2004年9月


ベルニーニ
焼き茄子とモッツァレラチーズのイタリア風オープンオムレツ
泉ガーデン
モンサンミッシェル島小さなムール貝のペペロンチーノスパゲティー
ロビーにて
ランチ
《9/1(水)ランチ》
・ベルニーニ(麻布十番)(イタリアン)★★+
 前任者の退職によって空白だった私の隣席に、待望の新入社員がやってきました。私よりちょっと年上で、育ちの悪い私とは大違いの、美人でスタイルも良く、とっても上品な女性です。
 お昼になると、大喜びでさっそく一緒にランチへ。行ったのは麻布十番に数あるイタリアンの中でも比較的落ち着いた雰囲気のベルニーニ。
 今日は1260円のパスタコースをいただきました。
1)焼き茄子とモッツァレラチーズのイタリア風オープンオムレツ
 パイ生地の上にチーズたっぷりの柔らかいオムレツが乗った、キッシュ風のオムレツです。トマトの風味も良く、見た目よりもずっと軽い食べ心地でとても美味しかったです。
2)モンサンミッシェル島小さなムール貝のペペロンチーノスパゲティー
 このお店のお料理は名前が長いです。ムール貝の旨味が全体にまわり、香り高いパスタになっていました。

→今、私が担当で会社のコピー複合機の買い替えを検討しており、今日は「富士ゼロックス」のショールームに行ってきました。
 担当してくれている営業マンは唐沢寿明似の背の高いピチピチヤングガイ。私を会社まで迎えに来てくれ、すっ!と長い手を上げてさっそうとタクシーを拾い、私に「どうぞ!」とエスコートしてくれます。もうこんなことは公私共にぜんっぜんないので、内心興奮しまくりです。
 ショールームのある「六本木ティーキューブ」は最新鋭のオフィスビル。周りには泉ガーデンやibmビルなど、高層ビルが並びます。タクシーから降りて、しばらく上を見上げて口を開けて眺めてしまいました。ほとんど、近代文明に触れた原始人です。
 ビルの中はピカピカで、インテリアもガラスを多用した近未来SFの様。歩いている人は銀色のピッタリとした服を着て、頭からは二本のアンテナが生え、私には理解できない言葉で会話をしていました。
 いつも雑然としたオンボロオフィスで一日パソコンに向かっている私にとってはずっと興奮し通しでした。
 ショールームでしばらくコピー機の説明を聞いた後、寿明様はカタログや団子の入った手提げ袋を私に手渡し、白馬にまたがってビルの中に消えてゆきました。
 ああ、束の間のひととき。ほんとはミノルタのコピー機の方が安いからそっちにしようと思っているのですが、また呼んじゃおうかしら。

華珍楼
イカと牛肉とニンニクの芽の醤油炒め全体像
新入社員のHさん
アップ
ランチ
《9/2(木)ランチ》
・華珍楼(麻布十番)(中国料理)★★+
 今日も新入社員のHさんをナンパして、麻布十番で私が愛用しているお店に行ってきました。
 今日頂いたのは「イカと牛肉とニンニクの芽の醤油炒め 」(950円)。プリプリのイカとしゃっきりと歯ごたえのあるニンニクの芽の食感と牛肉の旨味がとても美味しかったです。
 Hさんは、私のアホな冗談にも、きちんと上品に笑い返してくれるほんとにいい方です。ありがたやありがたや。一緒にいたら私もお上品になるかしら。

→先日、通勤路の並木道に大量のゴミが散乱していたと書きました。ところが今度は朝同じ道を歩いていると、向こうから学生風情の男女3人がトングとビニール袋を持ち、ゴミを拾いながら歩いてくるではないですか。すれ違うときに「ご苦労様!」と挨拶すると、ちょっと恥ずかしそうに挨拶を返してくれました。
 とても気持ちの良い朝でした。若者さんたち、ありがとう。

並木道の木の葉
鶏スープ
残りのウイスキー
さ和鳥
親子丼
ライブ
ランチ
《9/3(金)ランチ》
・さ和鳥(麻布十番)(博多水炊き)★★★
 夜は水炊き一品、昼は親子丼一品という筋金入りのお店です。
 ここは最近人気が過熱しているようで、今日も12時5分過ぎに行ったらお店は私たちで満員、お料理も30分待ちでした。以前はもっと空いていたのですが…。
 でもそれだけの価値はあると思います。まずは鶏スープが出てくるのですが、それがじつに旨味とこくがあり、食欲をかき立てます。そして親子丼は、鶏肉が実に柔らかく、卵もとろとろで味付けも上品。それが850円(税込み)なのですからお客さんが増えるのもうなずけます。歴史を感じる民家を改造したお店も風情があります。

→夜は木場のライブパブへ。前回7/10は酔いつぶれてしまったため、今夜はその轍は踏むまいと、しっかりと気を引き締めて行きました。
 お店に行くと、残りのウイスキーがボトルに半分ほど残っていたので、ステージ上で繰り広げられる、アマチュアとは思えない見事な演奏を聴きながら、手酌でほいほい飲んでいました。やっぱりロックにはロックよねーなどと思って氷をカラカラと揺すりながら。
 やがて気がつくとウイスキーは全部無くなり、急激に酔いが頭をもうろうとさせてきました。これはいかんと思い、なんとか帰宅し、そのまま倒れるように寝てしまったようですが、それが何時かは全くおぼえておりません。(続く)

→朝の並木道からいつのまにか蝉の鳴き声が聞こえなくなり、葉もところどころ黄色く色づき始めました。暑い暑いと言っているうちに、確実に季節は変わっているようです。



ランチ
《9/4()ランチ》
・イタリアンお料理教室(西所沢)★★★
 今日は月に一度のお料理教室の日。
 しかし朝目覚めたとき、とても人様に見せられないような格好で寝ており、胃が口から出そうな気持ち悪さでした。なんとか這うようにシャワーを浴びたのですが、その後またダウン。お料理教室には45分遅れで到着しました。

 今日作ったのは
1)温泉卵のイタリア風サラダ
 温泉卵をカップに入れ、その上にプチトマトを乗せた後、タマネギやスモークサーモンで作った特製ソースをかけて頂きます。卵のとろりとした濃厚な旨味と、サーモンの香りがとてもマッチしていました。
2)バジリコ風味の野菜スープ
 好きな野菜(今日はタマネギ、セロリ、茄子、ジャガイモ)とベーコンを食べやすく切り、炒めた後にスープで煮込み、最後にバジルペーストを加えます。バジルの香りがとても爽やかなスープになりました。
3)サーモンのパン粉焼き
 サーモンの切り身に、ニンニクやパセリなどを加えたパン粉を振りかけ、オーブンで焼きます。
 とても簡単なのですが、サクサクとしたパン粉の下にしっとりとしたサーモンが現れ、とても美味しかったです。
4)白ワインのムース

サンマ 「もやしのお浸し」「ひじきの煮物」「おみそ汁」 夕食
《9/4()夕食》
・自宅にて★★★
 まさに季節到来!のサンマいただきました。今年のサンマは大型で豊漁とのことで、サンマ好きの私としては涙が出るほど嬉しいことです。実際、今日買ったサンマも実に大きく、脂もたっぷりのっていました。2匹焼き、ひとつはビールで、ひとつはご飯で頂きました。
 付け合わせは「もやしのお浸し」「ひじきの煮物」「おみそ汁」です。

 サンマを美味しく焼くには振りかける塩がとても重要です。私は今までいろいろな塩を試してみたのですが、その中でも「笹川流れの塩」が一番美味しかったと思います。舐めてみると「旨味」を感じ、それだけでも酒の肴になりそうでした。
 
今は「海人の藻塩(あまびとのもしお)」を愛用しています。
 塩が美味しいとお料理の味がぐっと良くなるものです。いいものを使いたいと思っています。

買ってきた食材
解体されたホヤさん
おおぶりのサンマ
ホヤさん
ビールと一緒にパチリ
がめ煮
夕食
《9/5(日)夕食》
・自宅にて★★★!
 昼過ぎまで雨が降る、あいにくの休日でした。
 夕方まで掃除や洗濯をして過ごしていたのですが、ふとしたきっかけで始めた「拭き掃除」に燃え上がり、床を磨き、窓を拭き、網戸を拭きあげたところ、あまりに汚れていたことにびっくり。真っ黒になった雑巾を見て、これは人様には見せられないと思いました。ここのところ人様に見せられないことが多い私です。

 夕方からは近くのスーパーに買い物に行き、嬉々として食材を買いあさってきました。
 台所に立つと、まずは「ホヤ」の調理です。先端の部分を直径3センチほどの位置で切り、指を入れてくるりと指で実をとり出すこと約10秒。だいぶホヤさばきにも慣れてきました。
 ホヤは1センチほどの細切りにしてポン酢で頂きました。コリコリとした食感とほとばしる旨味が、実にビールと合います。「旨い!」などと一人で叫びながら次の料理へ。こうしてビールを飲んで好きなfm放送を聴きながらのんびりと食事を作っているときの幸福感は何物にも代えられないものがあります。ああ幸せ。

 今夜のおかずは私の故郷の味「がめ煮」と昨夜に引き続き「サンマの塩焼き」です。
 「がめ煮」は鶏肉、人参、タケノコ、レンコン、里芋、ごぼう、こんにゃく(下ゆで)、干し椎茸(一晩かけて冷蔵庫で戻す)を炒め、ダシ(いりこダシ)と干し椎茸の戻し汁に砂糖+醤油+みりんを入れて煮込み、最後にインゲンを入れて出来上がりです。
 多くの素材から出た旨味が渾然一体となり、実に深くこくのある味わいになりました。
 サンマも実に大きくて脂がたっぷりのり、柔らかい皮と一緒にプリプリの身を口に入れると、まったりとした旨味が口一杯に広がり、もう幸せ一杯になりました。
 ちょっと食べ過ぎました。

和風あらびきハンバーグ
フィットブラ
しらすとわかめの酢の物、三色いなりとかぼちゃの炊き合わせ 夕食
《9/6(月)夕食》
・自宅にて★★
 今日は温めるだけの簡単メニューです。
1)和風あらびきハンバーグ
 味の素の「厨房代行」というブランドの業務用レトルトハンバーグです。温めるだけながら、ちゃんとお肉の香りとしっかりとした食感があり、なかなか美味しかったです。大根おろしを乗せ、きざみネギと和風ドレッシングをかけて頂きました。
2)三色いなりとかぼちゃの炊き合わせ
3)しらすとわかめの酢の物

→先日の麻布十番の屋台で買った「フィットブラ」という「ヌーブラ」もどき。試してみたのですが、なかなかの逸品です。

海外事業部のオフィス
愛宕グリーンヒルズ
ロールキャベツ弁当
ハンバーグ定食
ランチ
《9/7(火)ランチ》
・会社にて★+
 9月に入ってから、ランチはずっと新入社員のhさんと二人だったのですが、今日はお弁当(ロールキャベツ弁当)(600円)を買い込み、hさんを連れて海外事業部のオフィスへ行ってきました。
 アメリカ帰りのtalkative達と、純国産ながらおしゃべり好きな私の中に突然入れられ、上品なHさんは終始圧倒されていたようです。

 午後は我が王子、寿明様のいるゼロックスのオフィスへ。先日来のコピー複合機の最後の詰めの交渉を行い、結局ゼロックスに決定してしまいました。ミノルタさんごめんなさい。

 帰りがけ、愛宕近辺を歩いていると、友達が勤めている「愛宕グリーンヒルズ」の前を通りました。角を削った斬新なデザインのビルで、私たちはその姿から「面取りビル」と呼んでいます。長時間煮込んでも煮崩れしません。

 夜はいつもの「M」へ。パソコンとマウスのみで素晴らしアートを作り出してしまうJさんと話をしながら楽しいひとときを過ごしました。

→昨日の「フィットブラ」の記事を読んだ知り合いの男性から「そんなに胸が小さいのならばブラはいらないのではないか」という質問メールを受け、「なくても全然困らない」と回答したところ「疑問が解けて安心して仕事が出来る」と喜んでもらえました。とほほ。
 まあ、実際困らないのですが。

秋ナスのみそ炒め
ご成約の握手
大根の煮物、冷やし鉢 夕食
《9/8(水)夕食》
・自宅にて★★+
 台風一過の今日は猛暑がぶり返し、東京都心でも33℃に。ヨタヨタと薬局に行き、栄養ドリンクを1箱買ってきました。

 夕食は自宅で
1)秋ナスのみそ炒め
 何よりも旬の食材にかなうものはありません。中華鍋にみじん切りにした生姜とトウガラシを炒め、豚ひき肉+茄子+タマネギ+ピーマンを炒め、砂糖+醤油+酒+味噌で味付けします。
 茄子は皮がプチリとはじけ、中身はしっとりとやわらか。野菜もたっぷりで低カロリーの美味しいお総菜になりました。
2)冷やし鉢
 豆腐、キュウリ、わかめ、トマト、サニーレタスといった好きな生野菜を冷やし、ポン酢醤油をかけてかつお節を乗せて頂きます。
 今日のような暑い夜にはぴったりでした。
3)大根の煮物
 大根を、ダシ+砂糖+醤油+みりんで煮ます。素朴な家庭の味です。

→今日はゼロックスの寿明様が我がオンボロオフィスにやってきて、晴れてデジタル複合機の注文書を手渡しました。
「それでは記念写真を」
 と、当然のように私が切り出すと、一瞬焦ったようですが、そこは爽やか営業マン。スマイルを浮かべ、握手でファインダーにおさまってくれました。
 ちなみにゼロックスに決めたのは、厳密なコスト計算と徹底的な性能比較によるもので、決して営業マンのカッコ良さやおみやげで頂いた団子のせいではありませんので念のため。ほほほ。でもこれでもう会うこともないと思うとちょっと残念。

ラ・リューン
魚のベニエ香草タルタルソース
プレートランチ
焼き茄子のサラダ
ランチ
《9/9(木)ランチ》
・ラ・リューン(東麻布)(フレンチ)★★★★
 大好きな東麻布のプチ・フレンチ・レストランです。
 今日は会社の総務部の同僚と行ってきました。頂いたのはプレートランチ(1260円)(税込)。
1)魚のベニエ香草タルタルソース
 ベニエというのはてんぷらの様なもので、卵+水+塩+薄力粉を細長く切った魚にたっぷり着けて油で揚げたものです。
 衣はさっくりとかるく揚がっており、中の白身魚が実にしっとりと美味しくでき上がっていました。バジリコ入りのタルタルソースで香り豊かに頂きます。
2)焼き茄子のサラダ
 ここの野菜は実に美味しいです。しっとりと焼き上がった茄子、しゃっきりとした歯ごたえのピーマン、味の濃いトマトをシンプルなドレッシングで頂きました。
3)カボチャの冷製スープ
 こちらも上品ながらも濃厚な味わいで飲み後も爽やかなスープでした。

→先日、「面取りビル」のことを書いたら、「住友三角ビルも一緒に煮てみたらどうかしら」というアドバイスを頂きました。ビルの寄せ鍋みたいでいいですねー。

→今年はとても台風が多いです。アメリカのハリケーンなどには「キャサリン」といった名前が付いているようですが、実は日本にやってくる台風にもアジア名が付いているのだそうです。
 ちなみに先日の18号は「ソングダー」。北西ベトナムにある川の名前なのだそうです。
 個人的にはやはり人の名前を付けてもらいたいと思っています。「ヒロシ」などいかがでしょうか。
 「ヒロシが紀伊半島に上陸…」
 「ミサエも太平洋上を接近中!」

ganjuuyaa
生イカ一匹炭火焼き
ホタテバター焼き
海鮮グリル
大盛りムール貝ワイン蒸し
音楽仲間
夕食
《9/10(金)夕食》
ganjuuyaa(高円寺)(炭火創作料理)★★★
 魅力的なお店がひしめく杉並区高円寺にある、海鮮料理の美味しいお店です。今日は音楽仲間7人で行ってきました。
 店内は木をふんだんに使った落ち着いた雰囲気で、安くて美味しい海鮮料理を求めて満員でした。

 今日頂いたのは
1)海鮮グリル(1575円)
 大皿の上に、ハーブで美味しくグリルされた海老、イカ、鯵、わらさのかま、ムール貝、茄子、おくらなどがてんこ盛りになっています。
 
一品一品も美味しいのですが、お皿の上に残ったおつゆが、様々な旨味が渾然一体となって非常に美味しかったです。
2)生イカ一匹炭火焼き(525円)
 柔らかくて肉厚のイカが程よく焼かれています。大根おろしと一緒に頂けば、ビールにぴったり。
3)大盛りムール貝ワイン蒸し(682円)
 ムール貝たっぷり。身はプリプリで、こちらもお皿にたまったおつゆが実に濃厚な味わいでした。
4)ホタテバター焼き(630円)
 大振りのホタテをガーリックバターとトマトで頂きます。これだけで630円は格安!

 このほかにも、たくさんの海鮮料理をたらふくいただきました。高円寺、いい街です。

ビストロ・S
スペイン風生ハムのチョリソー盛
赤イカと活ダコのマリネ
仔羊のロースト
川俣シャモのロースト
田舎風テリーヌ
エスカルゴ
真鯛のソテー
夕食
《9/11()夕食》
・ビストロ・S★★★
 都内の山の手にあるフレンチビストロです。
 
店内はテーブル席が3つとカウンターというこじんまりとした広さで、赤を基調にした家庭的な雰囲気でした。
 
カウンターには小さな子供二人を含む家族連れが座り、地元に根づいたお店なのだなと思いました。
 今日頂いたのは
1)川俣シャモのロースト(1800円)
2)スペイン風生ハムのチョリソー盛(1200円)
3)田舎風テリーヌ(650円)
4)赤イカと活ダコのマリネ(850円)
5)エスカルゴ(700円)
6)仔羊のロースト(1900円)
7)真鯛のソテー(1300円)
 などなど。

 とにかくどれも美味しく、一緒に行った友達と5人でワインを飲みながら話に盛り上がっていたら、あっという間に4時間が過ぎてしまいました。
 お腹一杯食べて、ワインも一人一本くらい飲み、私の分担は7800円でした。

 大好きな友達がいて、美味しいお料理とお酒がある。これ以上の幸せはないと心から感じました。

ホヤを肴にしてビール がめ煮、サンマの塩焼き 夕食
《9/12(日)夕食》
・自宅にて★★
 昨日の幸せから一夜明けた今日は、朝から休日出勤。カラリと晴れた絶好の行楽日和だと言うのに〜。

 へとへとに疲れて夕方帰宅した後、昨日出来なかった掃除洗濯などをし、ホヤを肴にしてビールをいただきながら、サンマを焼きました。
 サンマは今年は豊漁なのですが、漁獲高制限をしているという噂を聞きました。本当でしょうか。実際、買うたびに値段が微妙に上がっています。今日は一匹150円でした。
 それから、先週作って冷凍しておいた「がめ煮」を解凍して頂きました。人参以外は冷凍の影響は小さく、なかなか美味しく頂くことが出来ました。

鮭イクラ親子丼 アップ 夕食
《9/13(月)夕食》
・ライブパブ(木場)★★+
 今夜は隔週で行っている音楽講座の日。
 7時半に行くと、店内は静まり返り、お客さんはまだだれも来ていませんでした。マスターはお出かけでいなかったため、今夜はママさんがお夕食を作ってくれました。
 出てきたのは「鮭イクラ親子丼」(お通し込みで1800円)。ふっくらと炊き上がったご飯の上に、たっぷりのイクラと鮭フレークが乗っています。演奏される音楽はギンギンのロックなのですが、こうやって純和食が出てくるのが面白くも嬉しいところです。

 やがてだんだんとお客さんも集まり始め、自然とセッションが始まりました。私の方はちょっとだけ音楽講座をやってもらい、早々に9時前にはお店を出ましたが、お店はこれから始まるという感じでした。
 月曜日からみんな元気ですねー。大したものです。

ma
刺し身定食
上品なHさん
穴蔵のような薄暗い「和」の空間
刺し身アップ
ランチ
《9/14(火)ランチ》
・ma(麻布十番)(和食)★★
 外壁は錆びた鉄板に覆われ、中に入ると穴蔵のような薄暗い「和」の空間にジャズやロックが流れる「和食」のお店です。
 今やすっかり仲良しになった新入社員の(上品な)Hさんと二人で行ってきました。
 今日頂いたのは「刺し身定食」(1000円)。鯛、かんぱち、ホタテ、マグロ、イサキの刺し身に、付け合わせのサラダ、卵焼き、煮物が付いています。
 比較的安価にランチがいただけるとあって、お店はとても繁盛しているようで、今日も店内はお客さんでいっぱいでした。

 Hさんはとても美人で若々しいのですが、なんと大学生のお子さんが二人もいます。おまけに、わが社の特筆すべき安月給で二人の学費を払ってあげているというのです。
 私のように遊びほうけている馬鹿者から見ると、ほんとに尊敬すべき偉い人なのです。すごいです。

やつめや
鰻茶漬け
お茶わんによそって
肝しぐれ
鰻茶漬けアップ
お茶漬けで
夕食
《9/15(水)夕食》
・やつめや(麻布十番)(鰻)★★★

 地下鉄麻布十番駅を出てすぐのところにある、昭和初期から続く老舗の鰻屋です。今日は音楽仲間と一緒に「鰻茶漬け」を食べに行ってきました。
 しかし、まずはお店の張り紙を見てびっくり。なんと今月末にお店は閉店してしまうとのこと。とても美味しい鰻をいただくことが出来る老舗が何故閉まってしまうのでしょうか。非常に残念です。

 お料理の方は、まずは「肝しぐれ」(680円)をつまみながらビールを頂きました。鰻の肝はまったく臭みやくせがなく、コリコリとした食感がたまらない逸品です。実にビールとよく合います。

 そしてお待ちかねの「鰻茶漬け」(2300円)。香ばしく焼き上がった鰻とご飯がおひつの中に入っており、まずはそれをお茶わんについで、鰻を口に運んではビールやご飯で堪能しました。備長炭で焼き上げた鰻は最高に美味しかったです。
 そしてさらにお茶をかけてお茶漬けで頂きました。鰻を茶漬けで頂くのは初めてだったのですが、こんなに美味しいとは知りませんでした。鰻の脂とお茶のさっぱり感がとてもマッチしていて二度びっくり。
 鰻を堪能しつくした感があり、大変満足でした。このお店が無くなってしまうのは本当に残念です。

甘エビ お吸い物、小松菜とベーコンのお浸し、天丼 夕食
《9/16(木)夕食》
・自宅にて★★
 夕方頃仕事をしていたら、急にエビを食べながらビールが飲みたくなり、帰りがけのスーパーで甘エビ買ってきました。
 本当はぷりっぷりの「子持ちボタンエビ」を頂きたいところなのですが、まあこれで我慢しましょう。しかし、ちゃんと緑色の卵も持っており、とろけるような甘い身を口に運んではビールをグイグイと飲んで、とても幸せな気持ちになりました。
 最近、酒の肴を買うのが何よりの楽しみのようになっている気がします。

 前菜の後は、お夕食です。今夜は
1)天丼
 温めるだけなのですが、
エビ、イカ、インゲン、枝豆はどれも美味しく、十分に楽しめました。
2)小松菜とベーコンのお浸し
3)お吸い物

インド洋生マグロ、サンマの刺し身
ヒラメお造り、ハマグリ網焼き
兵庫のタコ、ホヤ 夕食
《9/17(金)夕食》
・自宅にて★★+
 今夜は女友達3人で大塚に美味しい魚を頂きに行く予定だったのですが、それが急に流れてしまいました。頭の中は既に「美味しいお刺し身」で一杯だったため、会社の帰りにスーパーに立ち寄り、好きなだけお刺し身を買い込み、自宅で一人で酒盛りにいたしました。

 買ってきたのは
1)サンマの刺し身(480円)
 サンマは火を通した方が美味しいと思っていたのですが、これは脂がほどよく乗り、刺し身ながら臭みもほとんどなく、実にまろやかな舌触りでした。今年はほんとにサンマが美味しいです。
2)インド洋生マグロ(980円)
 「生」という言葉にひかれて買ってみました。とろりと舌の上でとろける中トロが実に美味しかったです。
3)兵庫のタコ(383円)
 明石かどうかはわからないのですが、外国産と比べて弾力があり、噛みしめた時のほとばしる旨味も一段上のような気がしました。コストパフォーマンスでは一番と言えるでしょう。
4)ホヤ(199円)
 一塩したキュウリとワカメと一緒にポン酢醤油で頂きました。今や我が家での定番の一品。ビールとベストマッチングです。
5)ヒラメお造り(1134円)
 今日の一番のぜいたく品です。薄く包丁で引き、ワサビ醤油で頂きました。歯ごたえはさすがに一級品にはかないませんが、甘味があってなかなか美味しかったです。
6)ハマグリ網焼き(308円)
 大振りのハマグリを直火で焼きました。噛みしめた時の「じゅ!」としみ出る旨味がたまりません。

 今日はここの掲示板で勧めてもらった「クレヨンしんちゃん・大人帝国の逆襲」を見ながら夕食をいただきました。ノスタルジックな映画に魅入り、ひろしの子供時代から家族を持つまでの回想シーンに涙を流し、感極まりながらお酒を飲んでいるうちにすっかり酔っぱらってしまいました。

 明日からやっとこさ夏休み。厳しかった夏を想い、のんびり過ごしたいと思っています。

大好きな仲間
カイピーニャ
生ビールサーバー
セッションタイム
お肉お肉
焼かれたお肉とビナグレッジソース
黒焦げになったサンマ
夜が更けても続きます
ランチ
◇夏休み1日目
《9/18()ランチ》
・夢の島公園(江東区夢の島)★★★
 今日は音楽サークルのブラジル式バーベキューでした。前回(7/11)は空前の二日酔いでの参加だったのですが、今日は体調万全。ピッカーニャ、アウカトラ、リングイッサといったお肉を大量にいただきました。
 これらのお肉に岩塩の粗塩をこすりつけて炭火で焼き、ビナグレッジソースという”タマネギ、トマトなどのみじん切り”と”オリーブオイル、ビネガー”を合わせて作ったソースをからめて頂くのがブラジル式。シンプルなのですが、信じられないほど美味しいのです。ビネガーの酸味とタマネギの辛みがお肉と実によく合い、お肉がどんどんお腹に入ってしまいます。
 お酒は今回は本格的な生ビールサーバーがあり、感涙物に美味しかったです。そしてピンガとライムで作ったカイピーニャも必須アイテム。
 今回は秋ということでサンマも焼いたのですが、かなり黒焦げになってしまいました。でも中身はとても美味しかったです。

 お腹がふくれたら、いつものようにセッションタイムです。太鼓や弦楽器を持ち出し、夜もふけて周りに誰もいなくなるまで悦楽の時間が過ぎてゆくのでした。
 天気も良く、暑くも寒くもなくじつに快適。美味しいお料理にお酒、音楽、そして大好きな仲間に囲まれて、ほんとにほんとに楽しい一日でした。

3匹の子ぶた
キュウリのサラダ
ロースステーキ200g
店内
シーザーサラダ
女友達
夕食
◇夏休み2日目
《9/19()夕食》
・3匹の子ぶた(富岡)★+
 下町の路地の奥まったところにあるステーキ屋さんです。大通りには看板こそあるのですが、看板に従って路地に入っても、なお場所がわからないほど分かりにくい場所にあります。
 しかしお店のドアをくぐってみてびっくり。7つあるテーブルは私たちの分を残して全て家族連れで埋まり、超満員。地元の住民にこよなく愛されているのでしょう。

  頂いたのは
1)キュウリのサラダ
2)シーザーサラダ
3)ロースステーキ200g(2400円)
 お肉は炭火で焼いてあり、香ばしくて柔らかかったです。赤ワインがくいくいと進みます。
 昨日あれだけ肉を食べたのにまた今日も頂いてしまいました。コレステロールと尿酸がのことが頭の片隅で気になります。

 食事の後は今日一緒に行った女友達と3人で映画「インファナル・アフェア」を見に行きました。香港マフィアの話なのですが、「ゴッドファーザー」や北野武映画に通じる哀しみが全体を通して流れ、深く心に突き刺さりました。

→劇団四季のミュージカル「cats」がついに東京に戻ってきます。私は前回の東京公演(約10年前)以来の熱狂的ファンで(歌も全部空で歌えます)、今回の公演も是非見たいと思い、チケット発売の昨日から予約電話をかけたのですが、「回線混雑」のアナウンスが流れるばかりで、全く繋がる「気配」さえありませんでした。
 調べてみると、会員先行予約の9/5の初日の4時までで6万枚のチケットが売れてしまい、劇団四季始まって以来の空前の予約殺到だったということです。
 そして私の方は、やっと今日の昼過ぎに電話がつながり、4月(3人分)と12月(1人分)の公演をなんとか取ることが出来ました。しかしずーっと後ろの方の席でした。
 でも今から行くのが楽しみで仕方ありません。冬の楽しみが一つ増えました。わくわく。

tori ton
馬刺し
日向鶏もも肉塩焼き
串焼き
おにぎり
toritonサラダ
ばくらい
銀ムツの西京焼き
ぎんなん&ササミ
非常用品
夕食
◇夏休み3日目
《9/20()夕食》
・tori ton(門前仲町)(串焼き)★★+
 低い入り口を背中をかがめて入ってゆく、隠れ家的演出のお店です。三連休最終日ということで、お客さんは比較的まばらでした。
 今日頂いたのは、

1)toritonサラダ(700円)
 ごま油のドレッシングが香ばしい、レタスと鶏肉のサラダです。
2)馬刺し(800円)
3)ばくらい(530円)
 日本酒にはやはりこれですね。
3)日向鶏もも肉塩焼き(800円)
 柔らかくも歯ごたえのある地鶏をしっとりと焼き上げてありました。
4)銀ムツの西京焼き(750円)
 しっとりと脂が乗り、噛みしめると旨味が口一杯に広がるのでした。まさに泳ぐ旨味。
5)串焼き3点盛り(670円)
6)ぎんなん&ササミ(480円)
7)おにぎり(610円)

→先日nhkの「ためしてガッテン」の防災特集を見てから、我が家の非常用品の見直しをしてみました。

公園とおにぎりとビール
大観覧車
海!
芝生公園
観覧車からの眺め
アルカキット
ランチ
◇夏休み4日目
《9/21(火)ランチ》
・葛西臨海公園(江戸川区)
 せっかくの夏休み、天気が良いうちにどこか(行楽のようなものに)行きたいと思い、一人で葛西臨海公園に行ってきました。
 この公園は、もう10年以上前、ずっと人生を共にするであろうと思っていた人とよく来ていた思い出の場所です。
 その後一人になってからも、年に一度くらい来てはベンチに座ってぼんやりとしています。私のお気に入りは「芝生公園」。ちょっと奥まっている所にあるため比較的空いていたのですが、その後大きな観覧車が作られ、景観や人の流れもすっかり変わってしまいました。
 この公園は休日にはカップルや家族連れで大混雑するのですが、今日は人影もまばらでした。それでも手をつないだカップルがちらほらと見かけられました。
 今日もお気に入りのベンチに座り、海から吹いてくる心地よい風を肌に感じながら、ぼんやりしたり、ビールとおにぎりを頂いたりして1時間ほど過ごしました。すぐ横にある東屋では、おじさん二人がまったく身じろぎせずに昼寝をしていました。なんとものんびりとした気持ち良いひとときでした。
 その後、初めて観覧車に乗ってみました。てっぺんに近づくにつれて西には都心が、南には房総半島までが見渡せ、なかなか気持ち良かったです。

 その後バスで錦糸町に行き、「アルカキット」という「そごう」の跡ビルに出来た複合施設に行ってみました。広大な売り場面積を誇る100円ショップ(ダイソー)が目当てです。しかし、100円ショップもかつてのような驚きはなくなり、少し魅力的な品物は315円、525円という値札がついており、ちょっと残念でした。
 さらに映画「アイ・ロボット」を見てきました。ターミネーターの様なロボットのタフネスさ、少林サッカーの様な格闘シーンも見物だったのですが、感情を持ってしまったロボットの哀しみも描かれており、なかなか面白かったです。最後の点では「アンドリュー」が心に残っていますが。

ガスパッチョ
パエリア
ライブパブ
ラーメン
ホタテとキャベツのマリネ
友人と
180円ラーメン
ラーメン仲間
夕食
◇夏休み5日目
《9/22(水)夕食》
・自宅にて★★+
 夜は音楽講座でいつも先生としてお世話になっているSさんを自宅に招き、友人と一緒にコード理論を教わりました。
 まずはその前に腹ごしらえ。お料理教室で教わった料理を作って白ワインと一緒に頂きました。

1)ガスパッチョ
 前菜はカルパッチョにするかドンガバチョにするか迷ったのですが、結局ガスパッチョにしました。
 トマト缶詰め、ニンニク、タマネギ、キュウリ、赤ピーマン、コンソメスープ、オリーブオイルをミキサーに入れ、「ギュイーン」と回せば出来上がり。極めて簡単です。
 頂く時にキュウリと赤ピーマンのみじん切りを浮かべます。さっぱりとした中に、トマトの香りとタマネギとニンニクのぴりりとした辛みが効いたスープになりました。二日酔いの朝にも良さそうです。
2)ホタテとキャベツのマリネ
 キャベツはゆがき、ホタテ、房から外したオレンジと共に、オリーブオイル+粒マスタード+塩コショウでマリネします。
 キャベツの歯ごたえが心地よく、ホタテの旨味とオレンジの酸味、マスタードの辛みがよくマッチしていました。
3)パエリア
 鶏肉はあらかじめ軽く茹で、さらに焼いて焦げ目をつけます。エビ、ピーマン、インゲンを炒め、トマト、鶏肉を茹でたスープ、サフランを加えて煮立たせ、米を加えて煮込み、さらにアサリ、鶏肉を加えてさらに煮込みます。
 簡単ですが、結構本格的なパエリアが出来てしまいます。

 ワインで結構酔っぱらってしまったのですが、その後コード理論講座をやってもらい(とても勉強になりました)、さらにその足でライブパブへ。
 3時近くまでセッションなどをやった後、180円ラーメンを皆で食べに行き、寝たのは明け方近くでした。

友人宅
中華お総菜
お刺し身、鯵のお寿司
タイ式カレー
夕食
◇夏休み6日目
《9/23()夕食》
・友人宅★★
 朝はなんとか10時過ぎに起き上がり、午後から友人宅に遊びに行ってきました。
 先日新築したばかりの友人宅は吹き抜けのある開放的な素晴らしい一軒家。広いリビングで共通の友人を含めた4人で、楽器を弾いたり、パソコンでdtmをやったりしながら楽しく過ごしました。

 お夕食は私の大好きなコチを始めとしたお刺し身、鯵のお寿司、中華お総菜、さらにお手製のタイ式カレーでした。カレーは辛かったのですが、スパイシーで良い香りがしてとても美味しかったです。

 楽しく、くつろいだ時間を有り難うございました。おかげさまで良い休日になりました。

「ガイジン」に変身
プラッサ・オンゼ
バランサ
踊る宗教
大人の銀座
フェジョアーダ
音楽仲間
バランサのdenさんと
夕食
◇夏休み7日目
《9/24(金)夕食》
・プラッサ・オンゼ(北青山)(ブラジルライブレストラン)★★+
 6/6にヘアカラーをして「ガイジン」に変身したのですが、だんだんと根元から魔法が解けて「ニホンジン」に戻ってきてしまったため、午後から美容院に行って、再び「ガイジン」になってきました。
 途中ラップで頭をグルグル巻きにされ、お料理になったようで楽しかったです。しかし髪を洗い流す時に
「気持ち悪いところはありませんか?」
 
と聞かれ、洗い台の上でエビぞりながら返答に困りました。

 「ガイジン・モカ」になったところで、さっそうと大人の銀座へ。しかしデパートに足を踏み入れるとキレイな人がたくさんいてドキドキし、値札を見てさらにドキドキし、結局何も買えずにそのまま出てきてしまいました。

 銀座はまたの機会に譲ることにし、その足で北青山へ。「プラッサ・オンゼ」(ブラジル音楽のライブレストラン)で行われた、国内随一のパゴージバンドである「バランサ」のライブに行ってきました。
 このお店はお料理もなかなか好評で、今日頂いた「フェジョアーダ」(1800円)も、じっくりと煮込んだお肉と豆からとても良い味が出ており、大変美味しかったです。
 今日のライブには私の呼びかけに応じて音楽仲間7人も来てくれ、素晴らしいライブの音楽に酔い、踊り、皆で最高に楽しい時間を過ごしました。

本牧亭
このわた
陽司師匠と一緒に
二次会
クジラベーコン
陽司師匠
歓談風景
おでん
夕食
◇夏休み8日目
《9/25()夕食》
・本牧亭(上野広小路)(日本食料亭)★★+
 昨日のブラジルサンバから一転して、今日は古典芸能の「講談」に行ってきました。お目当ては、長年来のご贔屓である「神田陽司師匠」です。
 そのまえにまずは講談仲間で一杯。クジラベーコン(時価)、このわた(時価)などをつまみながらビールや日本酒を飲み、講談や落語などの話で大いに盛り上がりました。

 陽司師匠の今日のお題は「野村克也物語」。歴史物だけでなく、こうした現代のお話も講談では大変面白い聞き物なのです。
 南海ホークスの捕手として長年活躍し、阪神の監督として栄光をつかんだ伝説の選手の幼少期からの物語を実に痛快、ドラマチックに聞かせてくれました。
 講談が終わると、師匠を交えて皆でまた楽しいひとときを過ごしました。こうした身近なつき合いがじつに楽しいのです。

 しこたま飲んで食べた後に、今度は講談仲間で二次会へ。ここでも、おでんや地鶏塩焼きなどを頂きながら日本酒を頂きました。
 今日の講談仲間は、かれこれ7年来のおつきあいになるTさんの紹介。ほんとにいい人たちばかりで、なおかつ実にマニアック。オタクな私でもついてゆけない話ばかりでとても楽しかったです。

友人宅前で
友人宅でのおつまみ
まる
エリンギの炭火焼き
日本酒たち
飲み仲間
タコのあぶり焼き
鶏もも肉の串焼き
夕食
◇夏休み9日目
《9/26(日)夕食》
・まる(鎌取)(居酒屋)★★
 霧雨の降る涼しい休日、鎌取(千葉)の友人宅まで行ってきました。
 今日のメンバーは、かれこれ7年前にワインスクールで知り合った女友達4人です。この4人のすごいところは、全員が同じだけお酒を飲めること。そして何よりも一緒にいて心の底からくつろげ、お互いを尊重し、何でも心置きなく話すことが出来ることなのです。
 今日も都内の駅から友人宅まで、そして友人宅でお酒を飲みながら、さらに二次会の居酒屋まで全く途切れることなく楽しい会話が続きました。一体何をそんなに話すことがあるのかと自分でも不思議なのですが、この仲間といると話がつきないのです。

 友人宅では、まずビールを飲んだ後、手土産で持っていった日本酒「酔心」(広島)(1575円税込+送料600円)と「天神囃子」(新潟)(1328円税込+送料630円〜)の二本を飲みました。どちらも実に飲み口がかろやかで後味が爽やか! そのあまりの美味しさに話もはずみ、全員すっかり上機嫌に。

 さらに行った居酒屋「まる」では「タコのあぶり焼き」「エリンギの炭火焼き」「鶏もも肉の串焼き」などを頂きながらまたもや話がはずみ、メンバーのKちゃんの「一年以内ご成婚プロジェクト」などを計画しながら、すっかり全員酔っぱらってしまいました。

  こうして、私の遅すぎた春…、ではなくて遅い夏休みは酒浸りのうちに終了したのでした。肝臓くん、ご苦労様でした。

ナメコのおみそ汁、サンマの塩焼き
es [エス] dvd
イカと大根の煮物&イカ刺し、かぶのぬか漬け 夕食
《9/27(月)夕食》
・自宅にて★★★
 今日は10日ぶりの出勤。朝起きる時の辛さは相当なものでした。冬眠中に無理やり掘り出された蛙はこんな気持ちなのかもしれません。
 ゲコゲコと這うように会社へ。一日中漬け物石を頭に乗せているような状態で仕事をしていました。

 夜は、体に優しいものを食べたくなり、お魚尽くしにしました
1)サンマの塩焼き
 特大サンマです。焼いた後にもお皿に脂がたまるほど脂が乗っており、そのジューシーな美味しさはまさに旬の味覚の王様という感じでした。
2)イカと大根の煮物&イカ刺し
 イカ(青森産)を丸ごと一杯買い、半分を刺し身に、半分を大根(青森産)と一緒に煮物にしました。
 刺し身とても甘く、モチモチとした食感が心地よかったです。
 煮物はイカを最初にさっと茹でて取り出すのがポイント。火が通りすぎると硬くなります。生姜を入れて臭みを消し、最後にインゲンを入れました。イカも柔らかくて大変美味しかったです。
3)ナメコのおみそ汁
4)かぶのぬか漬け

→テレビで映画「es」を見ました。ボランティアが囚人と看守の二組に分かれてその役割を演じるという心理学実験です。
 かつてスタンフォード大学で実際に行われたものを再現したらしいのですが、看守がだんだんと高圧的、暴力的になり、悲惨な結末へと向かう様子を見ていて、テレビにくぎ付けになってしまいました。こんなに衝撃的な映画は「ミッドナイト・エクスプレス」以来かもしれません。
 人間の心の奥底に潜む残虐性や集団心理を実によく現している作品だと思いました。オススメ。

八宝菜
レンジで牛タン
えのきスープ、蒸し鶏と大根のサラダ
レンジで牛タン
夕食
《9/28(火)夕食》
・自宅にて★★+
1)八宝菜
 人参、白菜、タマネギを炒め、さらにタケノコ、エビ、イカ、キクラゲ、ホタテ、豚肉、絹さやの入った「特性八宝菜ソース」を炒め合わせて出来上がり。様々な具が渾然一体となって、実に奥深い味わいになりました。
2)えのきスープ
 水にコンソメ+酒+塩+胡椒を入れて煮立て、ニラとえのきを入れて一煮立ちさせて出来上がり。さっぱりとした中華スープになりました。
3)蒸し鶏と大根のサラダ
 サニーレタスの上に、千切りにしたキュウリ+大根、トマト、ワカメ、酒を振りかけてレンジにかけた後に細く裂いた鶏胸肉を乗せ、醤油+砂糖+ごま油で味付けします。こちらもさっぱりとしたサラダになりました。

→仙台帰りの会社の同僚に、「レンジで牛タン」というものを頂きました。備長炭で焼き上げた牛タンが切った状態で真空パックになっており、レンジで30秒程度温めるだけで頂けるというものです。
 これが食べてみてびっくり!! 柔らかくもしっかりとした歯ごたえで、しっとりと脂が乗っており、炭火で焼き上げた時のままの味わいがそのまま保たれていました。ビールに最高に合うこと間違いなし。
 久しぶりの会心の商品だと思います。今日頂いたのは「特上舌しぐれ」(315円、税込)だったのですが、さらに高級な「極上大トロ」(630円、税込)というのもあるそうです。送料は525円。早速注文してみました。到着が楽しみです。

節約弁当
殺風景な小部屋
「上品なhさん」と一緒に ランチ
《9/29(水)ランチ》
・会社にて
 久しぶりに「節約弁当」の登場です。先月6千円しか貯金出来なかったのと、今冬は「ガスファンヒーター」を買おうと思っているため、しばらく節約です。(まあ、気休め程度ですが…)
 今日のお弁当を見て、後輩社員が
「モカさん、今日は懐石料理ですね!」
 と笑顔で言ってくれました。なんともポジティブで優しい言葉ではないですか。ちょっと感激。

 お弁当は、半額だった冷凍食品の「はさみカツ」「ハンバーグ」、それに簡単なサラダです。いつものようにおみそ汁を添えてお盆に乗せ、今やすっかり仲良しになった「上品なhさん」と一緒に、殺風景な小部屋で頂きました。

 hさんと話していて、「伝言ダイヤル」の話題になりました。携帯電話が今のように普及する前、友達との待ち合わせにこれを使ったのがほんの最近のように思われます。そう言えば、伝言ダイヤルを使った出会いサイトのようなものもありましたね。

 この伝言ダイヤル、まだnttではやっているそうです。

しめじのみそ汁、サンマの塩焼き
夕方の東京タワー
イカと里芋の煮物、イカの刺し身 夕食
《9/30(木)夕食》
・自宅にて★★★
 月曜日と「間違い探し」の様にそっくりなメニューになってしまいました。でも大好きなんです。
 さて今日は何が違うのでしょうか…。サンマの向きもそうですが、今日は煮物の野菜を大根から里芋に、みそ汁の具をしめじにしてみました。
 里芋はイカを軽く煮た後のお汁で、落とし蓋をしてじっくりと煮込みました。とろけるように柔らかく、甘くてとても美味しかったです。
 イカは丸ごと二杯買い、1/4ほどを刺し身にしました。皮をむくのがちょっと大変でした。そういえば、私の実家ではイカの刺し身は卵の黄身をからめて頂いていたのですが、これは一般的なのでしょうか?

→台風一過の今日、会社から東京タワーがとてもきれいに見えました。秋ですね〜。

Translate »