2005年1月


数の子
がめ煮
イカのわた焼き ◇冬休み四日目
夕食
《1/1()夕食》
・自宅にて★★★
 皆さま新年明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。
 というわけで今日は元日。昨夜は4時近くまで初詣などで起きていたのですが、今朝は8時過ぎに酒が切れて目が覚めてしまいました。12時過ぎまでうとうとし、やっとこさ床からはい出ると、外はまぶしいばかりの晴天。爽やかな新年のスタートです。
 日中は新しいパソコン(macg5)の引っ越し作業をし、夜になってから買い物へ。しんしんと冷え込む夜に、ぽつりぽつりと家のあかりが灯り、それぞれの家庭ではどんな新年を過ごしているのだろうと思ってしまいました。

 夕食は「ちょっとだけおせち」ということで、数の子をいただきました。塩漬けの数の子を薄い食塩水で塩抜きし、鰹+昆布ダシに醤油、酒、塩を加えたつけ汁に漬け込んで作りました。これでちょっとだけお正月気分になれました。

 そして、今日も「イカのわた焼き」を作ってしまいました。すみません、ほんとにこれは美味しいのです。作り方はシンプルなのですが、火にかける時間が決め手だと私は思っています。今日は少し短めにしてみたのですが、柔らかく出来上がり大正解でした。日本酒との相性が最高なことは特筆物です。
 さらに「がめ煮」を作りました。私の故郷博多のお正月と言ったらやはりこれです。鶏肉、レンコン、人参、里芋、タケノコ、コンニャク、ゴボウ、戻し干し椎茸を炒め、ダシ+砂糖+醤油+みりんで煮込み、最後にインゲンを加えます。多くの食材から出た旨味が渾然一体となってまったりとした旨味を醸し出し、大変美味しかったです。

 今年も皆さまにとってよい年になることを心からお祈りいたします。

プーク人形劇場
タッチパネル式のモニター
串焼き
東方見聞録
お刺し身
エラーが発生しました
◇冬休み五日目
夕食
《1/2()夕食》
・東方見聞録(新宿)(居酒屋)★★
 10時過ぎまで惰眠をむさぼっていると、落語友達から電話があり「新・落語21」という新作落語の会に誘われました。
 場所は新宿西口のビルの地下にある「プーク人形劇場」というちょっとアングラっぽい劇場。客席は元来が子供のために作られているらしく、座る椅子もしゃがみこむように低いあつらえでした。
 出演したのは、三遊亭福楽、古今亭錦之輔、三遊亭小田原丈、三遊亭らん丈、三遊亭白鳥など。皆とても個性的で、噺もとても面白かったのですが、中でも白鳥さんの力量は群を抜いていたと思いました。古典的な噺の中に現代風刺を折り込むところは実に見事。とても聞き応えがありました。

 落語の後は、仲間4人で飲み会へ。「月の雫」などを運営する「三光マーケティングフーズ」の「東方見聞録」というお店に入りました。
 店内は全てが半個室形式で、穴蔵の様な座席もあり、隠れ家的な雰囲気を強く出していました。各テーブルにはタッチパネル式のモニターがあり、ここから注文が出来ます。酔っぱらってゲーム感覚で注文するとちょっと危険かなと思いました。
 頂いたのは、お刺し身、串焼き、イカのわた焼きなど。
 最後にお新香を注文したら「エラーが発生しました」というメッセージが画面に。システム管理者の私としては一瞬ギョッとしてしまいましたが、単なる品切れのことでした。だったらそう書いてよー。
 ちょっとだけ心臓に悪いけど、楽しいお店だったと思います。お酒もたくさん飲んで2900円はリーズナブル。

ふぐパック ふぐチリ ◇冬休み六日目(最終日)
夕食
《1/3(月)夕食》
・自宅にて★+
 あぁ、今日で冬休みも最終日。うだうだ過ごした割には早く終わってしまったような気がします。
 朝は寝冷えしてやや風邪をひいてしまい、起きたのは12時近く。そのままだるーい一日を送りました。夜になって、だるーくスーパーに行くと、ふぐが半額になっているではないですか。寝坊も捨てたものではありません。「とらふぐ」が2000円→1000円、「それなりのふぐ」が800円→400円でした。しばらく鮮魚売り場でうなった後、「それなり」の方にしました。先日新しいパソコンを買ってから、ちょっと弱腰なのです。

 家に帰ってふぐパックを開け、「ダシ袋」を外すと、その下にはふぐはありませんでした。しかしこれには先日既に十分ビックリしているため、もう驚きません。織り込み済みというやつです。
 野菜は年末のお鍋の残りを使い、安上がりに済ませました。「それなりのふぐ」は「とらふぐ」様のしっとりとした口当たりと旨味にはかなわないようでした。やはり世の中お金だわ。
 それにしても、養殖ふぐが出回るようになってからふぐもずいぶん手に入りやすくなったものです。養殖の際に使われていたホルマリンが問題になったこともありますが、もう大丈夫なのでしょうか。

→先日見たnhkのドキュメンタリーで、毎日新しいことにチャレンジすれば年寄りになっても脳細胞が新生すると言っていました。酒飲んでパソコンばかりしていたらどんどん脳細胞が死んでゆくような気がします。
 「ぼけ老人」にはなりたくないものですねー。
 「つっこみ老人」も困りますが。

カレイの煮付け、みそ汁 夕食
《1/4(火)夕食》
・自宅にて★+
 今日は仕事始め。朝は土の中から掘り出されたような気分でなんとかベッドから起きだし、よろよろと会社へ。メールを受信するとなんと242通の未読に。とほほ。まあパソコンは好きなのですが。
 帰る頃には疲れ果て、帰り道に寄ったスーパーでも食欲はなく、カレイとナメコだけ買って、家で煮付けとみそ汁にしました。正月の不摂生の報いでしょう。でもカレイは丸一匹分食べました。みそ汁も昆布とたっぷりのかつお節でダシをとったので、美味しかったです。

 しかし、テレビでスマトラ地震の報道を見ると、こんな風に食事が出来るのはとてもありがたいことだと痛感するのです。まだ行方不明の人が数万人いるということで、とても心が痛みます。
 親しい友人がスリランカに移住するために家を建てているのですが、いつもは年末からスリランカのビーチサイドで過ごすところ、昨年は偶然用事で出発が遅れたために津波に巻き込まれずに助かりました。ほんとに人生というのは一瞬先はどうなるかわからないものです。

レタスサラダ、牛肉ポテト 落とし卵のスープ 夕食
《1/5(水)夕食》
・自宅にて★★+
1)牛肉ポテト
 簡単で美味しいメニューです。
 ジャガイモはラップでくるみ、電子レンジにかけ(2個で5分)皮をむきます(私もここでやけどをして皮をむきます)。輪切りにしたジャガイモをフライパンでこんがりと焼き、一度取りだします。醤油、酒、かたくり粉を混ぜ込んだ牛コマ肉、タマネギ、ピーマンを炒め、ジャガイモを戻し、砂糖+醤油+酒で味付けします。
 とてもシンプルな味付けなのですが、牛肉のまったりとした旨味とポテトのほくほく感、そして野菜の歯ごたえがくわわってとても美味しいお総菜になりました。ご飯が進みます。
2)落とし卵のスープ
 キャベツ、タマネギ、人参、エリンギを水+コンソメで煮込み、卵を入れて固め、トマトケチャップ+塩+胡椒で味付けします。
 野菜たっぷり、栄養たっぷりのさっぱり味のスープです。心も体も暖まります。
3)レタスサラダ

→仕事が忙しいです。とほほ。会社で一日パソコンにカジりつき、クタクタになって帰宅。最初は料理を作る気力もわかないのですが、テレビを横目で見ながらお料理を作っていると、だんだんと頭も体もほぐれていくのを感じます。

 そして食後はまた趣味でパソコンにカジりつく私なのでした。 ははは。

日比谷グリーンサロン
日比谷公園
ハンバーグカレー ランチ
《1/6(木)ランチ》
・日比谷グリーンサロン(日比谷)(カフェテラス)★+
 有楽町から霞が関方面に歩いて行くと緑豊かな都心のオアシス「日比谷公園」があります。その中にあるレストランです。
 中は解放感のあるカフェテラス形式で、外にもテーブルがあり、暖かい日は気持ち良くお食事が出来そうでした。

 今日頂いたのは「ハンバーグカレー」(580円)。ハンバーグの味は今一つだったのですが、カレーはここの看板メニューのようで、しっかりとコクもあり、なかなか美味しかったです。
 サラリーマンが多い街らしく量もけっこうあり、私は少し残してしまいました。「出されたものは必ず残す」この歳になったらこれでいかねばなりませんね。

 日比谷公園はオフィス街の真ん中にあり、高い木々越しに高層ビルが見える景色が私は大好きです。ちょっとセントラルパークみたいではないでしょうか。以前暇だった頃は、日がな一日ここのベンチに座って本を読んでいたりしました。
 今日も真冬の寒さの中、ベンチで本を読んだり、奇妙なポーズでお祈りにふける人達がいて、とても和やかな雰囲気でした。

するめイカの5割引
寄せ鍋の具
イカのわた焼き
豪華寄せ鍋
夕食
《1/7(金)夕食》
・自宅にて★★+
 今日も仕事でクタクタに疲れました。夕方になると意識はもうろうとなり、かすかに心の中に差し込む”一条の光”はお夕食の楽しみなのでした。
 しおれかけた草花のようになって帰りがけに近くのスーパーへ。食品売り場を徘徊しているうちに、やがて枯れ木は水を得て、みるみるうちに元気になってゆくのでした。
 今日もやはりお目当ては鮮魚売り場です。目を皿のようにして探し回ること数分、二杯で580円の20%引きという「生するめいか」を見つけました。しかし2杯は多すぎます。しばらく悩んだ末、近くの店員のお兄さんに
「あのー、一杯だけ売ってもらえないでしょうか?」
 と尋ねてみたところ、パックを一度開けて1杯だけにしてくれ、さらに50%引きのシールを貼ってくれました。なんたることよ。あまりの嬉しさで、店員さんにお礼を言い、しばらく感動していました。

 というわけで、今夜のお夕食は我が家の定番料理になった「イカのわた焼き」と「豪華寄せ鍋」となりました。
 イカの方は、例によってわたとゲソ、エンペラをホイルで焼き、生卵の黄身を混ぜ込み、イカそうめんをからめて頂きました。日本酒との相性は最高です。これがたったの160円ほど。信じられないコストパフォーマンスと言えるでしょう。
 寄せ鍋は、カキ、鱈、エビも入り、とても良いダシが出ました。

 金曜日はこんな感じで、家で一人で食事をすることが多くなってきたような気がします。でも、こうして好きなものを買い込み、好きなテレビ番組を見ながら美味しいお酒を飲んでいると、ほんとにほっとした時間を過ごすことが出来るのです。
 今日見た番組は「美味しんぼ」と「ドラえもん」。ドラえもんを見る頃にはすっかり酔いも回り、番組を見ながら、ふっ  と子供の頃のことを思いだしそうになるのでした。そんな時、とても幸せな気持ちになれました。
 あぁ、こうしてまた夜は更けてゆく。

ギョウザの皮
タラモサラダ
タラのトマトソース煮リヴォルノ風
笑笑
タラと里芋を煮込みます
トルテリーニのスープ
チョコレートブラウニー
飲んで騒いで食べて
ランチ
《1/8()ランチ》
・イタリアンお料理教室(西所沢)★★★
 今年最初のお料理教室です。底冷えする冬晴れの中、西武線特急「小江戸号」にまたがって行ってきました。
 今日作ったのは

1)タラモサラダ
 タラマ(海の)サラダが語源で、決してタラコとジャガイモで作るからこう呼ぶのではないそうです。
 蒸かしてマッシュしたジャガイモに、タラコを練りこんで作ります。クラッカーに乗せて頂くと、さっぱりとした前菜になりました。白ワインと一緒に。
2)トルテリーニのスープ
 イタリアのワンタンスープのようなものです。今日は「限りなく近い」ということでギョウザの皮を使い、中に牛ひき肉、ほうれん草、パルミジャーノレジャーノを包んでスープで煮込んで作りました。
 チーズのとろけるような旨味がとても心地よい、身も心も温まるスープでした。
3)タラのトマトソース煮リヴォルノ風
 タマネギとトマト水煮で作ったトマトソースにタラと里芋を挟み込み、煮込んで作ります。タラのほろりとした甘さと里芋のホクホク感がとても心地よかったです。
4)チョコレートブラウニー

 サックリとした歯ごたえが心地よい、大人のケーキでした。


夕食
《1/8()夕食》
・笑笑(田町)
 お料理教室の後は、その足で田町へ。音楽サークルの練習で夜の9時半まで汗を流した後、皆で飲み会へ。飲んで騒いで食べて、また午前様になってしまいました。
鶏団子と野菜 鶏肉団子鍋 夕食
《1/9()夕食》
・自宅にて★★
 三連休の中日の今日はほとんど家にこもっていました。11時前に起きた(遅い)後、掃除や洗濯をしたり、冬ソナをdvdに焼いたりカバキーニョを弾いたり。とにかく動きたくありません。お昼もカップラーメンをすすっていました。
 夜になっていやいや着替えて申し訳程度の化粧をし、近くのスーパーへ。人込みを見ると、石の下に隠れていた虫が急に石をどけられたような気持ちになるのでした。

 今日は朝から「鶏の水炊き」が食べたかったのですが、鶏肉売り場に「鶏の肉団子」があったため、きゅうきょ「鶏肉団子鍋」を作ってみました。ダシを昆布だけからとったので、全体的に淡泊な仕上がりになったのですが、それなりに美味しかったです。鳥ガラからスープをとったらさぞかし美味しいだろうと思いました。是非実現したいものです。

神楽坂アインスタワー
ホタテの温野菜サラダ
タラのプチトマト・ジェノベペースト
見事な夕焼け
集まった仲間達
ワインたち
ラタトゥーユ
豚肩ロースの赤ワイン煮込み
オーナーズサロン
ランチ
《1/10()ランチ》
・神楽坂アインスタワー(神楽坂)★★★
 今日ほどネットをやっていて良かったと思った日はありません。私がかつて購入したくて、しかしお金が足りずに涙をのんであきらめた新宿区神楽坂のマンション「神楽坂アインスタワー」。そこのワインパーティーに、ここのhpをご覧頂いたYさんから誘ってもらえたのです。ううう、なんたる嬉しさよ。

 飯田橋駅で降りてしばらく歩くと、2年半前まだ建設中だったそのマンションは、青空の中に実に立派な雄姿をたたえていました。
 今日のパーティーはその23階にあるオーナーズサロン。広い窓からは東京を一望に出来、そのロケーションの素晴らしさを再認識させられました。
 集まったのはワイン好きの8人。イギリス人のMさんも含めて、日本語や英語が飛び交います。そしてカウンターには66年ビンテージのchムートン・ロートシルト、chランシュ・バージュ他、素晴らしいワインがずらりと並びました。すごいです。そして、昼間からそれらのワインを開け、至福の時間が夜まで続くのでした。
 お料理はYさんが作ってきたラタトゥーユ、ホタテの温野菜サラダ。そして私もタラのプチトマト・ジェノベペーストや豚肩ロースの赤ワイン煮込みなどを作ってゆきました。

 6時近くになると太陽が新宿に沈み、見事な夕焼けを見ることが出来ました。素晴らしいです。ほんとに無理してでもこのマンションを買えば良かったかと思いました。(もし買ったら赤貧生活は必至でしたが)

 オーナーズサロンでのパーティーの後は、マンションの住人のMさんの家で二次会を。
 一体どれだけワインを飲んだのかはさっぱりわからないのですが、ほいほいに酔っ払い、至福の時間を過ごすことが出来ました。Mさんは私よりもちょっと年下なのですが、近々この家でアロマセラピーを開業するそうです。
 とても楽しく、そして勇気をもらえた一日でした。皆さま有り難うございました。

イカとワタ
宮城県産の生ガキ
イカ刺し身
イカのワタ炒め
ルイ・ラトゥール
讃岐風うどん
夕食
《1/11(火)夕食》
・自宅にて★★★
 朝は昨日のお酒がまだ抜けきらずちょっときつかったのですが、何とか頑張って会社へ。デスクに座り、降りかかる仕事をバッサバッサと切り倒し、ヨレヨレになって帰宅。疲れた心を癒してくれるのはやはり美味しいお料理なのでした。

 今夜はここの掲示板で「マルヤ様」が紹介してくださった「イカのワタ炒めガーリック風味」を作ってみました。
 スーパーで青森産の丸々と太ったイカを買い込み、胴とワタに解体。あまりにもイカが大きかったので、胴体の半分は輪切りにし、半分は皮をむいてお刺し身にしました。ワタは酒をふりかけ、ゲソ+輪切りの胴をニンニク+バターで炒め、ワタと青じそを入れて炒め合わせました。
 イカの旨味と柔らかな食感、そしてワタのとろけるような濃厚な旨味にシソの爽やかな香りが合わさって、実に美味しい一品になりました。合わせたお酒はシャルドネ主体(70%)のフランス(ブルゴーニュ)ワイン「ルイ・ラトゥール」。至福のひとときです。

 今日はもう一つ試してみたいことがありました。生ガキがはたして白ワインに合うかということです。「美味しんぼ」では生ガキは日本酒には合うがワインと一緒に頂くと生臭さが際立つと書いてありました。
 ということで、今夜は宮城県産の生ガキを頂きながら、白ワイン、そして極上の日本酒「天狗舞山廃純米吟醸」を飲んでみました。個人的には白ワインでも十分美味しかったと思いますが、確かに日本酒の方がきりりと引き締まった感じがし、日本酒の香りが引き立ちました。

 その後、イカ刺し身に卵の黄身と醤油を”ちびり”とつけて日本酒を頂き、最後はうどんで締めました。ダシはいりこと昆布、そしてたっぷりのかつお節でとり、醤油+みりん+塩で薄味をつけ、具には椎茸+油揚げ+ネギを入れてみました。
 ああ、美味しかった(^_^)

大越
ビニール張りの椅子とシンプルなテーブル
模造紙に書かれたメニュー
カキフライ定食
ランチ
《1/12(水)ランチ》
・大越(東麻布)(洋食)★★+
 麻布十番の新一の橋交差点付近にある洋食屋さんです。
 グリル満点星、edoya、ミスターガーリックといった有名な洋食屋さんがある中、一番庶民的な昔ながらのお店と言えましょう。大通りに面していることもあり、昼時ともなるとタクシーの運転手さんなどの常連さんでいっぱいになります。
 店内には模造紙に書かれたメニューが張られ、ビニール張りの椅子とシンプルなテーブルが良い風情をかもしだしています。

 こんな中で男性陣にもまれてランチをいただくのも良いのですが、今日はテイクアウトで「カキフライ定食」(1200円)を頂きました。カキは思ったよりも小さかったのですが、噛むと旨味がほとばしり、とても濃厚な味わいでした。ご飯も美味しかったです。

豚ロースオニオンガーリックソテー 野菜たっぷりスープ、豆腐田楽 夕食
《1/13(木)夕食》
・自宅にて★★
1)豚ロースオニオンガーリックソテー
 豚肉を、たっぷりのタマネギとニンニクで漬け込んだ醤油味ベースの焼き肉です。もやし炒めとからめていただくと、実にご飯が進みました。
2)野菜たっぷりスープ
 水にコンソメと酒を入れて煮立たせ、キャベツ、椎茸、しめじを入れて煮込み、最後にプチトマトを入れました。とても簡単なのですが野菜の旨味が出て、栄養たっぷりの美味しいスープになりました。
3)豆腐田楽
 ダシで豆腐とちくわを温め、さらに青菜もお浸しにし、味噌ベースの田楽のたれで頂きました。素朴でほっとするお料理です。
ミスターガーリック
ヨンちゃん
コロッケ定食 ランチ
《1/14(金)ランチ》
・ミスターガーリック(麻布十番)(洋食屋)★★★
 麻布十番に数ある洋食屋さんの中でも私が一番好きなお店です。ランチは「コロッケ定食」と「ハンバーグ定食」しかなく、しかもハンバーグの方を注文しようとすると、お店を一人で切り盛りしている頑固そうなおやじさんが
「ハンバーグは言っとくけどランチは大したことないからな。それでもいいのか」
 と「食うな」と言わんばかりに言ってくるのです。実はハンバーグはランチでも十分美味しいのですが、夜の方はひき肉を自分で包丁で切るところから作る本格的なものらしいのです。

 というわけで、ほとんど選択の余地はなく今日は「コロッケ定食」(1100円)を頂きました。
 しかし、これが実に美味しいのです。とろりととろけるような具は、「甘い」という表現をしたくなるほど旨味が濃厚で、快感中枢を刺激し続けます。付け合わせのキュウリのぬか漬けと一緒にご飯がとても進みます。付け合わせのコールスローもなかなかものです。
 ご飯もおみそ汁も美味しく、お店を出る時には幸せな気持ちで一杯になることは請け合いです。

→昨年末に録りためた「冬のソナタ」を見ています。まだ20話中6話なのですが、だんだんと面白さにはまってきました。世間のヨン様人気を冷笑ぎみに見ていたのですが、まんまとやられました。
 それにしても、ドラマを見ていると韓国と日本の共通点の多さに驚かされます。言葉の発音が全く一緒のものも多く、約束で指切りをしたり、血液型と性格を結びつけたり、生活習慣なども似ているところが多いのです。それでいて外国なのがちょっと不思議だったりします。

「冬○ナごっこ」をする私
湯畑
極楽館
5)山女魚の塩焼き
7)揚げ出しとろろ
9)サラダ
友人5人
西の河原
1)椎茸とタケノコの煮物 2)ネギのぬた 3)エビの酢の物 4)枝豆
6)自家製こんにゃく
8)グラタン
10)ビーフシチュー

《1/15()夕食》
・極楽館(草津温泉)★★★+
 友人5人と一緒に一泊二日で雪の草津温泉旅行に行ってきました。
 関越高速を渋川伊香保icで降り、一般道を走ること約2時間。だんだんと標高は上がり、周りはすっかり雪景色に。車を降りて雪の中で手を広げ、お約束の「冬○ナごっこ」をする私なのでした。

 草津温泉郷は「湯畑」という、一分間に4500リットルもの温泉がわき出る油田のようなところがあり、そこを中心にして温泉街が広がっています。
 
私たちが泊まったのは、そこから歩いて5分ほどの「極楽館」という旅館。7室の比較的こじんまりとした旅館なのですが、歴史もあり、落ち着いた雰囲気がとても心地よかったです。

 宿に着くと、まず「西の河原」に行ってみました。川のように温泉のお湯が蒸気をもうもうと上げながら流れ、所々に湯だまりが出来ています。そこの露天風呂は国内でも最大級ということで、とても広く、泉質もさすが伝統のある国内でも屈指の温泉だけあり、素晴らしいものでした。

 温泉で極楽になった後は、宿に戻ってまた極楽のお夕食です。
1)椎茸とタケノコの煮物
2)ネギのぬた
3)エビの酢の物
4)枝豆
5)山女魚の塩焼き
6)自家製こんにゃく
 プルンプルンで吸い付くような粘り気があり、その食感が絶品でした。
7)揚げ出しとろろ
8)グラタン
9)サラダ
10)ビーフシチュー

 どれもとても美味しく、まさに極楽でした。宿の温泉も庭内湧出の硫黄温泉で、柔らかなお湯が実に心地よかったです。
 大満足の宿でした。

冬ソナごっこ
どんぐり
オニオンスープ
白旗の湯
店内
海老フライ
ランチ
《1/16()ランチ》
・どんぐり(草津温泉)★★★
 昨日に引き続き草津温泉です。

 今日は湯畑に隣接する無料の共同浴場の「白旗の湯」に入ってみました。共同浴場は草津温泉に20個所近くあるもので、これらを巡るのも温泉の大きな楽しみの一つです。泉質は湯畑そのものの白濁の硫黄泉で、まろやかで柔らかい肌触りが心地よかったです。
 今回の旅行で気がついたのは、来ている観光客の多くが若い人達だということでした。草津の特色なのか、若者の温泉志向なのかはわかりませんでしたが。

 ランチは、近くの「どんぐり」という洋食レストランへ。店内は天井が高く、木のぬくもりを感じる奇麗でくつろげる雰囲気でした。

 頂いたのは
1)
オニオンスープ(520円)
 
良く炒めたタマネギがとても香ばしいスープでした。
2)海老フライ(1530円)
 とても大きいプリプリのエビをカリッと香ばしく揚げてありました。
◇群馬県吾妻郡草津町草津562-16 0279-88-7222 水休

たき下 あこう鯛味噌焼き ランチ
《1/17(月)ランチ》
・たき下(麻布十番)(魚割烹)★★★+
 お昼休みに「うささぴょんこ」のぴょんこさんが職場近くまで遊びに来てくれたので、一緒に「たき下」に行ってきました。
 私が頂いたのは「あこう鯛味噌焼き」(1260円)。鯛と言ってもカサゴの仲間で、真鯛などの鯛とは違います。白身魚で淡泊な味わいなのですが、味噌漬けにすることにより旨味が増して身も引き締まります。
 このお店は、材料の良さもさることながら、炭火で焼くその焼き加減がたまりません。表面はカリリと香ばしく、中はほっくりとジューシー。魚の旨味と香り、そして食感を十分に堪能することが出来ました。

→今日は6433人が亡くなった阪神淡路大震災から丁度10年。今日テレビで、亡くなった人と同じ数だけのロウソクに灯が灯る様子を見て、その数の多さを初めて実感しました。
 このロウソクの一本一本にその人の名前があり、人生があり、夢があったのかと思うと胸が痛みます。そして何十人何百人という人達が今でもその人が亡くなった悲しみを抱えながら生きているのでしょう。

 私もいつ起こるともしれない次の大地震に対して、少しでも被害が少なくなるように準備をしなければと思いました。

牛肉のごまだれ漬け焼き がんもどきの煮物、じゃこと切り干し大根のハリハリサラダ
《1/18(火)夕食》
・自宅にて★★+
1)牛肉のごまだれ漬け焼き
 牛もも肉薄切りを醤油ベースのごまだれで漬け込んだものを焼きました。牛肉の旨味が醤油で引き出され、ゴマの香ばしさが心地よかったです。もやし+ニラ炒めと一緒に頂けば、ご飯にピッタリ。
2)じゃこと切り干し大根のハリハリサラダ
 簡単で美味しいオススメレシピです。
 切り干し大根は良く洗った後に、”ひたひた”のお水を入れて電子レンジで2〜3分温めて戻します。キュウリ、人参は千切りにし、しらす干し、シシトウと一緒に「砂糖+酢+醤油+ごま油+胡椒」であえます。今日は玉締めのちょっと高級なごま油を使ってみました。

 切り干し大根のコリコリとした食感が実に心地よく、ごま油が香ばしいサラダになりました。
3)がんもどきの煮物
 がんもどきと人参を「ダシ+砂糖+醤油+みりん」で煮込み、最後に青菜をいれてさっと煮ました。
ミックスフライ いんげんの胡麻和え、蕪のぬか漬け、里芋のそぼろ煮 夕食
《1/19(水)夕食》
・自宅にて★★
1)ミックスフライ
 海老フライとヒレカツという高カロリー黄金コンビです。
 冷凍物を揚げたのですが、180℃で「揚げ4分+むらし1分+揚げ1分+むらし5分」でやってみたところ中央部が生で失敗。最初の揚げを6分にしたらうまくゆきました。微妙なものです。
 歳を取ってくるとだんだんと脂っこいものは好まなくなると言います。「トンカツ・モカ」で鳴らしてきた私も、いつまでそれが続くのかしら…などと時々思います。でも友人のおばあちゃんは85才にして「好きなものは肉!」と豪語しているそうです。そんな「肉好きばあさん」になりたいものです。
2)里芋のそぼろ煮
 昆布とかつお節でとったダシに、砂糖+塩+醤油+酒を加えて里芋(冷凍)と人参を煮ます。その煮汁に鶏ひき肉とみじん切りにした生姜を加えて一煮立ちさせ、かたくり粉でとろみをつけて里芋+人参の上にかけます。
 とても素朴な味の煮物になりました。
3)いんげんの胡麻和え(既製品)
4)蕪のぬか漬け
 近くの商店街のおじいさんが漬けたものです。
カネラ
サラダ
解放感のある店内
タラカレー風味
ランチ
《1/20(木)ランチ》
カネラ(麻布十番)(ラテンアメリカ料理)★★+
 以前「vidalia」というヨーロピアン中華のお店だったのですが、今日行ってみたらラテンアメリカのお店になっていました。
 店内は天井が高くてとても開放的。テーブルクロスも真っ白で、なかなか高級感がありました。サルサ系の音楽が軽快に流れ、ラテン系博多人の私としては椅子に座っても腰の辺りが、こう、クネクネと常に動いているのでした(うそ)。

 ランチセットは1000円〜3500円程度で、この他にカリビアンバーガーを始めとした各種ハンバーガーがありました。ハンバーガーは1300円程度で、セットにすると1600円以上になるため断念し、一番安い1050円(税込)の「エグゼクティブランチ」を頂きました。一番安くてこのネーミングとは嬉しい限りです。
 内容は「チーズ味サラダ」「タラのカレー風味」「食後のお飲み物」の3品でした。サラダはチーズの香りがよく効いて風味が豊かで美味しかったです。タラもココナッツミルクがたっぷり使われてまろやかに仕上がっていました。
 高級感もあり、良い気分転換になりました。
◇東京都港区麻布十番1-7-5フェスタ麻布1f 03-5786-1125

濱壱 ラーメン ランチ
《1/21(金)ランチ》
・濱壱(東麻布)(ラーメン)★★+
 北風の吹く寒い今日、昼は一人でラーメンを食べに行ってきました。「濱壱」は「横浜ラーメン」を自称するお店ですが、有名な「濱壱屋」との関係はよくわかりません。

 私が12時過ぎに行った時には、カウンター10席ほどと4人テーブルの店内は、頭にタオルを巻いた工事現場系の骨太男性でぎっしりと混み合っていました。
「ラーメン大盛り、卵3個ね!」
 などという声が響きます。その中に一人で踏み込むのにはちょっと勇気がいりましたが、美味しいものを食べるためには、ためらいは禁物です。
 頂いたのは「ラーメン」(630円)。スープは豚骨ベースで、鶏がらや干し魚が使ってあるようでした。醤油ベースで、ややこってりしているのですが、決してくどくなくとてもまろやかでした。麺はやや太めの縮れ麺で、腰はまあまあでした。
 食べ終えて仕事に戻った後もしばらくはスープの旨味が後をひいていました。もしかしたらまた行ってしまうかもしれないという予感のするお店でした。
◇東京都港区東麻布2-35-12 03-3585-2585

生ガキ
うどん
イカのわた焼き 夕食
《1/21(金)夕食》
・自宅にて★★+
 一週間の疲れを癒す金曜日の夜は、自分の好きなものをいろいろと買い込み、一人で日本酒を飲みながらくつろぎました。
1)生ガキ
 松島産の大粒の生ガキです。大きさから期待したほどの旨味はなく、季節は既に過ぎてしまったのかと感じました。
2)イカのわた焼き
 日本酒のお供として、今や私にとってなくてはならないメニューなのですが、コレステロールが気になる私としては、あまり頻繁には食べられません。
 熱を通したイカワタと卵の黄身を混ぜ、イカそうめんをからめて頂けば、もう最高に幸せになってしまうのでした。
3)うどん
 いりこ、昆布、かつお節でダシをとり、酒を飛ばした醤油+みりん+酒に加えてお汁を作り、しまだやのコシのある讃岐うどん麺を使って作りました。
 お酒ですっかり酔っぱらってしまったところで頂くうどんというのは、なんとも美味しいものです。
レガログリル
ドレスモカ
芸大チーム
お料理はバイキング形式
素晴らしき音楽仲間
マンボ新郎
夕食
《1/22()パーティー》
・レガログリル(池袋)(イタリアン)★★★
 音楽サークルの二人が結婚し、その披露パーティーが池袋でありました。会場は落ち着いた感じの素敵なイタリアンレストラン。お店の入り口脇には大きな石釜があり、ピザが焼かれていました。
 集まったのは新郎新婦の友人50人以上。音楽サークル仲間の他、新婦が東京芸大出身ということで、音楽にあふれたパーティーになりました。
 お料理はバイキング形式で、いろいろな美味しいお料理をワインと一緒に楽しむことが出来ました。

 新郎新婦にはいろいろなプレゼントが渡されたのですが、その中には新郎が好きな「マンボセット」が入っており、さっそく衣装を着てマラカスを振ってくれました。
 私は何を着てゆこうかかなり迷ったのですが、4年前に買って、一度着ただけのパーティードレスが「入った」ため、頑張ってそれを着てゆきました。ほとんどオリンピック並の頻度ですが、今着ないともう着られなくなるのではないかと思ったのも事実です。

 パーティーは終始とても楽しく、こちらまで幸せな気持ちになれました。これもひとえに二人の人柄のなせるわざでしょう。

ピアノのコンサート
みんなで記念撮影
パスタ
駅のホームで
テルミン
グラッチェ
ボーナスピザ
夕食
《1/23()夕食》
・グラッチェ(幡ヶ谷)(イタリアン)★+
 音楽サークルの友人がピアノのコンサートをするということで、小雪がちらつく中を幡ヶ谷まで行ってきました。
 ライブをする本人から誘われて気軽な気持ちで行ったのですが、会場に行ってみてビックリ。入り口には長い列が出来、100人ほど入れる会場内は幅広い年齢層のお客さんで超満員でした。彼は本物のプロのピアニストだったのです。(失礼!)
 その演奏は実に見事。全身全霊を込めて弾くピアノから出る音楽は心を強く揺さぶり、ピアノという道具を使って、彼自身の心の中を表現しているという言葉がぴったりだったような気がします。
 今日はピアノの他に「テルミン」という大変珍しい楽器の演奏も聴くことが出来ました。これは世界最古の電子楽器で、二本のアンテナの間の空間で手を動かすことにより、バイオリンのような、チェロのような、笛のような、実に魅力的で物悲しい音を出すのです。他にもパーカッションの演奏も合わせ、かなり鮮烈な2時間でした。
 素敵なコンサートに誘ってくださって有り難うございました。

 コンサートの後は、会場で一緒になった音楽サークルの仲間でお夕食へ。近くのパスタのお店に入ったのですが、ピザもパスタも実に安く、グラスワインは160円でした。おまけに「間違えて作ってしまった」ということで、おまけでピザを1枚いただくことが出来、お腹一杯になって一人千円以下で済んでしまいました。
 味もまずまずで、このお値段。みんなで食べたのでとても楽しく大満足でした。
 そして帰りの駅のホームで並んで写真を撮り、子供のようにはしゃぐ我々なのでした。

韓日館
ユッケビビンバ
キムチ
当たり券
ランチ
《1/24(月)ランチ》
・韓日館(麻布十番)(韓国料理)★★+
 ここのところ、私の頭の中は韓国のことで一杯。さらにそれを煽るべく、マフラーをミニョン巻きにして韓国料理を食べにいってきました。
 行ったのは、韓国料理店の多い麻布十番の中でもお気に入りのお店。店内のハングルや、韓国人の店員さんにいちいち心ときめくアホな私なのでした。

 頂いたのは「ユッケビビンバ」(1155円)。 美味しいご飯にユッケやナムルが乗っており、それをよくかき混ぜて頂きます。まぜているうちに、卵の黄身とお肉がねっとりとした粘りを出し、それが実に良い食感になるのでした。美味しかったです。

→仕事で渋谷方面に行ったのですが、最近の女子高生が「ルーズソックス」を履いていないことに気がつきました。いつのまにかナウい女子高生の足下はぴったりとしたハイソックスに戻ってしまっていたのです。
 果たしてルーズソックス属は絶滅してしまったのか! カウンターと双眼鏡を手に持ち、女子高生の足下を探し回る私なのでした(うそ)。

→昨年から大事にとっておいた年末ジャンボの番号をついにドキドキしながら調べてみました。1等から順に調べてゆき、
「あー、やはり今回も300円のみか」
 と思った次の瞬間、なんと「年末ラッキー賞」(1万円)というのに当たっていることに気がつきました。生まれて初めての大金の当選に大興奮。
 しかし記録的大赤字を出した家計の足しとして、あっという間に焼け石に吸い込まれていったのでした。

野菜たっぷり焼き肉 タコサラダ、すくい豆腐のおかかがけ 夕食
《1/25(火)夕食》
・自宅にて★★+
1)野菜たっぷり焼き肉
 お湯40ml、砂糖大サジ2/3、酒大サジ1+1/2、 醤油大サジ1+1/2、 みそ大サジ2/3、おろしニンニク+おろし生姜を合わせておき、焼いた豚肉にからめて一煮立ちさせます。
 もやし+人参+ピーマン+タマネギを炒め、焼いたお肉を乗せていただきます。
 生姜とニンニクの香りとタマネギの辛みが豚肉にマッチして、さっぱりとした風味の美味しいご飯のおかずになりました。
2)タコサラダ
 ゆでダコ、キャベツのお浸し、貝割れ大根を、砂糖+塩+酢であえます。タコの旨味と貝割れの辛み、そしてキャベツの食感が心地よいサラダです。
3)すくい豆腐のおかかがけ
 ダシ汁に酒+醤油+塩を入れて煮立て、豆腐をスプーンですくいながら加え、少し煮ます。たっぷりのおかかをかけて頂きます。

→最近すごい勢いでブログが広まっています。しかし私としてはこれが実に悔しい。簡単にきれいなhpを作れ、メンテナンスも楽ちん、おまけに検索エンジンの上位にランクされてしまうのですから、何ともやりきれないものがあります。
「こちとら100年前からのれん守ってきてるんでぃ!」
 という老舗の店が、外資系のスーパーの進出でつぶれてしまう様な感じでしょうか。
 しかし、ほんとにitの世界は進歩が早いです。三度の飯よりも…、三度の飯の次にパソコンが好きな私としては、せっせと新しい技術を身につけ、時流についてゆきたいと思っている今日この頃なのでした。

豚肉と根菜の味噌煮込み
回線速度
大根の塩昆布漬け、カニシュウマイ 夕食
《1/26(水)夕食》
・自宅にて★★+
1)豚肉と根菜の味噌煮込み
 鍋にごま油を熱し、生姜の薄切りと豚肉(醤油と酒で下味)を炒め、さらに玉コンニャク(下ゆで)、里芋、タケノコ、レンコン、人参、ゴボウ、干し椎茸を加えて炒めます。水と「味噌煮込みの素」を入れて煮込み、最後にわけぎを入れて出来上がり。
 お肉と野菜から出た旨味が味噌と良くマッチし、ほっとする家庭の味になりました。
2)カニシュウマイ
 お皿にレタスを敷き、シュウマイを乗っけてレンジで温めました。簡単です。
3)大根の塩昆布漬け
 銀杏切りにした大根に塩昆布を入れてビニール袋でモミモミし、しばらく置くだけ。簡単に旨味豊かなお漬け物になりました。シャキシャキとした食感が心地よかったです。

→自宅のインターネットは今まで有線ブロードネットワークスの光ファイバー(vdsl)で、登り下り共に3mbpsくらい出ていました。
 それを今日からkddiの光ファイバー(vdsl)に変えてみたところ、なんと下り53.27mbps、登り29.05mbpsも出るようになりました。値段は千円ほど上がるのですが、かなりビックリです。

 思えば私がネットを始めた18年前には300bpsで、それが18万倍も早くなったわけです。年はとってみるものですね。
 しかし、ガスファンヒーターになってガス代は月額4000円も昨年より上がり、社会保険も税金も上がり、コレステロールも上がり、給料は変わらず、ますます生活は苦しくなるのでした。

万豚記
満員の店内
馬尻
もやしラーメン
ランチ
《1/27(木)ランチ》
・万豚記 飯倉店(六本木)(中国料理)★★+
 様々なジャンルのレストランを多数展開している「際コーポレーション」のチェーン店です。
 場所は麻布十番の交差点からちょっと飯倉方面に歩いたところで、横は「馬のお尻」が目印の「カフェ&ダイニング 馬尻」でした。
 お店の作りは「際コーポレーション」特有のディープな中国の雰囲気で、店内に入ると店員さん達の中国語が飛び交っていました。

 今日は一人で行ったのですが、男性がひしめくカウンターの端っこのわずか20センチくらいのスペースを「アナタココネ」という感じで指定され、「ちょっとここは…」と言うと、テーブルの相席にさせてもらえました。
 注文したのは「もやしラーメン」(700円)。店員さんに「何味ですか?」と尋ねると、「ナニアジ?」と、よくわからないようだったので、「醤油味ですか?」ときくと「ソウヨソウヨ」と応えてくれたのですが、出てきたのは味噌ベースのラーメンでした。いい感じです。

 麺はやや太めで腰があり、スープは少しコッテリ系ですが、決してしつこくはありませんでした。少しだけトウガラシが入っており辛かったです。
 麺の上にはたくさんのもやし野菜炒めが乗っており、もやしはシャッキリと炒められ、お肉も美味しかったです。
 びっくりするほどのラーメンではないと思いますが、時々食べに来るには丁度よいお店だと思います。
◇東京都港区六本木5-12-19 03-3589-5736
  11:30 – 4:00 (l.o.3:30) 無休

湯豆腐 カブと干し海老のあえ物、鶏ささみと三つ葉のわさびあえ 夕食
《1/28(金)夕食》
・自宅にて★★★
1)湯豆腐
 土鍋に水を張り、昆布を入れて30分ほどおきます。そこに豆腐を入れて弱火にかけ、ゆらゆらと豆腐が揺れてきたら出来上がり。つけダレは、鍋に醤油と半量の酒、たっぷりのかつお節を入れて一煮立ちさせ、ざるでこしてスダチを入れて作ります。
 濃い豆乳から作った「湯豆腐用豆腐」を使ったこともあり、豆腐の香りと食感が心地よく、実に美味しかったです。豆腐にダシがしっかりとしみ込み、ほんのりと温かく、つけダレとの相性も抜群。日本酒と一緒に頂けば、日本の冬のだいご味を感じます。
2)カブと干し海老のあえ物
 カブは皮をむいてくし形に切り、塩でもみます。干し海老を炒めて塩コショウし、スダチを加えてカブをあえます。
 干し海老の香りがアクセントになっていて美味しかったのですが、まだカブが固かったです…。
3)鶏ささみと三つ葉のわさびあえ
 ささみは沸騰したお湯で表面が白くなるまで熱を加えて氷水で冷やし、そぎ切りにします。三つ葉もお湯でお浸しにし、両者をワサビ醤油であえていただきます。
 ささみのとろり&モチモチとした食感と旨味がワサビできりりとしまり、日本酒に大変合いました。

 しばらく前まで、金曜日は必ず誰かと飲みに行かないと物足りない気がして仕方がありませんでした。しかし最近、こうやって一人で好きなものを作ってお酒を飲むのがとても心地よく感じます。
 友達と会わないでいると、なんとなくみんなから取り残されていってしまうような気もするのですが、まあ、それはきっと気のせいなのでしょう。

皆でミーティング
エスカルゴ
サイゼリア
カプレーゼ
夕食
《1/29()夕食》
・サイゼリア(台場)(イタリアン)
 昨夜は一人で酔いつぶれてしまったため、目覚めたのはお昼前。うーん、自堕落です。とにかく掃除洗濯を途中までやって、お台場まで音楽サークルの練習に行ってきました。
 おもいっきり太鼓を叩いた後は皆でミーティング。今後の運営などについて熱い議論が続くのでした。

 ミーティングが終わったのは8時半。ペコペコになったお腹を抱えて、皆で大挙して近くのサイゼリアに入りました。このお店は何でもとても安いのが特徴で、グラスワインは90円。パスタも200円台からあります。
 エスカルゴ、カプレーゼなど、ばんばん注文し、ワインをがんがん飲んだ結果、結局一人当たり2000円のお会計になってしまいました。大騒ぎして大変お店にはご迷惑をおかけしてしまいましたが、たくさん食べたのでお許しくださいませ。

la田村
アサリのワイン蒸し
田舎ふう黒豚のパテ
カニと野菜の煮込み
入り口付近
イワシのカリッカリ焼き
オーガニック野菜のホットサラダ
香ばしい地鶏のハーブ焼き
夕食
《1/30()夕食》
・la田村(麻布十番)(フレンチ田舎料理)★★★+
 今日は「麻布十番ご近所プロジェクト」のオフ会にまぜていてだき、美味しいフランス田舎料理を食べてきました。
 la田村は麻布十番のマンションの一室にあり、フランスの片田舎の民家におじゃましたような、家庭的な雰囲気のお店です。
 今日集まったのは8人。みなさんとても親しみの持てる素敵な方ばかりで、これもプロジェクトを主催するumiさんのお人柄のなせるわざなのだろうと思いました。

 頂いたのは
1)アサリのワイン蒸し
 シンプルなお料理なのですが、蒸し上げられたあさりに旨味が凝縮され、実に美味しかったです。白ワインにぴったり。
2)イワシのカリッカリ焼き(1470円)
 三枚におろしたイワシにパン粉と香草を乗せてオーブンで焼いてあります。その名の通り、カリカリのパン粉とイワシのしっとりとした食感が実によく合っていました。白ワインがますます進みます。
3)田舎ふう黒豚のパテ(1890円)
 豚肉のパテに木の実が混ぜ込んでありました。意外とあっさりとした味わいでした。こちらは赤ワインで頂きました。

4)オーガニック野菜のホットサラダ(1680円)
 野菜をさっと茹で、オリーブオイルであえてあります。野菜本来の持つ甘みと食感が心地よかったです。
5)カニと野菜の煮込み

 このあたりにくると酔っぱらってよく内容を覚えていないのですが、カニの旨味が実に美味しかったです。
6)香ばしい地鶏のハーブ焼き(1890円)
 かなりお腹一杯になってきた頃に頂いた最後のお皿です。赤ワインに良く合いました。

 6時過ぎに始まった食事会は10時の閉店近くまで続き、とても楽しいひとときを過ごすことが出来ました。皆さま有り難うございました。

 帰り道、吸い寄せられるようにコンビニに入り、あやうくおにぎりを買いそうになってしまいました。
「飲んで帰った時には、決して”飲まない””食べない”」
 自分に課した課題をなんとか今日は守ることが出来ました。やれやれ。
◇港区麻布十番2-8-8 エル麻布矢島ビル内 03-3457-5228
1800-2230(平日)、1800-2100(土日祝)不定休

→地震
 夕方3時頃、マンションから西の方角に見事な地震雲が出ていました。気がついたのは私だけかと思っていたら、今日のオフ会でも気がついた人がおり、さらにこちらのメイン掲示板でも目撃情報がたくさん出ていました。
 地震雲は地震予知としてはある程度信ぴょう性があると私は思っています。もしかしてもしかするとと思うと、ちょっと焦ってきます。

グリルチキン サラダ、ポトフ 夕食
《1/31(月)夕食》
・自宅にて★★+
1)グリルチキン
 鶏もも肉に塩コショウとハーブをすり込み、フライパンで焼いて頂きました。簡単ですが、私の大好きなメニューです。コーンとインゲンのバター炒めを添えて。これがまた旨い。
2)和風ポトフ
 コンソメで残り野菜(カブ、白菜)とソーセージを煮込み、別に茹でたブロッコリーを入れて塩コショウ、酒、醤油で和風仕立てにしました。
 今日の材料だと、あまり煮込まなかった方が良かったようです。ちょっと煮すぎてヨレヨレになってしまいました。
3)サラダ

→年末に録りためた「冬のソナタ」も今夜でいよいよ最終話。昨夜も2時まで見た後興奮して4時近くまで眠れず、今日は睡眠不足でガタガタでした。すっかり私も冬ソナジャンキー。歯はボロボロ、脳はスカスカです。
 今夜見終わって、胸にポッカリと穴が開くか、お腹がポッコリと出るか、どうなることやら。

Translate »