Tag Archives: のれそれ

築地場内市場で念願ののれそれゲット

築地場内市場

三泊四日の東京滞在も今日が最終日。

今回は「築地場内市場」に行って「のれそれ」を室蘭に持ち帰ろうともくろんでいました。
「のそれれ?なにそれ?」
という人も少なくないかもしれません。
そう、Cさんと出会ったのは私が焼き鳥屋で酔いつぶれて…。
それは「なれそめ」。
「のれそれ」とは穴子の幼魚で、私はこれが大好きなのですよだれ
そして「のれそれ」はこの3〜4月のわずかな時期にしかいません。

今日は朝早くから保冷バッグに保冷剤を仕込み、築地場内に突入しました。
ここも4回目なので少しは慣れてきましたが、やはり走り回るターレーやバイクの中を歩くのは怖いです。

やはり場内の景色は壮観です

巨大なマグロ

しかしいつもながら居並ぶ仲卸の店頭に並ぶ魚はすごかったです。
外国からの観光客もかなりいて、大きなマグロをいじっている人もいました。

のれそれ発見

のれそれ発見!

場内をに入るとすぐに「のれそれ」を見つけました。

やった!

1パック1,300円と700円の二種類があります。
聞くと、鮮度が違うとのこと。
せっかくなので1,300円の方を頂きました。

さらにもう1パック

さらにのれそれ

もう一軒では850円だったので、これも追加で購入。

築地市場の歩き方

築地市場

私はいつも、都営地下鉄大江戸線「築地市場駅」を出てすぐのところにある「正門」から場内に入ります。
そして仲卸業者が並ぶエリアに入り、下の図の赤丸のお店でのれそれを買っています。

・右側が「吉善」(03-3543-6031)
・左側が「丸重水産」(03-3541-9879)

事前に在庫を確認してから行った方がよいかもしれませんね。

注文し、奥にある窓口でお金を支払います。

私はのれそれだけが目当てだったので、購入後は早々に引き上げ、そのまま会社に出社しました。
うーん、早く室蘭に帰って食べたいわハート

またまた築地場内に出勤前に行ってのれそれゲットしました

140428_8.jpg

昨夜はどうやら10時過ぎに酔いつぶれて寝てしまったらしく、今朝は4時前に目が覚めてその後眠れませんでした。ひぇ
せっかく早起きしたのだったら築地市場に行きましょう!

ということで、一週間ぶりに築地市場にやってきました。
もちろんお目当ては海の宝物「のれそれ」です。
なにそれ?って人も多いかもしれません。
「のれそれ」穴子の稚魚で、この時期が旬の最高に美味しい珍味なのです。

地下鉄の築地駅で降り、前回のような迷いはなく一直線に場内市場に向かいました。
もう素人さんじゃありません(全然素人です、すみませんあやまり)。

1000店もの仲卸業者

140428_2.jpg

場内には、1000にも及ぶ仲卸業者が店を連ねています。
プロの世界です。
私がいていいのか申し訳ない気持ちになります。
でも私だって真剣にのれそれを買いに来ているのです。

140428_3.gif

場内の景色は、あの漫画「築地魚河岸三代目」で見たのと同じでした。
実は今さらながら、漫画を一巻から読み直しています。
場内素敵です。

でもおちおち歩いていると早足で歩いている人にはね飛ばされます。
ターレーという独特の車にも常に気をつけていないとひかれてしまいます。

140428_4.jpg140428_5.jpg

今日はクーラーバッグを持って行きました。
通勤電車でクーラーバッグ。
何だか変な優越感のようなものを感じました。(周りはそう思っていないと思います)
でもこれと保冷剤があれば夏でもOKだと思います。

今日は前回と違い、場内に入ってものの5分ほどでのれそれを売っている店を見つけました。
念のためさらにまわると、簡単にあと3件ほど見つけられました。

さすが築地。
ここなら欲しい魚が手に入るのです。

結局最初の店で2パック購入。
たっぷり入って1パック600円です。
感激です!

さあお夕食

140428_6.jpg

築地でのれそれをゲットした後は会社に一番乗りで出社し、仕事を終えて転がるように帰宅。
食卓はいつものメニュー(ホタルイカ、モカモカ和え物)に島らっきょ、そして今日の目玉ののれそれです。

140428_7.jpg

のれそれはつけだれが大切だと思います。
よく「ポン酢」と書かれていますが、私はダシをきかせた土佐酢が好きです。

正直土佐酢の正しい作り方は知らないのですが、私は
水:酢:醤油=6:2:1を火にかけて酢を飛ばし、そこにたっぷりのかつおぶしを加え、かつおぶしが沈んだら濾して冷やして使っています。
カツオの香りが淡泊な魚に合うんです。

のれそれを薄い食塩水で洗い、土佐酢をかけて頂きます。

つるっ、コリッ、ぶつっ、旨み、香り…。

これをどう表現したらいいでしょう。
とにかくあまりにも旨い。

〜すぎる、というフレーズを聞くと、つい借金という言葉が続いてしまうのは理科系だからでしょうか。
(cf.イオン化傾向)

たぶん5月いっぱいくらいはのれそれは手に入ると思います。
せっせとクーラーバッグ背負って築地に通いたいと思っています。

叩けよさらば開かれん…出勤前に築地場内までのれそれを求めに行ってきました

140421_noresore_11.jpg

私が愛して止まない春の味覚「のれそれ」(穴子の稚魚)。
スーパーに行くたびに鮮魚コーナーでドキドキしながら探していました。

しかし、2011年3月別ウインドー以来、3年以上お目にかかれないでいました。

あーー、今年もまた食べることは出来ないのでしょうか…。
ほとんど諦めたとき、ひらめきました。
築地に行ったらあるかも
なんでこんなことに気がつかなかったのでしょう。
ノレソニストとして失格です。

そこで今朝、意を決して出勤前に築地に行ってみました。
まずは場外の魚屋に向かいます。

途中、白人系の外国人に英語で「Fish marketはどこでしょう」と尋ねられました。
へー、外国人の観光客もいるんですね。
(その後、たくさんの外国人観光客がいることに驚きました)

場外の鮮魚店を片っ端からまわったのですが、どこにものれそれはありませんでした。
ないのか…。
でも訪ね歩く中、お店のおじさんが

「場内ならあるよ!」

と、場内への行き方まで丁寧に教えてくれました。

え、場内って個人でも行けるの?

でもここまで来たら絶対にのれそれを連れて帰りたいです。

決死の覚悟で場内へ

140421_noresore_1.jpg

場内に入るのは勇気がいりました。ひぇ

実は6年前別ウインドーにも入ったことはあるのですが、その時は場内に詳しい人と一緒でした。

さあ一人で突入です!
軒並ぶたくさんの店舗。
ここはプロの世界です。

しかし私の頭の中はのれそれしかありません。
片っ端からお店に入り

「のれそれありますか!!」

と聞いて回りました。
そこで返ってきたのは

「先週までは毎日入ってたんだけどねー、今日は入っていないんだよ、ごめんね」

という言葉。
素人だとバカにされるかと思ったら、どこもとても親切で優しく対応してくれました。
ありがとうございます。
嬉しかったです。

しかし、ほんとにどこに行っても返事は同じ。
今日は実はたまたま不漁だったようです。

まさにお魚パラダイス

140421_noresore_2.jpg

でもやはり欲しい。

必死に聞き込みは続けました。
広い場内を早足で歩いていると、おびただしい量の美味しそうな魚貝が並んでいました。
あの殻付きバフンウニだってあるじゃないですか!

そう、ここは日本一の魚市場なのです。

140421_noresore_3.jpg

美味しそうなイカも並んでいました。
今日は出勤もあるし、頭の中はのれそれで一杯なので頭がまわりませんが、またゆっくり見て回りたいと思いました。
とにかく魚好きには最高のたまらない空間です。

ついにのれそれ発見!

140421_noresore_5.jpg

もうすでに場内の2/3くらいを回りました。
もう今日はだめかな。
でもまた来ればきっと買える。

とほとんど諦めたところでのれそれ発見!!エルモ
ああ、君に会いたかったのです。

1パック800円(税抜き)を2パック購入。
転がるように会社に向かいました。

会社でじっくりご対面

140421_noresore_4.jpg

まだ誰もいない会社に到着し、自分のデスクでじっくりのれそれ様にご対面。
あー、君に会いたかったよーー。

その後Facebookでこのことを報告すると、なんと南麻布の料亭の大将から

「モカさん場内を元気に歩き回っていたね」

というコメントを頂きました。びっくり!
わーー、見られていたようです。

半分は飲み仲間とシェア

その後出勤してきた、私と同じくらい飲み助の女性同僚に

「のれそれ好き?」

と尋ねたところ

「もちろん!最高に好き!」

ということだったので、原価で1パック譲りました。
もー、いつでもゲット出来るという自信が出来たから余裕だもんね。

さあ頂きます!

140421_noresore_6.jpg

そして仕事が終わり、ついに夢にまで見たのれそれタイムです。

土佐酢は「水:酢:醤油=6:2:1」を3分ほど煮立たせて酢を飛ばし、たっぷりのかつお節を入れた後に濾して作りました。

のれそれは大将のアドバイス通り薄い食塩水で洗い、土佐酢で頂きました。
これがもーーー、最高に旨かったばんばん
ほんと旨すぎます。

つるっとした食感、心地よい歯ごたえ、独特の旨みと香り。
あーー、頑張って場内まで行って良かった。

久しぶりに東京に住んでいてい良かったと心から思いました。

140421_noresore_7.jpg

その他のメンバーは今が旬の空豆。
これもほんと美味しいね。

140421_noresore_8.jpg

豚冷しゃぶサラダも作りました。
レタス、トマト、キュウリ、レモン、新玉葱、豚バラ肉(ダシでさっと湯がいて氷水に取る)、カイワレ大根。
そこに「ポン酢+ごま油+レモン汁」をかけ、仕上げに「石垣島ニンニク油」をかけます。

これはちょっとだけ箸をつけて、Cさんの帰りを待つことにしました。

140421_noresore_9.jpg

名脇役は、昨夜から漬けこんでいる蕪とキュウリの浅漬けです。
蕪、キュウリをざく切りにし、塩をふってしばらく置きます。
水分をしぼり、浅漬け容器に入れ、酢を加えて一晩冷蔵庫に入れておくだけ。

市販の漬け物はアミノ酸調味料が入っていて苦手なのですが、これならすっきりとしていて歯ごたえと旨みを堪能出来ます。

さあ、今は9時半。
のれそれはあと1/5ほど残っています。

Cさんの帰ってこないと、のれそれ全部食べちゃうよーー。

築地を極める!グルメ&お買い物 完全ガイド (アスペクトムック)

アスペクト アスペクト 2010-10-22
売り上げランキング : 328442

by ヨメレバ

一日お仕事。のれそれに生姜を入れて大正解。テレビ番組のBGMって

110321_1.jpg110321_2.jpg

 三連休最終日は朝から冷たい雨。
 一昨日、昨日に引き続き、今日も朝9時半に起きてずっと仕事をしていました。
 
 「仕事」って何だろうとよく思います。
 「苦痛?」「喜び?」「お金を得る手段?」
 お金が山ほどあって、毎日仕事しないで酒飲んでカバッコ弾いて好きなことをやっていたら「幸せなのかなー」と思います。
 
 でも、私は何か「目標」「プロジェクト」といったものにまい進している時が一番幸せな気がするのです。回る少女

  • 人や社会から必要とされる
  • 誰かの役に立つ
  • 人と繋がれる
  • 新しい技術や好奇心でわくわくする

 そんな時とても「やりがい」を感じます。
 のんびりくつろげない性分なんですかね、きっと。

 そんな私と正反対のCさん。
 昼までゴロゴロとテレビを観ていて(よくあんなにゴロゴロ出来るものです)、その後携帯電話に叩き起こされて「出動」してゆきました。
 今日は「余裕の作業」で夕食には帰ってくる予定だったようですが、夜の7時前に
 
 「まだまだかかりそう。先に始めて。のれそれ食べちゃっていいよ」
 
 というメールが。
 どうやら大変みたいです。頑張れ〜Cさん。ぎゅっ
 

1人でお夕食

 私の方は5時過ぎには明日納期の仕事は完了したので、残っていた掃除をし、昨夜の残りの「のれそれ」「薩摩揚げ」「わかめもやしあえもの」で軽く一杯やりました(軽く済めばいいのですが)。
 テレビは録画しておいた「クレヨンしんちゃん」。嬉しい〜
 
 あまり寂しさは感じませんでした。
 のれそれは、Cさんのアドバイスに従い、生姜のすり下ろしと胡瓜の千切りを加えてみました。
 これが大正解!
 生姜の辛みがぼやけた味をしっかりと引き締めてくれました。ペロペロ
 特に生姜はお勧めです。この先ののれそれシーズンがますます楽しみになりました。

※追記
 夜の11時が過ぎてもCさんから連絡なし。
 ちょっとだけ残しておいたのれそれを食べて寝ちゃおうかな〜と思っていたら電話がありました。
 やっと仕事が終わったとのこと。
 もう若くもないのに遅くまでご苦労様です。
 今から30分ほどで来るかな。
 『のれそれ con 生姜』と焼酎で「がーーーっ」とやってもらい、さっさと寝てもらおうかと思っています。
 明日は久しぶりの通常出勤です。
 

テレビ番組のBGM

 バラエティー番組などを観ているとき、Cさんはそのバックに流れている曲の「意味」によく気がつきます。
 私はそもそもそんな音楽が流れていることさえ今まで気がつきませんでした。がーん
 
 例えば昨日も、かぼすの実を上にして絞るシーンで、坂本九の「上を向いて歩こう」の英語バージョンが流れていました。
 これはもちろん「上向きで」という意味です。
 以前も、ホースを扱うシーンで、「競馬」の音楽(競馬場ごとにあるらしい)がかかっていました。

 競馬→馬→ホース

 こんなことに気がつく人ってどれくらいいるのでしょうか。
 そして、こんな「隠しコマンド」みたいのを仕込んでいるテレビ制作の人達にも感服しました。
 

エーシーのCM

 テレビ音声と言えば、最近すっかりおなじみになった「エーシー」。
 その中でも「ありがとウサギ」のCMは色々な意味で「来ている」ようです。
 
 こんなFlashを作ってくれた方がいます。(AZ Flashさま
 もしよかったら思う存分堪能して下さい。
 



このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得





今年の初「のれそれ」。別れはとても辛いです

110320_1.jpg110320_2.jpg

 3連休中日も、ポカポカとした春の陽気でした。
 まさに春の行楽日和。
 でも実際は被災地は今日も大変な一日を送り、被災していない人も行楽をキャンセルした人が多いのではないかと思います。
 
 日中は、お世話になったカラオケスナックのマスターのお葬式に参列してきました。
 参列の後、Cさんと近所のスーパーに行くと、私の大好きな『のれそれ』が鮮魚売り場にありました。

 春、ついにのれそれのシーズン到来です。
 少し前に、スーパーの鮮魚担当のおじさんに
「今年もまた『のれそれ』をよろしくお願いいたします。」
 と熱いエールの交換をした成果なのかもしれません。

 並んでいたのは2パック。
 1パックの量は結構多いです。
 最初は1パックだけかごに入れたのですが、やはりどうしても気持ちを抑えきれず、2パックともかごに入れてしまいました。
 すみません。買い占めしてしまいました。
 
 帰宅後は夜までずっとウエブのお仕事をしていました。
 Cさんは会社の緊急要員として呼び出されるはずだったのですが、事態が好転したのか、ずっと一緒にすごすことが出来ました。
 うれしいです。

至福ののれそれタイム

 そしていよいよお夕食時間。

 まずはのれそれです。
 夕方から予め自家製の土佐酢を作っておきました。
 酢:醤油:水=2:1:6 を煮立たせて酢を飛ばし、たっぷりのかつお節を入れて火を止め、沈んだところで濾して冷やしました。
 
 のれそれを、さっと水洗いしてこの土佐酢で頂きました。
 つるつるーーっとしたのど越し、
 もーー、たまりません。
 私は毎年この「のれそれ」と出会うのが最大の楽しみです。
 またこの時期を迎えることが出来て嬉しいです。

110320_3.jpg110320_4.jpg

 その他に頂いたのは

・九州物産手のの薩摩揚げ
・わかめともやしのあえもの
 わかめは茶色い新わかめを湯通しして使いました。
 こんなところにも春を感じます。

110320_5.jpg110320_6.jpg

・豆腐サラダ
・ブリ刺し身

110320_7.jpg110320_8.jpg

・モツ炒め
 こぷちゃん、こてってっちゃんなどのホルモンをニラ、もやしと一緒に炒めました。
 こんなもつ料理を家で頂けるなんて。
 もちろんこれは「がち」焼酎です。
・怪しい炒め物
 刺し身のつま、ベーコン、薩摩揚げ、タマネギなどを使ったCさんの創作料理。
 これで二人で焼酎飲みすぎました。
 

別れはあまりにも悲しいです

 前述の通り、日中はカラオケスナックのマスターのお葬式に行ってきました。
 
 Cさんと一緒に飲んで、二人で幸せな気持ちになったとき、いつも無言のうちに二人とも足が向いたのがこのスナックでした。
 行けば、いつも優しい老夫婦のマスターとママさんが迎えてくれました。
 おだかやな笑顔。
 他のお客さんが帰った後、マスター夫婦と私たち2人の4人で過ごす時間がとても幸せでした。
 それは私が夢見ていた家族のようでした。
 
 マスターは大のオーディオ好き。
 私が
「チューナーはトリオ、アンプはサンスイ、スピーカーはダイアトーン、カセットデッキはナカミチですよね」
 などと言うと、
「女性なのに詳しいね」
 と言って、眼を細めてほんとに嬉しそうにオーディオの話をたくさんしてくれました。
 
 スナックは半年前に閉店。
 マスターは閉店後は思い切りそのスペースをオーディオルームにしたいと言っていました。
 
 でもその夢も叶わず、今日を迎えました。
 
 棺の中のマスターはとてもおだかやな顔をしていました。
 ついこの前まで、あんなにうれしそうにオーディオの話をしていたのに。
 また一緒に話したかったです。
 
「アンプはマッキントッシュの真空管もすごいですよね。」
「おー、女なのによく知っているね…。」
 
 人はなんで死を悲しむのでしょうか。
 なんでこんな張り裂けるような悲しみを味合わなくてはいけないのでしょうか。
 失っても何も感じなければどんなに楽だろうと思います。
 この悲しみには何か意味があるのでしょうか。
 
 別れはほんとに辛いです。
 今夜は、その痛みをお酒で消そうと思っていますが、なかなか出来ません。

 でもその辛さを、感謝の気持ちに出来たらと思ってます。
 
 マスター、ずっと有り難うございました。
 お会い出来て嬉しかったです。
 ほんとに有り難うございました。

のれそれ なにそれ あそれそれ→居酒屋

100623_1.jpg100623_2.jpg

 ここしばらく蒸し暑い日が続いています。
 夜はお酒を飲んでついつい夜更かしし、1時過ぎに布団に入るのですが、寝苦しい夜が明けて7時半に目覚めたときには、体中が鉛のように重くなっています。
 早朝の5時頃に爽やかに目覚め、公園で乾布摩擦をするくらいになりたいものです。
 
 夜は副業も一段落したので、晩ご飯は食べずにCさんの帰りを待つことにしました。
 うーん、夫の帰りを待つ妻、イメクラですね。

 待ちながら一杯やろうと思い、帰りがけにスーパーに寄ってみると、またまた「のれそれ」さんがいるではないですか!
 「Nice to meet you again!」
 という感じ。
 昨日の「土佐酢」もまだあるので、躊躇無く2パックをかごへ。
 さらに、辛口の日本酒もかごにいれました。
 
 「よし帰ってすぐにのれそれだ!!」
 と思って、マッハ5で自宅へ。

100623_3.jpg100623_4.jpg
100623_5.jpg100623_6.jpg

 今夜こそ「のれそれ」はCさんに残しておこうと思ったのですが、食べ出したらあまりの美味しさに箸が止まらず、やはり2パックを平らげてしまいました。

 まだお腹が空いていたので、ちくわにキュウリを突っ込んで、わさび漬けをつけて頂きました。さらにもずく酢も。
 Cさんには、「のれそれ」のことは内緒にして、「ちくわ」だけ食べたことにしましょう。
 
 「のれそれ」をつるぅと飲み込みながら、テレビでは朝録画したNHKの「あさイチ」という番組の「セックスレス特集」を観ました。
 朝の8時台からよくこんな番組をやるなと思いながら出勤の準備をしていたのですが、観だしたら面白かったので録画しておいたのです。
 この番組でアンケートを行ったところ、40代の60%はセックスレスなのだそうです。びっくり。
 
 番組を観ていて思ったのは、セックスレスの原因や責任を男性側に押しつけがちだということ。
 こういう所でもオトコはイニシアティブを求められるとは大変だなーと思いました。
 でも、杉本彩がパートナーとの関係について、とてもいいことを言っていました。
 お酒がまわってよく覚えていないのですが。
 
 などとやっていると9時頃にCさんから電話が来て、30分後に近所に居酒屋で合流することに。
 少し前からCさんは仕事が遅くなるようになり、帰りがけにお総菜を買ってうちにくることも出来なくなり、こうやって外食になることが多くなってきたのです。
 楽でいいのですが、出費がかさみます。
 
 今夜は、100円シリーズ(らっきょう、ニラのお浸し、いんげんあえもの)、春野菜のおつゆ、唐揚げなどを頂きました。
 そして締めは「肉チーズカレー鍋焼きうどん」です。
 
 11時半の閉店頃には私たちだけになりました。
 ここの料理人店主もお給仕の女性もみんな同世代。
 懐かしのテレビ番組の話で盛り上がりました。
 女2人で超人バロムワンは良かったと言うと、Cさんはスーパージェッターやリボンの騎士がよかったなどと。
 
 地元で同世代。
 楽しい夜でした。
 でもまた寝不足に…。
 

余談(ペットの葬儀問題と捨て犬殺処分)

 
 先日のNHKの番組「追跡AtoZ」(ダイアモンドでの特集)で、この問題を取り上げていました。

 死んでしまったペットは、
 (1)動物愛護法(生きた動物が対象)
 (2)廃棄物処理法(ゴミ扱いするのは可愛そうなので対象外)
 (3)埋葬法(人間が対象)
 のどれにも該当せず、全く法的な保護がないのだそうです。

 そのために、火葬を請け負ったのに実際には山林に捨てるような業者が出てきてしまうのです。
 
100623_10.jpg ペットと言えば、まさに家族同然。
 自分の一部のように思っている人も少なくないと思います。
 それが、死んでしまったらゴミ同扱いになってしまうのです。
 これも日本の法律や制度が遅れているから。
 普段私は法律や政治には関心が全然ないのですが、こんなことをきっかけにして、法治国家は法律がとても重要であることに気がつきました。
 
 この番組では、捨てられたペットの殺処分のことも取り上げられていました。
 「ちばわん」のサイトを見てください。
 なんと年間28万匹の犬猫がこうやって殺処分されるのです。
 
 いろいろと難しい問題はあるのだとは思います。
 でも、あまりにも可愛そうです。
 写真でじっとこちらを見つめているわんちゃんたち。
 やがてガス室に送られるのです。
 
 ここに来て、ますますわんちゃんを買いたい気持ちが高まってきました。
 もし飼うのだったら、こういった犬を引き取れないかとも強く思っています。
 でも
 
1)子犬の時からしつけをやらないといけない?
2)最初はつきっきりでしつけをしないといけないので、仕事をしながらだと難しい?
3)今の自分のライフスタイルでは朝晩の散歩に行けない?
4)今の経済状態では自分一人でやっと?

 などと思って二の足を踏んでいます。
 さらに、「一人暮らしで絵犬を飼う」を読んですっかり自信をなくしました。悲しい

またまたのれそれ和食大会

100525_2.jpg100525_3.jpg

 暑い一日でした。
 オフィス誰も言い出せなかったので結局クーラーはつけず、室温は30℃まで上がりました。

 会社からの帰り道はiPhoneでポッドキャストの「J-waveグルーブライン」を聞いています。
 ちなみに朝は英語を聞いているのですが、帰り道はもーそんな気力はありません。

 この「J-waveグルーブライン」のピストン西沢さんと秀島史香さんのDJが最高におかしく、歩きながらうつむいて笑いがこらえられないときがあります。
 かなり危ない人になっている自分を感じるのです。

 途中でいつものスーパーに行くと、また鮮魚売り場に「のれそれ」がぁぁぁ!
 すかさず2パック購入しました。

 今日はさらに、鮮魚売り場の人に感謝お手紙を書いてきたので、それを鮮魚担当の人に渡しました。
 すると、すごく喜んでくれました。
 こちらこそ有り難うございます。

———————————————-
100525_4.jpg100525_1.jpg

 夕食はCさんと一緒です。
 のれそれはあまり感心を示さないのですが、器についであげるとつるつると全部食べてしまいました。
 もうちょっといる? と聞くと頷いたのでさらにお代わりしてあげると、またつるつると食べてしまいました。
 美味しかった? と聞くと美味しかったと応えてくれました。やった。

 今日はこのほかも和食尽くしでした(ちょっと骨付きハムも交ざっていますが)。

 もやしのお浸し、生わかめ、キュウリ、さっと茹でたキクラゲを白だし、酢、砂糖、みりんであえたお浸しは相変わらず美味しかったです。

 若竹煮、筍の味噌仕立て、刺身、沖縄もずく、ほうれん草のお浸し(ほうれん草、青梗菜、変な葉っぱ×2の全部で4パックを全部で50円になっていたのをCさんが買ってきてくれました)。

◇iPadの引き渡し通知が来ました。明後日の朝7時半にお店集合! 激早いけど頑張って起きて行ってきます。

月曜日から「のれそれ」と遭遇!

100524_3.jpg

 月曜日と火曜日の夜は毎週副業タイム。
 お酒は抜いてパソコン仕事に専念するべく、Cさんにもそれを伝えてありました。

 帰りがけのスーパーに「もやしでも買うか」と入り、ふと鮮魚売り場を見ると、ななななななんと、のれそれのパックが4つあるではないですか。

 私はのれそれがあったら、全てのスケジュールをキャンセルしてのれそれを優先させることにしています。

 というわけで、とにもかくにも3パックをかごに入れました。
 さて、今夜はどうしましょう。

———————————————-
100524_1.jpg100524_2.jpg

 Cさんを誘おうかとかいろいろ考えたのですが、結局簡単につまみをつくって、さっと飲んで仕事をすることにしました。

 作ったのは、

1)昨夜と同じ新タマネギのかつお節卵まぜ
2)もやしとニラのおひたし(胡瓜を加えて、白だしと酢で味付け)
3)ぬか漬け

 そして、もちろんのれそれです。

 つるつる〜っとのれそれを口の中に入れて、その食感を楽しみます。
 この舌触り、香りと甘みがたまりません。
 つるっと飲み込んで日本酒をきゅーっと。

 30分ほど楽しみ、後はパソコンに向かって仕事しました。

 へへへ、のれそれはまだ1パックあるのだ。
 明日はCさんも合流するかな?

のれそれ発見!! 全てをキャンセルして堪能しました

100520_3.jpg

のれそれとの遭遇 in スーパー

 今夜は英会話の日。
 簡単に夕食は済まそうと思って帰りがけに近所のスーパーに立ち寄ったところ、なななななんと鮮魚売り場に「のれそれ」のパッケージが4つもあることを発見しました。

 春になってから、いつもいつも買い物に行くたびに鮮魚売り場に行っては、のれそれがないことを確認し、ため息をついてきた日々。
 もう今シーズンは無理だと思っていました。

 しかし、なんと今日、こうして運命的な出会いを果たしたわけです。

 1パック350円だったので、とりあえず2パックをかごに入れました。
 叶うなら全部買いたかったのですが。

 しかし今夜は英会話。
 のれそれと英会話は相容れない存在なのでした。

———————————————-

今夜はどうしよう→全てをキャンセル

100520_1.jpg100520_2.jpg

 帰り道、ずっと今夜どうするかを考えました。
 英会話から帰ってきてからのれそれタイムにするか、それとも…。
 道の真ん中で頭を抱え、のけぞり、苦悩にうちひしがれた結果、今夜は全てをキャンセルして「のれそれ」に集中することにしました。

 Cさんも「のれそれ」には淡泊なので、誘ってあげません。

自家製土佐酢で至福のれそれタイム

 家に帰ると、まずはのれそれ用の土佐酢を作りました。
 醤油1:酢2:水6。これを煮立たせて酢を飛ばし、たっぷりの美味しいかつお節を入れて少し煮立たせて火を止めます。
 かつお節が沈んだら網でこして、氷水で冷やします。

 さっと水で洗ったのれそれに、この土佐酢を加えて頂きました。

 ぁぁ、やっと会えたね。などと思いながら、つるつるっっと口の中に入れ、その歯ごたえを楽しみます。
 のれそれはそのまま飲み込むよりも、ちょっと噛んで味わいを楽しんだ方がいいと私は思います。
 このほのかな旨みは何者にも変えられません。

 そして、つるりと心地よく通り過ぎるのどごし。
 そこにキューーっと日本酒を飲みます。

 ううう! 最高!
 昨夜Cさんが買ってきた秘蔵の「ダッサイ」も飲んじゃおうかと思ったのですが、さすがにやめました。

 のれそれについては「こじゃんと高知ラブ」に詳しく載っています。高知の名産なんですね。

わかめサラダはバージョンアップ

 のれそれと一緒に頂いたのは、先日Cさんに教わった、わかめ+もやし+ちくわのサラダ。
 今日はこれに胡瓜の細切れを加えて、例によって「白だし+酢+こんぶ塩」であえました。
 胡瓜が加わることによって、さらに歯ごたえが心地よくなりました。
 改良でお料理がさらに美味しくなると嬉しいです。

 まぐろのやまかけと大根のぬか漬けも頂きました。

 というわけで、一人で大盛り上がりした夜でした。
 ありがたやありがたや。

のれそれ様、山盛り帆立て、美味しい茄子チーズ

090531_1.jpg090531_2.jpg

[夕食]★★★ 曇時々雨

 朝は9時半起床。
 天気も悪かったので、夕方までずっとパソコンに齧り付いていました。
 今日はCさんと映画に行こうかなどとも思っていたのですが、だんだんと出不精になってきている気がします。
 昔はせっせと渋谷や新宿などに出かけていたのですが、今はさっぱり行く気になりません。
 折角都心に近い所に住めるようになったのに、ちょっともったいない気もします。

 夕方からはCさんと近くのスーパーへ。
 Cさんがカートを押し、私がアホウのように後ろをついてゆきます。
 鮮魚売り場を一人でヒラヒラと飛び回っていると、なんと「のれそれ(穴子の稚魚)」を発見。
 時期的にもう無理だろうと思ったのですが、一応確認してよかったです。

 他にも、だみ声のものすごく威勢のいいおばさんがホタテを売っていて、そこで598円でホタテを20枚くらい購入しました。

 というわけで今夜は

———————————————-
090531_3.jpg090531_4.jpg

1)のれそれ
 私は、もう、これが何より好きなのです。
 今日はいつものように「土佐酢」におろし生姜、万能ネギを少し入れて頂きました。
 クニュクニュとした食感とほのかな旨みと香りの後にツルッとした心地よいのど越しを楽しめます。
 そこに冷酒を頂けばもう最高ですね。
 たぶん来年までお会い出来ないでしょう。
 それまでまた元気でいようと思う私なのでした。

2)山盛りホタテ酒蒸し
3)美味しい茄子チーズ
 また今夜もCさんが美味しいイタリアンを作ってくれました。
 まず、オリーブオイルでニンニクを熱し、茄子を焼きます。
 鶏肉(もも肉)のこま切りは塩コショウと酒をもみ込んでおきます。
 鶏肉、たまねぎ(薄切り)、舞茸、アスパラ(小口切り)を炒めケチャップで味付けします。
 これを先程の茄子の上に乗せ、さらにトマト(輪切り)と溶けるチーズを乗せます。
 蓋をして蒸し焼いて出来上がり。

 これがほんとに旨いのです。ペロペロ
 茄子とトマトがよく合います。玉ねぎの歯ごたえと甘み、そしてチーズがコッテリ感を出して、悩殺的な味にしていました。
 ほんとによくもまあこれだけの料理を何も見ないで有り合わせの食材で作ってしまうものだと感心します。

4)豆腐
 行者ニンニク三升漬けを乗せました。
 それだけで美味しい〜。
 これから暑くなると冷や奴が美味しいですよね。

090531_5.jpg090531_6.jpg

5)締め鯖
6)ホタテ、キノコ、アスパラの炒め物

 というわけで、明日から6月。
 どんどん時間が経ってゆきます。
 でも、こういう何の予定も無い週末は大切だと思いました。

090531_7.jpg◇ハードディスクのファイルを見ていたら、こんな写真が入っていました。
 ずいぶん前の広告です。

 これは「万」が抜けた誤植らしく、この値段で無理やり買った人が恐喝で逮捕されたという新聞記事でした。
 しかし32円で36回払いOK!だと、一回1円以下ですね。エルモ

Translate »