パソコン、インターネット

コンピューター

bmjr

パソコンに最初に触ったのは1982年くらいでしょうか。なんとなくクリスタルやルビーの指輪が流行していたころです。
その頃NHK教育テレビでやっていた「パソコン入門(東大の石田先生が講師)」という番組を見て、街のデパートに出かけては日立の「ベーシックマスターJr」というパソコンで復習していました。
パソコンに「FOR, GOTO, IF, LINE, RUN」といったちょっとしたコマンドを入れては、画面にキラキラと出てくる文字や図形を見て感激していたことをおぼえています。

大学に入ってからは、パソコンがずらりと並んだ「情報処理センター」に行って喜々としてプログラミングをして遊んでいました。ちなみに大学は全然コンピュータとは関係ない学部です。

情報処理センターのパソコンは三菱の「Multi16」。まだこの頃16bitマシンは「はしり」だったと思います。OSは「CP/M」。「CP/M」というのは後にパソコンの標準OSになった
情報処理センターでは、情報学部の大学院生(”どてら”にぼさぼさ頭という格好で、そこに住みついていた人達)に時々パソコンを教わっていました。どてらのお兄さんがとてもクールに見えたものです。

comp_image

FORTRANまだその頃は漢字変換も漢字コードを一つ一つ入力しなければならず、プリンターも8ピンのシリアルプリンターでした。でも楽しかったですね。
プログラミング言語は「FORTRAN」は「やーっほー、フォートランランラン」などと歌いながらやっていました。

初めてのパソコンは「PC9801F2」

98f2

その後最初に買ったパソコンはNECの「PC9801F2」でした。1985年のことです。
プリンターまで買って、なんと30万円以上しました。
でもすごくうれしかったです。
「N88-BASIC」という言語でこつこつおかしなプログラムを作って遊んでいました。

PC9801F2その頃はメモリー(RAM)も128KB程度で、ハードディスクなどもありませんでした。やがてメモリーが640KBになり、10MBのハードディスクが出たときはたいそう感動したものです。しかしとても高価で貧乏学生の身には買えませんでした。

パソコン通信

wbn2

パソコン通信と出会ったのは1987年でした。
その頃は「モデム」などはなく、「音響カプラ」という機械に、電話(リンリン鳴る懐かしい電話)を「ガポッ!」とはめ込み、300bpsという信じられないような遅い通信速度でやっていました。
でも画面に「チョロチョロ」と文字が出来てきたときの感動を私は今でも忘れません。
大学の有志で作った手作りのパソコン通信(草の根ネット)から始め、出来たばかりのNIFTY-Serveに加入してパソコン通信を楽しんでいました。(PC-VANというのもありましたねー)

98NOTE

98note

大学を出て入った会社もコンピュータとは全く関係ない会社だったのですが、ここでは始め98NOTEを使っていました。
少ないメモリーをいかに有効に使うかという、「メモリー遊び」がいちばん楽しかったです。UMBとかEMSとかってやつですね。使っていたEditorは「VZ Editor」。ディスクユーティリティーは「FD」です。きゃー、おたくぅ〜。

Macとの出会い

こんなMS-DOSな私が転機を迎えたのが、会社がMacを導入することになったときでした。
会社で買ったのはMac fxとモニター、レーザープリンターとCDROM。これで200万円以上しました。
ポストスクリプトのギザギザのない文字に皆感動していましたが、私はシンプルなMS-DOSの方が軽くていいとずっと思っていました。しかしやがて会社のパソコンはMacに席巻されてしまい、仕方なく私もMacを使うようになったわけです。

最初の自分のMacは「Color ClassicII」

cc2

最初に買ったMacはColor ClassicIIでした。
まだインターネットも普及しておらず、ネットワークといえばパソコン通信の時代でしたから、十分実用的な速度で使うことが出来ました。
使っていたソフトは主にComNifty、茄子といったパソコン通信ソフト、マックライト、マックドロー、ファイルメーカーです。ここで初めて導入したPhotoshopにはとても感激しました。もともと写真が好きだったため、いつかはこんなソフトが出来ないかと思っていたのです。

PowerMac 7600/120

7600

次に買ったのはPowerMac 7600/120。この頃から私もだんだんとMacに毒され、少し「Macな人」になってきてしまいました。Macが好きな人の中には「宣教師」的に押しつけがましい人がいるので、自分はああはなりたくないと思っていました。

PowerMac G4

g4

そしてその次に買ったのがPowerMac G4 500MHzです。仕事用に会社で買ってもらいました。メモリーは832MB、HDは140GBくらいです。
丁度この頃大病を患い、このパソコンを使って、2000年から2002年まで自宅で仕事をしていました。
既にテレワークやっていたのですね

PowerMac G4 Quick Silver

g4qc

2002年6月に社長が変わり、「おい、おまえ、会社に出てこい」という一言で悦楽の在宅勤務から哀愁の通勤生活に入り、自宅で使っていたG4も会社に送られてしまいました。
そこで買ったのがPower Mac G4 QuickSilverです。
今まで全く知らなかったのですが、今調べたら800MHzというクロック数でした。メモリーは1.25GBです。すごーい。
USBやFireWire経由で山ほど周辺機器を付けているので、デスクの下は讃岐うどんのようになりました。

Power Mac G5 1.8GHz dual

g5

2004年の夏にOSXを導入し、G4では遅くてたまらなくなったため買ったのが、このPower Mac G5 1.8GHz dualです。
時流に逆行して、そのずうたいの大きいことと言ったら驚くばかりです。

MacPro、iMac、MacBookAir

g5imacmba
2009年に買ったのがMacPro。
その翌年にはiMacを買い、前者は会社で、後者は自宅で使っていました。

さらに2012年にはMacBookAirを買い、会社、自宅、外出先のどこでも同じ環境で作業が出来るようにしました。

これによって、Cさんが君津や室蘭に行っても、そこで同じように仕事が出来ました。
そして今、室蘭に引っ越しても東京の会社の仕事を続けられています。

この20年間にパソコンの性能は飛躍的に向上し、かつては夢だったようなことが自由自在に出来るようになりました。昔は本当に一部のマニアだけが使っていたパソコンが、今ではビジネスでも必須のツールになり、誰もが好むと好まざるとにかかわらず使っています。

技術は人々の幸せのために

パソコンは人の知的能力を飛躍的に増大させます。交通機関の発達が人の移動能力を格段に向上させ、たくさんの幸せを生み出したのと同じように、パソコンももっともっと人の幸せのために役立てばと思って止みません。

私はインターネットを通じてたくさんの素晴らしい人との出会うことが出来ました。
ホームページやブログを通して自分の気持ちを伝えることも出来ます。
そしてCさんと一緒に暮らしながらも仕事を続けられています。

これからもパソコンというテクノロジーを使って少しでも自分や周りの人の幸せに貢献できればと思っています。

プロフィールに戻る

Translate »