2003年3月


いそべ福寿司

うなぎの唐揚げ

カツオ叩き

のれそれ

刺し盛り

白子と牡蛎

宴会
《3/1(土)夜》
いそべ福寿司(南砂)(寿司)★★+
 掲示板のオフ会で寿司屋に行きました。
 今日行ったのはメンバーのなじみのお店「いそべ福寿司」
 おまかせということで、何が出てくるのかわくわくものでした
1)のれそれ
 「のれそれ」とは「穴子の稚魚」のこと。高知の方言なのだそうです。半透明でややぬるっとしており、味は極めて淡泊。かすかな香りがします。歯ごたえとのど越しが実に気持ち良いのです。
2)うなぎの唐揚げ
 もともと脂っこいものを唐揚げにして…と思ったのですが、旨みがぎゅっと閉じこめられてとても美味しかったです。レモン汁をかけて、ビールがよく合います。
3)刺し盛り
4)カツオ叩き
5)白子と牡蛎
 ふんわりクリーミーな白子と旨みのたっぷり詰まった牡蛎が一緒のお汁に入っています。
◇東京都江東区東砂7-10-16 03-3640-9819

元禄寿司 お寿司 ランチ
《3/2(日)ランチ》
・平禄寿司(門前仲町)★★
 
ここの元録寿司はしばらく前にも来たのですが、今日食べてみてとても美味しくなっていることに驚きました。お店の人に聞いたところ、仕入れをきちんとやるようにしたのだそうです。(今まではしていなかったのね…)
 回転寿司も過当競争になり、美味しくないところはやってゆけなくなってしまったのでしょうねー。 
和民 ほっけ 宴会
《3/3(月)夜》
・和民(秋葉原)
 おなじみ、月曜日の夜、バンド練習の後の和民です。
 練習が終わってから行くのでお店に着くのは11時近く。大急ぎで食べて飲んで電車に飛び乗って帰りました。
しまホッケの干物 生揚げの薄味煮、マカロニサラダ 夕食
《3/4(火)夕食》
・自宅にて★+
1)しまホッケの干物
 昨日の和民にも見られますが、今夜もホッケでした。脂が乗っていて美味しかったです。
2)生揚げの薄味煮
 たけのこ、人参、油抜きした厚揚げをダシ+砂糖+酒+醤油で煮ます。ざく切りにした青菜を加えて出来上がり。白ゴマをかけて頂きます。
3)マカロニサラダ
若鶏の竜田揚げ弁当 サラダ、ザーサイ 夕食
《3/5(水)夕食》
・若鶏の竜田揚げ弁当(オリジン弁当)★+
 今夜は手抜きでお弁当にしました。若鶏の竜田揚げ弁当はオリジン弁当3月の新メニュー。390円というお値段が嬉しいです。
 これだけだと淋しいので、サラダを作って、ザーサイも添えて頂きました。
梅しそチキン いかと里芋の煮物など 夕食
《3/6(木)夕食》
・自宅にて
1)梅しそチキン
2)いかと里芋の煮物
3)五目白あえ
4)お吸い物
 全部温めるだけの手抜きメニューでした。
マヌエル

アサリのピリ辛トマトソース

バカリャウと根菜、卵の炒め物

パタマール・レゼルヴァ・ドウロ

タコのサラダ

大正エビのガーリックソテー

イワシの炭火焼き

ポルトガル風チャーハン

夕食
《3/7(金)夕食》
マヌエル(松濤)(ポルトガル料理)★★★
 
都内でも珍しいポルトガル料理の専門店です。渋谷の東急本店から松濤の高級住宅地方面に歩いたところにひっそりとあります。
 黄色い外壁のこじんまりとしたお店は、とっても家庭的で、週末ということもあり、お客さんでいっぱいでした。
 今日頂いたのは
1)タコのサラダ(700円)
 活きのいいタコと野菜をさっぱりとしたオリーブオイルベースのドレッシングで頂きます。パクチーが香りを添えていました。
2)アサリのピリ辛トマトソース(1400円)
 ポルトガルでは海産物をトマトソース仕立てでスープや煮込み料理にするものが少なくないようです。これもその一つ。ピリ辛と言ってもそれほど辛くはなく、これもパクチーの香りが効いていました。
3)大正エビのガーリックソテー(1800円)
 プリプリの大正エビをたっぷりのニンニクと一緒にオリーブオイルでソテーしてあります。エビの旨みがよく引きだされていて、白ワインととても合いました。
4)バカリャウと根菜、卵の炒め物(1500円)
 バカリャウというのは干した鱈のことで、ポルトガルでは家庭料理になくてはならない食材だということです。
 私は初めて食べたのですが、一口食べてビックリ。これは美味しいです。裂きイカなど、干した魚介類に独特の濃縮された旨みがとてもよく効いており、白ワインがどんどん進みました。もしかしたら日本酒とも合うかもしれません。
 ポルトガル料理は日本人に合うということを痛感したお料理です。
5)イワシの炭火焼き(900円)
 これも出て来てビックリ。これにご飯とおみそ汁がついたら、完全に日本の定食屋さん。ますますポルトガル料理に親しみを感じました。
 これはポルトガルの赤ワイン(パタマール・レゼルヴァ・ドウロ 1999年)と一緒に頂いたのですが、意外にも赤ワインに合いました。
6)ポルトガル風チャーハン(1100円)
 実はこれをオーダーしたころのことはよくおぼえていません。あまりにもお料理がおいしかったのでどんどんワインを飲んでしまい、かなり記憶があいまいになっています。
 というわけで、とても満足の一夜でした。ポルトガル料理は日本人にもっと広まってもらいたい料理だと思いました。
◇東京都渋谷区松濤1-25-6

鼓太郎
刺身
地鶏鍋
卵焼き
サラダ
地鶏鍋

夕食
《3/8()夕食》
・鼓太郎(門前仲町)(鶏料理)★★★+
 門前仲町ではちょっと有名な鶏料理のお店です。
 今日は「地鶏鍋コース(3600円)」を頂きました。
1)卵焼き
 ふっくら、しっとりとした舌触りで、口の中に入れると旨みと香りが口いっぱいに広がります。
2)刺身
 鯛、サーモンと鶏刺し(たたき)の盛り合わせですが、どれもとても新鮮で歯ごたえもしっかりとしており美味しかったです。
3)サラダ
 新鮮な野菜とタラバガニをあっさりとした塩味のドレッシングで頂きます。
4)地鶏鍋
 地鶏は鳥取の大山で育ったものだそうです。ダシ、醤油、砂糖、みりんを小さめの鉄鍋の中で煮立て、その中に鶏肉と葱を入れて煮ます。やや濃い口の味付けかと思ったのですが、思いの外さっぱりとしていて、地鶏の歯ごたえもしっかりとしており、噛むと美味しさがほとばしりました。
5)稲庭うどん
6)アイスクリーム
 最初は何か追加しようかと思っていたのですが、このコースで十分お腹一杯になりました。お手ごろな価格で満足できるお店だと思いました。
◇東京都江東区門前仲町1-15-5 03-3820-3969

豚肉生姜焼きとサラダ なめこのおみそ汁、ザーサイ 夕食
《3/9()夕食》
・自宅にて
 朝から体調が悪かったため一日家の中にこもっていました。
 お夕食もありあわせの材料で。
1)豚肉生姜焼きとサラダ
2)なめこのおみそ汁
3)ザーサイ
てんや えびづくし丼 夕食
《3/10(月)夕食》
・てんや(門前仲町)(天丼)
 インターネットでてんやの割引券が手に入ったため、会社の帰りに寄ってみました。
 今日は新しいメニューの「えびづくし丼」(640円)というのを頂いてみました。小エビ6こにカボチャといんげんが乗っています。
 エビ好きの私としてはなかなか満足でした。
 しかし天丼はちょっと胃にもたれます。
照焼き豆腐ハンバーグ かぶのそぼろ煮 夕食
《3/11(火)夕食》
・自宅にて★+
1)照焼き豆腐ハンバーグ
 既製品の豆腐ハンバーグを焼き、照焼きソースをからめます。とってもヘルシー。カボチャとピーマン、もやし炒めを添えて
2)かぶのそぼろ煮
 ダシ、砂糖、塩、醤油を煮立て、鶏挽肉とおろし生姜を入れます。かぶ、しめじ、絹さやを入れて煮、水溶き片栗粉でとろみをつけて出来上がり。
 ほっとする家庭の味です。
 ところで引っ越して我が家をバリ風にしています。
節約弁当   ランチ
《3/12(水)ランチ》
・会社にて
 今日も節約弁当の画像です。
 今日は豚肉生姜焼き定食。ニンニクと一緒に、生姜焼きのタレで香ばしく焼きました。サラダにはアスパラバス、もやしのおひたしを入れて…。
 週末に備えます。
ふんわり卵のあんかけ 餃子、中華スープ 夕食
《3/13(木)夕食》
・自宅にて
1)ふんわり卵のあんかけ
 玉葱、人参、わけぎ、水で戻した干し椎茸、カニかまぼこを炒め、塩コショウします。溶き卵を加えてフライパンでふんわりと焼き上げ、ダシ+砂糖+酢+醤油+片栗粉で作ったあんをかけます。
 これだけでも十分メインのおかずになるほどボリュームもあり、栄養満点です。
2)餃子
3)中華スープ
ma
地鶏の唐揚げ山椒塩
大根、水菜のサラダ
鯛と鮪のお造り
勘八の照焼き
蟹天ぷらのり巻き
夕食
《3/14(金)夕食》
・ma(麻布十番)(和食割烹)★★★
 今思えば今日はホワイトデー。そんなこともすっかり忘れて、今夜は女友達と麻布十番に昨年オープンしたmaに行ってきました。maは「間」のことで、時間空間を意味するのだそうです。
 店構えはちょっと前衛的なのですが、一歩店内に入ると和のテイストの効いたとても落ち着いた雰囲気でした。まずお店に入ると、蚊取り線香の匂いがして、とてもホッとした気持ちにさせてくれました。なかなか心憎い演出ですね。
 一階はバーで、地下がカウンターとテーブル席のおしゃれな割烹になっています。暗めの照明に、麻ののれんでテーブルを仕切り、ポッとテーブルだけが明るくなっていました。
 今日頂いたのは一番お安い3,800円のコース。
1)ぜんまいの絹田巻き、胡麻酢風味
 かつらむきにした大根でぜんまいを巻いてあります。絹(白い色)の反物のようなのでこの様に呼ぶのだそうです。大根がシャキシャキしていて、とても美味しかったです(写真なし)
2)竹の子のゼリー寄せ 菜の花合わせ物(写真なし)
 ダシの効いたゼリーの中に5ミリ四方の竹の子がたくさん入っています。ゼリーの旨みと竹の子の歯ごたえを同時に楽しめます。
3)鯛と鮪のお造り
4)勘八の照焼き/地鶏の唐揚げ山椒塩
 どちらもこのお店の得意料理のようで、ランチでも出て来ます。
 勘八はとてもしっとりと脂が乗っており、口の中で旨みが広がりました。唐揚げも身が締まっていて余分な脂身もなく、すっきりと頂けました。
5)大根、水菜のサラダ
6)蟹天ぷらのり巻き
 蟹の天ぷらを巻きずしにしてありました。これはいまいち。
7)デザート(アイスクリーム)

 生ビール二杯、日本酒一合、焼酎お湯割り一杯を飲んで合計7500円ほどでした。とてもくつろげるお店だと思います。6時半から11時までいてしまいました。

簡単シチュー 粗びきハンバーグ 夕食
《3/15()夕食》
・自宅にて★★
 今日は体調が悪く、一日家でダウンしていました。そこで、以前お料理教室で習った簡単シチューを作ってみました。
 フライパンにオリーブオイル、バター、ニンニクを熱し、小麦粉をまぶした鶏肉を焼きます。カボチャ、マッシュルーム、シメジを加えてさっと炒め、白ワインを入れて10分煮込みます。さらに生クリームを入れて10分煮込んで出来上がり。簡単ながらワインの香り爽やかな美味しいシチューの出来上がりです。
 右は粗びきハンバーグです。
ホームパーティー
鯛のカルパッチョ サラダ添え
イカとセロリのジェノヴェソース
カプレーゼ
水菜のサラダ
鴨のマスタードソース

夕食
《3/16()夕食》
・自宅にて★★★
 お休みの今日は、自宅に友達を招いてホームパーティーをしました。近くのスーパーで食材を買い込み、わいわいやりながらお料理を作るのはとても楽しいものです。作ったのは
1)カプレーゼ
 イタリアンの定番アピタイザーです。モッツァレラチーズ、トマト、バジルを並べ、オリーブオイルをたっぷりかけて頂きます。冷して頂けば白ワインにぴったり。
2)鯛のカルパッチョ サラダ添え
 鯛を薄くスライスし、粒マスタードとオリーブオイルで作ったソースをかけ、やはりオリーブオイルとレモン汁で味付けしたフレッシュな野菜をたっぷりと乗せます。レモンの酸味がとてもすがすがしい爽やかな一品です。
3)水菜のサラダ
4)イカとセロリのジェノヴェソース
 アカイカ、セロリ、玉葱をジェノベソースやオリーブオイルであえます。アカイカは大変粘り気があり、このお料理にぴったり。イカの甘味と玉葱の辛み、セロリとジェノヴェソースの香りがあいまって、実に複雑で美味しいお料理になります。
5)鴨のマスタードソース
 とても楽しい一夜を過ごしました。
 

お弁当   夕食
《3/17(月)夕食》
・会社にて
 月曜日は会社の後にバンドの練習があるため、いつもは外食するのですが、今日は家計もきびしいので、昨夜の残りをお弁当にしました。
1)シチュー→一昨日参照
2)水菜のサラダ→昨日参照
 しかしこれでやっと今月の家計簿が黒字になりました。
とろあじのごまみりん焼き 野菜の彩り煮、しらすとわかめの酢の物 夕食
《3/18(火)夕食》
・自宅にて
1)とろあじのごまみりん焼き
2)野菜の彩り煮
3)しらすとわかめの酢の物
鶏肉とブロッコリーの黒胡椒炒め 豆腐とニラのスープ、小エビのサラダ 夕食
《3/19(水)夕食》
・自宅にて★+
1)鶏肉とブロッコリーの黒胡椒炒め
 鶏肉と野菜(玉葱、人参)を炒め、山賊焼きのタレ(醤油ベースに黒胡椒などの香辛料を効かせたピリッと辛いタレ)で味付けします。さらに茹でたブロッコリーといり卵を加えて出来上がり。ご飯が進みます。
2)小エビのサラダ
 茹でたキャベツ、塩もみしたキュウリ、茹でた小エビをマヨネーズベースのソースであえます。酸味が爽やかなすっきしサラダです。
3)豆腐とニラのスープ
豚の角煮と卯の花ひじき   夕食
《3/20(木)夕食》
・自宅にて
 体調が悪かったので、豚の角煮と卯の花ひじきをちょっとつまんだだけでした。
トマトのプロヴァンス風
骨付き鶏を春キャベツのボッリート
ファルファーレ 海老とブロッコリーのクリームソース
苺のロマノフ風
ランチ
《3/21(金祝)ランチ》
・お料理教室(西所沢)★★★
1)トマトのプロヴァンス風
 イタリアでも庶民的なレストランなどでお肉料理の付け合わせに出てくるお料理だということです。
 スライスしたトマトにパン粉、ニンニク、アンチョビ、ハーブを乗せてオーブンで焼きます。
 熱を加えることにより甘味が増し、サクサク感の中にアンチョビの旨みが隠された美味しい前菜になりました。
2)ファルファーレ 海老とブロッコリーのクリームソース
 生クリームベースのパスタソースなのですが、海老の旨みが実によく効いていて、美味しかったです。
3)骨付き鶏を春キャベツのボッリート
 ボッリートは色の着いていないスープで煮込んだお料理で、ポトフのような、イタリアのおでんのようなものだということです。
 鶏肉、お野菜をスープで煮込み、粒マスタードで頂きます。さっぱりとした家庭的なお料理です。
4)苺のロマノフ風
 苺を砂糖を加えたポートワインにつけ込み、アマレットと混ぜたヴァニラアイスクリームと一緒に盛りつけます。アイスはアマレットと合わせることによって非常に風味豊かな高級アイスに変身し、苺もポートワインの香りでとても味わい深いものになっていました。簡単ですが、とても素晴らしいデザートになりました。
かつおの叩き   夕食
《3/22()夕食》
・自宅にて
 今日は体調が悪く、食欲もなかったため、なんとか「かつおの叩き」を頂きました。
 
京樽にぎり寿司 いくらアップ 夕食
《3/23()夕食》
・自宅にて
 今日も体調が悪く一日床にふせっていました。
 なんとか近くの京樽まで行き、買ってきたのがこのにぎり寿司。
 880円でした。
ホイコーロー弁当 オリジン弁当 夕食
《3/24(月)夕食》
・オリジン弁当
 今日も体調が悪く、這うように駅から家に帰る途中でオリジン弁当で「ホイコーロー弁当(550円)」を買ってきました。
 今日は春のような陽気で、お店の外に置かれたベンチ(赤丸)に座って春風に吹かれながらでき上がりを待っていると、束の間の安らいだ気持ちになれました。
レバニラ炒め 野菜コロッケ&子持ちシシャモフライ、小松菜と油揚げの煮浸し 夕食
《3/25(火)夕食》
・自宅にて
 薬が効いてきたか、夕方より食欲復活。もうこうなったら栄養つけちゃいます。というわけで今日は
1)レバニラ炒め
2)野菜コロッケ&子持ちシシャモフライ
3)小松菜と油揚げの煮浸し
 でした。また食欲の権化復活か!? せっかく6キロ体重が減ったのに、またすぐこれも復活の予感が…。
カキフライ弁当   ランチ
《3/26(水)ランチ》
・ユーマート(麻布十番)★+
 地下鉄麻布十番駅4番出口をでてすぐ、麻布十番商店街の入口という一等地にあるお弁当屋さんです。ランチと言えども高級なお店が多い中、庶民の強い味方になっています。ランチ時にはいつもたくさんの人で混みあっています。
 今日買ったのは「カキフライ弁当(550円)」。お弁当が冷えても意外なほどカキフライが美味しかったのが印象的でした。
 ご飯もおいしいものを使っていました。
肉豆腐、小松菜と油揚げの煮浸し ささみのはさみ炭火焼き 夕食
《3/27(木)夕食》
・自宅にて
1)肉豆腐
 豚ばら肉のコッテリ感、椎茸の旨みがよく豆腐に染みていました。
2)ささみのはさみ炭火焼き
 ささみがしっとりと焼けておりました。
3)小松菜と油揚げの煮浸し
ロースカツ定食 ライブの模様

夕食
《3/28(金)夕食》
・かつ田(江古田)(豚カツ)★+
 今日は月に一度の江古田でのライブの日。いつものように江古田駅前の「かつ田」でお夕食を食べてからライブに臨みました。今日は食欲回復祝いとして、「ロースカツ定食(650円)」に「おしんこ(60円)」を付けての大サービス。
 やっぱり腹が減ってはライブは出来ませんねー。

ホームパーティー おかず 夕食
《3/29(土)夕食》
・次期社長宅(高輪)★+
 今日はこの春から社長になるSさん宅でのホームパーティーでした。Sさん宅は高輪にある素敵なテラスハウスで、車はbmw。Sさんはほんとに素敵な男性で、まだお年も30代半ば。今日は彼の手料理にワインで皆おおいに楽しみました。
 左の写真で流しに向かっている後ろ姿の男性がSさんです。(*^.^*)
焼肉 工場写真 夕食
《3/30(日)夕食》
・自宅にて
 日中は蘇我(千葉)の川崎製鉄の工場に写真を撮りに行き、帰宅も遅くなったため、簡単にお肉を焼いて頂きました。
 工場写真は以前から憧れていたのですが、今日は偉大なる先達に恵まれ、とても良い一日になりました。
華珍楼 海老チャーハン 夕食
《3/31(月)夕食》
・華珍楼(麻布十番)(中国料理)★★
 今日は人事大移動に伴うシステムの入れ替え作業のため、年に一度の残業の日でした。
 夜は会社の同僚と一緒に華珍楼にお夕食を食べに行きました。今日頂いたのは「海老チャーハン(1000円)。プリプリの海老が美味しかったです。生ビールもくいくいと入り、その後の仕事はとてもはかどりました。
Translate »