2004年1月


貧相なお皿
お刺し身
鯛のカルパッチョ
お重、ダシ巻きなど
角煮など
お雑煮
夕食
《1/1()夕食》
◇冬休み六日目
・知人宅にて★★★
 モカの腹の2004年は華々しい幕開けになりました! ご覧下さい左の写真を!
 しかしこの中で自宅の写真は左上の貧相なお皿のみ。それ以外は、夜から遊びに行った知人宅で頂いたものです。

 知人宅で頂いたおせちは、本格的でした。お重の中には黒豆、数の子、肉厚の椎茸のお煮しめ、蓮根の酢の物、かまぼこ等々。海老を練り入れた出し巻きはふんわりと滑らかに仕上がり、旨みが口の中に広がりました。お刺し身も私だけのために用意してくれたもので、日本酒を頂きながら全部一人で頂きました。恐縮この上ないです。鯛(すずき?)のカルパッチョもハーブがきいていてとても爽やかで美味しく、そして、仕上げに頂いたお雑煮もダシがとてもきいていてコクのある逸品でした。

 6時前におじゃまし、10時過ぎまでのんびりさせていただきました。お陰様で最高の元旦になりました。
 有り難うございました。

 しかし、比べるほどに私のおせちが貧相なのが際立ちますねー。これじゃ嫁には行けませんな。

唐揚げ弁当 海藻サラダ 夕食
《1/2(金)夕食》
◇冬休み七日目
・会社にて
 今日は哀愁の休日出勤でした。
 会社に光ファイバーが入ったので、ルーターやネットワークの設定を、皆が出勤していない休日にしなければいけないのです。とほほ。
 「オラ行きたくねー」などとブツブツ言いながら昼頃出かけ、誰もいない会社でフロアを移動しながら一人もんもんと仕事をし続けること8時間。終わったのは9時過ぎになってしまいました。心身ともにヘトヘト。

 お夕食もその合間をぬってのコンビニ弁当でした。
 でもこういう生活を毎日しながら頑張っている人は少なくないのでしょう。私もたまには頑張らなくちゃね(^.^;)

葱や平吉
牡蛎のウニ焼き
つくね
生麩と米茄子の揚げ出し
鶏もも肉と野菜、豆腐
鍋

夕食
《1/3()夕食》
◇冬休み八日目
・葱や平吉(木場)(お総菜懐石)★★+
 女友達と一緒に行きました。彼女とは、ほぼ一ヶ月毎に会い、どんなことでも気兼ねなく話しが出来る数少ない貴重な親友です。

 今日は深川ギャザリアの中にある「お総菜感覚で頂ける懐石料理」がキャッチフレーズのお店に行きました。古民家を思わせるシックな作りで、お店の外側には縁側が作られ、碁盤などが置かれています。

 頂いたのは
1)生麩と米茄子の揚げ出し
2)牡蛎のウニ焼き(750円)
 ウニはかくし味程度にしか感じられませんでしたが、牡蛎の旨みが凝縮されていて美味しかったです。
3)鶏鍋(1500円)
 鶏もも肉とつくねを、たっぷりの葱、白菜、豆腐と一緒に頂きます。鶏肉がなかなか味も歯ごたえも香りも良く、良い鶏を使っているようでした。
 また、「ネギ油」という独特のタレで頂くのですが、これが実に鶏とマッチしてました。ネギ油は、ネギ+すりごま+おろし生姜に良く熱したサラダ油をかけ、醤油と煮きり酒を加えて作るということです。

 最後にうどんを頂いたのですが、鶏鍋のボリュームがたっぷりだったので、かなりお腹一杯になりました。

>>
昨夜は遅くまで会社で一人でネットワークの設定をしていたため、夜ベッドに入っても寝つけず、さらに一晩中ルーターやハブをいじっている悪夢を見続けました。あぁ、休んだ気がしない。

いな葉 牡蛎ミックスフライセット 夕食
《1/4()夕食》
◇冬休み八日目
・いな葉(とんかつ)★+
 ついに冬休みも今日でおしまい。朝起きる時間を出勤に合わせてだんだんと早くしてゆこうと思っていたのですが、実際にはだんだんと遅くなり、今日起きたのは12時過ぎ。明日の朝が恐怖です。
 夜はマンションの女友達と一緒に近くの豚カツ屋に行きました。
 頂いたのは「牡蛎ミックスフライセット」(1380円)に生ビール(500円)。
 あぁ、こうして長いようであっという間に冬休みは終わり、また日常へ…。
ミスターガーリック
ハヤシライス
コロッケ
豚カツの切れ端

ランチ
《1/5(月)ランチ》
・ミスターガーリック(麻布十番)(洋食)★★★+
 今日は仕事始め。眠いです。
 お昼は大好きなミスターガーリックに行きました。
 おやじさんが一人で切り盛りするお店なのですが、私たちが行ったときには出前のカツサンドを作り終わってお店を開いたばかりで、
「ちょっと待ってくれる? これでも食べて」
 と言って、豚カツの切れ端を出してくれました。これがまた美味しかったです。

 今日はいつもはないはずの「ハヤシライス」がメニューにありました。
「いやー、作るときに間違えてデミグラ入れちゃってさー。ハヤシになっちゃったよ」
 と言って出してくれたハヤシライスは、コクがあって香りも良く、トロリと旨みが口の中一杯に広がる最高の逸品でした。
「また作ってよ」
 とお願いしても
「そんな、年に何回も間違えないよー」
 との答え。希有のハヤシライスを頂くことが出来たようです。
 一緒に頂いたいつものコロッケも絶品でした。

 いつ来ても大満足のお店です。麻布十番にある洋食店の中でもここは一番のお薦めだと私は思っています。

鶏唐揚げ定食 オリジン弁当

ランチ
《1/6(火)ランチ》
・olive(東麻布)(喫茶)★+
 鶏唐揚げ定食(800円)。カリッとしているのですがお肉の比率が低く、また塩味が効きすぎていたようです。
 物静かなマスターが一人でやっているのですが、いつ来てもゆっくりとした時間が流れているようで、ほっと出来るお店です。
 ステレオセットの横に置いてあったカセットテープのタイトルは「山下達郎」「misia」そして「落語全集」でした。

夕食
《1/6(火)夕食》

・オリジン弁当を自宅で
 夜は超手抜きでオリジン弁当です。これだけ詰めて480円! 安いのに美味しい。それに栄養のバランスも良さそう。
 ますます自分で作るのが遠のいてゆく私なのでした。

 今から映画を見に行きまーす。

あか羽
大量の竜田揚げを乗せた丼ブリ
根本から見た東京タワー
たつた揚げ御膳
閉店中の嘉兵衛さん
満月と東京タワー

ランチ
《1/7(水)ランチ》
・あか羽(東麻布)(鷹匠料理)★★+
 お昼に、掲示板でsistereさんが薦めてくれた鶏料理の「嘉兵衛」に行ってみようと自転車を走らせたのですが、残念ながら嘉兵衛は閉まっており、仕方なく(と言っては申し訳ないのですが)、隣のお店に入りました。
 このお店は鴨を使った鷹匠料理の名店で、アド街っく天国の「麻布台」特集でも13位に入ったそうです。夜のお料理で出てくる鴨は主に日本海側の野生の鴨を鉄砲で撃ってしとめたものを使うということでした。
 お店の中には火縄銃や数々の射撃大会の栄冠に輝くトロフィーや賞状が飾られていました。

 今日頂いたのはランチメニューの「たつた揚げ御膳」(1400円)。こちらは熊本の地鶏を使った竜田揚げで、衣はサクッと軽い歯ごたえで、中の鶏肉は実にジューシーで、とても美味しかったです。私は竜田揚げというと油っこくてあまり良いイメージを持っていなかったのですが、見事に払拭されました。
 丼ブリはご飯になかなかたどりつけないほどの大量の竜田揚げが乗っていました。
 帰りがけにお店の人に聞いてみたところ、隣の嘉兵衛さんはお店の人が体調をくずして閉店中とのことでした。残念。

 このお店は東京タワーのほとんど真下にあり、帰りがけに久しぶりに東京タワーの根元に行ってみました。東京タワーなんて来るのは一体何十年ぶり?
 夜には東京タワーと満月が並び、とても見事な眺めでした。
◇東京都港区東麻布1-1-13 03-3585-3534

長州鶏もろみ味噌焼き タコと胡瓜の酢の物、里芋の煮物

夕食
《1/7(水)夕食》
・自宅にて★+
 うーん、自宅でお料理を作るのはとっても久しぶりのような気がします。
 今日作ったのは
1)長州鶏もろみ味噌焼き
 レトルトです。サラダ菜と白髭(になっていない?)ネギを乗せるのがせめてもの救いか。
2)里芋の煮物
 ダシ+塩+味醂+醤油に人参と里芋(冷凍)を加えて煮ます。ほうれん草のざく切りとカニかまぼこを加えて、最後に片栗粉でとろみを付けます。
 ダシを煮干しでしっかりととったためか、とても濃厚で美味しいお総菜になりました。
3)タコと胡瓜の酢の物

やむやむ
おこげ
五目おこげセット
レクリエーション会議
夕食
《1/8(木)夕食》
・やむやむ(新宿)(胡麻厨房)★+
 会社が終わってから新宿で音楽サークルの「レクリエーション会議」なるものが新宿でありました。今年一年間のイベント(新年会、合宿など)について取り決めを行うというもので、まあ、いい歳して学生のようで楽しいものです。
 7時半の待ち合わせだったので、5分前には行ったのですが、8時近くになってもなかなか集まらず、しびれを切らして集まった5人だけで先にお店に入ってお食事を始めてしまいました。

 頂いたのは「五目おこげセット」(1280円)。おこげ、鶏と紋甲イカ炒め、卵スープにデザートがついています。
 お味は、まあまあでしょうか。
 結局全員が集まって、本格的に会議が始まったのは9時15分頃。私は風邪気味だったので9時30分には失礼してしまいました。ははは(^_^)?

台南担仔麺
富貴耳
海老入り水ギョウザ
台湾豆苗炒め
威酢蝦
生春巻き

夕食
《1/9(金)夕食》
・台南担仔麺(水道橋)(台湾小皿料理)★★+
 5年前に辞めた前の会社の上司から急にメールが入り、今夜は妻子ある男性との不倫デートでした。きゃー!!
 昨日からめっきり冷え込んでいたのですが、今日は頑張ってブーツの下に毛糸のレッグウォーマーをしてブーツを履き、スカートで出勤しました。わくわく。

1)実は今でも君のことが…
2)年収1200万円出すから、また会社に戻らないか…

 のどちらを言われるかと思ってドキドキして行ったのですが、待てど暮せど全く気配はなく、台湾小皿料理をばくばく食べてビールを飲みながら、楽しく時間は過ぎてゆきました。
 彼と一緒にまだ黎明期だった会社のパソコン環境を一生懸命作ったのは、かれこれ10年以上前。短い間の劇的な情報通信技術の進歩を喜んだり、今では少し忘れかけてしまっていた、大学時代に抱いていた共通の夢などを語り合い、とても楽しい時間を過ごしました。
 何年経っても同じように信頼感を持ち続けられるひとがいるというのは、本当に幸せなことだと思いました。

 頂いたのは
1)台湾豆苗炒め(800円)
2)富貴耳(400円)
 豚耳を蒸したものです。こりこりとした食感がたまりません。
3)威酢蝦(1200円)
 やや大きめの蝦をカリッっと揚げたもの。丸ごと頂けます。
4)海老入り水ギョウザ(600円)
5)生春巻き
 などなど。楽しかった〜ん。
◇ 東京都千代田区西神田2-1-13 十勝ビル2f 03-3263-4530

キッチンジロー
ブラジル料理店
マラバリスト
カキフライセット
盛り上がるメンバー
はい、ポーズ
夕食
《1/10()夕食》
・キッチンジロー(大塚)(洋食)★★
 音楽サークルの練習の後に皆で行きました。揚げ物などが中心の定食屋です。
 今日頂いたのは「カキフライセット」(850円)。思いの外衣もさっくりとしていて、中のカキも良い味でした。やはり旬の味覚はいいものです。

 皆で夕食を頂いた後は、近くのブラジル料理店に移動して、新年会でおおいに盛り上がりました。
 店内はメンバーや、一部一般のお客さんですし詰め状態。巻き込まれてしまった一般のお客さんがとても可哀想でした。

世界飯店
広東風焼き鴨
大根と腸詰めの蒸し物
鶏肉とカシューナッツの炒め物
看板
自家製餃子
空心菜
トナム塩レモンジュース

夕食
《1/11()夕食》
・世界飯店(大塚)(広東料理)★★
 お料理教室の女友達三人で、大塚の割烹に行く予定だったのですが、いざお店に行ってみると、予約してあったはずのお店にはシャッターが……。
 北風の強い、とても寒い夜でした。

 気を取り直して、メンバーの一人の行きつけの広東料理店へ。
 お店の名前は「世界飯店」。四色に塗り分けられたゴージャスな看板と「中国四千年の味と技」という文字と料理人が丸焼きの鶏の首根っこをつかんだ写真の看板が、本格中国料理を予感させます。

 お店には5時過ぎに入ったのですが、いつの間にか店内はお客さんで一杯になり、知らない言葉が飛び交う様子はまさに「世界飯店」。ここの店主はベトナム生まれの広東籍の中国人ということで、お店のスタッフはもちろん、お客さんも中国やミャンマーの人などが多いということでした。

 頂いたのは
1)広東風焼き鴨(1600円)
 骨付き鴨の揚げ焼きローストです。骨の周りの脂の乗ったお肉がとても深い味わいでした。
2)自家製餃子(500円)
 ぱんぱんに具の入った餃子で、上品ながらもしっかりとした旨みを出していました。
3)大根と腸詰めの蒸し物(800円)
4)空心菜(980円)
 シャキシャキとした歯ごたえの空心菜を、干しエビの旨みを活かした炒め物にしてあります。まったりとした味が後を引く逸品でした。
5)鶏肉とカシューナッツの炒め物(900円)
6)ベトナム塩レモンジュース(250円)
 レモンジュースに塩味とミントを効かせ、さらに甘くしたような、なんとも不思議な飲み物でした。もしかしたら飲んでいるうちに病みつきになるのかもしれません。ベトナムではポピュラーな飲料なのかとお店の人に聞こうかと思ったのですが、日本語があまり通じなかったので諦めました。

◇豊島区北大塚2-14-8日米ビル 03-3576-1757 無休

>>
余談
 今日昨日と1円の話題が新聞に載っていました。
 今日は野外のコンセントからラジカセや携帯電話の充電のために1円分の電気を盗んだとして2人が摘発されたという話。
 そして昨日は、平成12〜14年製造の1円玉に500円の値がついているという話。製造枚数が非常に少ないのだそうです。

 早速家に帰って、我が家にあった1円玉289枚を調べたところ、平成13年が1枚だけありました。
 そう言えば、以前、1円玉1000枚と千円札1枚を奪った銀行強盗がいましたっけ。

グリル万世 あら挽ステーキ200g 夕食
《1/12(月祝)夕食》
・グリル万世(秋葉原)(お肉)★★+
 秋葉原の万世橋のたもとに天高くそびえる肉の殿堂「万世ビル」(笑う牛が目印)の二階にあるステーキのお店です。
 今日はバンドのミーティングで行きました。

 頂いたのは「あら挽ステーキ200g」(1380円)。「和牛のあら挽き肉と切りだし肉をギュっと閉じこめた新しい万世の味」がキャッチフレーズです。
 お肉は味わいも豊かで、しっとりとしていながらも脂っこくなく、とても美味しくいただけました。

萬力屋
チキンカツ弁当
もやしたっぷりラーメン ランチ
《1/13(火)ランチ》
・萬力屋(麻布十番)(ラーメン)★★
 麻布十番に新しく出来たラーメン屋に行こうと思ったのですが、「鞄屋の横」を「靴屋の横」と勘違いし、どうしても見つからず、あきらめていつものラーメン屋に入りました。
 ここは紅虎などで有名な際コーポレーションのお店なのですが、ややこってりとしていながらも決してくどくなく、ダシがしっかりと効いたスープがとても美味しく、なかなか気に入っています。ただ、ニンニクをたくさん使っているので、午後の予定には要注意です。
 今日頂いたのは「もやしたっぷりラーメン」(720円)。

 夜は会社の研修のため、自分のデスクでほか弁(チキンカツ弁当)でした。420円(税込)にもかかわらず、チキンカツはサクサクととても心地よく揚がっており、コンビニ弁当には真似できない美味しさを出していました。

カキフライ めかぶ、のっぺい汁 夕食
《1/14(水)夕食》
・自宅にて★★+
 水曜日は自炊の日。今日作ったのは

1)カキフライ
 広島産の今が旬のカキを使ったフライです。揚げたてを熱いうちに頂けば美味しさが口の中いっぱいに広がります。
2)のっぺい汁
 のっぺい汁は里芋を主体とした、とろみがついた具だくさんの汁。今日も、里芋の他に人参、ごぼう、大根、お揚げを煮て、醤油+みりんで味付けしました。体がとても暖まる寒い夜にはぴったりのお汁です。
3)めかぶ

 でした。とても美味しかったのですが、毎週水曜日の自炊もだんだんときつくなってきてしまいました。
 寝る時間は1時半頃が多いのですが、今朝はついに今の会社に入って5年目にして初めて寝坊して15分遅刻してしまいました。
 うーん、いかん。
 なんとかしないと、ますます嫁に行けなくなる〜。

魚 oh 貝
鰺丼セット
店頭のメニュー
鰺丼アップ

ランチ
《1/15(木)ランチ》
・魚 oh 貝(麻布十番)(魚料理)★★
 夜はいろいろな種類のお魚料理を頂ける魚専門店です。
 しばらく前からランチを始めたのですが、お魚たっぷりで値段も手頃なことから、来るたびにお客さんの数は増え、今日も店内は満員でした。

 ここのおすすめは「鰺丼セット」(800円税込)。丼ブリ飯に、鰺のたたき、海苔、胡麻、ウズラの卵がのっており、鰺丼専用のタレをかけていただきます。これにサラダ、卵焼き、漬け物、おみそ汁、白玉あんこがついています。
 これで800円はお手ごろでしょう。

さくら
サーモンのカルパッチョ
サーモンステーキセット
さくら御膳
鶏の唐揚げ
サーモンアップ

ランチ
《1/16(金)ランチ》
・さくら(麻布十番)(和食)★★+
 お昼間から豪華なお魚料理を頂ける私のお気に入りのお店です。
 今日頂いたのは「さくら御膳」(980円)。
1)サーモンのカルパッチョ、2)鯖の塩焼き、3)鶏の唐揚げ
 の三種類から二種類を選べます。私が選んだのは1)と3)。
 サーモンのカルパッチョは、しっとしとした肉厚のサーモンにオリーブオイル、レモン汁がたっぷりとかかり、ケッパーが乗っていました。脂の乗ったサーモンをさっぱりと爽やかに頂くことが出来ました。寿司ネタのようにご飯ともよく合いました。
 鶏の唐揚げには珍しくマヨネーズが添えられており、唐揚げにはマヨネーズ派のマイノリティーの私としては「うーん、違いがわかるお店だ」などと、とても嬉しかったです。

 夜は門前仲町で鈴木弘美さんのミニコンサートを聞きに行きました。月に一度の開催なのですが、今夜は寒かったせいかお客さんは私以外に一人しかおらず、テーブルを囲んでの和んだ雰囲気でのコンサートになりました。弘美さんがギターと歌、私がパンデイロという太鼓を叩き、とても楽しい時間を過ごすことが出来ました。

 帰りがけに、いつもの「M」に寄りました。今日はメニューに乗っていない特別メニュー「サーモンステーキセット」(1000円)をお母さんが作ってくれました。こちらも脂がのっており、実にしっとりと焼き上がり、旨みを十分に堪能できました。

>>
余談
 今朝もひと際寒い朝でした。東京の朝の気温は2℃。
 いつものようにコーデュロイのパンツの下に毛糸のレッグウォーマーを仕込み「寒い寒い」などとブツブツ言いながら駅に向かって歩いていると、ミニスカートに薄いストッキング、そしてサンダル姿の女性が歩いているではないですか。な、なんでこの寒い朝に…。
 私など、先日の「不発不倫デート」の様に「たま」にスカートを履く時も110デニールのタイツを履き、毛糸のレッグウォーマーを履き、さらにロングブーツという重装備なのですが。
 皆様はいかがなのでしょうか? 何か秘けつがあったら教えて下さい。

ポロロッカ
チーズ トゥード バーガー
牛の挽肉入りキベ
キャッサバポテトフライ
サラダの盛り合わせ
ミニコンサート風景
カラブレッサ
コッシンニャ
チキンハートのガーリック焼き
ラザニア
スペアリブ
ミニコンサート風景

夕食
《1/17()夕食》
・ポロロッカ(西船橋)(ブラジル料理)★★★
 夕方から小雪が舞う、寒い一日でした。
 夜はブラジル音楽仲間で千葉は西船橋にあるブラジル料理店に集まり、食事をしながら楽器の演奏や歌で楽しいひとときを過ごしました。

 頂いたのは

1)カラブレッサ(スモークソーセージ)(600円)
2)チーズ トゥード バーガー(800円)
 ラテン語でtudoとは「全て」を意味しており、チーズ、ハム、ベーコン、レタス、トマトが入ったハンバーガーです。隣の携帯電話が小さく見えるほど巨大でした。お肉とパンが実においしいため、そんじゅそこいらのハンバーガーとは比べ物にならないほど美味しかったです。
3)コッシンニャ(250円)
 マッシュポテトの中にチキンが入った、ブラジル定番のコロッケです。
4)牛の挽肉入りキベ(250円)
 大麦、牛挽肉、オニオンガーリック、ミントとレモンをよく練った、アラビア料理。さっくりとした歯ごたえとともに、牛肉の旨みとミントの爽やかな香りが広がりました。
5)チキンハートのガーリック焼き(800円)
 鶏ハツにガーリック、ライムで味付けして鉄板で焼いてあります。
6)キャッサバポテトフライ(600円)
7)ラザニア
 チーズたっぷりなのですが、決して重くなく、とても美味しかったです。
8)サラダの盛り合わせ(980円)
 オリーブ、パルミット(椰子の新芽)、ビーツ(赤かぶ)などの盛り合わせです。パルミットはタケノコよりも柔らかく、独特の香りがあるのですが、一度食べると病みつきになります。
9)スペアリブ
 これは最高でした。まず出て来たときにその大きさにビックリ。骨から肉をこそげ落として頂くのですが、中まで実にジューシーに焼き上がり、スパイスが肉の旨みを最高に引きだしていました。

 演奏の方も、プロのミュージシャンも参加してくれて、お客さんを巻き込んでとても楽しく行うことが出来ました。
 西船橋にポロロッカあり。ブラジル料理と西船橋をとても見直した夜になりました。お店の人もとっても親切でした。

◇千葉県船橋市山野町65-1 0474-32-3664

らんぷ亭
ミーティング
粗びきハンバーグセット
ダンス
夕食
《1/18()夕食》
・らんぷ亭(田町)(牛丼)
 音楽サークルの練習が夜からあったため、その前に牛丼屋で晩ごはんをかきこみました。
 先日のアメリカ牛肉bseの影響でこの牛丼屋でも魚定食など、今まででは考えられないようなメニューも見られました。
 しかし今日はあえて「粗びきハンバーグセット」(550円税込)というのを頂いてみました。しかし残念ながら粗びきの感じはなく、また牛肉の味も香りもあまりせず、レトルトのハンバーグの様な感じでした。ハンバーグでは松屋に軍配が上がりそうです。

 練習の前にはサークルの運営人16人で近くの喫茶店でミーティングを行い、今後の運営計画などを話しあいました。会社の会議よりよっぽど真剣です。
 またその後の練習ではダンスもやってみました。私はダンス(に限らず運動全般)は大の苦手なのですが、やっているうちに自分でも驚くほど楽しくなり、汗をかきながら鏡の前でタコのように体をばたばたと動かしてしまいました。
 一年分の運動をした感じです。明日の体が恐い。

 らんぷ亭が夕方の5時半だったため、夜中の12時頃に倒れそうなくらいお腹が空いてしまいました。「いかん、ここで食ったらいかん…」などと一人つぶやきながら、インスタントラーメン(サッポロ一番)の袋を震える手で開き、夜中に食べてしまいました。
 これがまた美味しいのなんの。2万円のフレンチもいいけど、80円のラーメンもこたえられませんな。

華珍楼
酢豚
コーンスープ、ザーサイ
吊るされる大根
ランチ
《1/19(月)ランチ》
・華珍楼(麻布十番)(中国料理)★★+
 本格上海料理をお手ごろな価格で頂ける私の定番レストランです。
 なかなか美味しいためか、最近はいつ行っても店内は満員になってしまいました。
 今日は倒れそうなくらいお腹が空いていたので、10時半頃から酢豚のことで頭が一杯になり、お店に入ると迷わず酢豚セット(950円)を注文しました。
 野菜は大きめ、お肉は小さめだったのですが、これが逆だったらもっとよかったのになーと思いました。

 夜はいつもの「M」へ。そこで出された沢庵がとても美味しく、お母さんに作り方をきいたところ、自分でも出来そうだったため、早速大根を購入。今、ベランダで寒空の下にブラブラとつるされています。
 さあ、ちゃんんと沢庵になるかなー?

ペッパーランチ 目玉焼ハンバーグセット

夕食
《1/20(火)夕食》
・ペッパーランチ(秋葉原)(ステーキ)★★+
 今日は秋葉原でバンドの練習。
 練習も12/9以来なら、ペッパーも12/9以来です。その間に起きたアメリカbse騒ぎで一体我がペッパーはどうなっているかと、ちょっと心配しながら行ってみました。
 しかし心配をよそに、お店はいつものように満員。私も相変わらずの「目玉焼ハンバーグセット」(750円)で、「牛肉挽肉+鶏卵」という今一番ホットな素材でいってみました。
 でもやはりbseの影響は少なくないようで、メニューにも「チキン照焼き」「豚生姜焼き」という新顔が入っていました。ところでペッパーの牛肉はどこ産なのでしょうか?

>>
余談
 ローン控除と医療費控除を受けるために確定申告をするのですが、その書類を国税庁のHPのフォームから作ってみました。
 必要事項を記入すると、自動的にpdfファイルの形で書類が作成され、それを印刷して提出するだけで申請が出来ます。
 これはかなり便利でした。面倒な計算が一切必要なく、記入欄を探す必要もなければ、もちろん書類を取りに行ったり送ってもらったりする必要もありません。
 最後に印刷しなければいけないのが今一歩なのですが、お役所としては台進歩だと思いました。
 あとは郵便局の手続きがインターネットで出来れば言うことないのですが。

八宝菜 カレー風味ナムル、揚げシュウマイ&春巻き

夕食
《1/21(水)夕食》
・自宅にて★★
 水曜日は自炊の日。
 会社から帰ってきてから料理を作るのは正直言ってしんどいのですが、会社の仕事が大変なほど、ストレスの解消にはお料理は良いようです。
 会社では一日中パソコンに向かってシステムやHP作りをしているので(家でもあまり変わらない?)、台所に立って包丁で野菜を切ったりしていると、脳みその全く他の部分を使っているようでほっとした気持ちになります。

 今日作ったのは
1)八宝菜
 八種類の宝物というだけあって、いろいろなものが入っています。
 今日入れたのは、白菜、タマネギ、人参、ほうれん草、豚肉、シーフードミックス(エビ、イカ、アサリ)です(丁度八種類)。豚肉とシーフードミックスは予め醤油+酒で味付けして炒めて取りだしておきます※。次に野菜を炒め、秘伝「うま煮ソース」を入れて※を戻して出来上がり。
 安直ではありますが、素材が良かったたため歯ごたえや旨みもしっかりしており、なかなか美味しかったです。
2)揚げシュウマイ&春巻き
 揚げるだけの出来合のものです。
3)カレー風味ナムル
 ナムルというのは韓国風お浸しのことのようです。もやしとピーマンをお浸しにし(今日は手抜きで電子レンジでやりました)、砂糖+醤油+ごま油+おろしニンニク+カレー粉であえます。
 カレー粉が入ることにより、とってもインド風なナムルになりました。

>>
余談
 先日購入したhdd/dvdレコーダーで、せっせと昔のビデオテープをdvdにしています。保管場所の節約と長期保管のために始めたのですが、昔のビデオというのは実に面白いものですね。古いものは18年くらい前のものからあるのですが、好きだった歌手の歌を聴くと、その時の気持ちまでよみがえってきます。
 今ではすっかり使わなくなってしまったカセットテープも、今ではかえって宝物です。中には小学校低学年頃に録音したものもあり、テレビの前に張り付き、お目当ての歌手が登場すると、横で食事をしている家族に
「録音するから黙って!!」
 と念を押してから録音ボタンを押していたのを思い出します。でも、途中で絶対に誰かしゃべってしまうんですよね。その度に怒っていましたが、今ではかえってそんな雑音が貴重になりました。

景福苑
焼肉アップ
焼肉ランチ
だれでもトイレ
ランチ
《1/22(木)ランチ》
・景福苑(麻布十番)(焼肉)★★+
 今日も午前中からお腹が減って仕方がなかったので、がっちり焼肉を食べに行きました。
 行ったのは私のお気に入りの「景福苑」。しかしお店に入ってみてビックリ。いつもは混みあっている店内は私たちだけでした。ここにもbseの余波が…。
 お店のスタッフからはエプロンやご飯のお替わりなども勧められ、いつにないサービスに逆に深刻な状況を感じてしまいました。
 頂いたのは「焼肉ランチ」(1000円)。焼肉はいつも通り美味しかったです。ここのお肉はしっかりと味があって、柔らかくもしっかりとした噛みごたえがあるのがいいですね。

>>
余談
 社長から、タイムカードなしの自由出勤を提案されました。勤務時間も決まってなければ休むのも自由の完全自己管理です。
 良くわからないまま承諾してしまったのですが、見えない鎖で縛りつけられてしまうようで不安です。
 どうなることやら。

北街洞
生牡蛎
生ウニとバターコーンの陶板焼き
個室
タラバガニとほうれん草のサラダ特製蟹味噌ドレッシング
北街洞風寄せ鍋

夕食
《1/23(金)夕食》
・北街洞(麻布十番)★★★
 北海道の素材を活かした創作料理のお店です。今日は魚づくしで堪能いたしました。
 お店は全体にややアジアンテイストの落ち着いた雰囲気。大型モニターの下がるカウンター席、広いテーブル席、そして個室があります。今日は二人で行ったのですが、4人用の広い個室を用意していただきました。有り難うございます。

 頂いたのは
1)生牡蛎(500円/個)
2)タラバガニとほうれん草のサラダ特製蟹味噌ドレッシング(1500円)
 ほうれん草、ブロッコリー、レタス、トマトなどをふんだんに使ったサラダです。野菜がとても新鮮で美味しく、蟹味噌を加えた和風のドレッシングが実によく合っていました。特にほうれん草が生であるにもかかわらずしっかりと味がして美味しかったです。
3)生ウニとバターコーンの陶板焼き(1500円)
 たっぷりのウニ、コーン、シシトウを熱してゆくと、下に隠れたバターが溶け出し、垂涎の香りを立ち昇らせます。軽く火が通ったら全体をかき混ぜ、ウニをまんべんなく混ぜ込んで頂きます。味は言うまでもありません。
4)北街洞風寄せ鍋(2500円)
 北海の幸をシンプルな昆布ダシで頂きます。

 二人で行ったのですが、お腹一杯になりました。うー、満足。

◇東京都港区麻布十番2-19-4シルバープラザ2階 03-5445-4454
 1800-500(平日)1800-000(日祝)

オステリア ラ・ベリータ
ウニのクリームスパゲティー
和牛サーロインのグリル
漬け込まれた状態
三陸生牡蛎
手長エビ(スカンピー)のグリル レモン添え
八等分にされた大根
やかんを乗せて…

夕食
《1/24()夕食》
・オステリア ラ・ベリータ(駒込)(イタリアン)★★★+
 お手ごろな価格でとっても美味しいイタリアンを頂ける、私の大のお気に入りのお店です。今夜は会社の可愛い可愛い後輩と一緒に行きました。
 お店に行ったのは一年半ぶりだったのですが、店内でサービスをしてくれるお母さんはしっかりと私のことをおぼえていて下さり、さらに
「少しお痩せになって、ますますきれいになりましたね」
 と嬉しいことを言って下さいました。うひひ。

 頂いたのは
1)三陸生牡蛎(250円/個)
 ここの牡蛎はいつも本当に美味しいです。本当の旬は年末までということなのですが、頂くと口の中に磯の香りと旨みがほとばしり、まだまだ十分に美味しかったです。
2)ウニのクリームスパゲティー(1600円)
 このお店に来たら絶対に注文してもらいたい一品です。
 絶妙な茹で加減のスパゲティーに、たっぷりのウニを使ったソースがからめてあります。濃厚なウニの旨みが、あなたを必ずや幸せな気持ちにさせてくれるでしょう。
3)手長エビ(スカンピー)のグリル レモン添え(1600円/2本)
 エビのグルリの具合が絶妙で、表面はカリッと焼けているのですが、エビの身はプリップリでした。白ワインとぴったり。
4)和牛サーロインのグリル(1800円)
 お肉は柔らかく、食感はしっとりとしていて、決して脂っこくなく味がとても濃厚なのが印象的でした。

 白ワイン500mlと赤ワイン250mlのデカンタを注文して、二人で10500円(税込)。この満足でこの値段は安いと思いました。

 先日よりベランダに吊り下げていた大根がだいぶしなびてきたので、八等分にして「酢+砂糖+塩+醤油」で漬け込んでみました。漬け込み液のあんばいがわからないのでどうなることやら…。

くろさわ
ざるうどん
cavern club
whising
おでん
京風煮込みうどん
おつまみとワイン
沢庵

夕食
《1/25()夕食》
くろさわ(麻布十番)(うどん)★★★
 こちらの掲示板でお知り合いになったMさんと一緒に、六本木のライブに行ってきました。
 その前にまずは腹ごしらえ。以前にもランチで入ったことがある、麻布十番の一番六本木寄りに位置する、うどんの「くろさわ」に入りました。
 店内は木をふんだんに使った、おもわずほっとくつろいでしまう雰囲気。さすが名映画監督の息子さんがプロデュースしているだけあります。
 まずはおでん(玉子、こんにゃく、つぶ貝)と熱燗を頂き、その後に私は「ざるうどん」(500円)を、Mさんは「京風煮込みうどん」(1100円)を頂きました。
 おでんは、具によって別の鍋、又は同じ鍋でも最後は別々に味付けするということでした。味付けはどれも薄味でダシがとても美味しく、さすが良いおうどんを出すお店だと思いました。
 うどんも、ざるでも煮込んでも腰があり、つるつるとした食感としっかりとしたうどんの味と香りを感じられました。

 次に行ったのは六本木の「cavern
club
」。
 ここはビートルズのコピーバンドの演奏を聴くことが出来るライブハウスで、今夜はwhisingというバンドが演奏していました。
 楽器の演奏も声も歌い方も忠実にピートルズそのままで、「girl」の歌の合間の息を吸うところまでビートルズの録音と全く同じという凝りようでした。
 こうして改めてビートルズを聴くと、ビートルズを熱心に聴いていた多感な時期の気持ちがよみがえり、涙が出そうになるほど感動しました。
 またCDを買って聴いてみようかしら。
 誘ってくれたMさん、本当に有り難うございました。

 昨日から漬け込んだ沢庵が出来ました。いい加減な漬け込み液だったのですが、けっこう美味しく、さっくりとした歯ごたえは市販の沢庵では味わえない絶妙なものでした。

瑞
黒ゴマのプディング
日替わりセット
鯖のミッソーニ定食
ランチ
《1/26(月)ランチ》
・瑞(麻布十番)(アジア料理)★★+
 昨夜は十数年ぶりの六本木の夜遊びですっかり興奮していまい、3時頃まで眠れませんでした。
 そのため今日は朝から眠くて眠くてふらふら。特に昼食後は仕事にならず、なんとかあえぎながら作ったプログラムも動きませんでした。とほほ。

 そんな中でもランチは行きます。今日はフロアの女性四人でアジアン料理の「瑞」へ。
 日替わりセット(980円)は小鉢に二品(今日はエビと冬瓜の煮物、鶏肉の味噌煮)、スープ、サラダ、ご飯又はラーメン、漬け物、茶わん蒸しと、この価格にしてはかなり満足感を得られます。おまけにデザートの黒ゴマのプディングがとても香ばしくて美味しかったです。

 夜はいつもの「M」へ。今日は音楽関係の友達がわざわざ電車に乗って遊びに来てくれました。友達も「M」の家庭的な雰囲気にすっかり溶け込み、お店のお母さんや他のお客さんとおしゃべりをしながら楽しい時間を過ごしました。
 こういうときは全く眠くないのが不思議です(^.^;)
 頂いたのは特別メニューの「鯖のミッソーニ定食」(1000円)でした。
(閉店しました)

la boheme
窓からの眺め
厨房
明太子スパゲティー
ランチ
《1/27(火)ランチ》
la boheme(麻布十番)(カフェ)★★
 麻布十番の「へそ」にあたる「パティオ十番」に面したビルの1、2階の広大なフロアを占めるお店で、少しはなれた所にある「モンスーンカフェ」と同じ「グローバルダイニング」がやっているチェーン店です。
 入ってみて驚いたのは
1)広い
2)混んでいる
 カップル、一人、家族、子供連れの奥様と、客層は様々でしたが、ほぼ満席状態でした。
3)スタッフの威勢がいい
 一人が「お客様お帰りです!」と言うと、一斉に全員で「ありがとございました!!」との大合唱。かなり体育会系入っていました。
4)安い
 ペペロンチーノスパゲティーは450円。「ワイン、サラダ、スープ、ガーリックトースト、コーヒー」の追加セットがなんと350円でした。びっくり。

 でした。
 今日頂いた「明太子スパゲティー」も600円ながら、ゆで上がりも適度で、味わいも上品ながらしっかりとしており、量も少したっぷりめでとても満足でした。
 私たちが座ったのは二階の窓際だったのですが、眺めが良く、パティオ十番がよく見えました。
 これなら一人から家族連れまで来たくなる気持ちもわかりました。
◇東京都港区麻布十番2-3-7グリーンコート麻布十番 03-6400-3060

lau-lau
スープ
オープンスペース
)若鶏のグリルサラダ仕立てエスニックソース
ランチ
《1/28(水)ランチ》
・lau-lau(麻布十番)(インドネシア)★★+
 大好きなバリ島の雰囲気で一杯の待望のインドネシア料理店です。つい先日オープンしました。
 お店の外のオープンスペースにはチーク素材の椅子とテーブルがあり、真冬にもかかわらず全部の席にお客さんが座っていました。夏になったらさぞかし気持ち良いことでしょう。
 店内も天井にはシーリングファンが回り、南の島気分満点。カウンターにはたくさんのお酒が並び、次回は是非とも夜に来たいと思いました。

 ランチメニューは
1)グリーンカレーチキンと野菜入り+サラダ+スープ(750円)
2)アサリたっぷりのフォー+サラダ+スープ(850円)
3)白身魚の辛揚げ野菜とピリ辛あんかけ+スープ(850円)
4)若鶏のグリルサラダ仕立てエスニックソース+スープ(850円)
 の4種類。私は4)を頂きました。

 チキンはカラリと揚げ焼いてあり、ややスパイシーながらも決して辛すぎず、中身もジューシー。野菜もしゃっきりとしてなかなか美味しかったです。ご飯がややぱさついていたのはインドネシア流なのでしょうか?

◇東京都港区麻布十番2-14-2 03-5730-6977

胡同三辣居
吊るされた北京ダック
中国語の飛び交う厨房
じゃこと青菜のチャーハン
ランチ
《1/29(木)ランチ》
・胡同三辣居(六本木)(四川料理)★★+
 「フートンサンラーキョ」と読みます。胡同は「路地、横丁」、三辣は「三つの辛さ、転じて四川料理」、居は「食道」…。つまり「横丁の四川料理屋」という意味だそうです。萬力屋や紅虎で有名な際コーポレーションのお店です。

 場所は芋洗い坂の下りきったところで麻布十番商店街の北のはずれ。つまり六本木からも麻布十番からも450mと遠く離れたとても不便なところにあり、以前はあまり人通りのない場所でした。
 ところが今や六本木ヒルズの真横。今日も首からidカードを下げた、いかにもヒルズで働いている人で賑わっていました。
 通りからは北京ダックにされる鶏たちがたくさんぶら下がっているのが見られ、店内に入ると、中国語が飛び交っており、かなりディープな中国の雰囲気に浸れます。

 今日頂いたのは「じゃこと青菜のチャーハン」(900円)。やや大きめのお皿に山の様に出て来ます。カリカリのジャコ、しゃっきりとした青菜、玉子、タマネギ、などが醤油ベースの味付けになっていました。コンソメスープが付いてきます。

 ランチは他に回鍋肉、チンジャオロースー、麻婆豆腐、鉄鍋餃子、酢豚がご飯とスープ付きで900〜1000円でした。
◇東京都港区六本木5-10-19スターフィールドビル 03-5770-2280

ラ・メンザ
サラダ
店外のボード
ブロッコリー入り軽いウニスパゲティー
ランチ
《1/30(金)ランチ》
・ラ・メンザ(赤羽橋)(イタリアン)★★
 昨日のランチは麻布十番から北上して六本木に行きましたが、今日は南下して赤羽橋に行ってみました。いずれも地下鉄大江戸線で一駅です(私は自転車で移動しますが)。
 行ったお店は「ラ・メンザ」。近くに大きなオフィスビルがあるのですが、付近にあまりレストランがないため、ランチ時にはけっこう混みあいます。

 今日頂いたのは「ブロッコリー入り軽いウニスパゲティー」(1100円)。
 ウニをトマトソースでのばし、オリーブオイルと牛乳を加え、黒胡椒などで味をととのえてあります。先日駒込で頂いたウニスパゲティーと違ってさっぱりとした食感で、ランチにはぴったりでした。サラダとお飲み物がついています。

スーパー生牡蛎 寒ブリなど 夕食
《1/30(金)夕食》
・自宅にて★★
 最近外食で牡蛎を頂くことが多いのですが、いつもあまりの量の少なさに欲求不満気味だったため、今夜はスーパーで生食用の牡蛎や寒ブリを買い込み、日本酒と一緒に楽しみました。

 牡蛎は小粒でレストランの高級牡蛎に比べれば味が薄かったのですが、まあ10個で278円(!)なのですから満足と言えましょう。

 ちなみに生食用の牡蛎というのは紫外線で殺菌した滅菌海水に15〜20時間漬け込み、海で食べたものを全て対外に排出させたもので、決して生食用が加熱用よりも鮮度が高いというわけではないそうです。
 しかし滅菌海水に漬け込んだ分だけ旨みも抜けており、その点本当に美味しいのは加熱用という説も聞いたことがあります。つまり「生食用を過熱して使うのは意味がない」ということです。

 今夜は今から映画「ミスティック・リバー」を見てきます〜。

スティックサラダ ツナのディップ添え
パスタ入りクラムチャウダーのグラタン
高島屋(日本橋)
ホットコロッケ(瑞江)
タコのマリネ
豚ロースのソテー バルサミコソース
苺の入ったブリュレ
盛りそば
pinga
ピリ辛エビ

ランチ
《1/31()ランチ》
・お料理教室(西所沢)
 月に一度のイタリアンお料理教室。今日も西武新宿線特急「小江戸号」にまたがり、西所沢まで行って参りました。
 今日はここのHPで知りあったTちゃんも一緒。彼女もすっかりこのお料理教室にも慣れたようです。みんなを和ませ、楽しい時間を作りだしてくれるのも、先生のお人柄のおかげなのでしょう。

 今日作ったのは
1)スティックサラダ ツナのディップ添え
 ディップはツナに茹で卵、マヨネーズを加え、ケッパーとオリーブオイルでイタリアン風にします。野菜のさっぱり感とディップのこってりとした旨みが実によくマッチしていました。
2)豚ロースのソテー バルサミコソース
 豚肉は塩コショウして小麦粉をはたいておきます。豚肉をオリーブオイルとバターで焼き、バルサミコを加えてからめるだけ。
 豚肉のこってりとした脂がバルサミコの酸味と調和して、簡単ながらも味わい深いソテーになりました。
3)パスタ入りクラムチャウダーのグラタン
 鍋でじゃがいも、セロリ、タマネギ、あさり、ベーコンを炒め、白ワインを加えた後に小麦粉をを入れてさらに炒めます。牛乳を加えて煮込み、パスタを加えてパン粉とチーズを乗せてオーブンで焼きます。
 とろりとしたホワイトソースの中に様々な具の味がとじこめられ、チーズの香りとこんがりと焦げたパン粉の香ばしさが加わって、体も心も温まる一品になりました。
4)苺の入ったブリュレ
 クリームチーズに牛乳、グラニュー糖、生クリーム、卵黄を加えて混ぜます。耐熱容器に移して苺を浮かべ、バットにお湯を張ってオーブンで蒸し焼きます。最後にカラメルソースをかけて出来上がり。
 こってりとした悩殺的な旨みと苺の酸味がとてもよく合っていました。

・高島屋(日本橋)★★+
 お料理教室の後は日本橋に移動し、ここのHPで知りあったMさんと一緒に高島屋の「雑誌”ミセス”が選ぶかくれた味、うまい味展」で蕎麦を頂きました。なんでも日本を代表する蕎麦打ちの第一人者「高橋邦弘氏」が打ったお蕎麦なのだそうです。
 頂いたのは「盛りそば」(700円)。うどん粉と蕎麦粉の比率は「2:8」の二八蕎麦。蕎麦粉は北海道と茨城のものをブレンドしているということでした。
 のど越しはつるりと心地よく、お蕎麦の香りと旨みを感じられました。
 宴会
・ホットコロッケ(瑞江)★+
 日本橋の後は江戸川区の瑞江に移動し、ホットコロッケというライブスペースで行われた「pinga」というブラジル音楽バンドのライブに行ってきました。
 お店に着いたときにはけっこう疲れていたのですが、超満員の中で始まったライブを聴き、客席から一緒に楽器でセッションに参加しているうちにすっかり元気になり、ピールをたくさん飲んですっかり最高の気分になってしまいました。

 長く、楽しい一日でした。

Translate »