2005年3月

節約弁当
ジャンク八百屋
あまおうアップ
弁当アップ
あまおう
お酒が当たった

ランチ
《3/1(火)ランチ》
・会社にて★+
 昨日の会社帰りに、家の近くの露店八百屋で、ほうれん草を2束100円で買ったため、今日はそれをお弁当にしてみました。
 フライパンで松の実を弱火でじっくりと炒め、醤油+酒+かたくり粉を混ぜ込んだ牛肉を炒めます。肉を一度とり出し、ほうれん草を炒めて牛肉を戻し入れ、醤油や胡椒で味付けして出来上がり。
 松の実がとても香ばしく、牛肉のこってり感とマッチして美味しかったです。付け合わせはほうれん草と切り干し大根のお浸しで。
 この露店八百屋は非常に安くて、他にも人参5本や大根、大盛りの絹さやなど全部100円でした。近くの大手スーパーの1/4位の値段でしょうか。

 さて、今日も会社の帰り道にその露店八百屋をのぞいてみると、昨夜のwbs(テレビ東京)で放映していた、今を時めく美味しい苺の「あまおう」を売っていました。「あまおう」とは「あかい」「まるい」「おおきい」「うまい」の略で、福岡で6年がかりで開発された苺なのです。さすがの激安ジャンク八百屋でも、これは1パック750円という値段がついていました。(でも50円負けてくれました)。
 早速帰宅し、うきうきしながら包丁で真っ二つに切ってみると、大きな果肉は中まで赤く、強烈ではないのですが、上品な甘さがありました。
(ちなみに、有線ブロードネットワークスから改名したusenは「united sensational entertainment network」の略なのだそうです。すごい略です(^.^;))

 さらに、今日は帰宅してみて嬉しいことがもう一つありました。「奥の松」という純米酒の景品に当選し、お酒が送られてきていたのです。
 ちょっといいことありそうな、そんな3月のスタートでした。

ヒレカツ丼
タクシーで出勤
とろろかつお汁、いろいろ和サラダ

夕食
《3/2(水)夕食》
・自宅にて★+
1)ヒレカツ丼
 出来合いのヒレカツを「カツ丼の素汁+タマネギ」で煮込み、溶き卵を流し入れます。三つ葉を乗せて。
2)いろいろ和サラダ
 キャベツ+人参のお浸し、ちくわ、チーズ、塩吹き昆布を、酢+醤油+ごま油であえて頂きます。さっぱり味のサラダになりました。
3)とろろかつお汁

→朝は用事で丸の内に寄り、タクシーで出勤。後部座席の車窓に流れる高層ビルを眺め、しばし「都会の働く大人の女」という自分に酔っていました。車にも少し酔ってしまいました。

たき下
黒むつ柚子焼き
メニュー
小鉢類

ランチ
《3/3(木)ランチ》
・たき下(麻布十番)(割烹)
 ここのところ節約ライフが続いていたのですが、やっと家計も黒字のめどがたったため、ランチは同僚のHさんと一緒に「ぱっ」と「たき下」に行ってきました。

 お店に入ったのは1時を過ぎていたのですが、店内は満員。相変わらず人気があります。
 今日頂いたのは「黒むつ柚子焼き」(1260円)。黒むつは分厚く切ってあり、炭火で表面はぱりっと香ばしく、そして中身は脂がたっぷりと乗って、ホクホクのしっとりでした。そして皮のまた美味しいこと。凝縮した味わいを楽しむことが出来ました。
 ここは大根おろしのおかわり自由なため、たっぷりと大根おろしを頂きながら焼き魚を楽しむことが出来ました。黒むつの脂身と大根おろしのすっきり淡泊な味わいが実によく合っていました。
 いつ行っても裏切られることのない、美味しいお店です。

→会社帰りに古本屋に行き、いつもの「こち亀」と一緒に、最近勧めてもらった「魚心あれば食べ心」や「バカボンド」も買ってみました。読むのが楽しみです。
 ボンボンバカボン、バカボンド♪

→友人から「鬼シバキ棒」という商品の存在を教えてもらいました。商品説明を読んでも、何に使うのかよくわかりません。どなたかご存知の方がいらっしゃいましたら、教えてください。

積雪
イカわた焼き
ライブハウス
美しいイカわた
湯豆腐

夕食
《3/4(金)夕食》
・自宅にて★★+
 未明から降り出した雪は、昼過ぎまで東京の空を白く覆い、麻布十番でも数センチの積雪になりました。昨日から「降るよ降るよ」と脅かされ続けたためか、交通機関にもそれほど大きな影響はなかったような気がします。降りやんだ後の方がぐっと寒く感じられたのが印象的でした。

 ともあれ、一週間のお仕事が今日で終わりました。お疲れさま〜。やはりこういう夜はアレに限ります。帰りがけに近くのスーパーに寄って材料を購入。いつもの「イカわた焼き」と「湯豆腐」で純米吟醸酒「越乃雪椿」を頂きました。
 自宅で好きなテレビ番組(クレヨンしんちゃん等)を見ながら美味しいものを頂くひととき。何よりのくつろぎの時間です。
 今日はイカをさばくときに、イカわたがとてもきれいに分離出来ました。胴体の皮も一発できれいに剥け、「CIO(チーフ・イカわた焼き・オフィサー」の名に恥じない腕を少しずつ身に付けてゆく心地よさを感じたのでした。

 今からライブハウスに行ってきます〜。

ル・パサージュ
赤座海老のロースト
フォアグラのテリーヌ
落ち着いた店内
カキのムニエルパセリソース
蝦夷鹿ロースのローストポワヴラードソース
デザート
コンビニでおにぎり
夕食
《3/5()夕食》
ル・パサージュ(蒲田)(フレンチ)★★★+
 ここのhpで知り合いになった女友達と一緒に、蒲田にある素敵なフレンチに行ってきました。
 場所は、JR京浜東北線蒲田駅から5分ほど歩いたところ。駅前の喧騒から離れ、静かで落ち着いた場所にありました。
 店内も暖かい光と木をたくさん使った、くつろげるムード。メートルドテルの内田さんが丁寧に接客してくれます。

 今日頂いたのは4,100円のコース。前菜とメインが選べ、デザートがつきます。
1)カキのムニエルパセリソース
 大きなカキを、味わい豊かなパセリソースでムニエルしてあります。カキは実に絶妙に火が通り、その食感はまるで「白子」のように豊かなものでした。白ワインにぴったり。
2)蝦夷鹿ロースのローストポワヴラードソース
 北海道の鹿の赤身部分をほどよく焼いてあります。やや血の香りのするお肉が濃厚なソースとよくマッチし、ボルドーの赤ワイン(ch. beaccmont)(ハーフ)が進みました。

 友達は、赤座海老のローストとウズラを注文していました。
 コースを食べ終えてもまだ食べ&飲み足りなかったため、赤のグラスワインとフォアグラのテリーヌを追加。
 食前酒のスパークリングワイン、白ワイン(ハーフ)を足して、しめて二人で21516円でした。

 普通につつましく食事をすれば、美味しいワイン(ハーフ)を一人1本注文しも7,800円ほどの予算で十分に楽しめるお店です。とても気に入りました。やるなー、蒲田。

◇大田区西蒲田7-41-8 03-3734-7090
1130-1400 1800-2100(lo) 月休

 帰りがけに、コンビニでおにぎりを買ってしまいました。買わないと誓ったはずなのに…。

セラヴィ
お肉のゼリー寄せとイワシのリエット
帆立てのマリネ
地鶏のマスタード風味
デザート
ハマグリの白ワイン蒸し、トマトと大葉の風味
自家製ハムのサラダ
桜鯛のポワレ
牛肉のステーキ
シェフと一緒に

夕食
《3/6()夕食》
・セラヴィ(本駒込)(フレンチ)★★★★
 2/18に引き続き、またまた女友達4人で行ってきました。思いきり美味しいものを食べて、美味しいワインもたくさん飲んで、幸せな時間を過ごし、なんと一人3800円。

 今日は2000円の夜のコースを二つとアラカルトという組み合わせで注文してみました。

1)ハマグリの白ワイン蒸し、トマトと大葉の風味(900円)
 ハマグリのさっぱりとした旨味とトマトソースの酸味、さらに大葉の香りが実に美味しかったです。

2)お肉のゼリー寄せとイワシのリエット(セット)
 濃厚なイワシの旨味と香りが白ワインに合いました。

3)自家製ハムのサラダ(セット)
4)帆立てのマリネ(900円)
5)桜鯛のポワレ(セット)
 皮はカリッと香ばしく焼け、白身はしっとりと旨味たっぷり。よだれが出るほど美味しかったです。
6)地鶏のマスタード風味(セット)
7)牛肉のステーキ(1800円)
8)デザート(セット)

 全てのお料理は4の倍数にしてあり、心遣いが感じられました。何人で行っても楽しめるお店だと思います。
 お店の周りは、文京区の高級住宅街。そんな中にぽつりとあるお店なので、まず通りすがりの人はいないと思います。きっと、近くにお住まいの方がいらっしゃるのでしょう。
 良いお店を知ることが出来ました。
◇東京都文京区本駒込6-3-13 03-3943-9778 
11-16、18-22 水休

ビーフストロガノフ かき玉スープ、ツナマカロニサラダ 夕食
《3/7(月)夕食》
・自宅にて★★+
1)ビーフストロガノフ
 鍋にバターを熱し、塩コショウと小麦粉を混ぜ込んだ牛コマを軽く炒めて取り出します。タマネギの薄切りをよく炒め、水で煮込み、先程の牛肉+シチューミックス+酒+ケチャップ+胡椒を入れてさらに煮込んで出来上がり。
 具の種類が少ないだけ、カレーよりもお手軽に出来ました。タマネギを香ばしく炒めるのがポイントだと思いま。
2)かき玉スープ
 水+コンソメを煮立て、キャベツを入れて少し煮た後、酒+塩+胡椒で味付けして卵を回し入れるだけ。
 あっさり味の卵スープになりました。
3)ツナマカロニサラダ
 茹でたマカロニ+塩もみしたキュウリ+コーン+ツナ缶をマヨネーズと塩コショウであえます。
節約弁当 弁当アップ

ランチ
《3/8(火)ランチ》
・会社にて★+
 お弁当には、昨夜近くのお肉屋さんで買ってきた「豚漬け」という”豚ロースみそ漬け”を焼いてみました。しかしみそ漬けはいつも焦げやすく、今回も真っ黒になってしまいした。しかも焼き過ぎて薄っぺら。300円もしたのに…。とほほ。

→今日は1月から着任した女性社長とHさんの3人で、社長室でお弁当を食べました。
 
私の会社は小さい会社なので、日々社長の仕事を肌で感じることが出来ます。そのため、会社の経営についても少しずつではありますが、わかってきたような気がします。
 その中で一番驚いたのは「仕事をすればするほど損失が大きくなることもある」ということでした。
 私は、まじめに一生懸命仕事をしていれば、それだけお金が入ってくると漠然と信じていたと思います。しかし経営方針が悪いと、働くほど貧乏になってしまうのです。
 社長業と言うのは日々「決断」の連続です。そして、その決断によって社員の努力が報われるかどうかが大きく左右されてしまう。
 やりがいはあるけど大変な仕事だと思います。

robles grill
鯛のカルパッチョ
コーンスープ
サワラとキノコのアンチョビパスタ
ランチ
《3/9(水)ランチ》
robles grill(麻布台)(カリフォルニア料理)★★+
 外苑東通りに面したおしゃれなカリフォルニア料理のレストランです。今日は春を思わせる陽気に誘われてHさんと狸穴付近を散歩しているうちにこのお店にたどり着きました。

 頂いたのはランチコース(1200円)。前菜とメインを選ぶことが出来、パンとスープが付きます。
1)鯛のカルパッチョ
2)サワラとキノコのアンチョビパスタ
 サワラのさっぱりとした味わいとキノコの柔らかい食感が心地よかったです。

 是非本当は白ワインと一緒に頂きたかったです。
◇東京都港区麻布台3-4-11 麻布エスビル1f 03-5561-5700

namaste india
チキンカレー&ナン
ひよこ豆のサラダ 夕食
《3/9(水)夕食》
・namaste india(木場)(インド料理)★★
 ナマステとはヒンズー語で「こんにちは」という意味なのだそうです。今日は突然友達に誘われて時ならぬインド料理を食べてきました。

 店内はシンプルながらも小奇麗な感じでした。文化祭の模擬店の様な感じもしましたが。
 頂いたのは「ひよこ豆のサラダ」「タンドリーシュリンプ」「チキンカレー&ナン」。
 ビールを1杯飲んで、二人で5500円ほどでした。気軽にインド料理を楽しめるお店だと思いました。
 近くの「アルバイト求む。条件:インド大好きな人」という張り紙が印象的でした。

◇東京都江東区木場2-6-1 03-3642-9990
1100-1500 1700-2230

お弁当
利尻礼文の一夜漬け塩ウニ
コルコバード 夕食
《3/10(木)夕食》
・会社にて
 今夜のおかずを既に準備していたのですが、急に友人のライブに行くことになったため、お弁当にして会社で頂きました。

1)カキフライ
 冷凍物を揚げたのですが、食べる頃にはしっとりヨレヨレになってしまいました。やはり一度冷蔵庫に入れるとダメですね。
 美味しいカキフライのコツは
———————————————-
・パックから出したら洗わないでそのまま使う
・二つを組み合わせて大きいカキフライを作る
・衣を付けたら俵型に整形する
・175℃の油で2分揚げ、余熱で火を通す
———————————————-
 なのだそうです。朝の「生活ホッとモーニング」という番組でやっていました。
2)豆腐の煮物
 豆腐、豚肉、人参、ネギをダシ+醤油+みりんで煮込んだシンプルな煮物です。

 お弁当を食べた後、高田馬場の「コルコバード」というライブレストランへ。しかし仕事が長引いてお店に到着した時には既にライブは始まっており、お店は超満員。ほとんどお店にはすき間は無く、1曲だけ聞いて帰ってきました。トホホ。

→注文していた「利尻礼文の一夜漬け塩ウニ」が到着しました! その脳みそがとろけるような美味しさはまさに絶品。日本酒と一緒に頂けば、両手を合わせてよろずの神々に祈りたくなるほどの恍惚感に震えることでしょう。
 今回はまとめて、えい!と5本購入。しばらく楽しめそうです。

朝の地下鉄
青龍門
鶏肉とカシューナッツ炒め
渋谷の路上
空芯菜
焼きビーフン
夕食
《3/11(金)夕食》
・青龍門(渋谷)
 午前中は会社を休み、電車であちこち移動しながら私用を済ませました。途中、9時前という通勤ラッシュ時間帯に下り電車に乗ったところ車内はガラガラ。反対の上りのすし詰めとのあまりの違いに驚きました。
 東京都心は確かに便利で楽しいですが、やはり一極集中は問題ですね。

 夜は退社後すぐに渋谷へ。bunkamuraオーチャードホールに、女友達と三人で「マシュー・ボーンの白鳥の湖」というバレエを見に行きました。
 私は「白鳥の湖」が大好きで、今までもボリショイバレエ団のビデオを繰り返し見たり、レニングラードバレエ団のを見に行ったりしました。あの、優美な世界がたまらなく好きなのです。
 しかし今日の「白鳥の湖」は今までのものとは一味違います。男性が白鳥を踊るのです。しかも「モンテカルロ」の様にコメディーではなく、れっきとした正統派のバレエです。

 実際に見て一番感激したのは、男性の鍛え上げられた美しい肉体美と、そこから生み出される力強いダンスでした。それに西洋人だけあって、実にスタイルがよくてかっこいい!! タキシードやドレスは西洋人のためにあるものだと、悲しいほど痛感しました。
 ダンス自体は、まあ超一流…というほどではありませんでしたが素晴らしかったです。しかし白鳥に関しては
「やっぱり、女性の方が美しいよね」
 というのが三人の共通意見でした。
 男性が踊る以外にも、様々な現代的な新しい解釈を入れた、斬新な白鳥の湖でした。

 ストーリーは今一つよくわからなかったのですが、男性のスワンに強く惹かれて抱き合う王子から推察して「マザコン王子が男に目覚める」だったようにも感じられました。

 夕食は近くの「青龍門」へ。もう時間が遅かったので、軽く「空芯菜」「鶏肉とカシューナッツ炒め」「焼きビーフン」と生ビール一杯で済ませました。一人1600円なり。

mdよさらば
鯛の昆布締め
イカわた焼き
湯豆腐
夕食
《3/12()夕食》
・自宅にて★★+
 久しぶりの何もない休日でした。
 今日は、家の中の掃除をしていて目に付いたMDのメディアを、思いきって全部捨ててしまいました。
 以前は画期的と思ったMDも、ipodを使うようになってからは全く使わなくなってしまいました。今や、CDを買っても、すぐにパソコンに取り込み、その場でCDは用済みになってしまいます。昔は、レコードを注意深くジャケットから取り出し、そっと針を落としてじっくりと音楽を聴いたものですが、ずいぶんと音楽を聞くスタイルも変わってしまったものです。音楽も「情報」の一つなのだなと改めて感じました。
 しかし、ビデオテープはdvdに、録音もテレコからicレコーダーへ、写真もフイルムからデジカメへ。どんどんメディアは変わっていってしまいます。
 今でも本棚の片隅にはβのビデオテープが一本だけあるのですが、それが再生されることは二度とないでしょう。まさかエルカセットを持っている人などいないでしょうが。

 夕食は休日のお楽しみで、和食を三品ほど作りました。
1)イカわた焼き
 いつもの定番メニューなのですが、今日はちょっと状況が違いました。スルメイカには寄生虫がいると聞いていたのでいつも注意していたのですが、今日はついにそれがいました。イカのお肉の中に、白い米粒のような物体が潜り込んでおり、それがウニウニと動いているのです。
 ヒエーと思ったのですが、やはりイカは食べたいので、二匹いた寄生虫さんの部分を包丁で取り除き、それ以外はイカそうめんにして頂いてしまいました。
 ビールにハエが入った時、西洋人はビールを取り換え、日本人はハエを取り除いて飲み、中国人はそのまま飲んでしまったという、差別的たとえ話を思い出しました。
2)鯛の昆布締め
 たった300円のお刺し身も、昆布で締めることによって、美味しい料亭の味に変身しました。
3)湯豆腐
 つけ汁は、手作りの土佐醤油に柚子を絞り入れて。

沢田聖子フリーク
ししゃも
和民で打ち上げ
餃子
夕食
《3/13()夕食》
・和民(赤坂)★+
 晴れていたかと思ったらいきなり大雪になり、また快晴になるというダイナミックな天候の一日でした。

 11時近くまで眠りこけ(昨夜のイカの虫が夢に出てきました)、2時頃に家を出て、会社でサーバーの管理をしてきました。休日に会社に行くのは嫌なのですが、システムの大掃除をして、快調にパソコンが動くようになり、ちょっと気分が良かったです。まあ、コンピュータは、今や自分の体の一部みたいなものなので。
 サーバーの近くに若い女性社員がいて報告書を書いていたのですが、ヘッドホンでガンガンに音楽を聴いていたらしく、大声で挨拶しても結局最後まで私に気がつきませんでした。なかなか大したものです。

 夕方からは赤坂に行き、沢田聖子さんのライブに行ってきました。昨年の6月に初めて行ってから、なんと7回目。会場前には、いつものように秋葉原系男性の長い列が出来、皆寒い中で黙々と開場を待っていました。
 今日は聖子さんの誕生日で、バースデーコンサートだったため、チケットはファンクラブ内で早々に売り切れてしまったそうです。私はそんな中、運良くチケットを入手出来、さらに今日は最前列に座ることが出来ました。手を伸ばせば聖子さんの足首をつかめるくらいの至近距離です。
 ライブは相変わらず素晴らしく、特にピアノだけでバラードを美しく、力強く歌い上げる時には、感動で涙が出そうになるほどでした。ますますディープにはまりこんでゆく私です。

 コンサートの後は、これまたいつものように、一緒に行ったIさんと打ち上げです。
 明日が日曜日ということで、今日は生ビール2杯と、餃子(190円)、ししゃもなどで軽く済ませました。 しかし、
モ「私はピンクレディーはマイナー調の歌が好き」
I「それは”ゆううつ日”でしょ」
モ「黒猫のタンゴのB面の”ニッキニャッキ(置鮎礼子)”もいいわね」
 と、会話はとても濃かったのでした。

→マンションの階上に住んでいるMさんのお母様(広島在住)が私のhpをご覧くださっているそうで、最近では「階下の人」ではなく「モカさん」と呼んでくださっているそうです。なんとも嬉しい話ではないですか。
 広島のお母様、いつもMさんにはお世話になっています〜! この場をおかりしてお礼申し上げる私なのでした。

ウエンディーズ サンキューセット ランチ
《3/14(月)ランチ》
・ウエンディーズ(麻布十番)(ハンバーガー)★+
 今日は一日体調が悪く食欲もあまりなかったため、昼はフラフラと一人でウエンディーズで済ませました。頂いたのは「サンキューセット」という390円(税込み)のセットメニュー。私はチーズバーガー+ポテト+コーヒーを選びました。
 一人でぼんやりと窓の外を眺めながら、モソモソとハンバーガーを食べていると、なんだか妙に安らいだ気持ちになるのでした。周りの人達がほとんど一人で同じような状況なのも良かったです。

 私が食べている間に、会社の同じフロアの女性社員二人が別々に店内に入ってくるのが見えました。いつも昼休みは一人でどこかに消えてしまうと思っていたら、ここに来ていたようです。
 二人ともつつましいのだなと思い、ちょっと反省させられるような気持ちになりました。

とんてき
ケーキ
おじいちゃんのカブのぬか漬け、ごまけんちん汁 夕食
《3/15(火)夕食》
・自宅にて★★+
1)とんてき
 豚ロース肉の醤油漬けです。片面を中火でさっと焼き、ひっくり返して蓋をしてじっくり4分間蒸し焼きにしたら丁度良い焼け具合になりました。
 このロース肉の脂身の部分が実に美味しいのですよね。脂身を食べると脳内に”βエンドルフィン”という快楽物質が出ると聞いたことがあるのですが、本当でしょうか。
2)ごまけんちん汁
 ゴボウ、大根、人参、干し椎茸、にら、豆腐を味噌仕立てにした素朴なお汁です。すりごまをたっぷりかけて頂きました。
3)おじいちゃんのカブのぬか漬け 130円

→社長の誕生日祝いに、Hさんと一緒に麻布十番では有名な「ラ・ピラミッド」というケーキ屋さんに行ってきました。ケーキの名前は忘れたのですが、苺のゼリー状のものが乗ったケーキで、甘さも控えめでとても美味しかったです。1260円
※掲示板で「ラズベリーケーキ」だと「えりんた様」より教えていただきました。有り難うございます。

→体重とアルコール摂取量のグラフをつけ始めてから1ヶ月と10日。昨夜は目標体重にかなり近づきました。グラフをつけるだけで減量出来るというガッテン式ダイエットがきいてきているのかもしれません。
 しかし、ただでさえ無かった胸もますます平らになり、今やトリプルAくらいになってしまいました。ムーディーズの格付けだったら良かったのにねー。とほほ

貧しいお弁当
花粉症対策
陽射しの中のモカ ランチ
《3/16(水)ランチ》
・狸穴公園(麻布狸穴町)★+
 春本番を思わせる陽気の一日でした。最高気温は17℃。いい感じです。
 お昼休みは同僚のHさんと一緒に「麻布のチベット」狸穴公園へ。レトルトハンバーグと野菜くずという貧しいお弁当だったのですが、まどろむような優しい陽射しの中ではとても美味しく感じられるのでした。

→花粉症を抑えるために、外出時にはマスクをしています。しかし花粉のためだけだったら、何も顔半分を覆うような大きなマスクは必要ないような気がするのです。
 ようは鼻だけ覆えば良いのです。さらに、目に花粉が入るのを防ぐためのメガネをつければ完ぺき。つまり左図の様な感じでいかがでしょうか?
 これって特許かしら。違いますか…。

青椒牛肉絲 春巻き、野菜のレモンあえ 夕食
《3/17(木)夕食》
・自宅にて★★
1)青椒牛肉絲(チンジャオニウルウスウ)
 牛肉の細切り、タケノコ、ピーマン、赤ピーマン、タマネギを炒め合わせ、市販の青椒ソースをかけるだけ。
 こってりとした牛肉の旨味が全体によくまわり、野菜の歯ごたえが心地よかったです。ビールにもピッタリ。
2)春巻き
3)野菜のレモンあえ
 白菜と細切りの人参をお浸しにし、レモンとお酢+砂糖+だしであえました。酸っぱさが脂っこい中華料理によく合いました。

→会社の組織改変に伴い、基幹業務システムの大改造をしています。設計からプログラミングまで全て私が作ったため、
「私が会社のシステムを掌握している女王様よ。オホホ」
 などと今までは思っていたのですが、現場のたった一言でヒーヒー言いながら翻弄される自分は、実は召使いだったということに気がついたのでした。

→掲示板で、みゆき様に教えていただいたコミック「魚心あれば食べ心 (ラズウェル細木 )」を読んでいます。
 毎回一つの魚にテーマをしぼって、うんちくや美味しい食べ方などを紹介してくれるのですが、実にこれが美味しそうで、読んでいるだけで幸せな気持ちになってしまうのです。作者の魚に対する深い愛情が伝わってきます。
 こういうのを読んでいると、あくせく仕事するのもいいけど、質素でも美味しいお魚を食べながら過ごす生活の方がずっと幸せなのではないかなどと思ってしまうのでした。

お刺し身 湯豆腐 夕食
《3/18(金)夕食》
・自宅にて★★+
 やっとこさ今週のお仕事も終わり。
 というわけで、今夜は週末のお楽しみ、自宅で「魚三昧」です。会社の帰りに、ちょっと遠回りをして大きなスーパーに寄り、ホタルイカとブリ刺しを買ってきました。

 ホタルイカは今月の1日に富山で漁が解禁になった「春の味覚」です。平成12年に厚生労働省から寄生虫(旋尾線虫)に対する警告が出て以来、”生”は敬遠していたのですが、今日は「解凍品」という言葉を頼りに買ってしまいました。この寄生虫は長時間凍結しておくと死滅するということなので。
 ブリは、長崎の※※さんが丹精込めて養殖しました!という触れ込みの、ちょっと高いのを買ってみました。

 家に帰り、日中に放映された「美味しんぼ」の録画を見ながら、日本酒をおちょこに注いで、刺し身をつまんで一杯やるひととき、これが最高の楽しみなのです。
 ホタルイカは、ちょっと恐かったのですが、やはり日本酒には最高に合いました。先週のイカ虫事件といい、美味しいものにはある程度のリスクが付き物なのかもしれません。
 ブリもきちんと角が立ち、歯ごたえもしゃっきりとして美味しかったです。子供時代に北陸で本場のブリを食べてきた私としては、ブリにはちょいとうるさいのでした。

 刺し身の後は、湯豆腐でまったりとし、よい週末のひとときを過ごしたのでした。

 あぁ、幸せかな…。

春野菜のサラダ アンチョビマヨネーズソース
マカロニとスモークサーモンのグラタン
チキンのインボルティーニ
ストロベリーのパンナコッタ
ランチ
《3/19()ランチ》
・お料理教室(西所沢)★★★
 月に一度のお料理教室。陽射しもすっかり暖かくなり、先生宅に行く途中に咲く梅がとてもきれいでした。
 今日作ったのは

1)春野菜のサラダ アンチョビマヨネーズソース
 野菜は好きなものをチョイス。今日は柔らかい春キャベツ、クレソン、スナップエンドウを使いました。
 決め手はソース。マヨネーズにアンチョビペースト、ニンニクのみじん切り、オリーブオイルを加えて作ります。このソースは実に旨味が濃厚で、野菜以外にもいろいろと使えそうでした。ボイル海老などにも合いそうです。
2)チキンのインボルティーニ
 インボルティーニとは「芯を入れて巻いたお料理」という意味だそうです。鶏胸肉を伸ばし、アスパラガスを芯にしてハムを巻き込んで焼き、さらにブイヨンで煮込んで作りました。
 さっぱりとした、ヘルシーでお肉の美味しさを楽しめるお料理でした。
3)マカロニとスモークサーモンのグラタン
 茹でたショートパスタに、スモークサーモン、たっぷりのグリュイエルチーズ、バジルーペーストを混ぜ込んだ生クリームをかけて、オーブンで焼いて出来上がり。チーズの香りと、スモークサーモンの香ばしさがアクセントになった、軽い感じの美味しいグラタンでした。
4)ストロベリーのパンナコッタ

鱸(すずき)の刺し身
クレヨンしんちゃん
なめこのみそ汁、赤魚の粕漬け 夕食
《3/19()夕食》
・自宅にて★★+
 昼はイタリアンだったので、夜は思いきり和食にしました。
1)鱸(すずき)の刺し身
 そろそろ旬になってきた、私の大好きなお魚です。身はしっかりと締まり、淡泊ながらもしっかりとした旨味と甘みがあって、大変美味しかったです。日本酒と合うねぇ〜。
2)赤魚の粕漬け
 しっとりと脂の乗った身に、酒粕の味と香りがしみ込んで、日本酒にもご飯にもぴったりでした。日本人に生まれて良かったと思う瞬間です。
3)なめこのみそ汁
 昆布とかつお節でダシをとり、シンプルなおみそ汁を作ってみました。

→ヤフオクで「クレヨンしんちゃん」に出てくる「ぼーちゃん」のぬいぐるみをゲット。これで我が家のしんちゃんとひまわりちゃんにもお友達が増えました。

笑笑
イカの一夜干し
居酒屋で演奏
餃子
音楽仲間
マスク族
宴会
《3/20()宴会》
・笑笑(田町)
 午後から音楽サークルの練習へ。4時間弱に渡り、皆で緩急様々なリズムの練習をし、しばしグルーブに酔いしれました。
 練習の後は、いつものように打ち上げです。笑笑の二階に通され、例によって飲めや歌えや弾けや叩けやの大騒ぎになったのですが、広い二階のフロアは私たちだけ。ビジネス街で連休の谷間ということもあり、ガラガラの店内で大いに盛り上がる私たちなのでした。楽しかったです。

 久しぶりに行った練習では、マスク姿の人が目立ちました。帰りがけにマスク族で記念撮影。今や日本の風物詩ですね。

ウニと日本酒
マーボー豆腐風ひき肉炒め
ビーフシチュー
ほうれん草とトマトのサラダ
水餃子
トマトとモッツァレラチーズのサラダ
夕食
《3/21()夕食》
・友人宅★★★
 連休最終日の今日は、友人夫妻の家に遊びに行き、心尽くしのお料理を頂いてきました。
 頂いたのは、
1)ほうれん草とトマトのサラダ
2)マーボー豆腐風ひき肉炒め
3)水餃子
 モチモチした食感と八角の香りがとても良かったです。
4)ビーフシチュー
 保温鍋で作ったもので、良い加減に煮込まれており、野菜と肉の旨味が十分に出ていました。
5)トマトとモッツァレラチーズのサラダ
 など。
 ご夫婦で交代しながらお料理を作る姿を見ていると、夫婦というのはいいものだなと心から思いました。
 私もあんな素敵な人と結婚したいものです。無理でしょうが。ハハハ
濱登
海老フライ定食
ツインディスプレー
落ち着いた雰囲気
身もプリプリ
「太陽を盗んだ男」「america's greatest hits」
ランチ
《3/22(火)ランチ》
・濱登(麻布十番)(和食)★★★
 連休明けの今日は同僚のHさんも代休でお休みだったため、一人で「濱登」に行ってきました。
 店内は半個室になっており、落ち着いた雰囲気で美味しいお魚料理を頂くことが出来、麻布十番の中でも特にくつろげるお店です。

 今日頂いたのは、お気に入りの「海老フライ定食」(1000円)。他にも鯵や鰆などもありました。
 海老フライは今日はやや大きめで、身もプリプリで衣も香ばしく、ご飯ととても良く合いました。ここはご飯が美味しいことも特徴なのです。付け合わせは新ジャガを茹でて和風仕立てにしたものでした。
 店内は私以外は全ておじさんで、皆とても楽しそうだったのが印象的でした。

→会社にdellの20インチの液晶モニターが到着しました。解像度はuxga(1600×1200)。これに今まで使っていたナナオの17インチsxga(1280×1024)を並べてツインディスプレーにしてみたところ、机の上がモニターだらけになってしまいました。しかし、プログラムの出来上がりをプレビューしながらソースコードを書けるなど、とっても便利なのです。せめてモニターくらいは豪邸の気分なのでした。

→アマゾンで映画「太陽を盗んだ男」(1979年)のdvdと「america’s greatest hits」のcdを買ってみました。
 前者は、知る人ぞ知る長谷川和彦の名作。沢田研二扮する学校の先生が原発からプルトニウムを盗み出し、自宅で原爆を作ってしまう話です。過激な行動の裏にある喪失感と自己破滅的な雰囲気がたまりません。
 後者は、私が中学生になったときに友達がくれたカセットテープの中に入っていた「sister golden hair」という曲が今でも忘れられず、それを聴きたいために買ってみました。懐かしいです。

 こんな懐かしいものがクリック一つで買えて、すぐに宅配ボックスに届いてしまうのですから便利な世の中になったものです。
 懐かしいと言えば、沢田研二のあの曲も懐かしいですねー
「壁際で寝返りうって〜、車道に転げ落ち〜」

トマトケチャップ
ブルマ
キノコのおみそ汁、豆腐と海草のサラダ
桜のつぼみ
夕食
《3/23(水)夕食》
・自宅にて★★+
1)トマトケチャップ
 ボクもアタシも大好き、もちろん私も大好きのお子様メニューです。
 豚肉(肩ロースやモモ)をバターで炒めて取り出し、さらにタマネギの薄切りをたっぷり炒め、豚肉を戻して「酒(大サジ2/3)、ソース(大サジ2/3)、トマトケチャップ(大サジ2)、塩、胡椒」を入れ、パセリをちらて出来上がり。
 トマト風味が豚肉の旨味とよくマッチし、タマネギの歯ごたえと辛みが心地いお料理です。ご飯のおかずにぴったり。
2)豆腐と海草のサラダ
 夏野菜も安くなってきました。レタス、キュウリ、プチトマト、海草、それに豆腐を乗せてドレッシングで頂きました。
3)キノコのおみそ汁

→ブルマ…友人が新年の営業演奏で長野のクラブに行き、仮眠をとらせてもらったブラジル人寮で見つけたものです。ブルマ、ダルマ…。ダルマ様も意外な名前を付けられてちょっと困惑しているように見えます。

→先日まで茶色く固かった通勤途上の桜の木のつぼみがだんだんとふくらみ、鮮やかな緑色をのぞかせてきました。夜は冷たい雨になったのですが、もう春はそこまで来ているようですヽ(^。^)ノ

ポテトコロッケ おみそ汁 夕食
《3/24(木)夕食》
・自宅にて★★
 4月から使う会社の業務システムのプログラミングでへとへとに疲れたのと、今日が家計簿の締め日で、あと予算が278円しかなかったため、夕食は安直で安上がりメニューにしました。(お昼も節約弁当でした)

1)ポテトコロッケ
 スーパーで二個で160円で売っていたものです。冷蔵庫に入っていた春キャベツ、プチトマト、キュウリ、カイワレをたっぷり添えて頂きました。
2)おみそ汁
 大きめの煮干しでしっかりとダシをとって、ネギとカイワレを具にして作りました。

 こうして見ると、あまりお金はかかっていませんが、立派な「コロッケ定食」に見えますね(^-^)v
 これで今月はなんとか家計簿はクリア。ほっと一息です。

→仕事で疲れたと言っても、定時で帰れるのですから私の場合大したものではありません。それに引き換え、夜中まで仕事をしている人の多さには驚かされます。自宅から見えるオフィスビルも、私が寝ようとする夜中の1時過ぎでも、まだこうこうと明かりが点っています。
 これだけITや機械化が進み、様々なことが自動化されたにもかかわらず、人々の生活はちっとも楽になっていないような気がします。
 ゴロゴロと昼寝をしている猫を見るたびに、「何故人は働かなければいけないのか」とつくづく考えてしまいます。
 きっと人は「便利や快適」を「多大な労力」によって維持しているのでしょう。はたして進化とは何ぞや。

ラ・コメータ店内
スパゲティー ブロッコリーのオリーブオイルソース
ジャガイモのポタージュ仕立てのスープ
有機グリーンサラダ パルマ産生ハムのせ
ランチ
《3/25(金)ランチ》
・ラ・コメータ(麻布十番)(イタリアン)★★★
 お昼は同僚のHさんと一緒に、久しぶりに麻布十番の老舗イタリアン「ラ・コメータ」に行ってきました。
 お店に入ると、上品なマダムが丁寧にコートを受け取ってくれ、サービスの若い男性二人が深々を挨拶をしてくれました。
 今日頂いたのは、前菜、パスタ、パン、飲み物、お菓子で1000円(税込)のランチコース。
 私が選んだのは
1)ジャガイモのポタージュ仕立てのスープ
 ジャガイモのとろりとした食感が残された濃厚なスープで、新じゃがの爽やかな香りが心地よかったです。
2)スパゲティー ブロッコリーのオリーブオイルソース
 ブロッコリーと菜の花を具にしたさっぱりとしたパスタです。食卓に運ばれると、青菜のすがすがしい香りが食欲を誘いました。

 このお料理とサービスで1000円は驚くべき低価格だと思います。店内は静かで格調高く、落ち着いた雰囲気の中でとてもくつろぐことが出来ました。
 おすすめのお店です。

カツオのたたき
湯豆腐
ホタルイカの釜ゆで
100%スダチ汁
夕食
《3/25(金)夕食》
・自宅にて★★+
 やっとこさ一週間の仕事が終わり、いつものように会社帰りは少し遠回りをして大きなスーパーに寄ってきました。
 土日は猛烈に混み合うこのスーパーも、金曜日の夜はまだ空いており、店内をのんびりとまわりながら美味しい食材を眺めていると、実に幸せな気持ちになるのでした。くつろぎのひととき。

 今日買ったのは
1)カツオのたたき
 初ガツオのシーズン。焼いた後に冷凍していない「生」ということで買ってみたのですが、なんとカツオのたたきの「命」とも言うべき「」がついていませんでした。皮を焼いた時に出る香ばしさがたまらなく美味しいのですが、これでは台なしです。
 ちなみにこのスーパーは「生カツオ」も全て皮なしで売っており、店員さんに「皮つきをちょうだいな」と言っても断られてしまいました。近所の小さなスーパーではきちんと皮付きも売っているのに…。何とかしてもらいたいものです。
2)ホタルイカの釜ゆで
 これも旬の味覚。先週は「生」で頂いたのですが、ちょっとハイリスクなので、今日は加熱ものにしました。
 しかし、身にはしっかりと弾力があり、わたもトロリととろけるようなうまみを感じられ、日本酒の良いお供になってくれました。
3)湯豆腐
 そして締めはやはりこれです。今日は柚子もかぼすもスダチも売っていなかったため、瓶入りの「100%スダチ汁」を買って、自家製土佐醤油に入れてみました。あまり期待はしていなかったのですが、スダチの香りがしっかりとあり、なかなかのものでした。

→夕食を食べながら、映画「鉄道員(ぽっぽや)」を見ました。実直で不器用で頑固な高倉健が、私の父そっくりなのです。しゃべり方からちょっとした仕草まで、驚くほど似ています。福岡生まれで歳もほぼ一緒。武骨な九州男児です。
 そんな高倉健が幼いときに亡くした娘と再会するシーンでは、涙が止まりませんでした。ファザコンの私にはたまらない映画です。あぁ、お酒が今夜もすすみます。

つず久
ミル貝
青森モズクのしゃぶしゃぶ
ゴーヤの炭火焼き
帆立ての磯焼き
青森モズクのしゃぶしゃぶ
天然ホヤ
あおりイカの刺し身
夕食
《3/26()夕食》
・つず久(牛込柳町)(魚)★★★★
 昼近くに起き、一通り家の掃除などをした後、ここのhpで知り合った女友達と一緒に、牛込の居酒屋に行ってきました。

 外見はお世辞でも立派とは言えないお店なのですが、取りそろえられた魚介類は厳選されたものばかり。それを目当てに、今夜もお店は満員でした。
 今日頂いたのは
1)帆立ての磯焼き
2)ミル貝(海松貝)
 よく寿司屋などで出てくるのは「シロミル」という偽物のことが多いのですが、ここのは本物です。
 大きな貝殻からニョキリと出た黒くグロテスクな水管をむくと、このように白くきれいな身が出てきます。これをさっと湯がいて頂くのですが、シコシココリコリとした食感が実に心地よく、大変美味しかったです。日本酒にピッタリ。
3)青森モズクのしゃぶしゃぶ
 炭火でお湯をわかし、生のモズクをネギと一緒に湯がき、ポン酢醤油で頂きます。生でも美味しいのですが、熱を通すことにより、ねっとりとした食感が増しま、旨味も増強されました。最後はモズクから出たダシをポン酢醤油に加え、七味トウガラシを加えて頂きました。磯の香りが心地よかったです。
4)天然ホヤ
 時期が時期だけにあまり大きくはなかったのですが、全く臭みはなく、独特の海の香りと心地よい歯ごたえがたまりませんでした。
5)ゴーヤの炭火焼き
6)あおりイカの刺し身

 最初は生ビールを頂き、その後は東北の銘酒「出羽桜」を頂きながら(一人4合ほど)美味しい魚を堪能させていただきました。魚好きにはたまらないお店です。

カキの揚げ出し
カキ鍋
素敵なMさん
山盛りの広島カキ
カキ鍋
夕食
《3/27()夕食》
・自宅にて★★★
 なんとなんと、マンションの階上に住むMさんのお母様(広島ご在住)から新鮮な生ガキが大量に送られてきました。私のカキ好きを知って送ってきてくださったのです。大粒の旨味たっぷりの絶品のカキです。本当に有り難うございます。

 そこで、今夜はMさんを自宅に招き、一緒にカキ三昧をいたしました。
1)カキの揚げ出し
 カキに片栗粉をまぶして180℃の油で2分ほど揚げた後、たっぷりの大根おろしを乗せ「ダシ(昆布+かつお節)4+醤油1+みりん1」をかけ、かつお節やあさつきを乗せて頂きます。
 表面はカリリ、中身はしっとりでカキの旨味がジュワー。さらにダシの旨味が加わり、かなり美味しいお料理になりました。これにはMさんも私も大納得。私の得意料理の一つにしたいと思いました。ちなみにビールにぴったりです。
2)カキ鍋
 昆布だしにカキ、野菜(白菜、春菊、水菜、椎茸、大根)、豆腐というシンプルなお鍋だったのですが、カキが良かったためか実に美味しかったです。最後に残ったスープの濃厚な味もこたえられませんでした。

 Mさんは根っからの韓国ドラマフリーク。今夜もたくさんの熱い話を聞かせてもらいました。Mさんが嬉しそうに韓国ドラマの話をしていると、その笑顔を見ているだけで周りの人達もすごく幸せになってしまいます。本当に素敵な人です。こんな素敵な人と出会えただけでも、このマンションに越してきて良かったと思うのでした。

昆布の煮付け、おろし豆腐バーグ アサリの小鍋仕立て 夕食
《3/28(月)夕食》雨
・自宅にて★★+
1)おろし豆腐バーグ
 チルドで売られていた「究極の豆腐バーグ」の両面を焼き、大葉と大根おろし、ポン酢醤油で頂きました。ムースのようにしっとりフワフワとした食感と豆腐の旨味がなかなかものもでした。
 こういった低カロリー食品で満足出来る人になりたいものです。
2)アサリの小鍋仕立て
 昆布とかつお節でとったダシに「醤油+みりん+酒」を加え、「白菜+人参+ネギ+あさり」を入れて火を通し、最後に春菊を入れて出来上がり。
 ダシの中にアサリの旨味が溶け込み、野菜の食感が加わって、さっぱりとした中に奥深い旨味を感じられるお料理になりました。
3)昆布の煮付け
 ダシで使った昆布を細く切り、醤油+酒+みりん+砂糖で煮込んでみました。普段は捨ててしまうものから美味しい付け合わせが出来、とても嬉しかったです。

→今日は一日雨。雨の日の帰り道は大変です。両手に買い物袋を下げ、肩には通勤カバンを提げ、3本目の手で傘をさし、4本目で郵便受けを開けて郵便物を取り出し、5本目で宅配ボックスを開けて6本目と一緒に届いていた段ボールを持ち、7本目で家の鍵を開けて、8本目で額の汗をぬぐうのでした。
 タコに生まれてほんとに良かったと思います。

うー、咲くぅー(ハート)
トイレマーク
節約弁当
「  なので   下さい」
ランチ
《3/29(火)ランチ》曇
・会社にて
 昨日今日と天気が悪く、桜の開花予想日は二日過ぎてしまいました。しかし通勤路の桜たちのツボミはすっかり膨らみ、あちこちから
「うー、咲くぅー(ハート)」
 という色っぽい声が聞こえてきそうでした。

 お昼は会社で節約弁当です。今日は市販の「豚丼の素」を使い、100g80円の豚ロース肉とタマネギで豚丼を作ってゆきました。
 まあお肉がお肉だけに味は今一つだったのですが、豚丼の素の生姜風味はなかなか好感を持てました。

→韓国ドラマを見ていて、公衆トイレの女性のマークが青色なのに気がつきました。
 何故女性が赤で男性が青なのだろうと常々不思議に思っていたのですが、もしかしてこの色分けは日本独特のものなのでしょうか??

 看板と言えば、先日出かけた時に面白い看板を見かけました
「  なので   下さい」
 自由に言葉をあてはめて下さいと言わんばかりのこの看板。私なら
「貧乏なので千円下さい」
 でしょうか。

びあぐら
カンパチ刺し身
馬刺し
砂肝
夕食
《3/30(水)夕食》晴後曇
びあぐら(銀座)(居酒屋)
 私はいつかは作ってみたいと夢見ている業務システムがあります。それを独立して自分の会社で作っているUさんとネットで知り合いになることが出来、今日は会社の帰りにその人と一緒に銀座で行われたセミナーに行って来ました。Uさんとは今日が初対面です。

 セミナーの後は一緒に飲みに行くことになり、アサヒビールの直営店の「びあぐら」というお店に入りました。
 岩手県宮古漁港から直送の魚とマグロメニューが豊富と銘打っているだけあり、お刺し身も新鮮でなかなかのものでした。馬刺しもとろけるようなまろやかな食感で実に美味しかったです。さすが銀座。
 いっちょまえに銀座の夜を楽しんでいる自分を客観的に見て、大人になったものだと、今さらながら妙に感心してしまいました。

 Uさんはバンドで音楽をやっているということで、音楽のことで盛り上がり、仕事やコンピュータなどでもたくさんの話をすることが出来、また近いうちに関係者を交えて飲み会をやろうと約束して別れたのでした。
 お酒の席がなければここまで打ち解けることは難しかったと思います。酒好きに育ててくれた、同じく酒好きな両親に感謝するのでした。

魚亀
カキフライ
刺し身カキフライ定食
後輩社員
ランチ
《3/31(木)ランチ》晴後曇
・魚亀(東麻布)(魚)★★+
 白壁に屋根瓦と大きな看板がとても印象的なお魚定食のお店です。今日は4月一杯で会社を辞めてしまう後輩と一緒に行ってきました。

 このお店の定食は、お刺し身に何か一品がセットになっています。私はカキフライ、後輩は銀鱈のセットを頂きました。
 お刺し身はマグロの中トロだったのですが、全く水っぽくなく、口の中でとろけるような美味しさでした。カキフライはちょっと小さくて硬かったのですが、まずまずでした。

→今日で3月もおしまい。4月から新しい学校や職場に入る人も多いのではないかと思います。私も今の会社ではすっかり中堅になってしまいました。このままこの会社にいていいのだろうかという疑問は常にあります。
 変化の無いところに進歩もありません。しかし変化には喪失もリスクも伴います。家族のいない独り身、どんな人生だって選択出来るのですが、今一つ一歩を踏み出せない私なのでした。

Translate »