました。
うん、残り物を合わせただけだけどけっこう美味しいかも。

ビートルズナイト

ボトル入れちゃった

そして夕食後は毎月楽しみにしている近所のライブハウスの「ビートルズナイト」に行ってきました。
実は先月のビートルズナイトでウイスキーのボトルが空になってしまったため、今夜は新しく入れなくてはいけません。

そのためにこの3日はほとんどお金は使わないで節約してきました。

お店に入ってカウンターに座り

「今夜はボトルを入れます!」

と高らかに宣言。
メニューを興奮しながらチェックし、ワイルドターキーを入れました。
(実際はウイスキーのブランドはさっぱりわかりません)
ワイルドターキー様はなんと6,000円。
今の私の財政だと、この金額はズシンときます。

約束ね

ここまでの約束

そう思うとこのボトルを大切にしたいという気持がわいてきます。

そこで、ボトルの1/3あたりに「ここまで」という線を引いておきました。
ここまで飲んだら必ず帰ります。
そしてあと2回このボトルでライブを楽しみます。

すごい自分!

いえ、そもそも家でいいかげん飲んできたのでボトル1/3も飲めば十分なのです。

私にとってビートルズとは?

キャー、楽しい

ライブはいつも通りとても楽しかったです。

洋楽はたくさん聴いてきました。
でも私はビートルズはそれほど熱心なファンではなかったはず。

でも今こうしてビートルズの楽曲を聴いていると、どんなアーチストよりもビートルズは今も私の心の中に強烈に存在することを感じるのでした。
こんな素晴らしいビートルズの曲は今後も残ってゆくのでしょうか。
バッハやブラームス、ベートーベンのように普遍的に何百年も経ってもビートルズは生き残るのでしょうか。
ビートルズの曲を聴く度にいつもそんなことを考えます。

よし!帰るぞ!

などと思っていると、ボトルが例の「ライン」に達しました。
時刻は22時30分。

よし帰ろう!

お会計をすると7,200円でした。
ひょえーー!

でもほんとに楽しかったです。
次はボトルがあるからマスターの作る美味しいお料理も頂きたいです。

素敵な空間、音楽、お酒をありがとうございました。

蕨(わらび)機まつり、ライブがかっこいい!

蕨のレコード屋わらび機まつり

10年来の女友達が埼玉県蕨市のライブハウスに出演するというので、蕨まで行ってきました。
「蕨」…「わらび」…「warabi」…どこ?
調べてみると、川口のちょっと北で、東京駅から京浜東北線で30分ほどの場所でした。

ちょうどこの週末は「機(はた)まつり」が開催されていて、駅前から旧中山道までの約1kmは出店が連なって大賑わいでした。
蕨は「機織」(はたおり)の町なのですね。

駅前のレコード屋「ミヤコ」の中では若い演歌歌手が熱唱していました。
そして屋台ストリートの入り口には「わらびのゆるキャラ」の文字が。
「ワラビー」「わらじろう」「エンジェルわらぶー」「おりりん」などがいるそうです。

祭り楽しい!

チキンステーキ安い!

友達と合流し、生ビールを片手に屋台街を練り歩きます。
赤いタオルを頭に巻いたおやじが焼く「チキンステーキ」を購入。
300円のところ、

「購入時特典 釣り銭なしは¥250」

という気前の良さが気に入りました。
いいねおやじ!

祭りは楽しい

他にもイカ焼きや焼き鳥を購入。
大きな台風が迫ってきていて雨が心配だったのですが、ありがたいことにあまり降られませんでした。
祭りはほんとに楽しいです。

そしてライブ会場へ

HONEY FLASH

そしてライブ会場へ。

いい感じの店内

店内の壁には所狭しとギターが掛けられていました。
昨日のビートルズナイトのライブパブもそうですが、各地にこういうお店があるのですね。

まずはサザンバンド

サザンコピーバンド

ライブもとてもよかったです。
最初はサザンオールスターズのコピーバンド。
最後は「希望の轍」から「勝手にシンドバッド」。
盛り上がります。

ジェフベックだ!!

ジェフベック

そして次はジェフベックバンド。
マイクスタンドに「トーキング・モジュレーター」が縛り付けられていたので、これは「ジェフ・ベック」か「ピーター・フランプトン」だろうと思ったら大当たりでした。
トーキング・モジュレーターは1970年代に一世を風靡した装置で、ギタリストが口にチューブをくわえて、ギターの音と声をシンクロさせるものです。
実に面白い音になります。

このバンドもメチャクチャ上手かった。
こういう人達の職業を聞くと、普通のサラリーマンだったり魚屋だったり(魚屋はいなかったか)するわけですよね。
ほんとに「プロとはなんぞや」と考えてしまいます。

ライブが終わり、ハイボールを1杯飲んで蕨の街をあとにしました。
いい街にいいライブでした。
誘ってくれてありがとう!
また蕨来たいです。

大好きなビートルズナイトで、みなさんの優しさを感じてきました

焼酎これだけ!

今夜はいつも楽しみにしているビートルズナイトです。
マスターの美味しいお料理を食べたいところなのですが、節約のために途中のチェーン居酒屋で「腹ごしらえ」と「酔いごしらえ」をしてゆくことにしました。

この居酒屋は月替わりなどのサービスがよくてCさんとよく来ました。
ボトル1本入れるともう1本サービスとか、100円で枝豆のつかみ取りとか。
しかししばらく前に店長が替わってからは、そういったサービスがほとんどなくなり、さらに値段も上がりました。

カウンターに座り、出てきたボトルを見てびっくり。
数センチしか焼酎が残っていないではないですか!

肉多いです

ニクニク

注文したのは、

・おつまみキャベツ
・厚切りタン塩焼き
・鶏から揚げ

30分くらいお料理は出てきませんでした。
スタッフも減っちゃったんですよね。
みんな大変そうです。

厚切り牛タン

これが今日おすすめの厚切り牛タン塩焼き850円(税抜き)。
歯ごたえはよかったけど、塩がちょっときつかったです。
文句ばかりですみません。

焼酎も全部飲んじゃったので、このお店はもうさようならかな…と思いました。
長い間有り難うございました。

ビートルズナイトでも数センチ

またお酒が少ない

そしてビートルズナイトの会場へ。
カウンターには、常連のTさんが座っていました。
中にはマスターとママのKさん。
心が和みます。

みな、私の顔を見ると

「Cさん北海道行っちゃったね」
「北海道楽しかった」

などと口々に言ってくれたのが嬉しかったです。

しかし!ここでもカウンターで出てきたウイスキーのボトルはあと数センチしか入っていませんでした。
なるほど、前回のビートルズナイトの写真をみると、確かにこの量で終わっています。

ライブ

ウイスキーの炭酸割りをチビチビやりながら、お通しをつまみ、ライブ演奏を楽しみます。
ビートルズは現役世代ではないのですが、ずっと聴き続けてきました。
メンバーも半分は亡くなり、やがてこの名曲たちも世の中から忘れられて行くのでしょうか。
それとも、ずっと聴かれ続けるのでしょうか。

お酒ごちそうになりました

ボトルのウイスキーが無くなり、そろそろ帰ろうと思って腰を上げようとすると、ママのKさんが

「飲みなさいよ、まだ炭酸あるんでしょ」

とにっこり笑って、お店のウイスキーを注いでくれました。

うーー、うれしかったです。

というわけで、もうちょっと居ましょう。

それでも0時にはみなさんに別れを告げてお店を出ました。
音楽も楽しいけど、こうやって皆と会えるのがうれしいです。

来月こそはマスターのお料理を食べたいです。 

知り合いのお店「銀座So」、今夜で閉店です、悲しい

So入り口

仕事が終わってから、銀座のライブレストラン「So」に行ってきました。
ここは私のIT関連でお世話になったUさんが昨年の9月に開いたお店です。

しかし、なんと1年を待たずに今日で閉店してしまうのです。
開業前のプレイベントの時は、看板がなくて店の場所を探すのに苦労しました。
うまいもん屋「SO」(銀座1丁目)プレ開業イベント

その後すてきな看板も出来て、どんどんお店も完成していったと言うのに…。

美味しい料理とMacでくつろぎます

美味しい料理
まだ5時と時間が早かったので、お客は私だけ。
カウンターに座り、愛機MacBookAirを広げます。

まず頂いたのはサラダ(600円)、豚バラ肉と白インゲンのトマト煮(800円)、赤ワイン(1,700円)(いずれも税込み)。
どれも美味しいです。
あー、もっとたくさん来ればよかった。

実はやはり昨年麻布十番にウエブでお世話になった知人が「シリコンカフェ」というレストランを開業しました。
シリコンカフェ(麻布十番)(ダイニングバー)

奇(く)しくも、このお店も今日で閉店してしまうのです。
信じられないような偶然です。

カウンターの中のUさんと、なかなか難しいんだねーなどと話しました。

ポトフセッション

こちらはポトフ(750円)。
赤ワインが進みます。

今夜はジャズ/ブルースのライブがありました。

フルート:酒井麻生代
ギター:小野アイカ
ドラムス:吉川弾

ライブが始まる頃には店内は満席に。

そして息を飲むようなすごいライブでした。
これでチャージは無料(投げ銭制)。

これもUさんの人脈と人柄のなせる技なのでしょうか。

私のお料理とお酒が終わったのは21時50分頃。
ライブも素晴らしく、もう一杯ハイボールをもらおうかとも思ったのですが…

  • 明日の朝が辛い
  • 体への負担
  • 腹が出る
  • お会計が増える

ことを考えて今日はお酒はここでおしまいにしました。

今夜一杯でここもおしまい。
Uさんも、毎日通い詰めた「夢」の空間を明日からたたむのは辛いことだと思います。
でもきっとこのお店で築いた経験や人脈は必ず役に立つと思います。

ありがとうございました。
そしてまたこれからもよろしくお願いいたします。

岡村孝子コンサート in 松戸→α波とかセロトニンとか出ました

松戸森のホール

日中は家事をし、夕方から松戸の「森のホール」に行ってきました。
今夜は大好きな岡村孝子さんのコンサート。(以下、ファンらしく「孝子さん」と書きます)
タンスにしまっておいた長いはちまきと法被を取りだし、のぼりをたてて家を出発しました。(うそ)

「森のホール」は武蔵野線新八柱駅からバスに乗って5分ほどの所にあります。
近くはないですが、ファンとして頑張って行ってきました。

孝子さんで一杯

岡村孝子尊師今回も約2千人を収容する大ホールはほぼ満席。
デビュー以来30年以上が経っているのに、かなりの割合(1/3以上)が初めてだったのが意外でした。

コンサートが始まり、ガチガチに緊張した孝子さんが出てきました。
本人も
「凍り付くような緊張感の中でのコンサート」
と言っているように、ファンの間ではこれは織り込み済みです。

本人も聴衆も緊張する中、コンサートは古い曲を中心に進んでゆきます。

以前寄席に行ったとき、噺家が

「普通は落語家は高座に上がると緊張するけど、談志が上がると客席が緊張する」

と言っていたのをふと思い出しました。

やがて本調子に

孝子さんも後半になるとだんだんと本調子になってきます。

歌もいいのですが、ゆったりとしたMCが心を和ませるのです。
(すみません、ファンなので)

余談「MC」とは?
ライブで使う「MC」というのは何だろうと思ったら「Master of Ceremonies」(司会者、進行係)の略だそうです。
ちなみに「PA」は「Public Address」(放送設備)の略。
この時の「adress」は「演説」という意味だそうです。

いろいろな曲を歌ってくれましたが、孝子さんの父親が亡くなったときに作った「Forever」では、私の父への思いが重なって涙があふれてきました。
歌詞を書くと著作権に触れるのでもしよかったら下の動画をご覧ください。
(参照元:「これ知ってる?」 著作権にまつわるギモン:ブログ(JASRAC PARK))(別ウインドー)

そして「大切な人」では、今のCさんへの思いが重なって心を揺さぶられました。

孝子さんの歌の根底に流れているのは

  • 私はいつもあなたを信じてる
  • あなたはあなたらしくいてね
  • そんなあなたをずっと応援します
  • あなたと二人でどこまでも寄り添って生きていく

ということだと思います。

うー、たまらん。
この心を揺さぶる歌詞。
演歌ですね。

コンサート終盤、総立ちになって手拍子をする人達は幸せそうに見えました。

私もすっかりくつろぎ、脳内にアルファー波やセロトニンをバンバン出しながら武蔵野線で帰途につきました。

いろいろとツイートが

帰路でTwitterを「岡村孝子」で検索してみると、早速コンサートの感想がアップされていました。
これを見るのも楽しみなのです。
Twitterはこの即時性がいいですね。
いくつかコメントを送りました。

Twitter

一人居酒屋カウンターパソコンからビートルズナイトへ

居酒屋パソコン

今夜は月に一度のビートルズナイト。
ライブハウスのマスターの料理はとても美味しいのですが、節約のためにまずは近くのチェーン居酒屋に一人で行きました。

注文したのは、やみつきキュウリ、おつまみキャベツ、ホルモン炒め。
カウンターは誰もいなかったので、ちょっとパソコンを広げさせてもらいました。

愛用のノイズキャンセリングヘッドホンで音楽を聴きながら、パソコンとたわむれます。
このお店はかつてCさんが一人でカウンターに座り、やがて私と二人で座るようになり、そして今私が一人で座っています。

一人は少し寂しいですが、酔いが回るにつれ、その気持ちも曖昧になってゆくのでした。

店長が替わってお店も変わってしまいました

1時間半ほどいてお会計をしたのですが、1800円近くになってしまいました。
お酒関連の代金はボトルなので入っていません。
以前よりもずいぶん高くなってしまった気がします。

このお店は先日店長が替わり、会員サービスや飲み放題やつかみ取りなどのイベントをやめてしまいました。
看板だった元気いいおばさんも辞めてしまったようです。
それに追い打ちをかけるように値上げ。

そのせいか、金曜日にもかかわらず、8人掛けのカウンターは私だけで、テーブル席も1/3くらいしかお客さんがいませんでした。
以前は満席のことが多かったのですが…。

私も今のボトルがなくなったらもう来なくなるかもしれないと、これまた寂しい気持ちになってしまいました。

ビートルズナイト

ウイスキーがこんなにある!ビートルズないと

その後ビートルズナイトへ。

カウンターに座りボトルを出してもらうと、なんとウイスキーが一杯に入っているではないですか!
ああ、心の中も満たされます。

カウンターの中にはいつものマスターとママさん、そして周りには常連の顔が。
こういう場所があるというのは有り難いことだと思いました。

そしてライブスタート。
でもこちらもお客さんはいつになく少なかったですね。
今はそんな時期なのかな。

Cさん到着おしまいのウイスキーの量

お酒も進み、いいかげん目が回っている頃にCさん到着。
何度もメールや電話をもらっていたようですが、気がつきませんでした。
すみません。

そして23時頃にお店をあとにしたようです。
私はお通しだけ、Cさんは唐揚げ一皿だったので、お会計は二人で三千円台でした。
うれしーー。

でも次はマスターのお料理ももっと注文したいと思いました。

チコット(chicott)神田店:気に入りました

拓朗バンド

夜は神田の「フォーク居酒屋」で行われた「吉田拓郎バンド」のライブに行ってきました。
アマチュアですが、かなりハイクラスのバンドです。
会場はディープな拓郎ファンであふれていました。
同年代がうれしいですね。

気合いを入れて最前列に座ると、私の体の位置が譜面台よりも内側になってしまい、さすがに見づらかったので一つ後ろの席にしました。

「ペニーレインでバーボン」「ひらひら」「永遠の嘘をついてくれ」「外は白い雪の夜」などなど。
くぅーー、たまりません。

ハイボールダブルにしてもらってたくさん飲みました。

神田の多国籍料理店へ

チコット(chiccot)神田店

ライブが終わり、

「もう一軒行ってみよう!」

ということでCさんと入ったのが、会場近くの「チコット」(chicott)というお店。
前を通って何となくよさそうな雰囲気だったので入ってみました。

まずはカウンターに座ってメニューを眺めます。
メニューには世界地図が描かれ(別ウインドー)、国旗と共にメニューが書かれていました。
ふむふむ、ここは多国籍料理のお店のようですね。

ハモンセラーノ

カウンターの中にはマスター(店長)がいて、お料理や飲み物をサーブしてくれます。
美味しそうな生ハム(ハモンセラーノ)をまずは切り出してもらいました。

140607_chiccot_3キャペリンのオイル煮

キャロット・ラペ(フレンチ人参サラダ)(フランス)(280円)と白ワインをボトルで入れてスタート。

キャペリンのオリーブオイル煮(ノルウェイ)(確か280円くらい)はジューシーに仕上がっていて私のよりはるかに美味しかったです。
しかも安い!

アヒーー豚バラ肉

アヒージョ(ポルトガル)(780円)には、海老、マッシュルーム、パンチェッタが入っていました。
カリッと焼けたバンズと一緒に頂きます。

ポークスペアリブ(アメリカ)(780円)もプリプリとした脂身が美味しい!

どのお料理も美味しくてお値段も手頃でした。
さらに、親しみの持てるマスターがいい感じなのです。

マスターを介して、カウンターで隣に座っていたカップルとも話が始まり、昭和の懐かしネタなどで盛り上がりました。

幸せな気持ちになれるお店だと思います。
神田に行ったらまた是非訪れたいお店だと思いました。

チコット 神田店バー・お酒(その他) / 神田駅淡路町駅小川町駅

夜総合点★★★☆☆ 3.5

Translate »