Tag Archives: 焼酎

焼酎ルネッサンス(試飲会)2014 たくさんの出会いと発見がありました

140413_11.jpg

くまモンショーに引き続いて、いよいよ焼酎試飲会スタート。

会場はたくさんの人であふれていました。
この「焼酎ルネサンス」というのは、飲食店の経営者が多いようですが、大塚屋 blog別ウインドーあたりから申し込むと誰でも参加出来ると思います。

来年は是非ご一緒に!

36もの蔵元が出店

140413_map.gif

今日出店したのは、36もの蔵元。
もうより取り見取りで最初から目が回りそうです。クルクル
(最終的にも目が回りましたが)

大好きな「大和桜」発見!

140413_12.jpg140413_13.jpg

まずはぐるっと会場を見て回ります。
そこで見つけたのは、私が日常的に一番愛用している「大和桜」の蔵元ブース。

毎日のように飲んでいるお酒の蔵元さんと初めて会うことが出来て大感動でした。エルモ泣き
蔵元さんに駆け寄り

「いつも飲んでます!一番好きです!作らなくなったら暴れます」

と熱いメッセージを送り、一緒に写真を撮ってもらいました。

試飲会ではこうして作り手と知り合えるのも大きな楽しみですね。

140413_14.jpg

この蔵元では「大和桜」「よか晩」の缶バッチももらいました。
「よか晩」というのは、美味しい焼酎を飲んだりして、よい夜を過ごすという意味のようです。
(違っていたらすみません)

プレート持参

140413_15.jpg

今回もいつものように、立食用のプレートを持って行きました。
立食やお祭りなどでは、片手にお酒、片手にお料理を持つと食べる手がなくなってしまいます。ひえー

そこでこのプレートがすごく役立つのです。
これを持って会場内を回遊していると、何度も

「それはどこにあるのですか!」

と聞かれました。
ふふふ、持参したのですよ。

でもそこから会話が始まります。
「あれが美味しい」」
「それそれ!」
など、酒好き同士、初対面とは思えないほど気楽にいろいろな人と会話を楽しむことが出来ました。

さらに酒を求めて彷徨います

140413_16.jpg140413_17.jpg

会場内では、こんな風に、どこのブースでもお勧めの焼酎を頂くことが出来ます。

しかし、出て来るのはほとんどストレートで、さらにどれだけ飲んだか全然わかりません。
実に危険なのでした。汗3

鹿児島の離党「喜界島」から獲れたてのサトウキビもありました。
繊維を噛みしめるとじわっと滲み出てくる甘い汁がすごく美味しかったです。
これや黒糖と一緒に黒糖焼酎を飲むと最高なのですよ。

一番美味しかったのは…

140413_18.jpg140413_19.jpg

美味しい焼酎はいろいろありました。
その中でも気に入ったのは「京屋酒造」の「空と風と大地と」などでしょうか。
実に上品で芳醇でした。

「中々」や「百年の孤独」などで有名な「黒木本店」では、今だかつて味わったことがないほど美味しい焼酎がありました。

「秘蔵酒芋」「秘蔵酒麦」

一体どうやってこんな美味しいお酒を造るのでしょう。
驚きました。エルモ

是非買いたいと思ったら売っていないとのこと。
何で売っていないのを持ってくるのよ〜。ばんばん
罪な蔵元です。

売っているお酒で一番近いのは「百年の孤独」でしょうか。

そして終了、若者と路上で盛り上がる

3時間の試飲会が終わった頃は結構酔っぱらっていました。
でも周りのみんなはまだ元気そう。(リタイアした人もいるのかな)

帰り道、渋谷の公園通りを歩いていると、やはりこの試飲会に来ていた若い男性3人組と意気投合。
5人で気勢を上げて別れました。

楽しかったです。
また来年も行くぞ〜。

焼酎試飲会でくまモンに会ってきました→大喜び

140413_1.jpg

昼から渋谷のシダックスホールで行われた「焼酎ルネサンス」という焼酎の試飲会に行ってきました。
ここへの参加は5回目くらいでしょうか。
4年前の時は酔っぱらって転んで足首を骨折しました。アホや
(参照元:焼酎ルネサンス参加→また激しく足首をひねりました別ウインドー

今回は「くまモン」というスペシャルゲストが来ていました。
そのため最初の30分は飲食禁止。
早く飲みたい…と思っていたのですが、ショーが始まるとすごく楽しかったです。エルモ泣き

音楽と共にくまモンとお姉さん登場。
くまモンの動きがまた可愛いんです、これが。

ファンになってしまいました

140413_2.jpg

ゆるキャラにはあまり関心は無かったのですが、間近でみるととても親しみを感じました。
くまモンの後ろ姿も可愛い。ハート

140413_6.jpg140413_4.jpg

途中、ステージから降りてきて大接近。
握手も出来ました。

いい歳して大喜びでした。

利用制限はゆるく

140413_5.gif

くまモンがここまで成功したのは、その可愛らしさ、踊り、熊本県人の愛情もありますが、利用制限をぐっと緩くしたのも一因のようです。
個人で利用するには許可も必要ないのです。

でもきちんと規格は決まっているようです。

(参照元:申請書類 | くまモンオフィシャルサイト別ウインドー

さあ、くまモンの後は大お酒大会ですよ。(続く)

焼酎試飲会(大井町)

120701_1.jpg120701_2.jpg

 今日は昼からまたもや大井町で焼酎の試飲会。
 朝のうちに副業を済ませ、その後美容院に行ってから会場にかけつけました。ウォーキング
 
 カットはずっと節約のために千円カットでした。
 でも少し経済的に余裕が出てきたので、前回4月に久しぶりに美容院に行ったところ、やはり出来が良かったので、今回も行ってみました。回る少女
 
 焼酎試飲会の会場は大井町駅前のきゅりあんイベントホール。
 今回もたくさんの蔵元さんと酒好きが集まりました。
 
 持って行ったマイグラスの一つは、お気に入りのカッパ杯。
 しかしこれは氷が入らないことが判明。汗

120701_3.jpg120701_5.jpg

 おつまみもその場で購入出来ます。
 キビナゴ、サラダ、唐揚げ、薩摩揚げ、などなど。

 今回も美味しいお酒と出会いました。
 良かったのは

・海乃邦 12年古酒(実にまろやかでこくのある泡盛)
・奄美の匠(黒糖焼酎で、黒麹と白麹を絶妙にミックス)
・すもも酒

 あたりでしょうか。

120701_6.jpg120701_4.jpg

 蔵元で「旨い旨い!」と喜んでいたら、蔵本さんがうれしそうに「一本差し上げましょう」と新品を一本くれました。エルモ泣き
 こういった蔵元さんとのやりとりが試飲会の大きな楽しみです。
 
 その後抽選会でも1本頂き(全員に少なくとも1本の割当てがありました)、Cさんも蔵元から2〜3本もらってきました。エルモ

焼酎試飲会(渋谷)

120513_1.jpg120513_2.jpg

 よく晴れた清々しい日曜日。
 Cさんと二人で「焼酎ルネサンス」の焼酎試飲会に行ってきました。ウォーキング

 会場はなんとまた渋谷。わぉ
 もう渋谷には行きたくないといつも思いながら、今日も若者の人混みにもまれながら会場まで行ってきました。
 
 会場には、数十の蔵元のブースがならび、好きなだけ焼酎を試飲することができます。
 あまりにも行きたいブースが多くて頭の中は大混乱。
 しばらくその場でグルグル回っていました。回る少女
 
 なんとか気持ちが落ち着き、蔵元を一つずつ攻めてゆきます。

120513_3.jpg120513_4.jpg

 空きっ腹に焼酎はきついので、会場で用意されていたお料理も頂きました。
 唐揚げ、ポテサラ、煮込みの3点セットで1,000円。
 さらに、家で作ってきた卵焼きも頂きました。

120513_5.jpg120513_6.jpg

 会場では、蔵元さんとお話しするのも大きな楽しみです。
 Cさんの風貌(と嬉しそうに飲む姿)はあちこちの蔵元の方に覚えてもらっていました。
 わたしも、いつもの美人の女将さんとパチリ。ハート

120513_7.jpg120513_8.jpg

 美味しい焼酎がほんとに多かったのですが、あえて二つあげると、「確蔵」「太古一尊」でしょうか。
 どちらもとても美味しかったです。
 こうやって違いを確かめられるのも試飲会のいいところですね。
(だんだん何で美味しくなってくるのが難点ですが)。

 持ち時間は3時間。
 この間ずっと試飲してまわっていたのですが、最後の方はやはりかなり酔っぱらってしまいました。
 しかし周りの皆さんは全然ふらついたりしていません。
 すごいです、皆様。
 

東急ハンズで無駄遣い

120513_10.jpg 会が終わり、二人で東急ハンズへ。
 二人ともハンズは大好きなので、全フロアをなめるように徘徊しました。
 私は、酔っぱらった勢いで以前から欲しかった「グルグルサングラス」「ハッピーバード」を買ってしまいました。アホや
 Cさんも手品用のトランプ、カエルのハンカチや扇子を買ったようです。
 
 地元に戻り、近所の居酒屋へ。
 そこで手品をやってもらいました。
 タネも明かしてくれましたが、全然わからず。

 たぶん8時過ぎに家に帰ったと思うのですが、その後はすぐに寝込んでしまったようです。ぐったり
 
 こんな日曜日でした。

焼酎試飲会(大井町)→裏路地→ポルトガル料理→わが家

120219_1.jpg120219_2.jpg

 よく晴れた日曜日。踊り
 昼から大井町で開かれた焼酎の試飲会に行って来ました。
 
 今日出店していた蔵本は、藤居醸造、西酒造、朝日酒造、大石酒造、佐多宗二商店、といったそうそうたるラインナップ。
 お料理も大井町周辺の美味しい料理店がブースを出していました。回る少女

120219_3.jpg120219_4.jpg

 開催時間は12時半〜2時半。
 どの焼酎も美味しいかったですが、飲み放題なので、気をつけないと飲み過ぎてしまいます。
 出来るだけ薄めて休みながら飲むようにしました。

 しかし、会も後半になると、みんないい気分に。
 酔っ払いが大きな部屋に集う、この雰囲気が好きです。嬉しい〜
 
 今日、特に美味しかったのは「宝山 綾紫芋麹全量」、「大石 二十年秘酒」だったと思います。

大井町の裏路地へ

120219_5.jpg120219_6.jpg

 会が終わり、Cさん、Sちゃん、私の三人で「もうちょっと飲もう」ということで、大井町の裏路地に。
 日曜日の昼間でも空いていたモツ焼きやがあったので、そこに入ってホッピーで乾杯。

120219_7.jpg120219_8.jpg

  店内は5人座るとぎゅうぎゅう詰めになるほど狭く、炭火でモツを焼き出すと、店内は煙でもうもうに。
 でもこの雰囲気はとても好きです。

地元のポルトガル料理に自宅

120219_9.jpg120219_10.jpg

 さらに、3人で私の地元の街へ。
 ポルトガル料理で赤ワインを頂き、さらにわが家へ。
 そこでCさんのオムレツを食べながら焼酎を飲んだようですが、ここはもう覚えていません。クルクル
 写真のタイムスタンプによると、この時が8時半頃。

 まさに8時間耐久レースの世界でした。

品川の味と本格焼酎→二次会で飲み過ぎ

110710_1.jpg110710_2.jpg

 関東地方の梅雨も明け、良く晴れた猛烈に暑い一日でした。エルモ
 そんな中、品川区の大井町まで、焼酎の試飲会に行ってきました。
 
 最近ずっとCさんと一緒だったのですが、今日は久しぶりに一人。
 最初会場に入ったとき、知っている顔がいなくてちょっと寂しい気持ちになりました。
 
 しかし、やがて会場のひとつのテーブルを占拠している約10人のグループを発見!回る少女
 前回の2月20日の焼酎試飲会の時に知り合った(帰り道にCさん共々ナンパされた)人達です。
 すぐに向こうも私に気がついてくれ、その中に入りました。
 やはり仲間がいると格段に楽しくなります。

110710_3.jpg110710_4.jpg

 12時半に会が始まり、15分ほどスピーチなどがあって(待ちきれない〜)、そしてついに乾杯!
 そして各馬一斉にゲートからスタート。
 あちこちの焼酎蔵元のブースに散らばります。
 
 お料理も9つもの出店がありました。
 メンバーがみんなの分までたくさん買い込んできます。
 やはりみんな飲むのも好きなら食べるのも大好き。ペロペロ

ブログ読者のSちゃんと初対面

 そして、今日は私のブログの読者も女性も会場に来てくれているはずなのです。
 目印は私の背中の「エルモがぶら下がった茶色のリュック」。
 なかなか彼女が現れないので、会場をリュックを背負ってひらひらと腸のように歩き回っていました。回る少女
 
 そしてついにその彼女(Sちゃん)が登場!エルモクッキー
 会ってすぐに涙を流しながら喜んでくれました。
 私に会ってこんなに喜んでくれる人がいるなんて(T_T)
 ものすごく嬉しかったです。

 そしてSちゃんと一緒に、あちこちのブースで焼酎をテイスティングして回りました。
 Sちゃんも良く飲む飲むビール

110710_5.jpg110710_6.jpg

 どの蔵元もさすがに有名どころが多くて美味しいお酒ばかりだったのですが、メンバーに特に好評だったのは、藤居醸造の「泰明」でした。
 私もこのお酒で麦焼酎の概念が変わりました。
 とても香りが良く、刺身なども含めた様々な和食を始め、多くのお料理に合うと思います。
 
 今日はさらに夏限定の「ふんわり涼やか特蒸泰明」も飲んでみました。
 19度の軽めのすっきりとした麦焼酎で、ラベルの裏側に金魚が描かれ、実に涼しげでした。
 
 大石ブースでは、樽熟の米焼酎を炭酸で割る「ハイボール」をいただきました。
 これもよかった!
 ウイスキーもいいけど、こんな焼酎の飲み方もあるのですね。
 
 そして2時頃からは恒例の抽選大会。
 受付番号の末尾を抽選し、焼酎をおみやげに頂けます。
 私も大好きな泡盛「菊之露VIPゴールド」が当たり、大感激!エルモ
 すぐに蔵元のブースに行って報告してきました。
 蔵元さんは2006年のこの会でこの泡盛に感激してから私のことを覚えていてくれるのです。

ご厚意でメンバーのマンションで二次会

110710_7.jpg そして2時半に会は終了。
 実は今日はこれからHさんのコンサート、そして夜にはツイッターで知り合った女性との飲み会があります。
 しかしSちゃんちゃんとエレベーターで降りると、そこにはさっきまで一緒に飲んでいた10人グループが。
 きゅうきょ予定を変更し、そのグループの中のご夫妻の家の二次会に参加させていただくことになりました。
 
 ご夫妻のマンションは都心にあり、大きな窓からは見事な景色を楽しむことが出来ます。エルモ
 そのリビングの大きなテーブルでみんなで乾杯!乾杯
 
 メンバーのうち2人は同じマンションの住人。
 ご夫妻はマンション内でこうやって飲み仲間を増やしているのだそうです。
 世話好きで料理が上手なご婦人。
 そのご厚意に甘え、わたしもたっぷり夜まで楽しい時間を過ごしました。ビール
 
 そして帰宅したのが8時過ぎ。
 昨日の大量のゴミを二回エレベータを使って下まで下ろし、その後パソコンに向かったところで事尽き、9時頃には眠ってしまいました。

『品川の味と本格焼酎』7/10(日)大井町(品川区) 

110710_shochu_l.jpg この夏も、7/10(日)の午後に大好きな焼酎試飲会『品川の味と本格焼酎』が開催されます。
 会場はいつもの大井町駅前のきゅりあん7階イベントホール。
 広い会場に、30もの本格焼酎の蔵元のブースが並び、その全てで焼酎を試飲できます。ビール

2006年の模様

 私は実はかつて
「焼酎は蒸留しちゃうんだからそれほど味の差はないのではないか」
 と思っていました。

 ところが、このイベントに行って、初めて焼酎は実にいろいろな味わいがあり、奥が深いことを知りました。ハート
 そして、焼酎つながりで知り合いも増え、自分の世界がますます広がったと思います。

 お料理は別売ですが、2,500円で焼酎の世界をたっぷり堪能できると思います。
 お勧めです。

 私も当日は一人で参加していると思います。
 大きなエルモを背中にかついで酔っぱらっている人を見つけたら声をかけて下さいねー千鳥足

 [パンフレット(PDF)ダウンロード]


東日本大震災復興支援「チャリティー試飲会」(大井町)

110416_1.jpg110416_2.jpg

 日中は初夏を思わせる陽気でした。

 昼までは、たまっていたメールやRSSの処理、一週間分のテレビの録画セットなどをしました。
 あと3ヶ月でわが家のテレビは使えなくなる予定(ワンセグはありますが)。
 それまでにたくさん番組を録画しておこうと思っています。
 (ほんとにテレビなしでやってゆけるかは懐疑的ですが)
 
 夕方からは焼酎のチャリティー試飲会に行く予定なので、出発までに掃除や片付けを一生懸命りました。回る少女
 そんな中、Cさんはのんびりと競馬をやっています。
 
 ちょっとイラっと来たので、
 「水槽の掃除やイモリの水替えやって」
 と言ったところ、その後いそいそと台所で水槽の掃除をしていました。
 わ〜、うれしい。ぎゅっ

 家庭でも仕事でも「依頼する」のが私は苦手です。
 でも、言わないでストレスがたまったりイライラするのはもっと良くないことだと思います。
 言わないならば責任持って自分でやる。言うならきちんと言う。
 今日は言えてとても良かったです。
 Cさんありがとー。
 またお願いしますね。次は布団の上げ下ろしかな。その次は…。ふふふ。ハート
 
 そしていよいよ夕方、大井町のチャリティー焼酎試飲会へ!

 途中、京浜東北線に乗ると、電気が全部消えていてかなり暗いのに驚きました。エルモ
 冷房も効いていないのでとても暑く、周りの人に断って窓を開けました。
 
 風は気持ち良いのですが、思ったよりも外の音がうるさかったです。
 でも以前はこれが当たり前だったんですよね。
 車窓からの風に季節の匂いを感じたり、トンネルに入る前に窓を閉めたり(Cさんはほんとに高校生まで蒸気機関車だったそうです)。

広い会場には26の蔵元

 会場は大井町駅前のきゅりあん。
 広いホールには26の蔵元さんたちがテーブルの上に焼酎を並べて待っていました。
 いつもの試飲会と主催団体が違うので、蔵元の顔ぶれが全然違いました。
 これは新しい銘柄を見つけるチャンスです。
 
 今日一緒だったのは糖質制限仲間のビンスケさん(ブログ「不規則正しい糖質制限ライフ」)、お昼寝ねこさん(今日のブログ)。
 みんなマイグラス持参です。
 
 みんなで乾杯した後、早速焼酎を頂いていると、前回の試飲会でエールの交換をしたSちゃんが
 「モカさん見つけた!」
 と駆け寄ってきました。
 名刺の肩書きが「お酒大好き」のSちゃん。
 いい友達です。
 
 ここに集っているのは、皆お酒好きばかり。
 いつもながら試飲会はそんな安心感と一蓮托生のような一体感がいいですね。ビール

110416_3.jpg110416_4.jpg

 会費は1,000円なのですが、お料理は別なので、揚げ物や煮込みなどをみんなで買って頂きました。
 やはりお酒はお料理がないと引き立ちません。
 
 会場では、先日発売された業界初の「ノンアルコール焼酎」がありました。
 出したのは、あの「蔵の師魂」の小正醸造です。
 ほんのりと甘い香りがあり、休肝日にいいかなと思いました。

「業界初、甲類のノンアルコール焼酎ってのはどうですかね」
 と言ったところ、
「そりゃ水だ」
 とビンスケさんに突っ込んでいただけました。ガチャピン

110416_5.jpg110416_6.jpg

 色々飲んだ焼酎の中で今回一番美味しかったのは、岩川醸造「紅芋 邑」。
 めったに褒めないCさんも絶賛していました。
 あまりに二人で絶賛したので、一本くれました。
 すみません、そういうつもりじゃ…、そういうつもりだったかもしれません。
 
 どこで買えるのかと蔵本さんに聞いたところ、入手は難しいだろうとのこと。
 でもネットで調べたら少しまだ在庫がありました。[こちら
 
 お昼寝ねこさんはこういった試飲会は今回が初めてだったようですが、グラスを持って会場を蝶のように渡り歩き、お友達まで作ってとても楽しめたようです。
 ビンスケさんも昨夜の酒がまだ残っていると最初は無口だったのですが、お酒が回るほどに元気になっていきました。
 
 会のしめくくりは抽選によるプレゼント大会です。
 私たちも一升瓶1本、4合瓶3本をゲット。
 もちろん募金もしっかりしてきました。

二次会は大井町の小料理屋へ

110416_7.jpg110416_8.jpg
110416_9.jpg110416_10.jpg

 7時半に会が終わり、その後は4人で大井町の小料理屋へ。
 こういうお店はビンスケさんがよく知っています。
 すいすいと進むビンスケさんの後を追って、細いあやしい路地に入り、ちっちゃな小料理屋に入りました。

 押し込まれるように四人でカウンターに座り、またまた乾杯!
 
 ここでも焼酎と、いろいろとお料理を頂きました。
 どれも焼酎に合いますね〜。
 
 お昼寝ねこさんは、明るくて優しくて可愛くて、とっても素直。
 まだ会って間がないのですが、共通点も多く、ほんとの妹のような気がします。
 そしてビンスケさんも他人の気がしません。
 
 みんないろいろあって、今ここで出会ったという気がします。
 これからもずっと大切な友達でいてくださいね。
  
 お店の場所は多分この辺りだと思うのですが。違うかな…。


より大きな地図で 美味しいお店など を表示

焼酎試飲会

110220_1.jpg110220_2.jpg

 昼から、大井町まで焼酎の試飲会に行って来ました。
 今日は会場に大きなテーブルと椅子があり、立食がしんどい私としてはとても嬉しかったです。

 この試飲会は、お酒だけでなく、大井町の名店が屋台を出してくれるのも大きな楽しみ。
 今日もまずは屋台をまわり、あん肝ポン酢、大根の煮物、豆腐の煮物など、焼酎に合うおつまみを調達。
 そして蔵元のブースをまわってお酒をいただいて来ます。

110220_3.jpg110220_4.jpg

 今日の焼酎のテーマは「島焼酎」。
 蔵元の数は5つと今回は少なめだったのですが、初めて飲んだ焼酎でとても美味しいものがありました。

110220_5.jpg110220_6.jpg

 1つは八丈島の「情け嶋」。
 アルコールは25%なのですが、とってもすっきりとした飲みごこちで、しかも美味しいのです。
 どんなお料理にも合いそうで、ぐいぐい進んでいまいそうで怖かったです。

 次は屋久島の「屋久島 大自然林」。
 こちらも飲みやすいのですが、とても爽やかな森のような香がありました。
 しかしれっきとした芋焼酎なのです。
 夏場にキリッと冷やして水割りでいただいたらさぞかし美味しいだろうと思いました。

初めての焼酎仲間宅で二次会

 試飲会が終わったのが2時半。
 会場を後にしてCさんとヨタヨタと歩いていると、同じに試飲会にいた10人ほどのグループに声をかけられました。
 なんでも、そのうちの一人の家に今から行って二次会をするのだそうです。
 最初Cさんは丁重にお断りしたのですが、お誘いの言葉を聞いているとすごく楽しそうなので、私が「行こうう!」とお願いし、みんなにくっついて都心の高層マンションにおじゃましました。
 大きな窓からは素晴らしい景色が。
 すごーーい!
 
 大きなテーブルにみんなで座り、一人ずつ自己紹介をしていったのですが、その辺りから記憶が曖昧になってきます。
 メモ帳にみんなの名前を書いて、みんなと話をしたようなのですが、全然おぼえていません。
 
 そして多分Cさんにひきずられるようにおいとまし、東京駅地下の「はせがわ酒店」などで食材やお酒を買い込み、さらにわが家で三次会になる私たちなのでした。

焼酎ルネサンス参加→また激しく足首をひねりました

100418_1.jpg100418_2.jpg
100418_36.jpg100418_4.jpg

 気持ちの良い天気になった日曜日。
 昼から吉祥にに行き、年に1回の焼酎の大試飲会「焼酎ルネサンス」に参加してきました。

 会場は満員電車並の大根雑。
 みんなおちょこ片手に上機嫌です。
 酒好きそーな女性もたくさんいて、是非お友達になりたいと思いました。

 会場には35もの蔵本が軒を連ね、自慢の焼酎を飲ませてくれます。
 ども蔵本も魅力的なのですが、特に京屋酒造の奥様はとても上品で美人なのでお気に入りです。
 今日もブースに行くと、
「今年もお会いできて嬉しいです」
 と言ってもらえて私も嬉しかったです。
 記念撮影もパチリ。

 いつものことなのですが、今回もお盆を持って行きました。
 おちょこ、水のグラス、おつまみを乗せてもまだ片手が空くという素晴らしさ。
 是非次回は首から吊るタイプの画板のようなテーブルを持って行きたいと思いました。
 立食には必需品ですね。

 さて、肝心の焼酎ですが、私は香りの良いさらりとしてこくがある焼酎が大好き。
 今日のベストは

———————————————-
100418_5.jpg100418_6.jpg
100418_7.jpg100418_8.jpg

1)中俣「濁酒なかまた
2)中俣「頴娃紫芋仕込み なかまた
3)古澤醸造「ひとり歩き
4)小正酒造「蔵の師魂 いもいも

 中俣酒造は私の大のお気に入りの蔵本です。
 臭くて強い芋焼酎とは異なり、軽やかな香りで、まろやかでしかもこくがあるのです。

 1時かえ始まった試飲会は4時に終了。
 Cさんと二人でフラフラと近くの井の頭公園に行ってみました。

100418_10.jpg100418_11.jpg

 井の頭公園は素敵だとは聞いていたのですが、池の周りに木立の間で大道芸人がパーフォーマンスをしたり、家族連れが遊んでいたり、楽器を持ち込んで歌を歌っていたりと、聞きしに勝る楽しいところでした。

 三線、バイオリン、ギターといったメンバーで歌を歌っているグループが私はとても気に入ってしまい、中に入って歌でちょっと参加してしまいました。
 酔っぱらいだったので、今から考えるとちょっと恥ずかしいのですが。

100418_9.jpg100418_12.jpg

 ヨーヨーで世界選手権などで活躍しているらしい「ヒラクさん」も素晴らしいパーフォーマンスを見せてくれました。


 
 その後さらにお夕食のために北海道居酒屋に入ったのですが、すっかり飲み過ぎてしまい、フラフラに。嬉しい〜
 吉祥寺駅に向かう途中で、段差に気づかずに左足をひねって転んでしまいました。
 崩れ落ちるような激しい転び方で、立ち上がると『足首に激しい痛み』が…。
 半年前にもイタリアで左足を捻挫しているのですが、今回の方が明らかに痛みが激しいです。

 足をつくと激しく痛むので、びっこをひきながら一生懸命Cさんにくっついて家まで帰りました。千鳥足
 酔っぱらった頭でも、これはかなりまずいということがわかりました。

 明日は病院行きましょう。
 多分またギプスだと思います。

Translate »