2004年8月


一富士
生ビールにギョウザ
レバニラ炒め
音楽仲間
しっとりプリプリのチャーシュー
チャーシュー麺
夕食
《8/1()夕食》
・一富士(大井町)(中華料理)★★+
 西日本で猛威を振るった台風も日本から離れ、東から張り出した高気圧が乾いた空気を運んできた今日は、すがすがしい晴天に恵まれた一日でした。朝方寝室でまどろんでいると、涼しい風が室内を吹き抜け、あまりの心地よさに一日そのままでいたいと思ったほどでした。

 しかし今日は会社に行ってサーバーのメインテナンスをしなければいけません。午後から誰もいないオフィスに行ってサーバーを分解し、ハードディスクを取り付け、システムを設定していたらすっかり夕方になってしまいました。とほほ。

 しかしそれだけで一日が終わるわけにはいきません。仕事が終わると大井町に移動し、音楽サークルの練習に合流。その後は仲間たちで大井町の中華料理店に入って盛大に打ち上げをしました。

 お店は大井町駅からちょっとはなれた横丁にあり、家族経営という感じのこじんまりとしたお店でした。休日ということで、地元の家族連れがほとんどの中、私たちの集団はちょっとばかり浮いていたような気がします。

 生ビールで乾杯した後は、もう中華三昧です。カリッと香ばしく焼けたギョウザ、しっとりプリプリのチャーシュー、ニラの香りが食欲を誘うレバニラ炒め、そしてチャーシュー麺などなど。ビールと中華の絶妙の取り合わせを発明した?人に感謝しながらの最高の夜でした。
 うーん、今夜もカロリー過多(^_^)

やつめや
鰻アップ
うな丼 ランチ
《8/2(月)ランチ》
・やつめや(麻布十番)(鰻)★★★
 夏の土用は立秋前の18日間。その中で十二支が「丑(うし)」の日(7/21と今日)を土用の丑の日というそうです。
 「何もそんな日にわざわざ鰻を食べることもないだろうに」と自分で思いながらも、そこが凡人の悲しさか、鰻がとても食べたくなり、麻布十番で老舗のお店に行ってきました。

 「やつめや」は昭和初期から続く老舗。麻布十番商店街の駅からほど近い場所にあり、お店の前を通るとぷーんと悩ましい香りが道にたなびいてきます。
 今日頂いたのは、ランチメニューの「うな丼」(1300円)。天然に近い状態で育った焼津産の鰻を紀州備長炭で焼いてあります。

 鰻を口にしてまず感じることは、その香ばしさです。やはり鰻は焼き立てに限ると痛感しました。表面はじつに香ばしく、中はしっとり旨味が凝縮されている感じでした。
 ちょっと鰻が少ないのはお値段からして仕方がないのですが、たれもご飯も美味しく、十分に堪能することが出来ました。きんぴらと香の物、お吸い物がついています。
 これで1300円はけっこうお得なのではないかと思いました。また行きたいお店です。
(残念ながら閉店しました)

豚肉のくわ焼き おみそ汁、ツナと青菜のポン酢あえ 夕食
《8/3(火)夕食》
・自宅にて★+
1)豚肉のくわ焼き
 くわ焼きとは焼き物の一種で、肉や野菜をたれにつけて照りよく焼く手法を言います。昔、畑仕事の合間にとった野鳥をくわの上で焼いて食べたことがこの名の起源だということです。
 豚肉に下味(生姜、醤油、酒)を付け、片栗粉をまぶして焼きます。何だかお肉が丸まってしまって、焼き肉っぽくなくなってしまいました。
2)ツナと青菜のポン酢あえ
 もやし、人参、青菜を茹でて水気を切り、ポン酢+醤油+砂糖であえた後、ツナと一緒に盛り、かつおぶしをたっぷりかけて頂きます。ポン酢が食欲をそそり、野菜もたくさんとれて、とってもヘルシーな感じでした。
3)おみそ汁

 いりこだしにワカメと豆腐のみそ汁。王道ですね。

→ 携帯電話を変えてから、通勤時の荷物がぐっと減りました。
 それまでは、新聞や雑誌、デジカメなどでカバンがパンパンになっていたのですが、それらが一気になくなり、一回り小さいカバンで済むようになりました。
 
さらに携帯に定期やお金、ipod、ハンカチやちり紙機能が付けば、ずいぶんと楽になるのですが…。
 たまに手ぶらで通勤している人を見かけますが、ほんと尊敬します。
 先日、地下鉄に乗っていたら、突然「ガシャーン!!」という大きな音がしました。男性が持っていたアタッシュケースが社内で突然開いてしまったらしく、中身が全て地下鉄の床にばらまかれてしまったのです。プライバシー全開です。
 皆、見てはいけないと思いながらもチラチラと見ているようでした。中身は書類はほとんど無く、ガラクタのようなものがほとんどだったようです。
 男性は、必死に中身をかき集めると、逃げるように次の駅で降りてゆきました。

豆腐シュウマイ、鯵の山椒焼き キュウリサラダ、小松菜とえのきのお浸し 夕食
《8/4(水)夕食》
・自宅にて★+
1)鯵の山椒焼き…お湯であたためるだけ
2)豆腐シュウマイ…水にくぐらせ、電子レンジでチン
3)小松菜とえのきのお浸し…袋から出すだけ
4)キュウリサラダ…切ってドレッシングをかけるだけ
 という超手抜き料理でした。

 
ラ・ブリアンツァ
桜エビ、ヤリイカ、ルッコラのパスタ
スズキを使った南イタリア風サラダ
ティラミス
ランチ
《8/5(木)ランチ》
・ラ・ブリアンツァ(麻布十番)(イタリアン)★★★
 代官山から最近麻布十番に進出してきたイタリアンのお店です。
 外観同様、店内も明るい内装で、シンプルながら好感を持てる雰囲気でした。こじんまりとしたお店で、テーブル席で20人ほどが座れるます。そして上品でハンサムな若い男性がサービスをしてくれます。

 今日頂いたのは1600円のランチメニュー。
1)スズキを使った南イタリア風サラダ
 スズキのスライスの上にルッコラ、フェンネル、トマトなどが乗っており、オリーブオイルのさっぱりとした味付けで頂きます。
2)桜エビ、ヤリイカ、ルッコラのパスタ
 桜エビの鮮烈な香りと旨味、イカのもっちりとした食感がとてもインパクトのある、大変美味しいパスタでした。お薦め。
3)ティラミス
4)コーヒー

 これ以外にも前菜のない1000円のコースなどもあり、気軽に入れる素敵なお店だと思いました。

◇港区麻布十番2-17-8 パークiビル1階 03-5440-8885
1200-1500、1800-2330 日休、月ランチ休

→最近、帰り道で1〜2駅分歩いています。すっかり高値安定になってしまった体重とコレステロールをなんとか下げるのが目的です。
 今日も往復で4キロ強歩き、万歩計の歩数も11052歩! 大満足で万歩計をカロリー表示にしてみると、なんとたったの348cal。とほほ、これだけ頑張ったのに、ビール2缶で帳消しとは。

クラブ・チッタ
サンドイッチ
ジョナサン 夕食
《8/6(金)夕食》
・ジョナサン(川崎)★+
 今夜は会社の暑気払い。しかし全社員出席のところをすっぽかして、またまた沢田聖子のコンサートに行ってきました。(だって、決まったときには既にチケットを取ってあったンだもん)
 今日の会場は川崎の「ラ・チッタデラ」というイタリアをモチーフにした複合商業施設の中にある「クラブ・チッタ」。5月から始まった33ヶ所に及ぶ沢田聖子全国ツアーの最終日です。
 今日は前から二列目という絶好のポジションを友達にとってもらい、コンサートも約3時間にわたる非常に内容の濃い素晴らしいものでした。
 ギターとピアノという、とてもシンプルな構成なのですが、聖子さんの圧倒的な歌唱力のために全く物足りなさはありませんでした。

 コンサートの後は軽く食事をしにジョナサンへ。ビールを飲んでサンドイッチをつまみながらコンサートの余韻に浸るのでした。

パックに入ったホヤたち
ペロンと身がはがれます
ホヤの酢の物と刺し身

うー、グロテスク
取り出された身
大根サラダ、茄子の鍋しぎ
夕食
《8/7(土)夕食》
・自宅にて★★★
 疲れと夏バテで、午後2時過ぎまで寝ていました。「疲れているんだよー」と体がメッセージを発したのでしょう。体は正直なものです。
 しかし今日は夕方からお祭りのパレードに出ることになっていました。結局直前まで迷って行かないことに。無理すれば行けたのですが、けなげにメッセージを発している自分の体を労るほうが大切だと思ったのです。
 やりたいことは本当にたくさんあります。でもそれを全部やっていたらとても体がもちません。プライオリティーをきちんと決めて行動しないと行けないと思ってる今日この頃です。

 夕方過ぎにはだいぶ元気になり、近くのスーパーへ。そこで見つけたのが、この「ホヤ」です。先日と違って、なんと今日は殻付きで売っていました。2個が押し合うようにパックに詰め込まれた姿はかなりグロテスクで、案の定ほとんどが売れ残り、「50%引き」のシールが貼られていました。
 ホヤ好きの私でさえこれを買うのは結構勇気がいったので、普通の人はとても手を出すことは出来ないでしょう。しかしわざわざ岩手からやってきて、こんなところで売れ残っているというのもなんとも可愛そうな気がしました。

 家に帰ってさっそく調理。ホヤの角(つの)の1センチほど下を包丁で切り、縦にすっぱりと切り込めば、後は簡単に身をはがし出すことが出来ます。
 今日も半分は刺し身で、半分は軽く茹でて、生ワカメと塩もみしたキュウリと合わせ、ポン酢で頂きました。
 先日の殻無しと比べて明らかに旨味が多く感じられ、非常に美味しかったです。こんな旨いものをみんな知らないなんて!

 今日はこれに加えて
1)大根サラダ
 千切りにした大根+空焼きした油揚げ+ツナ缶+大葉の千切りをあえ、白ゴマをふりかけ、ポン酢で頂きます。
2)茄子の鍋しぎ
 旬の茄子にピーマン、下ゆでしたコンニャク、黒豚の小間切れを炒め、水+砂糖+酒+味噌を加えて、少しグチグチと煮るようにして炒めます。
 茄子と味噌が実によくマッチし、こんなに簡単なのになんでこんなに美味しいのと思うほど美味しかったです。

枝豆
ライブ風景
発泡酒
わーい、ボーカル
ランチ
《8/8()ランチと言うべきか
・青空ライブ★+
 掃除洗濯も昨日に済ませ、久しぶりに何の予定もない休日でしたヽ(^。^)ノ
 朝からのんびりとカバキーニョの練習などをし、夕方からは近くで行われた知り合いのバントのライブへ。
 4%の塩濃度で5分間茹でた美味しい枝豆と発泡酒を保冷バッグに入れ、最前列に陣取って大好きな音楽を聴きながら幸せなひとときを過ごしました。日中の猛暑から、にわかに涼しい西風が吹き出し、ほんとうに気持ちの良い夕方になりました。
 いい年して、こんなのんきで自由気ままな生活をしていていいのだろうかとたまに思うのですが、きっといいのでしょう。
ライブパブ
クリームクッキー モカもか
肉野菜炒め定食
《8/9(月)夕食》
・ライブパブ(木場)★+
 夜は隔週で通っている音楽講座へ。今日はいつもの「焼きスパゲティー」ではなく、「肉野菜炒め定食」を頂きました。ここのマスターはドラムスも上手いし、料理も上手いけど本人は「本職は大工だ」とのたまう多彩な人です。
 たっぷりの野菜と豚肉を醤油ベースで美味しく炒めてありました。

 音楽講座の先生のSさんから「クリームクッキー モカもか」というお土産をもらいました。ネーミングもうれしいし、こういうものを見つけて買ってきてもらえるのもとても嬉しかったです。

いけないおにぎりとのり巻き
女友達と
ブレイジング・リズム
エレクトリカル・パレード

《8/10(火)夕食》
・東京ディズニーランド(舞浜)
 退社後、女友達と3人で夕方の6時から入れる「アフター6パスポート」(2900円)を使って東京ディズニーランドに行ってきました。
 一番の目的はラテンの音楽と踊りのパレードが見られる「ブレイジング・リズム」です。7時半のスタートまで、沿道で待ちながら、こっそりと外のコンビニで買ってきたおにぎりとのり巻きを頂きました。
 本当はいけないのですが、暗やみに紛れてならビールも飲めるのではないかと、ほんとにいけないことをついつい思ってしまうのでした。してはいけませんけど。
 パレードは普段からブラジル音楽にどっぶりとつかっている私たちにとっては、やや物足りない感じもしましたが、楽しかったです。
 ついでに「エレクトリカル・パレード」も見たのですが、やはりこちらは歴史と貫録を感じさせる充実した内容でした。
 夜までけっこう込み合っていたのですが、ミクロアドベンチャーやスターツアーズはほとんど並ぶことなく入れ、楽しむことが出来ました。しかし夜アトラクションで振り回されて、ちょっと疲れました。やはり仕事帰りに振り回されるものではないですね。
ほたてのにぎやか炒め
ヴァイスヘルビール(ドイツ)
ひじきと枝豆の香りご飯、根菜のベーコン煮
《8/11(水)夕食》
・自宅にて★★+
1)ほたてのにぎやか炒め
 ボイルホタテ、茹でたペンネ、シメジをガーリークバターソースで炒め、スクランブルエッグを加えてパセリをちらします。プリップリのホタテの食感が心地よく、その旨味をガーリックソースの香りが引き立ててとても美味しかったです。
2)根菜のベーコン煮
 煮物用カット野菜、下ゆでしたコンニャク、ベーコンを炒め、ダシ+醤油+みりんで煮込み、最後に小口切りにしたおくらを加えます。
 カンタンメニューなのですが、野菜から出た旨味にベーコンのこってり感がかすかに加わり、上品な煮物になりました。
3)ひじきと枝豆の香りご飯
4)ヴァイスヘルビール(ドイツ)
 何かあったときのためにとっておいた、スペシャルビールなのですが、さっぱり特別なことがないので、何でもない今日開けてみました。
かなりさっぱりとした飲み心地で、軽いフルーツのような香りがあり、実に美味しかったです。

→中米に旅行に行っていたK氏より、貴重な中米料理の写真をいただきました。

→そろそろ世の中は夏休み。「暑いのが好き♪」などといつも言っている私ですが、だいぶ疲れもたまってきて、かなり休みたくなってきました。
 しかしうちの会社は取得時期こそ自由なのですが、休みはたった二日しかありません。二日と言ったら二日酔いしていたらもう終わってしまうほどあっという間です。貴重な休みをどこで取るかまだ決めかねています。
 ああ、休みたい休みたい。

栄来亭
冷麺アップ
冷麺セット
英国式リフレクソロジー
ランチ
《8/12(木)ランチ》
・栄来亭(麻布十番)(韓国料理)★★
 東京は今日で38日間連続の真夏日。史上最長なのだそうです。
 先日知人から携帯メールで冷麺の写真が送られてきてからというもの、冷麺のことが頭から離れず、今日は麻布十番で40年の歴史をほこる老舗の韓国料理店に行ってきました。
 頂いたのは「冷麺セット」(1050円)。同じことを考えている人が多いようで、お客さんのほとんどが同じものを注文していました。
 冷麺は茶褐色で、冷麺独特のゴムヒモのような弾力がありました。具はゆで卵に薄めの焼き豚、それに生姜のキムチ。スープはごく薄味で、牛からとったダシの旨味がかすかに感じられました。
 これにご飯とキムチがついています。

→夏バテでバテバテのため、帰りがけに初めて「英国式リフレクソロジー」というものに行ってきました。
 コースにはそれぞれ名前が付けられ、最高グレードのものは、その名も「クレオパトラ」100分9000円。しかし私は庶民グレードの「プチリフレ」30分2000円というのをやってみました。
 ボクシングのようなトランクスに履き替え、まずは3分間のフットバス(吹っ飛ばすではありません)に足を浸します。そしてフカフカの気持ち良い椅子に深く沈み込み、足の裏をじっくりと押してもらいました。けっこう痛かったのですが、一方でとても気持ち良く、刻一刻と30分の終了時刻が近づいてくるのが残念でたまりませんでした。
 施術の後はお茶を飲みながら雑誌を読んでくつろぎ、なかなか充実した時間を過ごすことが出来ました。

 これはきっとリピーターになるでしょう。

韓日館
レバ刺し
ジャガイモのチヂミ
チャンジャ、キムチ盛り合わせ
焼き肉盛り合わせ
ネギサラダ

《8/13(金)夕食》
・韓日館(麻布十番)(韓国料理)★★+
 マンションの階上に住むMちゃん、階下に住むMちゃんは二人とも熱狂的な韓国ドラマファン。寝ても覚めても「ヨン様」のことで頭が一杯のようです。しかし階上のMちゃんには弱点があります。それは韓国料理が苦手だということなのです。
「このままではヨン様のお嫁さんになれない!」
 という彼女の切実な願いの少しでも足しになればと、今日は三人で麻布十番の韓国料理店に行ってきました。

 韓日館は毎年行われる麻布十番祭の屋台で最高の売り上げを誇る韓国料理店です。
 今日は
1)チャンジャ(735円)
 韓国風「鱈の塩辛」です。塩辛の旨味と、ニンニクの強烈な香りがビールにぴったりでした。
2)キムチ盛り合わせ(1050円)
3)レバ刺し(1050円)
 思ったより小さかったのですが、香りも良く及第点でした。
4)焼き肉盛り合わせ(5250円)
 カルビ、ハラミ、タン、モモ、骨付きカルビの盛り合わせです。お肉は美味しかったのですが、ちょっと割高かなと思いました。
5)ジャガイモのチヂミ(1890円)
 とてもモチモチとした食感で大変美味しかったです。Mちゃんもこれならお嫁さんに行けると喜んでいました。
6)ネギサラダ(685円)
 この他に、サンチュ、コムタンクッパなどを頂き、生ビール2杯飲んで5千円ほどでした。

 最近夏バテぎみなのですが、これでスタミナついたかな?

夏野菜とヨーグルトのサラダ
ピッツァ・アラ・カザリンガ
楽しいお料理教室風景
ボイルした牛肉のトンナートソース
リコッタチーズのデザート
ホヤ三昧
ランチ
《8/14()ランチ》
・イタリアンお料理教室(西所沢)★★★
 今日は月に一度のお料理教室。暑さで倒れそうになりながらも西所沢の先生宅まで行ってきました。
 今日はほとんど全く火の前に立たなくても済み、しかもとっても美味しいお料理を教えてもらいました。

1)夏野菜とヨーグルトのサラダ
 夏野菜(今日はキュウリ、トマト、カラーピーマン、さっと茹でたオクラ)を適当にカットし、その上にヨーグルト、オリーブオイル、塩、コショウで作ったソースをかけます。

 ヨーグルトとオリーブオイルがとてもよくなじみ、夏向きの爽やかなソースになりました。野菜の持つ味を十分に楽しめる一品です。
2)ボイルした牛肉のトンナートソース
 これもソースがポイント。軽くお湯を通した牛肉に、オリーブオイル、マヨネーズ、ツナ、レモン汁を混ぜて作ったソースをかけ、タマネギやセロリの香り高い野菜のスライスを添えます。
 お肉の余分な脂が落ち、爽やかなソースでどんどんお肉を頂くことが出来ました。
3)ピッツァ・アラ・カザリンガ
 イタリアの主婦が作るボリューム満点のピザです。生地は小麦粉からみんなでこねて作りました。発酵させた生地をオーブン皿に伸ばし、トマトピューレ、ハム、サラミ、さらにピザ用のチーズを乗せてオーブンで焼きます。
 ほんとにこれだけでお腹一杯になるほどボリューム満点で美味しかったです。
4)リコッタチーズのデザート
 リコッタチーズに生クリームを、砂糖、レモン汁、アーモンドなどを加え、よく冷やして頂きます。

 夜は先週に引き続きスーパーで「殻付きホヤ」を発見! 昼間から一転して和食を堪能しました。しかしやはり今日もスーパーではホヤはほとんど売れ残っており、このままでは販売が中止されるのではないかと心配になったため、スーパーに応援と感謝のメールを送っておきました。
 みんなホヤ買ってくれー!

ピエダングロア
おみそ汁、ひじきの煮物
特大ホッケの開き 夕食
《8/15()夕食》
・自宅にて★★★
 暑い暑いと、枕元にうちわを3つも置いて寝た昨夜。ところが未明に目覚めてみると、体が氷のように冷たくなっていました。どうやら寝ている間に一気に気温が下がったようです。
 というわけで、今日は40日間続いた東京の真夏日の記録も途絶え、冷たい雨の日曜日になりました。予定されていた音楽サークルの練習も雨のため中止になり、一日ずっと家の中で一人で閉じこもっていました。ジミー。でもこういう「ぽっかり」と暇になった休日というのは実にいいものです。

 午後からは近くのスーパーで買ってきたフレッシュタイプの様なウォッシュタイプの様なチーズ(ピエダングロア)をつまみながら、とっておきの(とっておき過ぎて、真夏の室温でやられてしまった)ワイン(サルジュ・デュ・ch・グリュオ・ラローズ1995年)を空けて、好きな音楽を聴きながらお料理教室の写真集を作ったり、hp新コーナーを作ったりしながらのんびりと過ごしました。

 夕食は久しぶりに体に優しいメニューを。
1)ひじきの煮物
 これを食べると、体の中にたまったコレステロールや脂肪が抜けてくれるような気がする「罪滅ぼし」のようなおかずです。ひじき、切り干し大根、干し椎茸、小松菜、人参、桜エビ、油揚げ、松の実で作り、栄養満点で味も最高。しみじみと美味しいお料理です。
2)特大ホッケの開き
 ほくほくとほぐれる実は旨味満点。
3)おみそ汁

ラウーラウ
長いグラスに入ったビール
鶏肉のカシューナッツ炒め
テラス
海老と野菜の生春巻き
ナシゴレン
夕食
《8/16(月)夕食》
・ラウーラウ(lau-lau)(麻布十番)★+
 とっても開放的なアジアンダイニングです。いつもここでランチを食べるたびに夏の夕方にテラスでビールを飲んでみたいと思っていたのですが、今日はその念願がかないました。座ったのはもちろんテラス席。コンピュータ関係の女友達と一緒に行きました。
 頂いたのは
1)海老と野菜の生春巻き(788円)
 大きめの海老が入った、春巻きです。強い香菜は入っていませんでした。
2)鶏肉のカシューナッツ炒め(893円)
 中華料理よりも、さっぱりとした仕上がりになっていました。
3)ナシゴレン(1260円)
 言わずとしれたインドネシア風炒飯です。目玉焼きの黄身をご飯に混ぜていただくと、ややこってりとした感じが出てとても美味しかったです。

 これにタコのカルパッチョ(840円)、ビールなどを頂いて、二人で7613円でした。どの料理も全体的に味付けも香りも油もさっぱりとした洗練された感じに仕上がっていました。
◇東京都港区麻布十番2-14-2 1f 03-5730-9677
11:45〜03:00

サラダ、ギョウザ 6品目野菜の辛味噌炒め弁当 夕食
《8/17(火)夕食》
・自宅にて★+
 今夜は自宅に音楽講座の先生を招き、以前一緒にカバキーニョ(ブラジル音楽の弦楽器)を買った女友達と一緒に「出張音楽講座」を受講しました。
 その前にまずは腹ごしらえです。先生はお酒を飲まないのに、生徒の二人だけビールを飲み、オリジン弁当で買ってきたギョウザや「6品目野菜の辛味噌炒め弁当」(504円)を頂きました。
 
 友達は遠方から来ているので、今日の1時間半の短い時間に音階や和音、コード進行などの理論をたっぷりと詰め込んで帰ってゆきました。
 しかし、私もfm7などと言われて、自分でコードを探すことが出来るようになりました。とても楽しいです。
雅娘
三浦葉山牛
付け合わせ
三浦葉山牛ロース御前
お肉アップ
焼かれるお肉
ランチ
《8/18(水)ランチ》
・雅娘(アラン)(麻布十番)(韓国料理)★+
 韓国料理激戦区の麻布十番に今年出来た新しいお店です。比較的安価で美味しいランチを頂くことが出来ます。
 今日は猛暑がぶり返し、眠くてきつくて夏バテ最高潮だったのですが、お腹だけは非常に減り、一人で「ヤキニクヤキニク…」とブツブツとつぶやきながら行ってきました。

 焼き肉は900円の「スタミナ定食」から数種類あるのですが、今日は以前から試してみたかった「三浦葉山牛ロース御前」(1400円)にチャレンジしてみました。
 三浦葉山牛というのは黒毛和種の希少牛で、5年連続農林水産大臣賞金賞というヤワラちゃんなみの(すみません)スーパー牛なのだそうです。脂の溶ける融点が低く、とろけるような食感が特徴です。
 出てきたお肉は少しだけサシが入り、値段の割に量が少ないところに希少価値を感じました。早速軽く炭火であぶって頂いてみると、確かにヤワラかく、パッと口の中で広がる旨味は「甘い」という表現がピッタリなのではないかと思いました。技あり!

豚キムチ炒め 揚げ茄子の生姜のせ、さんまの塩焼き 夕食
《8/19(木)夕食》
・自宅に★★
1)豚キムチ炒め
 基本的には肉野菜炒めにキムチを絡めるだけです。今日はもやし、タマネギ、人参、ニンニクの芽、豚肉(醤油、酒で下味)を炒め、白菜キムチを絡め、醤油、酒、塩コショウで味を整えました。
 辛さはお好みなのですが、私は軽めに仕上げてみたところ、あまり辛さは前面に出ず、かすかなキムチの旨味で豚肉の味が引き立った印象でした。
2)さんまの塩焼き
 いよいよ北海道産の新さんまが出回ってきました。秋ですね。
3)揚げ茄子の生姜のせ
 茄子を1センチほどの油で揚げ焼き、醤油ベースの万能調味料に漬け込みます。よれよれになったところでおろし生姜を乗せて頂きます。これも秋の味ですね。

→あぁ、macのg5が欲しい〜。でも一番安いので25万円。ボーナスの残りと、今のmac(g4 qs800mhz)の下取りと、お腹の脂肪を足しても足りないなー。

おびただしい数の人
ブラジル大使館の屋台
白木屋
やる気無しコゲコゲギョウザ
ブラジル大使館の屋台
手作りお盆とお料理
音楽仲間
空のスーツケース
夕食
《8/20(金)夕食》
・麻布十番祭(麻布十番)★★
 今日から三日間は、待ちに待った「麻布十番祭」。麻布十番商店街界隈が、たくさんの屋台と、おびただしい数の人で埋め尽くされます。
 私は仕事が終わってからすぐに一番のお目当てである「国際バザール」に行ったのですが、既に通勤ラッシュの様な混雑になっていました。
 お祭りは地下鉄が開通してから今回で4回目になるのですが、毎年混雑は増しているような気がします。開通前は六本木駅から「蟻の行列」の様に人が集まり、まだまだのんびりした雰囲気だったのですが…(昔話)。

 私の今年の目玉は「手作りお盆」です。段ボールを楕円形に切り、生ビールの紙コップを入れる穴が開けてあります。早速生ビールとブラジル大使館の屋台で「リングイッサ」(300円)、「コッシーニャ」(300円)を購入し、お盆にセットしてみました。強風の際にはプラパックが飛びそうになるなどの不具合は今後の改善課題だと思いましたが、片手を自由に使うことが出来、とても快適でした。


《8/20(金)宴会》
・白木屋(大井町)
 お祭りを30分ほどで切り上げ、その足で大井町の音楽サークルの練習へ。10時過ぎまで練習した後に、みんなで白木屋へ行ってきました。
 日付が変わる頃まで盛り上がり、帰宅したのは1時頃。
 写真は、「やる気無しコゲコゲギョウザ」です。帰り道に大井町の歩道にあった空のスーツケースがなんとなく不思議な感じでした。

中国の屋台
韓国の屋台には「ヨン様」
友達と
お盆に乗せて
仔羊のグリル、ヴィシソワーズ
激混みの麻布十番商店街
ランチ
《8/21()ランチ》
・麻布十番祭(麻布十番)★★
 昨日は30分しか麻布十番祭にいられなかったため、今日は友達を誘ってもう一度行ってきました。
 お祭り開始の3時から行ったのですが、既に国際バザールは身動きがとれないほど大混雑。しかし、なんとか神楽坂にある「イブテラス」というフレンチの屋台で「チキングリル」(300円)、中国の屋台で「北京ダック」(500円)をゲット。缶ビールと共に持ってきたお盆に乗せて立ったまま頂きました。
 韓国の屋台には「ヨン様」の写真が大きく飾られ「ペ・ヨンジュンも大好きな豚カルビ」というコメントが添えられていたのがおかしかったです。
 激混みの国際バザールを後にして、本丸の麻布十番商店街へ。こちらも大混雑だったのですが、なんとか人込みを抜けてお目当ての「レ・シュー」の屋台へ。例年通り「仔羊のグリル」(350円)と「ヴィシソワーズ」(500円)を堪能しました。ここは麻布十番商店街でも一番のはずれにあるのですが、とても美味しいため、年々行列が長くなっているような気がします。
 あと、ヌーブラの偽物が1000円で売っていたためそれを買ってみました。効果の程はいかに。
花よりだん子
刺し盛り
乾杯
海鮮網焼き

《8/21()宴会》
・花よりだん子(門前仲町)(網焼き居酒屋)★★+
 麻布十番の後は門前仲町に移動して、音楽サークルの練習に参加。
 練習の後はいつものようにみんなで宴会です。今日は20人以上を予約無しで受け入れてくれる力強い味方の「花よりだん子」へ。ここは決しておしゃれなお店ではないのですが、安価に美味しい魚を頂くことが出来るので、なかなか気に入っています。
村さ来
ホタルイカの沖漬け
ギョウザ
焼き鳥
宴会
《8/22()宴会》
・村さ来(戸田公園)
 三日連続の大衆居酒屋です。今日も音楽サークルの練習の後で20人ほどで行きました。今日の練習は荒川べりでの野外練習。前回の野外練習は猛暑の中だったのですが、今日は終わる頃にはカーディガンを羽織らないと寒いくらいに涼しくなり、移り行く季節を感じてしまいました。
 「今日はビールではなく温かいものでもいただこうかしら」などと最初は思っていたのですが、やはり宴会場に入場するといつものようにビールビールビール! ギョウザ、ホタルイカの沖漬け、焼き鳥と、欲望のままに飲み食いする私なのでした。

→余談
 昔に比べて、電車が駅のホームに着いたとき、降りる人がいるうちに乗り込む人が多くなったような気がします。扉が開くと同時に、降りる人を押しのけて乗り込む人さえいます。昔田舎から出てきたとき、整然と電車に出入りする乗客を見て「さすが東京だわさ」と思ったのですが…。私の気のせいでしょうか。

ライブパブ
ハンバーグアップ
ハンバーグ定食
ビシソワーズ
夕食
《8/23(月)夕食》
・ライブパブ(木場)★★★
 朝から”どよよん”と暗く寒い一日でした。
 金曜からの三日連続の宴会疲れを癒すかのように今日は代休で会社はお休み。家の中で掃除洗濯繕い物などをしながら静かに静かに過ごしました。
 今でこそ大人数で大騒ぎをすることが多い私ですが、もともとは集団が苦手で、一人でぽつんと過ごしていることが多かったのです。大好きな仲間と一緒にいる時もとても幸せなのですが、こうして一人でいるときも落ち着ける大切な時間だと思いました。ちょっと寂しいけれども自由な時間…、という感じでしょうか。

 夜からは隔週で行っている音楽講座へ。今日は特別メニューということで「ハンバーグ定食(ビシソワーズ付き)」を頂きました。その場で具をこねて作ってくれるハンバーグはお肉の美味しさを存分に堪能できる絶品。赤ワインで仕上げたソースが決め手です。笑顔がとても素敵な優しいマスターが今日も作ってくれました。有り難うございます。(お財布を忘れて、先生にお金を借りました。すみませんS先生)

 音楽講座の方は、今日は「循環コード」「コードで音階を弾いてみよう」がテーマでした。

いかとブロッコリーの香味炒め 涼風茶わん蒸し、つくね串 夕食
《8/24(火)夕食》
・自宅にて★+
 一見ちゃんとした夕食に見えるかもしれませんが、全部温めるだけの超手抜き料理です。
1)いかとブロッコリーの香味炒め
2)涼風茶わん蒸し
3)つくね串

→私の会社では、ほとんどの人が一日中パソコンに向かって仕事をしているのですが、お昼時も近くで弁当や菓子パンなどを買ってきて自分のデスクでパソコンに向かって黙々と食べています。
 お昼時くらい、外に出て好きなお店で好きなものを食べた方が精神的にずっと良いと思うのですが…。
 どこでもこんな感じなのでしょうか??

カジキマグロステーキ 大根漬け物、五目チャンプルー 夕食
《8/25(水)夕食》
・自宅にて★★+
1)カジキマグロステーキ
 思ったよりも脂がのっており、まるでヒレカツの様な食感でした。ご飯のおかずにぴったり。
2)五目チャンプルー
 中華鍋に油を熱し、豚ひき肉とよく水をきって手でちぎった木綿豆腐を炒めます。さらにタマネギ、人参、ピーマン、タケノコ、干し椎茸を加えて炒めた後、醤油+酒+ごま油で仕上げます。
 低カロリーかつ栄養バランスがとれていて、ごま油の香りが香ばしい、とても美味しいお総菜になりました。なかなかおすすめです。
3)大根漬け物

→私は何種類かのメールアドレスを使い分けているのですが、表に公開したりネットでの申し込みなどに使用しない「完全プライベートメールアドレス」宛てに迷惑メールが立て続けに届きました。
 唯一、かつて某大手プロバイダー系の会員登録に使ったことがあり、そこから情報が流出した可能性が高いと思っています。困ったものです、ほんと(`o´)

chad cafe(チャド・カフェ)
キーマカレーアップ
鶏肉と野菜のフォー
キーマカレー
マサラ茶
ゴミの山
ランチ
《8/26(木)ランチ》
・chad cafe(チャド・カフェ)(東麻布)(アジア)★★+
 東麻布の住宅街の中にひっそりとあるアジアンレストランです。カレーを中心に、フォーなど、インド、ベトナム、タイなどのお料理をいただくことが出来ます。
 お店の中はこじんまりとして、落ち着いた雰囲気。とっても感じの良い女性がサービスをしてくれます。

 今日は会社の後輩社員と一緒に行きました。頂いたのは「キーマカレー」(900円)。「キーマ」とは「細かいもの」という意味だそうで、その名の示す通りお肉はひき肉を使っています。グリーンピースが入っているのも特徴なのですが、見えなかったのでそれもみじん切りにしてあったのかもしれません。やや辛みが強く、独特の香辛料の香りが実に食欲をそそりました。
 焼き立てのとっても美味しい「ナン」とご飯、サラダが付き、食後にマサラ茶かコーヒーをいただけます。

 一緒に行った後輩は「鶏肉と野菜のフォー」を注文しました。こちらも鶏肉たっぷりでとても美味しそうでした。

→毎朝通勤で通る大好きな並木道に小さな休憩スペースがあるのですが、ここに数日前からゴミが捨てられ、日増しに増えているようです。平気で道にゴミを捨てる人、食事をしている横で煙草の煙を吹かす人、大声で歩きながら携帯で話をしている人…。人というのはわからないものだとつくづく思います。

sirocco(シロッコ)
バイキング1
プレート
地中海調の店内
バイキング2
豆腐屋
ランチ
《8/27(金)ランチ》
sirocco(シロッコ)(東麻布)(地中海料理)★★
 東麻布の東京タワー寄り、東麻布商店街の近くにあるお店です。オーナーは元チュニジア大使館勤務のチュニジア人。厨房の中は4人のチュニジアの男達が料理を作っていました。お客さんが入ってくると、はっきりとした日本語で「いらっしゃいませー」と明るく挨拶してくれるのが印象的でした。

 店内は青と白を基調にした地中海調。天井も高く、なんとなく海外旅行に行ったような気持ちにさせてくれました。棚には木彫りのアフリカっぽい置き物が並べられていました。チュニジアはアフリカと言っても、すぐ海の先はイタリア。このお店でもチュニジアやイタリアの料理を出してくれるのだそうです。

 ランチは980円のバイキング形式。今日は、ハーブとオリーブオイルたっぷりの味の濃いトマトのサラダ、キャベツやピーマンなどのミックスサラダ、ペンネとハムのサラダ、鯖のトマトソース、 チキンガーリック、サフランのリゾットでした。
 リゾットは長粒米でパサパサしているのですが、脂の乗った鯖と一緒に頂くと、口の中で香りが花開くように美味しくなりました。奥が深いです。

 東麻布というのは麻布十番の隣なのですが、麻布十番の様な華やかさはなく、ほんとに庶民的な街。ちょっと懐かしさを感じてしまうようなお豆腐屋さんもありました。

焼きそば
Jさん
ポストカード 夕食
《8/27(金)夕食》
・近くの「M」★★★
 久しぶりに登場の「M」です。
 今日は金曜日にしか出ないという「焼きそば」を初めて頂きました。今まで食べたことがなかったのは、金曜日はいつも飲みに行ってしまっていて「M」に来ることがほとんどなかったからです。
 野菜とお肉たっぷりのやきそばは全体に旨味がまわり、とても美味しかったです。また金曜日に来なくては。

 今日は常連のJさんが自作のポストカードを持ってきていました。「イラストレーター」を始めてまだ日が浅いのですが、その出来栄えは実に見事で、ほんとに驚きました。彼女の才能と努力にはほんとに脱帽です。

和民
ファンキー二人組み
大騒ぎ
大宴会
お料理
もみくちゃ
宴会
《8/28()宴会》
・和民
 台風による雨が懸念される中、今日は音楽サークルで野外パレードに参加。しかし幸いにもほとんど雨には降られず、最高に楽しいひとときを過ごすことが出来ました。
 パレードは大好きな仲間達と大好きな音楽を演奏できることも楽しいのですが、何よりも嬉しいのは沿道に集まってくれたお客さんが喜んでくれる時です。今日は80才過ぎと思われるおばあちゃんが沿道の一番前に陣取り、手押し買い物カートに座って、本当に嬉しそうに手拍子をしてくれていたのが何よりも印象的でした。私も思わずニコニコ顔で手を振ってしまいました。

 パレードの後は皆で銭湯に行き、日中の余韻にひたりながらのんびりと疲れを癒しました。銭湯は「浅草花屋敷」裏にある「ひさご湯」。とても歴史を感じる建物で、お手洗いの水タンクは木製、トイレットペーパーも今はあまり見なくなった四角い「チリ紙」でした。
 そしていよいよお楽しみの打ち上げです。その数80人近く。宴会中にパレードの成績が発表されると、思いがけぬ良い成績だったため、皆で一気に総立ちに。音楽を奏で、抱きあったり踊ったりと、もみくちゃ状態で延々と喜び続けました。私は12時には帰途についたのですが、多くの人が朝まで飲み明かすようでした。
 楽しい楽しい、最高に楽しい一日でした。子供のような純粋な心を持ち、優しく、何よりも仲間を愛する最高の友達に心から感謝します。ありがとー。

イカと里芋の煮物 サンマの塩焼き 夕食
《8/29()夕食》
・自宅にて★★+
 一日冷たい雨が降る日曜日。楽しかった昨日の想い出を胸に、一人静かに家で過ごしました。
 朝から、夕食に使おうと干し椎茸を冷蔵庫で戻し始めました。干し椎茸はこうやって低温でじっくり戻すと美味しくなるのです。今夜は本格的な煮物を作ろうと張り切っていたのですが、ワインを飲みながら家事やhp作りをしているうちに酔っぱらってしまい、結局いつもの簡単な煮物になってしまいました。

 作ったのは
1)イカと里芋の煮物
 市販のダシ醤油を煮立て、刺し身用の新鮮なイカの輪切りをさっと茹でます。イカの旨味がたっぷり出た汁に、干し椎茸と戻し汁、里芋を加えて煮込み、最後にイカを戻して出来上がり。

 本当は生姜や絹さやも入れたかったのですが、予算オーバーで断念。干し椎茸を入れたのは初めてだったのですが、イカと椎茸の旨味がケンカすることもなく、美味しい煮物になりました。
2)サンマの塩焼き
 秋の到来を告げるサンマです。脂が乗り、しっとりとした身にたくさんの旨味が詰まっていました。

 先日の金曜日は気温も低く、夕方には会社でもエアコンを止めて窓からの風で仕事をしていました。そこになんとも美味しそうな匂いが。会社に隣接するマンションの台所の換気扇が丁度社長室の窓の真横にあり、そこからサンマを焼く煙がオフィス中に広がったようでした。
 皆その良い匂いが気になり、なんとなく仕事をする気がなえてしまい、早く家に帰りたくなったようでした。お互いに顔を見合わせて笑いあい、なんとも微笑ましいひとときでした。

赤魚の開き きんぴら、五目野菜のうまに 夕食
《8/30(月)夕食》
・自宅にて★★★
1)赤魚の開き
 いつものように魚焼きグリルでまずは裏面から焼き始めたのですが、コース半ば、折り返し地点のターンで痛恨のミス!箸でひっくり返そうとしたときに身が崩れてしまいました。とほほ。
 しかし焼き上がって口の中に入れてみると、脂の乗ったしっとりジューシーな食感と旨味がたまらない最高の干物でした。干物と言うのは生魚のたんぱく質がアミノ酸に分解されて旨味がずっと増すのだそうです。食文化ですね。
 こちらで天日干しの各種干物が購入できます→
2)五目野菜のうまに
 生姜とニンニクのみじん切りを炒め、香りが出たところで豚肉、白菜、タマネギ、人参、ヤングコーン、もやしを加えて炒めます。さらに「水+コンソメ+砂糖+酒+塩+醤油+胡椒」と絹さやを加え、最後にかたくり粉でトロミをつけます。
 簡単ではありますが、本格的な中華総菜を楽しむことが出来ました。
3)きんぴら
ラ・リューン
つくば鶏のコンフィ
静かな店内
お店の前のボード
きゅうりとモロヘイヤのサラダ、カボチャの冷製スープ
ご夫婦
ランチ
《8/31(火)ランチ》
・ラ・リューン(東麻布)(フレンチ)★★★★
 私がこよなく愛しているお店です。東麻布の住宅街にひっそりと佇むその姿はこの上なく上品で、そこだけ静かな時間が流れているような気がします。
 店主の永田敬一郎さんがお料理を作り、美しい若奥様が店内のサービスをしてくれます。今日は久しぶりに行ったのですが、若奥様はいつものように親しげな笑顔で迎え入れてくれました。このお二人の人柄がお店の一つの大きな魅力と言えるでしょう。
 いつから始まったのかわからないのですが、新しいランチメニューとして「ワンプレートランチ」(1260円税込み)というのがあり、今日はそれを頂いてみました。

1)つくば鶏のコンフィ
 しっとりと柔らかいつくば鶏のコンフィを、ワインビネガー+マスタード+ケッパー+ピクルス+コルニッションなどから作った「ラビゴットソース」で頂きます。やや酸味のある香り豊かなソースとお肉がとてもよく合っていました。
2)きゅうりとモロヘイヤのサラダ
 モロヘイヤ、赤タマネギ、四葉(スーヨー)キュウリ、茄子をビネグレットソースで頂きます。野菜一つ一つがとてもしっかりとした味と香りを持っており、食べていてとても満足感のわくサラダでした。
3)カボチャの冷製スープ
4)自家製パン
5)バターライス
 ローズマリー、ローリエの香りがかぐわしいバターライスです。

 これだけの満足感を味わえて1260円はとても安いと思いました。最近会社の人は全然外食しないでパソコンに向かって弁当やカップラーメンばかりなので、これからは一人でせっせと来ようと思いました。

Translate »