Tag Archives: ノンフライヤー

ノンオイルフライヤーで鶏から揚げとスペアリブ、かなり美味しかったです

ノンオイルフライヤーで作った鶏唐揚げ

グリーンピース夕食の続きです。

今日のメインディッシュはCさんが愛機ノンフライヤーで作った、鶏から揚げとスペアリブです。

まずは鶏から揚げ。
鶏もも肉を「紹興酒、おろしジョウガ、おろし玉ねぎ、白だし、塩、醤油」に漬けこみ、ノンフライヤーで180℃15分加熱したのがこのお料理です。

見た目もきつね色に焼き上がり、なかなか美味しそうじゃないですか!

ノンオイル鶏から揚げ、かなり旨し

空揚げのジューシーな断面

そして食べてみて感激…。
しっとりジューシーで実に美味しいのです。
油を一切使わないでこんなのが出来るのですか!

まあ、ある意味照り焼きのようなものなのですが、とても美味しかったです。
これはお勧め。

スペアリブ

ノンオイルフライヤーで作るスペアリブ

豚骨付きスペアリブも、ノンフライヤーでこんがりと焼き、ケチャップ、ソース、おろし生姜などで炒め合わせて味付けしました。

スペアリブやば、赤ワインにぴったり

これもワインやビールに最高に合います。
レシピは聞き忘れました。

これから暑い季節はガスの火はきついので、こいつをたくさん活用したいと思います。

ノンオイルフライヤー&冷凍フライはいかに

ノンフライヤー

会社が終わってから病院に寄ったため、帰宅は少し遅くなってしまいました。
さらに帰りの電車の中でメールをチェックすると、仕事でトラブル発生!

帰り道、トラブルの原因を考えます。
頭のCPUがフル回転して周りが見えなくなります。
この状態がとても好きです。

家に帰るとすぐにパソコンを立ち上げ、考えたコマンドを入れるとトラブルは「瞬殺」されました。
クゥーーたまらんです。

ああ、祝杯をあげたい。
しかしCさんは8時半を過ぎても連絡がありません。

買い物をしないで大急ぎで帰ってきたので、あるものでお夕食を作りました。

サラダ、燻りがっこ&クリームチーズ(オリーブオイルがけ)、蕪の浅漬け、冷や奴。
そして、フジオフードシステムの株主優待で送られてきた冷凍串揚げ。
なんとかなるものですね。

冷凍食品にわがノン、いいかも

140514_2140514_3

串揚げは愛機「MacBookAir」…じゃなくて愛機「わがんせノンオイルフライヤー」(以下「わがノン」)で揚げました。

わがノンのスイッチを入れて200℃に設定します。
3分ほどで余熱が終わるので、冷凍の串揚げを並べます。
冷凍のコロッケとかエビフライとかでもいいですねーー。

そこに「オイルスプレー」でサラダ油をシュッシュッとかけてあげましょう。
これが決め手です。

200℃のままタイマーを15分にセットし、あとは松の実…待つのみ。
チーンという音で開けてみると、おお、結構いい感じで揚げ物が出来上がっていました。

140514_4

おたふくソースをかけて、口に入れると…。
サクッとした歯ごたえがなかなか良かったです。

そりゃー、たっぷりの油で揚げた方が絶対に美味しいです。
しかし…

  • 油を使わない準備と後片付けの楽さ
  • ヘルシー
  • タイマー一発であとはおまかせ

という大きなアドバンテージを考えると、これは悪くないと思いました。

ノンオイルフライヤー、なかなか我が家で活躍してくれています。

ノンオイルフライヤーで作るローストラムチョップ:簡単で超美味しいです

140505_lamb_1.jpg

GWもあと二日。
でもまだ明日が休みと思うととても気持が楽になります。

日中は掃除や洗濯をし、夕方からCさんと買い物に出かけました。

今日のメインディッシュは骨付きラム(847円税込み)、いわゆるラムチョップですね。
チョップ(chop)は「ぶった切る」という意味のようです。
ブロックがあれば是非それを買って下さい。

これを今日は超簡単に美味しくローストしました。
まずは一緒についてきたハーブソルトを全体にまぶします。

ノンオイルフライヤーにセットするだけ

140505_lamb_2.jpg

これをノンオイルフライヤーに入れ、200℃で30分焼くだけ。
ほんと、これだけです。
余熱とかいりません、いきなりドンです。

140505_lamb_3.jpg

そしてマツコと30分(キャー)、フタを開けると、見事なローストラムチョップが出来ていました。
ほんと簡単。
これならモカでもエルモでもイモリでも作れそうです。

あふれる肉汁

140505_lamb_4.jpg

包丁で切ると、ジュワーーーっと肉汁が流れ出ました。
う、旨そう。

脂もたっぷり落ちました

140505_lamb_5.jpg

フライヤーの底にはたくさんの脂が落ちていました。
これもノンオイルフライヤーの特徴ですね。
後片付けも丸洗いするだけのなので簡単。
熱湯を使うと脂がきれいになります。

他にもノンオイルフライヤーでいろいろ作りました

ノンオイルフライヤーで低温チキンソテー。ヒッグス粒子とは?。私もシルバー会員に別ウインドー
昼前からスペアリブ。しかしジューシーで全然脂っこくない!その秘密は?別ウインドー
戻りガツオ様最高!タンドリーチキンでインドパワー爆発別ウインドー

野菜もたっぷり摂りましょう

140505_lamb_6.jpg

今夜の他のお料理たちです。
生野菜もたくさんとりました。
トマト、キュウリ、キャベツ、クレソン、芥子菜。

ホルモンってなんじゃい

140505_lamb_7.jpg

ホルモン(マルチョウ、テッチャン、ミノ)はモヤシと一緒に炒め、塩こしょう、白ダシ、醤油で味付けしました。
ホルモンという言葉の由来は「放るもん」という説もありましたが、滋養がつくという意味で内分泌の「ホルモン」が正しいようです。(焼肉の文化史別ウインドー

さらに部位もいろいろな言葉が由来のようです

1)英語由来

・ガツ→guts(消化管、腸)(ガッツだぜ!も同じ語源)
・ギアラ→ギャラ(guarantee)(米軍基地で働いていた人たちが報酬としてもらった)
・シビレ→sweetbread(膵臓や胸腺)(別にしびれるわけじゃないのですね)
・イチボ→aitchbone(牛のお尻の肉)
・タン→tongue(舌)

2)韓国語由来

・カルビ→肋骨やその周辺の肉
・テッチャン→大腸(「テ」が「大きい」、「チャン」が「腸」)

3)日本語由来

・センマイ→千枚(ひだが多いから)
・ツラミ→面(面の皮の面)
・ミノ→雨具の「蓑」に似ているから

いい鰺が入りました

140505_lamb_8.jpg

そしてお次は鰺のたたき。
スーパーの鮮魚売り場に行ったとき、大量の鰺が入荷していました。
しかもやや大ぶりで美味しそう。
こういう時は「買い」だと思っています。

刻みネギ、刻みミョウガ、おろし生姜という薬味と一緒に頂きました。
実際食べてみると、脂が乗っていてとても美味しかったです。

17時50分に食べ始め、Cさんは18時50分に椅子で寝てしまいました。
その後19時50分に「スクッ」と起きて台所に入ってカレーを作り出します。
私はその後Cさんの寝床に入って寝てしまい、0時過ぎにCさんに追い出されて自分の寝床に入ったようです。

相変わらずの二人なのでした。

中華三点盛り、参道の屋台焼き鳥屋、豚ロースみそ漬けのノンオイルフライヤー焼き

140102_10.jpg140102_11.jpg

冬休み6日目。

朝は9時に目覚め、暖かい布団の中で「うーん、気持ちいい〜」などと思っていたら10時になってしまいました。すまん
今日は思い切りのんびり過ごす予定です。

2時頃から、Cさんはたまっていた自分の馬関連の記事をスクラップしはじめました。

私はその横で、自分で作った「中華三点盛り」(キュウリ、中華クラゲ、ハム)をつまみに、焼酎のお湯割りをいただきます。嬉しい〜
ちょっと食べるつもりだったのですが、なかなか美味しかったのと、スクラップ作業がけっこうかかったので、何回もお代わりしてしまい、酔っぱらってしまいました。わぉ

お札をもらうついでに屋台へ

140102_2.jpg140102_1.jpg

夕方からは近所のお寺にお札をもらいに行ってきました。ウォーキング回る少女
道にはたくさんの屋台が出ていたので、その中の一つへ。
ここはなかなか美味しい焼き鳥を頂けるのです。

先に座っていた人達(子どもが46才という女性、若い女性二人、カップル)と飲みながら盛り上がります。
初対面の人と話すのはとても楽しいですね。ハート

140102_3.jpg140102_4.jpg

ここでさらに酔っ払い、お札を受け取ったあたりから記憶があいまいになってきます。
Cさんに引きずられるように買い物をして帰宅。ウォーキング千鳥足

お夕食はホタテのソテーに、アボカドとトマト、キュウリのサラダ、そして私が仕込んだ豚ロース味噌焼きです。

豚ロース味噌漬けノンオイルフライヤー焼き

131230_miso_1.jpg131230_miso_2.jpg

豚ロース肉は、スジに切れ込みを入れ、

・味噌 大さじ3
・ラカント(砂糖) 中さじ1
・みりん 小さじ1
・酒 大さじ1
・醤油 小さじ1
・ごま油 小さじ1
・すりおろしニンニク 1かけ
・すりおろし生姜 1かけ

に漬け込んでおきました。

131230_miso_3.jpg131230_miso_4.jpg

12/31につけこみ、焼いたのは今日1/2。
例によって、ノンオイルフライヤーで焼きました。
150℃で予熱して15分。

131230_miso_5.jpg131230_miso_6.jpg

脂がこれだけ落ちました。
焼き上がりもばっちり。
手軽で脂が落ちるのがノンオイルフライヤーのいいところですね。

全然フライに使っていなかったりしてエルモ目

ノンオイルフライヤーで低温チキンソテー

131225_1.jpg131225_2.jpg

 寒い一日でした。ひえー
 職場はなかなか温度が上がらず「どてら+毛糸のレッグウォーマー+電気ひざ掛け+サンダル」といういでたちで仕事をしていました。

 今夜はCさんは職場の忘年会。
 キャホーなに作ろう。
 まず試したのが、チキンステーキのノンオイルフライヤー版です。
 先日Cさんがスペアリブで「ハイスコア」を叩き出したので、私だってやっちゃろうじゃないですか…ということですね。

 鶏もも肉にフォークでブスブスと穴を開け、塩こしょうとローズマリーをふりかけ、ニンニクスライスを乗せます。
 90℃に予熱したノンオイルフライヤーに入れて、30分間加熱してみました。
 さあどうなる!エルモ

うん、チキンステーキいいかも

131225_4.jpg131225_7.jpg

 フライパンで焼いたときもそうなのですが、鶏肉からはけっこう油が出ます。
 フライパンの時はモヤシ炒めにして油も食べてしまうのですが、今日はサヨナラしました。バイバイ

 お肉を切ってお皿に盛り、レモンとトマトを添えてテーブルに運びます。

131225_3.jpg

 食べてみると、なかなかジューシーで美味しかったです。食事

 何より、全然火加減を気にすることなく放置している間に料理が出来てしまうし、後片付けも簡単なのが良いと思います。
 次は高温バージョンを作って比較してみますね。

131225_5.jpg131225_6.jpg

 こちらはいつもの「モカモカ和え物」(キャベツ、ワカメ、キュウリ、もやし、トマト、しらす干し)です。
 でも今日のはとりわけ美味しかったです。

 なぜか!
「石垣島ラー油」で有名な沖縄の「辺銀食堂(ペンギン食堂)のにんにく油」(別ウインドー)をかけたからなのでした。

 このにんにく油はチョー美味しいです。
 生ものにもいいですが、炒め物や焼き物、さらにラーメンなどに入れたら一気にポイント10倍!
 おすすめです。

 隣で赤くなっているのは「酢だこ」ですね。
 酢だこというのは「赤い」という印象が強いのですが、そもそも酢に漬けて赤くなるものではありません。(当たり前か)
 酢だこはお正月などに食べる縁起物なので赤く染めているそうです。

 お鍋は昨夜の残り汁にカキと野菜を加えて二番煎じしました。

昼前からスペアリブ。しかしジューシーで全然脂っこくない!その秘密は?

131223_4.jpg131223_5.jpg

 朝は布団の中があまりにも気持ち良く、目が覚めた後もなかなか起きられませんでした。すまん
 年末年始は9連休なので、何かいい方法を考えないと無為に時間を過ごしてしまいそうです。

 11時過ぎに起きて少しパソコンをやっていると、Cさんがブランチを作ってくれました。
(調理器具を含めて後片付けは全部私がやりますので念のため)

 テーブルに乗っていたのは、なんと大きなスペアリブ。
「ぎょえー、朝(昼)からこれですか!わぉ
 と思って食べてみると、これが最高に美味しかったのです。

 お肉はチョーしっとりで、脂がすっきりさわやか。ばんばん
 その秘訣は
  ↓

ノンオイルフライヤーやるなー

131223_6.jpg 今回は例のノンオイルフライヤーで作ったのだそうです。
 
1) お肉に軽く塩をふる
2) ノンオイルフライヤーで90℃で50分、さらに200℃5分加熱
3) フライパンにごま油を熱し、ニンニクと生姜のみじん切りを炒める
4) さらに玉葱のみじん切りを加え、肉を戻し入れ、ウスターソース、ケチャップ、マスタード、赤ワインを加えて炒め、醤油を少し加えて出来上がり

 簡単そうじゃないですか。

 使用後のフライヤー内部を見てみると、たっぷりと脂が落ちていました。エルモ
 電気炊飯器を使って低温で長時間加熱するとお肉が美味しくなるようですが、これだとさらに脂が抜けるのが良いかと思います。

 あっぱれあっぱれと言いながら赤ワインと一緒に頂きました。

【ノンフライヤー】夜更けに再度出勤するCさん。私はいつものモカモカ定食。

131210_1.jpg131210_2.jpg

 朝の出勤時からぱらぱらと雨が降り始め、やがて午前中は本降りになりました。
 でも体調は大丈夫でした。

「あー、今回は低気圧でも体は大丈夫だったねー」
 などと思っていると、昼過ぎから急に肩凝りや頭痛がしてきました。ひえー
 まさにその時、赤い奴らが私の頭の上を通過中だったのです。
 もー、ほんと人間気圧計はいや。ぐったり

 仕事を終え、買い物をして6時10分前に帰宅。
 着換えると、玄関の鍵がガチャガチャと鳴り、なんとCさんが現れました。エルモ
 ど、どうしたの??
 早く仕事が終わったの?調子が悪いの?
 聞いてみると、どちらでもなく、仕事で急にノートパソコンが必要になり、それを取りに来たのだそうです。
 と言うわけで、ノートパソコンを背負って、また職場にバタバタと羽ばたいて飛んで行くCさんなのでした。
 おたっしゃでーー!バイバイ

 今夜はCさんはかなり遅くなるな…ということで、私はまずは一人でいつもの好きなやつを始めます。
 湯豆腐、生ガキ、モカモカ和え物、銀杏、それと焼酎(薄め前割)の熱燗です。エルモバンザイ

131210_3.jpg131210_4.jpg

 湯豆腐は、昨夜から昆布を水にひたしておき、そこに椎茸、ネギを入れて煮、さらに絹ごし豆腐を入れてちょっと煮立たせ、余熱で豆腐の芯まで熱を加えました。
 もー、やっぱり湯豆腐はこれです。ばんばん

 生ガキは超特大のが一つ入っていました。
 うれしいなー、美味しいなー。エルモ大泣き

一人暮らしの認知症は大変だ

131210_5.jpg131210_8.jpg

 湯豆腐の豆腐、椎茸、ワカメに生ガキを加えてみたところです。
 こういうのが好きなお年頃になってしまいました。

 一人で観たテレビは、録画しておいた「認知症800万人」というNHKスペシャル。
 一人暮らしで頼る人のいない認知症の人がテーマでした。

 これはまさに明日の我が身です。

 Cさんが先に死んじゃったりいなくなったら、私はまた天涯孤独の身に戻ってしまいます。
 そして長生きしてしまって、認知症になったら…。

 少なからぬ認知症の高齢者は、住み慣れた自宅に住み続けたいと思うようです。
 しかし、症状は確実に進み、やがて身の回りのことが出来なくなります。
 でも、その人を施設に入れるためには本人の承諾が必要なのです。
 判断力が無くなった人を説得するのは困難を極めることもあるようです。

 どうしたら認知症を予防出来るのか。
 ちょっと調べたら

・食生活の改善(野菜、魚など)
・運動する
・酒、夜更かしを控えるひえー
・頭を使う

 などが私には必要なようです。

ピーマンと椎茸の肉詰め失敗

131210_6.jpg131210_7.jpg

 食事が終わり、次に作ったのは、ピーマンと椎茸の肉詰め。

 合挽肉に塩こしょう、カレー粉を加えてよく練り、玉ねぎ+椎茸の柄+生姜みじん切り、溶き卵1/2を加えてさらに練り、ピーマンと椎茸に詰めました。
 これを200℃に予熱したノンフライヤーで15分にセットして焼きます。
 12分時点でちょっと覗いたら、既に黒焦げでした。
 ガーン、失敗。ひぇ

 残りは7分にしたらいい感じにしました。
 Cさんには7分バージョンを食べさせて、私は責任とって12分ですね。

 ここまでやってパソコンに向かっているとCさんから電話が。

 そして10時前にCさんご帰還。
 ほんとにお疲れ様〜!
 10時にお酒はおしまいにするのが約束なのですが、今夜は30分だけ延長しました。
 すみません、その後さらにもうちょっと延長しました。すまん

戻りガツオ様最高!タンドリーチキンでインドパワー爆発

131011_1.jpg131011_2.jpg

 今日は在宅で仕事をさせてもらいました。

 家で仕事をしていると、出社と在宅の違いや、そもそも仕事とは何かということを考えてしまいます。
(ちゃんと仕事もしてるよ)
 サラリーマンのように組織に属していると、ともすると「時間を売っている」ような気持になってしまうのではないでしょうか。
 でも、仕事の本質とは「いかに価値を生み出し、お金を稼ぐか」だと思います。

 先日の異業種交流会で、隣にいた人は「自分は自給100万円だな」と言っていました。エルモ
 自営業だと、時間は関係ありません。稼いでなんぼです。
 ある時間会社にいれば一定のお金をもらえるサラリーマンとは違う、仕事の本質を言い表す言葉だなと思いました。

 しかし今日は暑かったです。うさぎ
 なんと東京の最高気温は30℃を越えたそうです。
 在宅勤務は自分で温度調節出来るのが一番うれしいかな。

 夕食は、冷蔵庫に今日が賞味期限のヨーグルトがあったので、タンドリーチキンを作ってみました。
 鶏手羽元8本(100g68円!)を包丁で切れ目を入れて、塩胡椒してモミモミします。
 あー、きもちよか。嬉しい〜
 ヨーグルト1カップ、すりおろしニンニク2かけ、すりおろし生姜、ラカントS(糖質オフじゃない人は蜂蜜がいいね)大サジ2、カレー粉小さじ1、ケチャップ大サジ4と一緒にポリ袋に入れてさらにモミモミし、インドの踊りをして冷蔵庫に入れます。

やっぱりカツオ最高!

131011_3.jpg131011_4.jpg

 Cさんはまだ帰ってこなさそうだったので、先にちょいと始めていることにしました。
 実はスーパーで上物の戻りカツオの刺し身(780円)を買っていたのです。エルモバンザイ
 一人でテレビを観ながらカツオを堪能します。
 大葉の上に刺し身と生ニンニクのスライスを乗せ、口の中へ。
 そこにきゅーーっと焼酎の前割を流し込みます。

 くぅぅぅーー、たまらん。ばんばん
 やはりカツオが大好き。
 結局1柵一人で食べてしまいました。すまん

 和え物は「茹でキャベツ、もやし、ワカメ、オクラ、キュウリ」をポン酢と揚げニンニクチップで。
 サクサクとした歯ごたえが気持良いです。ペロペロ
 かつお節、白ごまを加えても美味しいですね。

 茄子はノンオイルフライヤーで素焼きにしてポン酢をかけてみました。
 うーん、歯ごたえはいいけど味がしない…。

 お芋は昨夜のお呼ばれで頂いてきたものです。エルモ泣き
 味が浸みてさらに美味しくなっているではないですか!
 ありがとー。

タンドリーチキンはいかに

131011_5.jpg131011_6.jpg

 その頃Cさん帰宅。
 そしてみなさん、いよいよタンドリーチキンの時間がやってきました。
 ご存じ「ノンオイルフライヤー」をちょいと予熱して、網の上につけ汁がついたままのチキンを並べます。
 そして180℃で12分!
 いってらっしゃい!!

「チン」と鳴ってあけてみると、実にいい色になって焼き上がっていました。エルモ

 香りも味もよく、なかなかの仕上がりだと思いました。
 Cさんも珍しく「美味しい」と言っていました。エルモバンザイ
 やったね、さすがインドパワー。

131011_7.jpg131011_8.jpg

 定番のサンマは今日も105円。

 Cさんにセレベスの煮物を勧めると、ほんのちょっとだけむしって食べていました。
 北海道人はこういう芋は食べないのだそうです。
 もー、ほんとに。

 写真にチラチラと見えているのはCさんが買ってきたお総菜チーム(いつもの揚げ物たち)です。

 その後Cさんはいつものように10時頃には椅子の上で寝てしまいました。
 私は明日から三連休と思うとくつろいでしまい、好きな音楽を聴いてハイボールを飲みながらパソコンで昔の写真などを見ていたら感無量になってしまい、寝たのはTwitterの書き込みによると2時45分だったようです。
 Cさんと違ってお酒を飲んでも眠くならないのです。
 飲みすぎて廃人になるタイプですね。あやまり

サンマは塩焼きと煮付けで。今夜もノンオイルフライヤー大活躍!

130922_1.jpg130922_2.jpg

三連休の中日、朝は10時過ぎに寝床から這い出ることが出来ました。
うーん、12時間睡眠。クルクル
最近「こんな耳栓」(別ウインドー)をして寝ています。
耳の穴の中ではなく、耳の穴の外を柔らかいシリコンで覆うタイプなので、耳が痛くなったっり痒くなったりしないのがいいのです。
これでぐっすり眠れるようになりました。暑くて溶ける
平日に目覚ましに気がつかないのがちょっと怖いのですが。

日中は、私の過酷な使い方で壊れたメガネ2本を修理しに行ったり、掃除洗濯をして過ごしました。
そして夕食。

まずは安くなってきたサンマです。
今日は大手スーパーで150円、地元のスーパーで98円でした。
安くなるほどに旨くなる、という三段逆スライド方式。エルモ泣き
今日は塩焼きと煮付けで頂きました。

塩焼きももちろんですが、煮物も旨味がダシや調味料と相まってとても美味しかったです。
圧力鍋を使えば、ホネまで食べられるようになるかも。

130922_3.jpg130922_4.jpg

左はスルメイカで作った「イカそうめん」。
細く切ったイカの身を、自家製のめんつゆで頂きました。
へーー、イカそうめんってこうやって食べるのですね。
ダシとイカが良く合っていました。ペロペロ

右はアボカド、モッツァレラチーズ、トマトのサラダ。
味付けは、塩こしょう、バルサミコ、マヨネーズだそうですが、バナナが入ってるようなフルーティーな香りがしました。
こりゃ白ワインが進みます。ビール

130922_5.jpg130922_6.jpg

そして本日のメインディッシュは、魚のフライシリーズ。
写真は秋鮭とイカリングです。(これ以外にも鱈でも作りました)

もちろん今日も「ノンオイルフライヤー」で揚げました。

 具材を塩こしょうし、小麦粉、卵、細目のパン粉をつけます。
ここにオリーブオイルを拭きかけるのがポイント。
今日は新兵器のオイルスプレーを使いました。
オイルを入れ、ポンプで空気を瓶の中に入れ、その圧力で細かい霧状のオイルを噴霧することが出来るのです。エルモ

このおかげで、表面がカリッと揚げることが出来ました。

右はピーマンと椎茸の肉詰め。
これも今回はノンオイルフライヤーで焼きました。
200℃で15分ほど。
シリスチもいいけど、こっちの方がちゃんと「焼いた」という感じになって美味しかったです。
余分な水分が抜けて味が濃くなるのがいいですね。

他にどんなものが作れるのか楽しみです。ハート

油を使わずに揚げ物を!ノーオイルフライヤー(わがんせ)

130915_fry_0.jpg130915_fry_01.jpg

以前からCさんがフィリップスの「ノンフライヤー」という油を使わない電気フライヤーを欲しがっていました。
しかし、大きいし高いし、時々しかやらない唐揚げや揚げ物のために台所を占拠されるのはいやなので反対していました。

ところが調べてみると、国内メーカーで機能的には遜色のないものが1万円ちょっとで売っていることが判明。エルモ

これから冬に向かったとき、大好きな牡蠣フライを簡単に作れるかもしれない…。
というわけで、Cさんのお金で買ってみることにしました。

到着したフライヤーは、タイムカプセルのような、爆弾のような形。
冷蔵庫横のラックに据え付けると、それほど大きいとは思いませんでした。回る少女

まずはグラタン

130915_fry_1.jpg130915_fry_2.jpg

真っ先にCさんが作ったのはグラタンです。

お皿に豆腐、玉葱とトマトの薄切り、コンビーフ、クレソン、カチョカヴァッロチーズを重ね、塩こしょうします。
180℃に予熱したフライヤーで8分ほど加熱しました。

ドキドキして開けてみると、チーズはこんがりと焦げ目がつき、中にもちゃんと火が通ったグラタンが出来ていました。
ほー、いいね。ハート

定番鶏の唐揚げ

130915_fry_3.jpg130915_fry_4.jpg

次は定番鶏の唐揚げです。

ニンニクと玉葱のすり下ろし、紹興酒、白ダシ、塩、豆板醤に鶏肉漬けこみ30分ほど置きます。
フライヤーを180℃で予熱し、鶏肉に大豆粉まぶして180℃で15分加熱しました。クルクル

そして出来上がりは…。
きつね色になっているところとなっていないところがありました。

130915_fry_5.jpg130915_fry_6.jpg

器具の底には鶏肉から出た油がたまっていました。

唐揚げはなかなかジューシーに美味しく出来上がっていました。ペロペロ
粉をちゃんと唐揚げ用の片栗粉などにしたらもっと美味しいのでしょう。

冷めてから食べても美味しかったです。

確かに味や食感はちゃんと油で揚げた方が上だと思います。
しかし

  • 油を使わないので、準備や後片付けが圧倒的に楽
  • 揚げている間目を離せる
  • 油を使わない分ヘルシー

というのは大きなメリットだと思いました。

これからさらにいろいろと作ってみたいと思います。

↓ここで出て来る唐揚げのような色にはなりませんでした。

Translate »