Tag Archives: 大井町

大井更科(大井町)(日本蕎麦、料理)

枝豆

来週からCさんは本格的に北海道に行ってしまうため、その前に大好きな大井更科に行ってきました。

5時半過ぎに入店。
ハッピーアワー(5時半〜6時半)の1ドリンクサービスいうことで、小ビールを頂きました。
蒸し暑いときには冷たいビールがたまりません。

次のお料理用に焼酎(八幡ろかせず)を出してもらっていたのですが、まず出てきたのがめちゃ美味しい枝豆だったため、急きょ生ビールを追加しました。

※お知らせ:姉妹ブログ「モカモカ工房」を合体させました。メニューから選択できます<(_"_)>

お料理本格スタート

イサキ刺し身冷や奴
お次はイサキのお刺身。
見て下さいこの美しい色!
これがまた美味しかった。

冷や奴は、自家製新生姜の醤油漬けとたっぷりのネギ、かつお節が乗っていました。
豆腐自体も美味しいのでしょうが、これらの薬味との相性が抜群でとても美味しかったです。
これは自宅でもやりたいです。

お料理に合わせたのは「八幡ろかせず」という焼酎だったのですが、これが実に旨い。
と思ったらけっこういい値段するようです。
そう、このお店は料理も旨いけど焼酎もいいのを揃えているのです。
ちなみに焼酎は一律500円/杯です。

衣かつぎ

衣かつぎには、なんとアンチョビが入っていました。
やるなー。
ジャガイモに塩辛を乗せたのと味わいが似ていました。
イモと塩辛系って合うんですね。

豚しゃぶサラダ
イモと塩辛系って合うんですね。

豚冷しゃぶサラダ。
私が先日作ったのよりはるかに美味しかったorz
何が違うんでしょう。
パプリカが合うことが分かりました。

トリ照り焼き

鶏の照り焼きもお肉がほんとにしっとりジューシーで美味しかったです。
くーー、焼酎おかわり。
次に飲んだのは松露でした。

盛りそば

そして〆はやはりお蕎麦。
Cさんは血糖値のことを考えて小さいのにしました。
私はお酒を飲むと血糖値がすごく下がるので、安心して普通サイズを注文。

のど越しも香りもつけ汁も抜群。
幸せな時間でした。

次に来られるのはいつかな。

お読み頂きありがとうございました。

大井町ウォーク(2)山田寿司、魔法の粉、とんかつひろせ

山田寿司(大井町)

さあ、大井町飲み食いウォークも後半です。
4件目に入ったのは、山田寿司。

ここには大好きな「大海酒造」の蔵元さんがいるはず。

ちらし寿司完食…

山田寿司、ちらし寿司

お店の中はほぼ満席でした。
奥をのぞくと、一軒目と二軒目で隣だったご夫妻がカウンターから手を振っていました。

ウォークの参加者にはたくさんの酒飲みの夫婦やカップルがいました。
その多くは話しかけるとすぐ仲良くなってくれるのです。

こんな時、お酒を飲めることに感謝します。
日々アルコール分解を鍛えてきた九州のご先祖の皆様ありがとうございます。

頂いたのはちらし寿司。
「炭水化物教」信者の我々としてはアレなのですが、二人とも黙々と完食してしまいました。
美味しい…。
飯がまた旨い。

ここでも日本酒と大海さんが出してくれた焼酎を頂きます。
焼酎の水割りが濃い!
目が回ります。

魔法の粉

魔法の粉(大井町)

お酒は続くよどこまでも。
まだまだ5件目です。

山田寿司の隣のヘルシーレストラン「魔法の粉」の前に行くと、中から麦焼酎の「泰明」で有名な「藤居醸造」の藤居さんが手を振ってくれました。

おじゃまします!

魔法の粉、きれいサラダ

ここも店内は満席。

まず出てきたのは「きれいサラダ」と赤ワイン。
藤居さんからは梅酒のソーダ割りを頂きました。
この梅酒は甘くなく、梅の香りが実に芳しいのです。

魔法の粉、おから豆乳こんにゃく唐揚げ

次に出てきたのは「豆腐おからこんにゃくの唐揚げ」。

これはちょっと驚きました。
しっかりとした歯ごたえ、香り、そして味付けの妙。
赤ワインにもぴったりでした。

とんかつで〆

とんかつひろせ(大井町)

時刻は6時過ぎ。
最後に入ったのは「とんかつひろせ」。
もう何杯飲んだんだかわかりません。
1升5杯2引き分けくらいでしょうか。

とんかつひろせ(刺し身、ヒレカツ)

出てきたのはヒレカツとお刺身(ブリ、マグロ)、生ビール。
ヒレカツもよかったのですが、お刺身がなかなか美味しかったです。

こちらには「蔵の師魂」で有名な「小正酒造」の方がいて、水割りを試飲させてくださいました。

そして多分6時半頃に今回のウォーク終了。
フラフラになって二人で帰途につきました。

死因は?

死因は?

翌日、大井町駅近くの生け垣から、中年男女二人の死体が見つかりました。
ヒゲの生えた男と、胸のない女。

短パン刑事「やまさん、殺しでしょうか…。死因は?」
やまさん 「死因は…シインだな」
短パン刑事「え?死因を聞いているんですよ」
やまさん 「だからシインだな…。ヒゲ男のポケットからこんなにもたくさんのチケットが出てきたよ。こいつらこんなに飲みやがって」
短パン刑事「こりゃしょうがないですね」

大井町ウォーク(1)大井更科、食彩 市、大井町テラス

大井更科

朝から気持良く晴れました。
今日は毎回楽しみにしている「大井町ウォーク別ウインドーでした。

品川区大井町駅周辺の33の飲食店をチケット制で食べ歩き出来るのです。
チケットは3枚綴りで、前売り1,900円、当日2,100円(当日券の発売は初日のみ)。
各店舗は今回のためにオリジナルメニューを取りそろえてくれています。

焼酎や日本酒の蔵元さんが店舗に来て試飲をさせてくれるのも大きな魅力。
今回私とCさんチームはチケットを2セットずつ買い、蔵元のいる6件を目指しました。

まず入ったのが、大井町で一番好きな「大井更科本店」。

美味しい蕎麦に日本酒

大井更科お料理

こちらでは

  • 板わさ
  • そば味噌
  • 盛りそば

を頂きました。
どれも美味しいのですが、日本酒との相性がまた抜群。

御湖鶴の蔵元さんと

御湖鶴お酒

ここには昨年、松本の蔵元におじゃました(2013松本旅行))。

日本酒は本醸造酒と純米酒を頂きました。
本醸造酒の方は、華やかな香りがあり、少し甘く感じました。

本醸造酒というのは、醸造アルコールを加えた日本酒です。
この「醸造アルコール」のことを蔵元さんに聞くと

アルコール濃度99%まで蒸留した焼酎

で、それを

アルコール濃度が日本酒と同じか少し高くなるまで加水し、日本酒の2%程度加える

のだそうです。

知らなかったーー。
99%まで蒸留した焼酎には既に香りなどないのですが、それをほんのちょっぴり加えるだけであの香りが出るのです。
不思議です。

アル添というと怪しい印象があったのですが、そんなことはないのですね。
(昔の安い酒は違うようですが)

食彩 市

140517_4

蔵元の試飲会は時間が決まっているので、きっかり30分で大井更科を出て、次の店に移動しました。
食彩 市、ここもとても美味しいお料理を出してくれるお店です。

140517_5

カウンターに座ると、中にいる大将が満面の笑顔で迎えてくれました。
お料理は

  • 空豆ゼリー
  • 海老卵と白木耳の琥珀寄せ
  • 鱧南蛮漬け
  • ちまき(中にはお寿司)
  • 三色豆腐
  • 蓮芋の塩辛かけ
  • 茄子の豚巻き

すごいです。
そしてどれも最高に美味しかった!

140517_6

ここには八海山の蔵元さんがいました。
もちろん頂いたのは八海山の日本酒。

これがまた最高にお料理に合うのです(バンバン)。

くぅーーなどと唸っている暇はありません。
次のお店に移動です。

大井町テラス

大井町テラス

次は広い店内のカジュアルなお店でした。

大井町テラスソーセージ

頂いたお料理は、熊本産極太ソーセージ。

樽詰めスパークリングワイン「ポールスター」。
しまった、生ビールの方がよかったか…と思ったのですが、スッキリとしたワインは意外なほどソーセージに合いました。

ここには熊本の米焼酎の蔵元「大石」さんが待っていてくれました。
試飲させてもらったのは、特別限定酒「大石」。
樽で熟成させた焼酎は、上品な樽の香りがします。

これを炭酸で割っていただきました。
これがほんと美味しい!
まさに上品でコクのあるハイボール。

晩酌のハイボールも出来るものならこれにしたいものです。

大石の蔵元さんと蔵元さんありがとうございました。

大井町ウォークで6軒はしご!6時間耐久飲み会

131006_1.jpg131006_2.jpg

 昨夜はハイボールを飲みながらパソコンに向かい、iTunesで音楽を検索しては感動し、図書館にCDを4枚も予約し、寝たのは2時半だったようです。あやまり

 枕元のメモには
2:29 でも楽しかった。CDたくさん予約し…
 と書かれていました。
 予約したのは、井上陽水、チューリップ、さだまさし、チューリップだったようです。

 そして今朝は11時50分頃起床。
 夜更かし、朝寝坊、いけませんね。すまん

 少しだけ家事をして、Cさんと二人で品川区の大井町に行きました。ウォーキング回る少女
 今日は楽しみにしてる「大井町ウォーク」(別ウインドー)なのです。

 今回からは、なんと前売り3,200円で、大井町のお店5軒をまわることが出来ます。
 飲食店の他にも、銭湯や猫カフェなども入っていました。

 私達がまず行ったのは、当然大井町で一番好きなお店「大井更科」です。
 頂いたのは、板わさ、そば味噌焼き、そして超美味しいお蕎麦(写真なし)。

131006_3.jpg131006_4.jpg

 お店には蔵元さん(大石酒造)(別ウインドー)のご夫妻が来ていました。
 実は今回も蔵元さんに会うのがとても楽しみだったのです。
 
 今日も樽から実に美味しい焼酎を頂きました。
 これは炭酸で割るとまた実に美味しいのです。嬉しい〜

2軒目「あげあげ」(串揚げ、立ち飲み)

131006_5.jpg131006_6.jpg

 次に向かったのは、これまた大井町で美味しいお店「食彩 市」。
 しかし開店まで時間があったので、すぐ近くの串揚げの立ち飲み屋「あげあげ」に入りました。
 ここがまたよかった!
 立ち飲みでカウンターのみなのですが、メニューがどれも安い!エルモ

131006_7.jpg131006_8.jpg

 こんなに安くて、バルで割に合うのかと最初は思ったのですが、640円のチケットで出してもらえたお料理は超満足でした。
 生ビール、揚げだし茄子、キャベツ、串揚げ4本。
 ここは普段にも来たいと思いました。

 こういった出会いも、バルウォークの醍醐味ですね。

3軒目「食彩 市(和食)

131006_9.jpg131006_10.jpg

 そして開店と同時に入ったのが、これまた大好きなお店「食彩 市」です。
 ここのお料理はとても美味しい上に、見た目もきれいで、丁寧に作っていることがよくわかります。
 店主も気さくな方で、バルウォークや焼酎の試飲会でお料理を頂く度に、ちゃんとお店で食事をしようと思うのですが、いまだ実現していません。
(大井町に来ると、ついつい大井更科に行ってしまうのでしたすまん

4軒目「山田寿司」(寿司)

131006_11.jpg131006_14.jpg

 一度大井更科に戻り、蔵元さんやせんべろ仲間と合流。
 次に行ったのは「山田寿司」です。

 実は次のお店が満席だったので、すぐ隣のこのお店に入ったのですが、ちらし寿司がなかなか美味しかったです。

131006_12.jpg

 ご飯は控えようと思ったのですが、ネタと寿司飯を一緒に食べた方がぐっと美味しかったです(当たり前ですが)。

5軒目「魔法の粉」(和食薬膳)

131006_13.jpg131006_16.jpg

 そしてチケット最後の5軒目は「魔法の粉」。
 隣のテーブルには、他の飲み友達も着ていました(隣で笑っている女性)。

 まずはワインで乾杯。
 もうけっこう酔っぱらっています。千鳥足

131006_15.jpg

 頂いたのは、生姜焼きと赤ワイン。

6軒目「こんね」(九州居酒屋)

131006_17.jpg131006_18.jpg

 ここでさらに蔵元さんが加わり、ロスタイムのごとくもう一軒行ったようです。
 でもよく覚えていません。
 さつま揚げを食べたのは覚えていますが、ちゃんぽんも食べたようですね。

 以上4時から10時近くまで6時間耐久の楽しいウォーキングでした。バイバイ

大井どんたく夏祭り2013が楽しい!

130825_7.jpg130825_2.jpg

 朝から曇りがちで、東京の最高気温も29℃。
 日中はエアコンを切って窓を開けてみました。
 でも、昨年まではエアコンは基本的に夜だけだったですよね。
 日経リサーチの1000人へのアンケートによると、66%の人が昨年よりもエアコンの使用時間が長くなったそうです。
 わが家も先月は初めて電気代が7千円を超えてしまいました。ひえー
 もうちょっとエアコンをつける時間を減らせたらいいですね。

 2時過ぎに大井町で行われているお祭り(大井どんたく夏祭り)(別ウインドー)に行ってみました。
 メインストリートにはたくさんの屋台が並び、飲食店や焼酎の蔵元さんなど、知っている人もいて嬉しかったです。バイバイ
 Cさんはあの風貌がインパクトあるので、一発で顔を覚えてもらえるようです。

 まずは屋台で生ビール、ジンギスカン、シシカバブを購入。
 道路端に座り込んでそれらを頂きました。

130825_3.jpg130825_4.jpg

 うん、なかなか美味しいじゃないですか。ペロペロ
 気温も丁度良く、外で飲み食いほんとに気持ちよかったです。

 ステージも二つ設置され、大きなステージでは、世界各国の音楽や踊りが披露されていました。

 丁度私たちが行ったときにやっていたのはフォルクローレの3人組。
 縦笛のケーナ、小さな弦楽器のチャランゴ、そしてギター。
 ケーナの奏でる少しかすれた音が、どこか郷愁をさそい、とても良かったです。

 エスキモーやネイティブアメリカン、そしてアンデスのインディオも約2万5000年前にシベリアに進出したモンゴロイドが起源なのだそうです。
 フォルクローレの音が心の琴線に触れるのも、彼らとどこかつながるものがあるからなのかもしれません。

130825_5.jpg130825_6.jpg

 その後ステージでは、スイス、セルビア、ミャンマーの音楽や踊りが披露されました。

 我々はステージ前に陣取り、屋台に行っては食べ物やお酒を買ってきてすっかり寛いでしまいました。
 うーん、大井どんたく楽しいです。エルモバンザイ
 来て良かった。

 ステージの取りはEROTICAOという人気のラテン系のバンドだったのですが、その頃にはすっかり出来上がってしまい、ほとんど覚えていません。すまん

 9時にお祭りが終わり、家に帰ってから台所に二人で立って、明日の夜食べるスペアリブを作ったようです。
 私は包丁で指を切って血が吹き出たのは覚えています。
 夜中の3時に目覚めると、私はCさんのベッドの横のフローリングの上に転がっていました。アホや

電気代月500円で暮らす

 わが家の電気代が上がる中、東京都あきる野市に住む東さん家族は今でも月の電気代がわずか500円なのだそうです。

 4人家族は築六十年の古民家にすみ、エアコン、冷蔵庫、洗濯機、炊飯器などの家電製品はほとんどなく、昭和初期の生活を体現しているそうです。

 次から次へと「節電」のアイデアを出し実行に移していくお母さんのことがマンガになりました。

大井更級で飲み過ぎ(大井町)(日本蕎麦、和食)

121015_1.jpg121015_2.jpg

 やってまいりました月曜日。がっくり
 Cさんは今日は都内で午前中は健康診断。午後はスーパー銭湯でお風呂、散髪、生ビール。
 いいなー。
 しかし夜は合流して大井町の大好きなお店「大井更級」へ。ウォーキング
 
 今日もお料理は「おまかせ」。
 お酒は、「大井で焼酎スタンプラリー」という企画に乗って「富乃宝山」を頂きました。
 この企画は、大井町の加盟店で宝山の4合瓶を5本飲むと、1本おまけが付いてくるというものです。
 うれしいじゃないですか。元気元気!
 
 まずは焼酎と板わさ。
 うーん、そば屋っぽいですね。
 次は粒ウニ二種。

121015_3.jpg121015_4.jpg

 蕎麦の実のととろがけ。
 今は蕎麦の実のシーズンなのかな?
 プリプリのモツ煮込みはまさに焼酎にぴったり!ペロペロ

121015_5.jpg121015_6.jpg

 地鶏焼きも旨いね。
 そしてゴボウチップス。
 
 途中、せんべろのメンバーが一人でやってきて隣のテーブルに。
 うれしいですねー。
 焼酎のボトルが空いたので、今度は「吉兆宝山」を注文。
 ちなみに「富乃宝山」は黄麹、「吉兆宝山」は黒麹。

121015_7.jpg121015_8.jpg

 鴨団子のお鍋にもたくさんの蕎麦の実が入っていました。
 隣のセンベロ氏からは日本酒を勧められ、さらに店主からも美味しい焼酎を頂きます。お願い!
 うんうん、お酒もお料理も美味しい。
 
 そして最後はせいろ。
 ここのお蕎麦はほんとに旨いです。
 Cさんは炭水化物対策で「小」にしましたが、私は「普通サイズ」。
 
 この辺りからCさんのまぶたがだんだんと重くなってきます。
 「ここで寝るな!!」
 ということで、電車になんとか乗り込み、最寄りの駅からはタクシーで。

 布団を敷いてCさんを寝かしつけた後は、私もどうやら着替えだけして沈没してしまったようです。

大井町バルウォークで6件ハシゴ。トイレで迷い、バスの皆様に大迷惑<

121006_1.jpg121006_2.jpg

 今日は楽しみにしていた「大井町バルウォーク」。

 出陣の前に家事を済ませねばなりません。
 のんびりと競馬をしているCさんをしりめに掃除機を振り回し、時々パソコンに向かって副業をやり、タワシで台所を磨き、イモリの水を替え、予定の1時間30分ほど遅れて家事完了。エルモバンザイ

 途中、東京駅に寄ると、リニューアルしたばかりのドームの下に大量の人が立ち止まり、上を見上げて携帯などで写真を撮っていました。
 皆が携帯を持つ手を天に掲げる。
 異様な光景だなーと思いながら、同じように天井を仰いで写真を撮る私なのでした。

1)大井更科

121006_3.jpg121006_4.jpg

 大井町に着くと、駅前の本部でチケットを購入。
 3,200円で、なんと5軒の大井町の名店を渡り歩けるのです。
 一軒当たり600円ちょっと。エルモ
 すばらしい。素晴らしすぎます。
 
 まず行ったのは、もちろん大井更科。
 まずは「焼きそば味噌」で「焼酎(大石)」を頂きます。
 まだ風邪が治っていないし、朝から動いていたので、ここでやっとほっとしました。嬉しい〜
 そしてせいろ。
 ここのお蕎麦はとても美味しいです。
 (お料理もとても美味しいです。)
 大井町にとどまらず、私にとって最高に好きなお店なのです。
 
 [食べログ

2)肉のまえかわ

121006_5.jpg121006_6.jpg

 まだ時間が早く、多くの参加店が開いていなかったので、ここでバルウォーク以外のお店に行ってみました。
 向かったのは大井町の秘境「東小路」の先にある「肉のまえかわ」
 開けっ放しの店内で、かつては肉を売っていたかと思われるショーケースの中からつまみを選んでお酒を頂く、立ち飲みのお店です。
 
 頂いたのは、メンチカツと牛のたたき。お酒はウーロン割り。
 うん、味もまずまず。
 この風情はかなりやばいです。ハート
 
 我々以外はおじさん4〜5人。
 皆一人で来ており、誰も言葉を発しない沈黙が重苦しかったです。わぉ
 もうちょっと酔っ払ってからまた行きたいですね。
 
 [食べログ

3)Bistroあとりえ

121006_7.jpg121006_8.jpg

 まえかわを出て、東小路を少し進むと、今回のバルに参加しているビストロを発見。
 店内にお入って、あまりの狭さに驚かされました。
 今日は立ち飲みだったのですが、普段は6人がカウンターに座れるだけ。

121006_9.jpg121006_10.jpg

 しかし味はよかったです。
 頂いたのは、生ハムとレバーパテ。
 私は主にレバーパテを頂いたのですが、これが実に旨い。ペロペロ
 ちゃんと単品で買ったら1,200円以上はすると思いました。

 普段は3,500円のコース料理からあるそうです。
 ここは是非また行きたいと思いました。
 こういう出会いがあるのがバルウォークの魅力ですね。
 
 [食べログ

4)食彩「市」

121006_11.jpg121006_12.jpg

 ここも定番コース。
 店主の作る見事な和食を頂きました。
 
 店内には西酒造の方が来ていて、いろいろとお話も出来ました。
 Cさんはこの西酒造の方が大好き。
 「いい人だいい人だーー。」
 と何度も言っていました。

 西酒造はご存じ「宝山」の蔵元。
 蔵本さんと知り合い、ますますお酒が楽しくなりますね。
 
 [食べログ

本部、5)らんびき

121006_132.jpg121006_14.jpg

 ここで一度本部に戻りました。ウォーキングウォーキング
 本部のテント内にはいくつもの蔵本さんが来ていて、試飲が出来ます

 その横には歩道にテーブルが出され、そこにはたくさんの楽しそうな酔っ払いが。
 私たちもそこに交ざり、旧知の友のように盛り上がりました。エルモくるくる
 
 暑くも寒くもなく、外で飲むには最高の条件。
 いやー、楽しかったです。

 その後、居酒屋「らんびき」でおでんを頂きました。

 しかし今夜はこの後に君津に行く予定。
 だんだんとバスの時間が気になり出します。
 
 [食べログ

6)かねまん

121006_15.jpg121006_16.jpg

 そして最後に行ったのは、ちょっと離れたところにある「かねまん」。
 ここは私たち二人も大のお気に入りの老舗のふぐ、ウナギ料理店。
 前回のバルの時も最後に行きました。
 
 行くとやはり人気店だけあって満席。
 でも全然かまいません。
 おかみさんの計らいで、店の前の椅子で飲ませて頂きました。

121006_18.jpg121006_17.jpg

 もー、これが最高。嬉しい〜
 
 いつまでもいたかったのですが、君津に行かなくてはいけないので、電車で浜松町に移動しました。

トイレで迷い、バスの皆様に大迷惑

 浜松町のバスターミナルに着くと、丁度出発して道路に出てきた君津行きのバスを発見。
 手をちぎれんばかりに振ったところ、乗せてもらうことが出来ました。汗
 
 しかし、次の東京駅に向かう途中に尿意が…。
 このバスにはトイレが無い!

 まずい、やばいです。

 ここで○○○○しないと、君津までもたないことは確実です。
 もらしてもわからないか…。

 そしてバスは静かに東京駅八重洲口のバス停へ。
 ここでの停車時間は7分。
 お願いして下車し、八重洲地下街へ。
 トイレはすぐに見つかりました。
 しかし、ほっとして地下街に出たところ、出口が全くわからなくなってしまいました。おー
 焦ります。
 
 必死に走って、外に出ると、そこは日本橋口。
 全然違います。ひぇ
 
 まずい、出口が全然わからなくなりました。
 荷物は全部バスの中なので、1円もありません。
 その場にしゃがみこんでしくしく泣いても、みんな避けて通るだけでしょう。
 
 すくっと立ち上がり、意を決してまた走ります。
 ここだ!と思って地上に出ると、大通りを挟んだ遠くにあのバスがじわじわと動き出しているでは無いですか。
 
 そこからどうやって道を渡ったか覚えていないのですが、なんとかバスにたどりつき、乗り込むことが出来ました。

 車内に入ると、乗客の冷たい目が…。あやまり
 5分ほど遅らせてしまったようです。
 すみませんでした。すみませんでした。
 
 教訓:トイレの無いバスに乗るときは、かならずトイレに行きましょう。

来週末は大井町へ!

 私がいつも行っている大井町の焼酎イベントが今回から大幅にパワーアップします。
 なんと今回は土日の二日連続。エルモ

バルウォーク

 まず土曜日(6/30)は「バルウォーク」と銘打った「大井町食べ歩きイベント」。
 チケット(3枚綴り)(前売り1,900円、当日2,100円)を購入し、大井町の名店20軒をハシゴできるのです。ウォーキング
 1枚のチケットで参加店の『自慢の一皿』と『ワンドリンク』をいただけます。
 
 また、焼酎、泡盛、ワインなどの有名蔵元もお店で待機しているそうです。
 
 私はチケット追加しそうで怖い。

 また、ケーブルテレビ品川、6月18日〜7月1日放送分の「突撃!リサーチャーズ」で今回の大井町バル特集が組まれているそうです。

 詳細は[こちら

本格焼酎&泡盛

topimage.png

 そして日曜日はいつもの試飲会。
 今回はなんと焼酎と泡盛の蔵元が37も参加。エルモ泣き

 私もこの会で焼酎と泡盛の魅力に開眼しました。

 私の最大の悩みは土日の両方に行くかどうか。
 でも結局行っちゃうのかな…。
 
 詳細は[こちら

大井更科(大井町)(日本そば)

120613_1.jpg120613_3.jpg

 会社の仕事が終わると、すぐに大井町へ。ウォーキング
 今夜は「アメリカ人&日本人カップル」と三人で飲み会です。ハート
 
 飲み会の前に、駅前のヤマダ電機に行って新しいMacBookを見ようと思ったのですが、ありませんでした。
 うーん、残念。ばんばん
 その代わりというわけではないですが、空の青さが素晴らしかったです。
(MacBookは明日銀座でさわりに行く予定。楽しみ〜。エルモ泣き

 そして駅で待ち合わせてお店へ。
 今夜行ったのは、私の愛してやまない、大好きなお店「大井更科」です。
 
 蕎麦ビールで乾杯し、飲み会スタート。乾杯

120613_2.jpg120613_4.jpg

 今夜はおまかせでお料理はお願いしました。
 最初にいつも出て来るのは、蕎麦味噌焼き、ふき味噌など。
 新生姜も辛いけど、焼酎に合うのですよ、これが。
 
 初鰹は芽ネギ、大葉、みょうがなどのたっぷりの薬味と一緒に。

 「江戸っ子は女房を質に入れても初鰹を食べたいってもんだ」

 という説明を英語でするのがちょと大変でした。汗4

120613_5.jpg120613_6.jpg

 リチャード氏(毎回名前が違う)の日本語もだいぶうまくなってきました。
 私も最初は日本語で話していたのですが、お酒がまわってくると、下手な英語を使いたくなり、めちゃめちゃいい加減な英語で話しかけます。
 
 ここのお料理は美味しいです。
 ほんとに美味しいです。
 写真以外にもいろいろ出ましたが、今回はあえて撮っていません。
 是非皆様、お店に行って堪能して下さい。元気元気!
 
 ここはお酒もすごいです。
 今夜頂いた焼酎は、真鶴、萬膳、村尾の麦、マンボウの昼寝、泰明などなど。エルモ
 
 次は麻布十番の外人の集まるアイリッシュパブで飲み会しよう!と約束して別れました。
 
 楽しかったです。
 有り難うございます。

120613_7.jpg

 帰り道の橋の上で。
 ふと空を見上げると…。
 こんな瞬間が好きです。

夕方は一人で生ビール→大井更科(大井町)

110721_1.jpg 今日は午後から健康診断。
 採血、体重測定、視力検査、胃X線検査などなど。
 その間はずっとiPadを肩からぶら下げて、ツイッターやメールをしていました。

 自分でも変かなと思ったのですが、偶然にもツイッター仲間数人がやはり今日が健康診断で、診断中ずっとツイートしていました。
 ネットで知り合った人達。
 一度もあったことが無い人もたくさんいますが、不思議なほど共感出来る人が多いのがうれしいです。
 
 健康診断が終わったのが2時過ぎ。
 昨夜から何も食べていなかったので、もうお腹はぺこぺこです。
 午後は休みだし、おりしも今日は真夏のような陽気。
 
 実は健診中から頭の中は「生ビールに唐揚げ餃子」で決まっていました。
 それをどう具現化するかが勝負です。

昼間からバーミヤンでビール

健診施設を出て少し歩くと、バーミヤン(地下店)がありました。
 一度も入ったことはないのですが、一人で入るには良さそう。
 というわけで、お昼下がりのバーミヤンに一人で潜入。
 
 まずは生ビール、唐揚げ、餃子を注文。
 この注文する瞬間、自分が大人になったなと感じます。
 自分の描いた未来像を具現化するのは大人の特権なのかと。
 
 すぐにそれらがテーブルに並びます。
 唐揚げや餃子をつまみ、生ビールをごくり。
 うーん、なんという幸せ。
 
 そこにCさんからメールが。
 「6時に大井町に集合。大井更科行くよ」
 げげ、もう自分一人宴会始まっちゃったのに。
 でもこれはこれでやります。
 
 といわけで、それから約3時間、一人で生ビールを3杯お代わりし、iPadでツイッター、メール、ブログ原稿などをやりながら、実にのんびりと過ごしました。
 
 その間、周りのテーブルにはいろいろな人が出入りしました。
 若い女性、クチャラーの男性、優しそうな老夫婦。
 こんな午後も素敵だなと思いました。
 
 これだけくつろいで、お会計は2千円未満。
 Cさんがいなくなった後、一人の時間を過ごす一つの手段かなと思いました。

愛して止まない大井更科へ

110721_2.jpg110721_4.jpg
110721_3.jpg110721_5.jpg

 そして大井町へ!
 私が愛してやまない「大井更科」に行きました。
 お店に入るとCさんは既に焼酎を傾けながらお料理を頂いていました。
 
 今夜頂いたのは、じゅんさい、カツオ、チャーシュー、もつ鍋、そして締めのもりそば(ちょっと)。
 どれもすばらしい味です。
 Cさんに「バーミヤンと違いすぎる」と言うと「当たり前だ」とたしなめられました。

Translate »