2004年10月


酢鶏弁当
狸穴公園
J・Hさんと一緒に、お弁当
雀
ランチ
《10/1(金)ランチ》
・狸穴公園(麻布狸穴)★+
 昨日に引き続き、日中は初夏を思わせるような陽気でした。
 ランチは同僚のJ(上品)・Hさんと一緒に、お弁当(酢鶏弁当)(650円税込)を持って狸穴(まみあな)公園へ。この公園は「港区のチベット」と私が呼んでいる「麻布狸穴町」の麻布十番側の入り口に位置し、とても静かで緑の深い、都会のオアシスのような公園なのです。

 会社を出る時、J・Hさんが
「スカートが汚れるから、何か敷くものを持っていきましょう」

 と素敵な笑顔で言ったため、私は「そうか」と思って、とっさに古新聞をつかんだのですが、J・Hさんはきれいな白い紙を手にしていました。育ちの違いが出ます。

 公園で食事をしていると、私たちの足下に雀が近寄り、「好き好き光線」を発してきました。試しにご飯粒を投げてみると、喜んでバクバクと食べてくれました。なんとものどかな昼休みでした。

 今夜は何の予定もなく、まっすぐ帰宅しました。金曜日の夜に何もないというのはけっこう珍しいことです。
 一人で暗い夜道を歩いている時、急に寂しい気持ちにおそわれたのは、肌を撫でる風に秋を感じたからなのかもしれません。
 家に帰ると、途中で買ってきた「イサキの刺し身」をつまみにビールを飲み、レンタルビデオで「クレヨンしんちゃん」を見ました。冷えた心にポッと暖かい灯がともるようでした。

→私は、とある大病院の内科にかれこれ4年以上定期的に通っています。先日何気なくインターネットで、福岡にいた子供時代に仲が良く、慶応の医学部に行った友達の名前を検索してみたら、なんと同姓同名の医師がその病院の内科にいるではないですか。
 今日は通院日だったため、担当医に尋ねてみたところ、まさしく当人でした。なんたる奇遇。20年以上たって気がつかないうちに近くにいたとは。次回にでも会ってみようかと思っています。
 しかし、ハッピーな再会とは逆に、尿酸値がまた上がってしまいました。まずいなー。

みそ汁、カンパチの刺し身
黄身の薄い卵
ひじきの煮物、サンマの塩焼き
レンジで牛たん
夕食
《10/2()夕食》
・自宅にて★★+
 目が覚めたのはお昼間近の11時50分。
 這うようにリビングに行ってテレビをつけると、イチローの大リーグ記録達成のニュースが流れていました。ここのところ、記録達成間近で毎日ハラハラドキドキし、食事も喉を通らない状態…、ではなかったのですが、ほんとに自分のことのように緊張していました。
「あー、見ていられない、でも見てみたい」
 私はこういうプレッシャーにとても弱いのです。
 それにしても、世界中から注目される中でもペースを崩さないというのは本当にすごいと思いました。

 今日は一日爽やかな秋晴れ。のんびりと掃除や洗濯をし、夕暮れになって外に出てみると、どこからかかすかな金木犀の匂いがしてきました。四季のある日本に生まれて良かったと思う瞬間です。橋の欄干にもたれて、しばらく道を行き交う人や空を眺めていました。
 「いずこも同じ秋のゆふぐれ…」
 
 先日の「ためしてガッテン」で秋サバの特集を見たため、今日は絶対に「ガッテン式サバの味噌煮」を作ろうと思い、張りきってスーパーの鮮魚売り場に乗り込んだのですが、なんとサバは売りきれ。これってガッテンの影響?
 失意の中、売り場を彷徨っていると、日本酒の売り子さんに呼び止められ、小さなカップに半分くらいの日本酒を三杯立て続けに試飲させてもらいました。空きっ腹に日本酒でいい気分になり、気を取り直して買い物をして帰ってきました。

 そんなこんなで今夜作ったのは
1)カンパチの刺し身
 
なかなか身が締まっていて、歯ごたえも良く美味しかったです。刺し身にビール、いいものです。
2)サンマの塩焼き
 ここのところの定番メニューです。
3)ひじきの煮物
 ひじき、切り干し大根、小松菜、人参、油揚げ、干し椎茸、桜エビを、ダシとみりん、そして醤油だけで作る煮物です。
 それぞれの素材から出る旨味が渾然一体となって、実に奥深い味わいを出してくれます。

→先日スーパーで10個で98円の卵を買ってきたのですが、今日割ってみて、黄身の色があまりに薄いので驚いてしまいました。
  写真では分かりにくいかもしれませんが、白みがかった薄い黄色なのです。食べてみても、味も香りもあまりありませんでした。安全性にも問題があるのかも知れません。
 卵を1個9.8円で産まされているニワトリが気の毒に思えてしまいました。

→先日注文した「レンジで牛たん」が宅配便で到着しました。今回は前回の「特上舌しぐれ」に加えて「極上大トロ」もあります。楽しみ〜。

サンドイッチ
スコーン
巻き寿司
ケーキ
生ハム
日本酒
夕食
《10/3()夕食》
・友人宅にて(都内)★★★
 一日中雨の降る休日。世界中がきれいに洗われるようで、こんな休日もいいかなとちょっと思いました。
 夕方より友人宅へ。仲の良い5人がそれぞれに様々な食材を持ち寄り、話をしたり、ビデオを見たり、楽器を弾いたりと、とても楽しく、くつろいだ時間を過ごしました。
 頂いたのは、サンドイッチ、スコーン、生ハム、ケーキ、巻き寿司、チーズ、沢庵。飲んだのは、紅茶、甲州赤ワイン、日本酒。
 何でもありの楽しいテーブルになりました。

 深夜の一人の帰り道、ほろ酔い気分で上を見上げると、傘についた水滴が街灯の光に照らし出され、とてもきれいでした。雨が降ると喜んで外に出て走り回った子供の頃をちょっとだけ思い出しました。

豚肉のみそバター炒め
幻想的な東京タワー
粉ふきサツマイモ、じゃことレンコンのサラダ 夕食
《10/4(月)夕食》
・自宅にて★★+
 今日も一日雨。夜になって持病の肩凝りが出てきました。前線が近づいているのかもしれません。
 夕食は

1)豚肉のみそバター炒め
 中華鍋にバターを熱し、豚もも肉のみそ漬け、タマネギ、しめじ、ピーマンを炒め、粗びき黒胡椒と塩で仕上げます。
 味噌とバターの香り、豚肉の旨味、野菜の歯ごたえが実によくマッチし、大変美味しいお総菜になりました。ご飯にピッタリ。
2)じゃことレンコンのサラダ
 キャベツのお浸し、スライスしたレンコンを軽く茹でたもの、トマト、大根おろし、じゃこをポン酢醤油で頂きます。
 とてもさっぱりとして、豚肉のこってり感とよく合うサラダになりました。
3)粉ふきサツマイモ
 ダシ汁でサツマイモを水から弱火でじっくりと茹で、ダシ汁を捨てた後、醤油+砂糖+みりんで味付けしながら鍋を揺すって粉を吹かせます。最後に黒ゴマをたっぷりかけて。
 サツマイモの甘味とほくほく感がとても心地よかったです。

→雲が低く垂れ込め、東京タワーが幻想的な光を放っていました。

みそ汁、イカと里芋の煮物
愛のおにぎり
粉ふきサツマイモ、温泉卵 夕食
《10/5(火)夕食》
・自宅にて★★
 今日も一日雨。
 昨日の夜から具合が悪く、今朝も会社には行ったものの、どてらを羽織ってデスクにつっぷしたまま動けませんでした。そして10時半頃についに観念して早退。

 帰りがけに、近くの「M」の店内をのぞいたところ、お父さんが会釈してくれたので、扉を半分開けて「風邪ひいた〜。帰って寝ます〜」とだけ言ってそのまま雨の中をとぼとぼと家に向かっていました。すると後ろから私を呼ぶ声が。なんとおにぎりを作って、土砂降りの雨の中を「M」のEちゃんが走って持ってきてくれたのです。
 こんなに嬉しいことはなかなかあるものではありませんでした。本当に「M」の皆さまいつも有り難うございます。

 一度帰宅して近くの内科へ。薬をもらい、ついでにインフルエンザ予防接種の予約をしてきました。昨年は出遅れてずいぶん高いところで接種してもらったので、今年は早めに予約出来て良かったです。ちなみに2700円だということです。

 その後、家に帰って夜まで爆睡。だいぶ体調は良くなりました。
 夕食は冷凍しておいた「イカと里芋の煮物」に昨日の残りの「粉ふきサツマイモ」。それに「小松菜のみそ汁」「温泉卵」を頂きました。
 これだけ食欲があるから大丈夫でしょう。

芋子汁 白菜のお漬け物、焼きイカ

夕食
《10/6(水)夕食》
・自宅にて★★
 昨日から打って変わって、朝から秋晴れでした。風邪の具合もだいぶよくなり、晴れて私も会社へ。
 掲示板やメールで温かい励ましのお言葉をくださった皆さま、有り難うございました<(_ _)>

 夕食は
1)芋子汁
 里芋、コンニャク(下ゆで)、ごぼうを、出し汁+醤油+みりんに入れて火にかけます。沸騰したら牛肉を入れ、アクを丁寧にすくいながら煮込みます。
 最後に豆腐、なめこ、春菊を入れて一煮立ちさせて出来上がり。
 調味料は必要最低限という感じで、素材から出た旨味を活かした素朴なお汁でした。植物繊維も多く、体に良さそうです。
2)焼きイカ
 みりん+醤油に漬け込んだイカを、フライパンの上でバターで焼き上げました。
3)白菜のお漬け物

ラ・パレット
西洋ネギのスープ
紅茶のプリン
店内
タカベのソテー
紅茶
ランチ
《10/7(木)ランチ》
ラ・パレット(麻布十番)(フレンチ)★★★+
 麻布十番の「へそ」である「パティオ十番」に面した、小さなフレンチのお店です。
 半地下になった店内にはテーブルが3つにカウンターがあり、インテリアも家庭的でとっても落ち着いた雰囲気でした。きっと入った瞬間に誰もが好きになってしまうと思います。

 今日は1,575円(税込)のランチコースを頂いてみました。前菜、メインをたくさんの種類から選ぶことが出来、これにデザートとお茶が付きます。私が選んだのは

1)西洋ネギのスープ
 生クリームのとろけるような食感の中に、西洋ネギの甘味とほのかな香りが感じられ、とっても上品で爽やかなスープでした。
2)タカベのソテー
 タカベはスズキの仲間のお魚です。しっとりと脂ののった白身を表面はカリッと、中はジューシーに焼き上げてありました。
 エシャロットのソースが香ばしかったです。
3)紅茶のプリン
4)紅茶

 最初、1575円という値段にちょっと引いてしまったのですが、十二分にその価値のあるランチだと思いました。是非とも夜にも来てみたいお店です。

◇東京都港区麻布十番2-13-2 03-3452-0600

ラ・リューン
ポテトグラタン ボロネーゼ
ペッパーランチ
ワンプレートランチ
有機野菜のサラダ、有機カボチャのスープ
ハンバーグ&チキンソテー
ランチ
《10/8(金)ランチ》
・ラ・リューン(東麻布)(フレンチ)★★★+
 東麻布の住宅地の中に佇む、私がこよなく愛するフレンチのお店です。
 お料理の味やお店の雰囲気も素晴らしいのですが、スタッフの暖かい接客がまた嬉しいのです。

 今日頂いたのはワンプレートランチ(1260円税込)。本格的なお料理をお手ごろな価格で楽しむことが出来ます。
1)ポテトグラタン ボロネーゼ
 ボロネーゼとは、ボローニャ風ミートソースのこと。一口大のポテトの上に、たっぷりとこのソースが乗っていました。深いお肉の味わいを楽しむことが出来ました。
2)有機野菜のサラダ
 水菜、マスタードレタス、赤芯大根、キャベツをさっぱりとしたドレッシングであえてありました。野菜本来の旨味と香りを活かしたサラダでした。
3)有機カボチャのスープ
 カボチャの甘味が心地よい、しっとりとなめらかなスープでした。

 夜は久しぶりに秋葉原に行き、ペッパーランチで「ハンバーグ&チキンソテー」(800円税込)をいただきました。これだけのものを美味しく食べられるだけ体調が回復したことが何よりも嬉しく、もろもろの神様に感謝したい気持ちになりました。

サバの味噌煮作りかけ
みそ汁、もやしお浸し、秋サバチーズ味噌
サバの味噌煮出来上がり 夕食
《10/9()夕食》
・自宅にて★★
 今日は観測史上最大級という台風が関東地方に上陸しました。昨夜からそのことはわかっていたため、今朝は起きるとすぐに着替えて、近くのスーパーに買い出しへ。先週は売り切れてしまっていたサバを無事入手することが出来ました。

 夕方近くまで掃除や洗濯をし、その後「レンジで牛タン」や「干しホタテ貝柱」などをつまみながらビールを飲んでいたらすっかり酔っぱらってしまい、時折窓の外の暴風雨を眺めては「おーすごーい」などとつぶやき、ふらふらしているうちに台風は通り過ぎていってしまいました。

 夕食は
1)サバの味噌煮
 先々週の「ためしてガッテン」で紹介されてたように、水に醤油+砂糖+酒+ニンニク+サバを入れて火にかけ、煮立ったところで煮汁に溶いた味噌を入れ、7分間「落とし蓋」をして煮込み、火を止めて10分間むらして作りました。
 これでdhaの分解を最小限に留めることが出来るのだそうです。確かに生姜を入れなかったにもかかわらず全く生臭みはありませんでした。これで頭が良くなれば成功でしょう。
2)秋サバチーズ味噌
 サバの味噌煮をほぐし、煮汁と酒、それにクリームチーズを入れて煮詰めるというお料理です。ビールのつまみにはちょっとくどかったような気がするのですが、なるほどパンや生野菜に付けるにはいいかもしれません。
3)ナメコのみそ汁
4)もやしのお浸し

屋台
焼き鳥&ビール
焼きガキ
盛り上がります
ラーメン
天狗
宴は盛り上がったのでした
二次会の焼き鳥屋
宴会
《10/10()宴会》
・天狗
 今日は音楽サークルで都内のお祭りに参加。パレードやステージをやってきました。

 お昼は屋台でラーメン(350円)を頂きました。このラーメン、鳥ガラや野菜でしっかりとスープがとってあり、なかなか本格的。化学調味料のピリピリした感じもあまりなかったと思います。名物になっているようで、長蛇の列が出来ていました。でも並ぶだけの価値はあると思います。
 イベントが終わると、友達と屋台で「焼き鳥&ビール」で1時間ほど楽しく過ごした後、居酒屋に移動し、本格的な打ち上げの開始です。

 まだ外は明るい4時半から始め、9時過ぎまで宴は盛り上がったのでした。皆で楽器を演奏しだし、その度に店員さんに叱られるのですが、またすぐに演奏が始まってしまうという、非常にたちの悪い客でした。店員さんすみません。
 お料理は、生ガキ、焼きガキなどをはじめ、魚介類を中心にいただきました。

 一次会が終わると、今度は近くの焼き鳥屋で二次会です。ここでも焼き鳥や焼酎をいただき、結局11時まで7時間半に及ぶ宴会となりました。

 家に帰ってからも一人でまたビールを飲んだことは誰にも内緒です。

酢豚 ニラ玉スープ、中華サラダ 夕食
《10/11(月祝)夕食》
・自宅にて★★+
 昨日は浴びるほどお酒を飲んで大騒ぎだったので、今日は「岩陰にひっそりと咲くヒナギク」の様に(自分で書いていてよく意味がわかりませんが)、自宅で静かに過ごしていました。お酒もナシね。
 お夕食は
1)酢豚
 人参、タケノコは乱切りにして予め茹でておきます。(人参はここでちゃんと茹でないと、出来上がりが硬くなります。今日は硬かったです)。タマネギはくし形に、ピーマンは乱切りにし、干し椎茸は水で戻してそぎ切りにします。
 豚肉に醤油+酒で下味をつけ、かたくり粉をまぶして180℃の油で揚げます。中華鍋に油を熱し、野菜を炒め、水+砂糖+酢+コンソメ+ケチャップ+かたくり粉を加え、とろみがついたら先程の豚肉を戻して出来上がり。
 豚肉を揚げるところが一手間なのですが、甘酸っぱい本格的な酢豚をいただくことが出来ました。
 お子様も大喜び! 私も大喜び!
2)ニラ玉スープ
 水+コンソメを煮立ててニラを入れ、酒+塩で調味した後、溶き卵を入れて出来上がり。
 ニラの香りが食欲をそそります。
3)中華サラダ
 もやしのお浸し、キュウリ、トマト、ワカメを容器に(陽気に)盛り、酢+醤油+砂糖+ごま油をかけて頂きます。
 もやしとキュウリのシャキシャキとした歯ごたえが心地よいサラダになりました。

→ずっと昔にテレビで放映されていた「美味しんぼ」のビデオを、cmをカットし、一話毎にタイトルを付けてdvdに保存しています。ちょっと大変なのですが私にとってとても大切な番組なので、頑張ってみようと思っています。
 しかしあのアニメは何度見ても飽きません。「トンカツ慕情」とか「再会の丼」とか好きですねー。

「とほほ」の節約弁当
amazing slow downer
ピンヒールのブーツ ランチ
《10/12(火)ランチ》
・会社にて
 ガスファンヒーター用の貯金をしなければいけないのに、赤字状態がさっぱり改善しないため、今日は「とほほ」の節約弁当を会社に持っていきました。
 内容は以前作ったひじきの煮物、冷凍カツ、冷凍ハンバーグ、それにおみそ汁とご飯です。
 あー、家計が苦しい〜。

→だいぶ涼しくなってきたため、今日はブーツで会社に行ってみました。普段ペッタンコの靴ばかり履いているので、ピンヒールのブーツで歩くのは大変でした。家に帰り着いた時には足も腰もガクガク。これから続ける自信がないので、記念に写真を撮っておきました。

→今、カバキーニョという弦楽器の練習をしています。CDの曲に合わせて弾いているのですが、その時に非常に役立つのが「amazing slow downer」というソフトです。 cdだけでなく、mp3など様々な音源の曲を自由な速度で、しかも音程を保ったまま再生出来ます。macとwindowsの両方があります。

生姜焼き定食
髪の毛人形
小鉢
髪の毛人形アップ
夕食
《10/13(水)夕食》
・近所の「M」★★★
 夜はいつもの「M」へ。
 私が行った時には、お客さんは私と同年代の女性が一人いるのみで、お店のお母さんやEちゃんらと一緒におしゃべりをしながら、秋の夜のひとときをのんびりと過ごしました。
 今日頂いたのは「生姜焼き定食」(1000円)。薩摩揚げの煮物、もやしと青菜のお浸し、茄子の漬け物、甘い柿がついていました。

 カウンターの奥に、面白い置き物を見つけました。水栽培で髪の毛が生えてくる人形で、Eちゃんは時々髪形を変えてあげているそうです。
「なんとなく私に似てるのよー」
 などと笑顔で話していました。

ボサノバ・ミニコンサート
クジラベーコン
刺し身盛り合わせ
万俵
ホヤ酢
イカの沖漬け
夕食
《10/14(木)夕食》
・万俵(まんぴょう)(門前仲町)(居酒屋)★+
 夜は友人の鈴木弘美さんの「ボサノバ・ミニコンサート」を聴きに門前仲町のギャラリーへ。いつものように、私もちょっとだけ太鼓やシェーカー(シャカシャカいうやつ)で参加させてもらいました。
 コンサートはとても和やかでアットホームな雰囲気で、楽しい時間を過ごすことが出来ました。

 終了後は、共演者の山崎さん、ギターの達人Sさんと四人で近くの居酒屋「万俵」へ。
 安価に多種の魚介類をはじめとした酒の肴を頂くことが出来る、「サラリーマンご用達」という感じのお店でした。
 頂いたのは、「クジラベーコン」(630円)、「ホヤ酢」(450円)、「刺し身盛り合わせ」(950円)、「イカの沖漬け」(400円)などなど。味は価格相応という感じでした。

 私以外の三人は音楽のキャリアも長く、様々な音楽談義で終始盛り上がっていました。私も早くいっちょまえのことが言えるようになりたいものだと思いました。

ミスター・ガーリック ハンバーグ定食 ランチ
《10/15(金)ランチ》
・ミスター・ガーリック(麻布十番)(洋食)★★★
 私が麻布十番で一番お薦めしたい洋食屋さんです。ガンコそうで、実はよくしゃべるおやじさんが一人で切り盛りしています。
 同僚のHさんは節約生活の中でも金曜日だけは外食の日と決めたらしく、今日は同じく同僚のMさんと三人で行ってきました。
 頂いたのは「ハンバーグ定食」(1200円)。おやじさんが自ら肉を包丁で切って作ったひき肉を使っているそうです。口の中に入れると、お肉の味がしっかりし、旨味が口一杯に広がりました。

 HさんもMさんも子供がおり、食事中は子育ての話題で盛り上がっていました。私は経験がないので、頷いたり驚いたりするばかり。ちょっとだけ寂しい気がしました。

もやしのおひたし、刺し身盛り合わせ
エビスビール
ナメコのみそ汁、細巻き寿司、サンマ 夕食
《10/15(金)夕食》
・自宅にて★★
 金曜日は好きな魚をスーパーで買ってきて、家でビールを飲みながら一人で頂くということが多くなっているような気がします。
 今日買ってきたのは、刺し身盛り合わせ、サンマ、細巻き寿司。そしてナメコのみそ汁、もやしのおひたしを作りました。ビールはちょっと奮発して「エビスビール」にしてみました。いつもカロリー抜きの発泡酒ばかり飲んでいる私には、かなり苦く感じられました。大人の味です。

→先日の「ガイアの夜明け」というテレビ番組で、ゴミビジネスのことをやっていました。日本のゴミは外国に輸出され、なんとビニールくずまで再生されているのだそうです。これからは、ちゃんとトレイやペットボトルはリサイクルに出そうと思いました。反省。

イタリアン料理教室
キノコとベーコンのキッシュ
小海老のペンネ・カレー風味
サツマイモのスープ
キノコとベーコンのキッシュ
アフォガート
ランチ
《10/16()ランチ》
・イタリアン料理教室(西所沢)★★★
 毎月心待ちにしてるお料理教室。今日は少し冬を思わせる肌寒い中、いつものように西武線特急「小江戸号」に乗って西所沢まで行ってきました。

 今日のメニューは
1)サツマイモのスープ
 茹でたサツマイモとネギをミキサーにかけ、牛乳でのばします。サツマイモの甘味とコクが実に美味しいスープでした。イタリアでは栗で作るのだそうです。
2)キノコとベーコンのキッシュ
 冷凍パイシートをパイ皿に敷き、一度焼きます。その上にキノコ、ベーコンを入れ、卵+生クリーム+チーズを加えてオーブンで焼きます。
 口の中に入れると、しっとりとした食感の中に、キノコの香りが広がり、実に幸せな気持ちになりました。「レッツ、キッシュ♪」
3)小海老のペンネ・カレー風味
 タマネギと海老を炒め、牛乳とカレー粉を加えてパスタソースを作り、茹でたペンネにからめて頂きます。海老の旨味をカレーのほのかな香りが引き立てていました。
4)アフォガート
 イタリア語で「溺れる」という意味です。アイスクリームにラム酒と栗を混ぜ込み、コーヒーをかけて頂きます。私がお酒に溺れると「モカのアフォガート」になります。

 お料理教室では私は「みじん切りのモカ」と呼ばれています。実際包丁が大好きで、野菜や魚を切っていると実に嬉々としてきます。「何とかと刃物」と言いますが、実にその通りだと思います。

野外ステージ
快晴にアドバルーン
中落ちカルビ、海老、タン塩、オイキムチなど
シートの上に座って、ビールと焼きうどん
牛角
盛岡冷麺
夕食
《10/17()夕食》
・牛角(木場)★★+
 久しぶりの快晴に恵まれた日曜日。眠い目をこすりながら10時半頃に起き出して掃除洗濯と、夏物と冬物の入れ替えを行いました。夏の間にお世話になった短パンなどを衣装箱にしまうと、夏の終わりを感じるのでした。
 その後「江東区民祭り」の開催されている木場公園(東京都江東区)へ。いつも音楽講座やライブでお世話になっている、木場のライブパブのバンドが出演するのです。
 公園では野外ステージ前のシートの上に座って、ビールと焼きうどんと頂きながらのんびりとライブ見物をさせてもらいました。周りは家族連れなどでにぎわい、実に和やかな雰囲気でした。祭りにビール、これがあれば私はもう幸せです。

 お祭りの後は近くの「牛角」へ。今日は半額デーということもあり、家族連れで大賑わいでした。私たちは中落ちカルビ、海老、タン塩、オイキムチなどを注文し、〆には盛岡冷麺を頂きました。

 夢のような楽しい一日でした。皆さま有り難うございました。

パパ・ミラノ
クワトロ フォルマッジョ
パルマ産生ハムとルッコラのサラダ風ピザ
ウニとホタテのスパゲティー クリームソース
夕食
《10/18(月)夕食》
・パパ・ミラノ(丸の内)(イタリアン)★★+
 東京国際フォーラムの地下にある、イタリアンのお店です。
 今日頂いたのは
1)パルマ産生ハムとルッコラのサラダ風ピザ(1470円)
2)クワトロ フォルマッジョ(1470円)
3)ウニとホタテのスパゲティー クリームソース(1800円)

 パリッと焼き上がったピザ生地にプロシュートの旨味、そして4種類のチーズの濃厚な味わいがとても印象的でした。

魚亀
カキフライ
カキフライと刺し身定食
刺し身
ランチ
《10/19(火)ランチ》
・魚亀(東麻布)★★+
 冷たい雨が降り続く一日。また超大型台風が接近しているのだそうです。もし上陸したら今年10個目。新記録更新です。
 会社のデスクでも寒くて仕方がなく、今年初めて電気毛布を「モカの箱」から取り出し、ひざの上にかけていました。

 お昼は近くの魚系定食屋の「魚亀」へ。ここは一階は自分でおかずをセレクトして700円、二階は定食をお店の人が運んできてくれて1000円というシステムになっています。一階にはおじさんがぎっしりだったのですが、二階はなんと私とHさんの二人だけでした。
 頂いたのは「カキフライと刺し身定食」。丁度カキフライが食べたくて仕方がなかったのでまさにタイムリーでした。衣はサックリと揚がり、中身は実にコクがあって濃い味わいでした。お刺し身も活きが良く歯ごたえもしっかりとしていました。
 どんぶり飯を見た時「わー、多いわー」と思ったのですが、簡単に無くなってしまいました。食欲の秋、危険です。

ウナギの蒲焼き 夕食
《10/20(水)夕食》
・自宅にて★+
 台風による大雨と、寝冷えによる風邪気味のため、しんどい一日でした。
 夜は「M」でホカホカと夕食を頂こうと、傘の下で肩をすぼめながら速足でお店に向かうと、お店の電気は消え、シャッターには「本日臨時休業」の張り紙が…。ガーン。
 仕方なくスーパーで「ウナギの蒲焼き」を買い、2分間レンジご飯の上に乗っけて頂きました。おみそ汁の具はタマネギです。

→寒くなってくると、楽しみなのがお風呂です。温泉入浴剤を入れ、マンガを読みながらゆっくりとお湯に浸かる心地よさは格別。昨年は「美味しんぼ」を読んでいたのですが、全部読んでしまったので、今読んでいるのは「こち亀」。しばらく楽しめそうです。

didean(ディディアン)
生ガキ
蒸しガキ
小鯵の開き
ピータン豆腐
ムール貝のワイン蒸し
江戸娘
塩辛、カニ味噌など
夕食
《10/21(木)夕食》
・didean(ディディアン)(門前仲町)(薬膳料理)★★★
 門前仲町にご勤務の音楽仲間の男性と、その方の会社の同僚の男性と三人でお食事に行ってきました。二人とも課長さん。今日はなんとお二人にご馳走になってしまいました。いよっ、太っ腹!

 行ったのは門前仲町ではお気に入りの「didean」。体に優しく、美味しいお料理をいただくことが出来ます。
 今日頂いたのは
1)ピータン豆腐
 味のしっかりとした豆腐に、特性ピータンソース、刻みピータン、ネギ、ザーサイを混ぜ込んで頂きます。実に複雑で濃厚な旨味が印象的。
2)生ガキ(3個)(730円)×2
 いよいよ季節到来!
 私は嬉しいです。
3)ムール貝のワイン蒸し(630円)
 下に溜まったスープがとても美味しかったです。
4)蒸しガキ(3個)(950円)
 などなど。
 ビールをグラス二杯、焼酎を湯飲み二杯頂いた所で次のお店「江戸娘」へ。
 ここでは小鯵の開きや塩辛、カニ味噌などを頂きながら日本酒を二合頂き、すっかり酔っぱらってしまいました。
 ごちそうさまでした。

巨大なサンマ
ナマコ、キャベツの浅漬け、ひじきの煮物
日本酒
ホヤ、生ガキ
みそ汁、サンマ塩焼き
入力信号がなくです。接続部をチェック要
夕食
《10/22(金)夕食》
・自宅にて★★
 昨夜は飲みすぎてしまったため、今日は自宅でおとなしく夜を過ごしました。
 会社で仕事をしていても、日が暮れてくると「今夜は何を肴にして一杯やろうか」という考えが頭によぎります。
 そんな思いを胸に、帰りがけにスーパーの鮮魚売り場に行ってみたところ、いまだかつて見たこともないような巨大なサンマがいました。250円の2割引で200円。背中が盛り上がるように丸々と太っています。その他に、生ガキ、殻付きホヤ、ナマコ、キャベツの浅漬け、ひじきの煮物などを買い込み、速足で自宅へ。

 サンマは塩焼きにして頂きましたが、白い脂の層が2〜3ミリくらいあり、実にしっとりとして美味しかったです。生ガキとホヤはポン酢で、ナマコは三杯酢で頂きました。もちろん日本酒と一緒です。
 一週間の仕事も終わり、こうやって自宅で「クレヨンしんちゃん」などを見ながらお酒を飲んでいると、実にほっとした気持ちになります。一週間お疲れさまでしたと自分に言いたくなりました。

→会社のパソコンの液晶モニターの接続を切ったところ、
「入力信号がなくです。接続部をチェック要」
 というメッセージが出ました。kcsというマイナーなメーカーなのですが、なかなか笑わせてくれました。

ガスパッチョ
鱈のプチトマト
パエリアを撮影する男二人
ホタテとキャベツのマスタードソースあえ
パエリア
夕食
《10/23(土)夕食》
・自宅にて★★+
 好天に恵まれた休日の今日は、のんびりと掃除をした後、音楽仲間3人を招いてホームパーティーを開きました。
 作ったのは
1)ガスパッチョ
 キュウリ、赤ピーマン、タマネギ、ニンニクにコンソメスープ、オリーブオイルを加えてミキサーでスープにします。タマネギとニンニクの辛みがスパイシーなスープです。
2)ホタテとキャベツのマスタードソースあえ
 長雨でビックリ価格(一個600円!)になっているキャベツをお浸しにし、オレンジ、ホタテを加えて、マスタードソース+オリーブオイル+塩コショウでマリネします。ホタテの旨味と歯ごたえが実に心地よく、白ワインに良く合う前菜です。
3)鱈のプチトマト
 鱈をオリーブオイルとニンニクで焼き、ジェノバペーストと一緒に炒めたプチトマトを乗せていただきます。とても簡単なのですが、鱈の旨味とトマトの甘味、バジルの香りがとても良く合う好評のメニューです。
4)パエリアbr />
 鶏もも肉、海老、アサリ、赤ピーマン、インゲンなどから作ります。豪華なのですが、作り方は案外簡単。私の大好物の一つなのです。
 写真は、パエリアを激写する男性陣です。

 お食事の後は、みんなでギターを弾いたり、写真集をみたりして、夜中の1時近くまで楽しく過ごしました。大好きな仲間と一緒に過ごせた、至福の時間。心から有り難うございました。

 皆で楽しく過ごしている間に、大きな地震がありました。東京でも震度4。震源に近い新潟では震度6でした。最近自然災害がとても多く、亡くなってしまった方のことを思うと、とても辛い気持ちになります。
 しかし、災害というのはほんとに突然やって来るものだということを再度認識しました。

聖子さんのサイン!
天ぷら
刺し身盛り合わせ
矢まと
串焼き
店内の様子
夕食
《10/24()夕食》
・矢まと(秋葉原)(串焼き)★★+
 夕方から、秋葉原の石丸電気で行われた「沢田聖子、ミニコンサート+トーク+サイン+握手会」という実にマニアックでオタッキーなイベントに行ってきました。
 会場に集まったのは、私と同年代の約100人。ほとんどが秋葉原系の男性で、髪の毛がかなり危なくなった方も散見されました。私を含め、女性は数人ほど。
 ライブは歌を5曲と楽しいトーク、そして感動のサイン+握手をしてもらいました。数分間聖子さんとも話しが出来、最高に幸せでした。もう、天にも舞い上がるほどの感動です。ますます聖子オタクになりそうです。

 イベントの後は、一緒に言ったIさんと近くの串焼き屋へ。聖子さんを始め、スポーツ、映画、音楽など様々な話題で盛り上がり、充実した時間を過ごすことが出来ました。Iさんとは6月の聖子さんのライブで知り合った時からの縁です。
 大好きなことに熱中するほどに、共感出来る素晴らしい友達がどんどん増えてゆきます。心から感謝せずにはいられません。本当に有り難うございます。

ライブパブ
ワカメスープ
焼きスパゲティー 夕食
《10/25(月)夕食》
・ライブパブ(木場)★★+
 久しぶりに木場の音楽講座に行ってきました。お店に着くと、まずはマスターの作ってくれる、美味しい「焼きスパゲティー」で腹ごしらえ。豚肉と野菜の旨味が全体にからみ、これがまた実に美味しいのです。

 今日のレッスンは、いろいろなキーでの循環コードの練習でした。私は自分で作ったアンチョコを見て、ヒーヒー言いながら皆についてゆくのがやっとでした。
 早く「そら」で全部の循環コードをバンバン弾けるようになりたいものです。

いりどり 温泉卵の小鉢、サンマの竜田揚げ 夕食
《10/26(火)夕食》
・自宅にて★★★
 冷たい雨が降り続く暗い一日。夜は自宅で静かに過ごしました。
1)いりどり
 私がいつも作る「がめ煮」と基本的に同じなのですが、今日のポイントは「栗」が入っていることです。栗本来の甘味に肉や野菜から出る旨味が加わり、実に豊かな味になっていました。これはオススメです。
2)サンマの竜田揚げ
3)温泉卵の小鉢
 白菜と人参をお浸しにし、温泉卵と一緒に「温泉卵のたれ」で頂きます。野菜の歯ごたえと卵の濃厚な旨味が実に良くマッチしていました。

 毎日テレビでは地震で被災した新潟の模様が映し出されています。寒さや空腹で辛い思いをしている人達のことを思うと心が痛みます。
 しかしチャンネルを変えれば、いつものようにタレントのバラエティー番組が繰り広げられています。被災した人達も、先週の土曜日までは同じようにバラエティー番組で笑っていたことでしょう。
 現実というものの理不尽さと厳しさを感じてしまいました。

煮込みハンバーグ弁当
まんまとやられました
Hさん ランチ
《10/27(水)ランチ》
・会社にて★★
 冬の到来を感じさせる寒い一日でした。
 お昼はどこかに行こうかと思っていたのですが、寒くてたまらず、近くのお弁当屋さんで「煮込みハンバーグ弁当」(650円)を買い、会社の小部屋でHさんと一緒に頂きました。
 手作りハンバーグは、トマトソースも美味しく、ほかほかと美味しくて楽しい時間を過ごせました。

→インターネット上の「QRコード作成サイト」で携帯メールのQRコードを作ったのですが、その直後から携帯に迷惑メールが届き出しました。このアドレスはほとんど全く使っていなかったので、ほぼ間違いなく上記のサイトから悪用されたようです。
 使っていないアドレスだったので、すぐに変更したのですが、いい勉強になりました。まんまとやられました。

川治
カキフライ定食
東麻布点景
定食メニュー
カキフライ
東京タワーと満月
ランチ
《10/28(木)ランチ》
・川治(東麻布)(定食)★★+
 「かわぢ」ではなく「かわはる」と読みます。東麻布商店街の中にあり、夜は気軽な居酒屋、お昼には800円均一で多種の定食を出してくれます。
 店内はスーツ姿のサラリーマンや建設作業員風の男性で一杯。しかし私が一人でお店に入ると、おかみさんが奥の4人掛けのテーブルを一人で使わせてくれました。このさりげない気遣いがとても嬉しかったです。

 今日頂いたのは「カキフライ定食」。大きめのカキフライ5個に昆布の煮物、おしんこ、ご飯にみそ汁が付きます。ご飯はふっくらと炊け、アツアツのカキフライと一緒に大変美味しく頂くことが出来ました。

 是非他の定食にもチャレンジしてみたいものです。

 今日は朝晩はとても寒かったのですが、日中はポカポカ陽気になり、東麻布商店街の古本屋で「こち亀」を買った後、近辺を散歩してみました。

 夜には満月が東京タワーと並び、とてもきれいでした。

まみあな茶房
寝そべる猫
チキンのハーブグリルセット
テラスでHさんと
テラスのテーブル
デザート
ランチ
《10/29(金)ランチ》
・まみあな茶房(東麻布)★★+
 今日は朝こそ冬を思わせる寒さだったのですが、日中はポカポカ陽気になり、ちょっと早めの「小春日和」という感じになりました。
 「小春おばさん〜、逢いに行くよ〜♪」

 思わず歌いたくなってしまいます。年もばれます。

 ランチは、たくさんの緑に囲まれた、とても素敵なカフェに行ってきました。
 入り口には、毛並みの良い猫がのんびりと寝そべっていました。見ているだけで、こちらも和んでしまいます。
 私たちはテラスのテーブルに座り、日光をたくさん浴びながら、今日のランチ「チキンのハーブグリル」を頂きました。
 チキンの他に、サーモンとフライドポテト、もやしのナムル、ご飯と美味しいおみそ汁、それにデザートまでついて700円(税込)は実にお得です。
 実際、若い女性から、タクシーの運転手のおじさん、建設作業の方まで、実に様々なお客さんで店内は満席でした。
 とても心休まるお昼休みでした。

舞網
車エビ、鯵の叩き
刺し身、塩辛、漬け物、つぶ貝
ハマグリみそ汁
ランチ
《10/30()ランチ》
・舞網(小田原)(磯料理)★★★
 女友達4人で、伊豆高原に1泊2日で旅行に行ってきました。朝からあいにくの雨模様だったのですが、目的は美味しいものを食べて温泉に入ってくつろぐことだったので、私としてはあまり天候は気になりませんでした。

 小田原厚木道路を出て海岸線に出たあたりでお昼時になり、道路沿いにあった「舞網(まいあみ)」という磯料理店へ入ってみました。
 どういう意図で(この喫茶店のような)店名をつけたのかは知りませんが、注文した「竹セット」(1800円)は、お刺し身、塩辛、ツブ貝、車エビ、鯵の叩き、ハマグリみそ汁、お漬け物のどれもがとても美味しく、思わぬヒットに全員で大喜び。特にお刺し身は実に活きが良く、歯ごたえも十分。そして塩辛も特筆物で、帰路にもう一度お店に寄ってお土産に買って帰ったほどでした。
 さいさきの良いスタートになりました。
◇神奈川県小田原市石橋5-4 0465-22-5373

エスカルゴの香草バター焼き
トマトの温製ポタージュ
ヒラメのパテ 白ワインソースとほうれん草ソース
チーズ
海老とホタテのソテー サフランの香りのソースをキャビアを添えて
コンソメスープ
湧別サーロインのソテー 赤ワインソース
レモンのババロア クロカン添え
夕食
《10/30()夕食》
・リゾートホテル・サンジュリアン
 (伊豆高原)★★★★+
 そして、夕方に伊豆高原に到着。今回の旅行の最大の目的である「リゾートホテル・サンジュリアン」へチェックインしました。
 私はここに泊まるのはまだ4回目なのですが、ここに着くと、実にほっとした気持ちになります。これもスタッフのこの上ない暖かいもてなしのおかげなのでしょう。

 貸し切りの露天風呂温泉に入って皆でのんびりとくつろいでいると、真上の厨房の換気扇から次々に様々な悩殺的な匂いが出てきました。実はこれもここの楽しみの一つなのです。
 そしていよいよ至福のディナーに。
 ここはワインの品ぞろえも素晴らしく、今日セレクトしたのは「コルトン・シャルルマーニュ 2001年」(フランス、ブルゴーニュ)、「ch グリュオ・ラローズ 1997年」(フランス ボルドーサンジュリアン)です。コースは

1)エスカルゴの香草バター焼き
 ムチムチとした食感がたまりません。香りも爽やかでした。
2)海老とホタテのソテー サフランの香りのソースをキャビアを添えて
3-1)トマトの温製ポタージュ
3-2)コンソメスープ(+2000円)
 27種類の材料を30時間かけて作った特製スープです。最低限の味付けが、素材へのこだわりと自信を示していました。深い味わいにしばし恍惚。
4)ヒラメのパテ 白ワインソースとほうれん草ソース
 下田港直送のヒラメに小麦粉をつけてバターで焼いてあります。

5)シャーベット
6)湧別サーロインのソテー 赤ワインソース
 オホーツク海に面した契約農場で育った黒毛牛のサーロインをソテーし、9〜10時間かけて作ったしっかりとした赤ワインソースで頂きます。
実にしっとりとした舌触りと、柔らかな歯ごたえで、ソースと一緒に頂くと、赤ワインにぴったりでした。
7)チーズ(オプション)
8)レモンのババロア クロカン添え
9)コーヒー

 全体的に味付けは控えめで、素材の持つ美味しさを最大限に引き出しているという印象でした。お料理とワインの美味しさの相乗作用で、この上ない至福の3時間でした。

朝食
フルーツ
朝食
サンジュリアン
朝食
《10/31()朝食》
・リゾートホテル・サンジュリアン
 (伊豆高原)★★★★+
 昨日の雨もあがり、青空も少し見える一日になりました。
 オーベルジュの朝は、優雅な朝食で始まります。
 レストランに入ると、昨夜遅くまで働いていたスタッフが笑顔で迎え入れてくれました。24時間365日、絶え間なく続くこの「もてなし」には心から頭が下がる思いがしました。

 朝食はサラダ、ジュース、ヨーグルト、オムレツ、ソーセージ、チーズ、焼き立てのパン、フルーツ、コーヒー。どれも吟味された食材から作られた逸品ばかりでした。

 10時にチェックアウトをする時には、私たちの傘は干してきれいに巻いてあり、このようなところにも細かい心遣いを感じるのでした。
 これだけの至福の時間を過ごして、一人あたり3万5千円弱は安いと思います。近いうちにまた行きたいと思わずにはいられないオーベルジュです。

冷酒グラスを持つモカ
花柚
冷酒グラス
冷やし天ぷらうどん
ランチ
《10/31()ランチ》
・花柚(はなゆ)(伊豆高原)(日本蕎麦)★★★
 サンジュリアンをチェックアウトした後、近くの体験ガラス工房へ。私は「サンドブラスト」で、冷酒グラスに自分の好きなもの(カバッコ、日本酒、イカ、ウニなど)を刻み込みました。他の3人は吹きガラス作りで一輪挿しなどを作っていました。

 お昼はその近くにあるおそば屋さんへ。頂いたのは「冷やし天ぷらうどん」(1380円)。麺は細目で歯ごたえがあり、とても心地よかったです。

 そして帰途へ。伊東や熱海で干物を買い込み、小田厚〜東名〜首都高を使い、4時間ほどで東京に戻りました。今回は全行程を私が運転したのですが、それもまた楽しかったです。
 楽しく、美味しく、至福の二日間でした。一緒に行ってくれた素晴らしいお友達に感謝!

Translate »